不動産投資

不動産投資ローンの金利相場は?どこが安いのか徹底比較!

不動産投資 ローンどこが安い
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

不動産投資において、”不動産投資ローン”を組むときに銀行などの金融機関から融資してもらえなければ、時間をかけて選んだ物件も手に入らないかもしれません。

また、借入ができたとしても金利による利息によっては、思ったよりも利回りが出せずに、断念してしまうこともあるでしょう。

そこで、今回の記事では「不動産投資ローン」についてや、ローンの金利相場について解説していきます。

自身に合う不動産投資ローンを契約して、月々の負担を抑えていきましょう。

10秒で確認!この記事のまとめ
  • 不動産投資ローンの金利相場は1.2〜2.8%
    メガバンク
    都市銀行
    1.0%〜1.5%

    地方銀行

    信用金庫

    1.0%〜4.0%

    ノンバンク

    ネット銀行

    1.0%〜5.0%
  • 金融機関によって金利は相場が変わり、開示されていないところも多い
  • 一発で金融機関の不動産投資ローンを比較できる「INVASE」の利用がおすすめ
  • 借り入れ条件や可能額、融資の可否の推定までしてくれるので初心者でも安心!
当サイトが提供する情報について

本コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに、広告を含む場合があります。ただ、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。詳しくは、不動産スタディのコンテンツポリシーコンプライアンスポリシーをご確認ください。

※当サイトの記事は、次の法律・規約その他の法令の定めに則り作成しております。
景品表示法
不動産の公正競争規約

そもそも不動産投資ローンとは?

そもそも不動産投資ローンとは

「不動産投資ローン」とは、投資用物件(アパート・マンション・戸建住宅)を購入する際に必要な資金を金融機関から借入できる金融商品のこと。

不動産投資ローンでは、借入の目的が「不動産事業・不動産投資」のために資金を貸し出してくれるため、審査基準も一般的な住宅ローンとは異なります。

住宅ローンでは、「マイホーム」の収益性はあまり審査されませんが、「不動産投資ローン」ではしっかり「収益性」「事業計画」を確認します。

また、不動産投資ローンを活用することで、株式投資・投資信託などにはない「レバレッジ効果」を生み出して、資産形成のスピードを加速できるメリットもあります。

「レバレッジ効果」とはテコの原理のイメージで、小さい資金でも借入金を活用すれば、大きなリターンを得られることです。

不動産投資ローンと住宅ローンとの違いを比較

住宅ローンと不動産投資ローンとの違い

「住宅ローン」はマイホームづくりで活躍する金融機関の商品で、低金利かつローン減税も活用できる魅力的な商品です。

一方「不動産投資ローン」では、収益物件購入のための金融商品であり、住宅ローンと比較すると金利が高く、「住宅ローン減税」は原則使えないことになっています。

「住宅ローン」と「不動産投資ローン」両者の違いは、借入目的が「マイホームづくり・不動産投資」かで異なり、そのためリスクの大きさから金利にも差が生じます。

住宅ローンの金利相場は「変動:0.3%〜1.0%程度」、不動産投資ローンの相場は「1.2〜2.8%程度」となっています。
出典:価格.com「住宅ローン一覧」

また、「マイホーム」は国民の多くの方にとって必要な資産であるということもあり、国によっても税制優遇制度による節税メリットは大きく設定されています。

住宅ローンと不動産投資ローンの違い住宅ローン不動産投資ローン
借入目的マイホーム購入収益物件の購入
金利変動金利:0.3%〜1.0%程度
出典:価格.com「住宅ローン一覧」
1.2〜2.8%程度
審査基準
  • 年齢
  • 健康状態
  • 担保評価
  • 年収
  • 勤続年数 など
  • 年齢
  • 健康状態
  • 担保評価
  • 年収
  • 勤続年数
  • 物件の収益性 など
借入金額物件価格の100%も可能物件価格の60~90%程度

不動産投資ローンの金利相場:1.2〜2.8%程度

不動産投資ローンの金利相場 1.2〜2.8%程度

不動産投資ローンの気になる金利相場は「1.2%〜2.8%」程度、金利が高い金融機関だと4%程度のところもあります。

金利の幅が広い原因として考えられるのが、金融機関によって借入条件が異なることが考えられます。

不動産投資ローンに力を入れている「オリックス銀行」では、借入期間最長35年・借入金も1000万円〜2億円まで幅広く融資可能です。

オリックス銀行

そのため、オリックス銀行が提供している金利では「変動金利型:2.675%〜3.675%」と不動産投資ローンの相場よりも高く設定されていることがわかるでしょう。

不動産投資ローンの商品は、借入の審査条件によって金利にも大きく変動を与えることをイメージしましょう。

不動産投資ローンにおける金融機関ごとの金利相場を比較

不動産投資ローン 金融機関ごとの金利相場を比較

不動産投資ローンの気になる金利については、各金融機関によって大きく変わってきます。各金融機関の相場を確認しておくことで、不動産投資ローンを有利に組むことも可能です。

それぞれの金融機関の特徴と金利相場について大まかなイメージを掴んでおくことで、金融機関選びの参考にもなります。

そこで、各金融機関の不動産投資ローンの特徴と金利について解説していきます。

金融機関金利相場借入限度額
日本政策金融公庫1.2%〜2.0%7,200万円
ノンバンク系1.0%~5.0%100万円〜10億円
地方銀行1.0%〜4.0%100万円〜3億円
信用金庫・信用組合1.0%〜4.0%5,000万円以内
都市銀行1%程度50万円~5億円

日本政策金融公庫:1.2%〜2.0%

日本政策金融公庫:1.2%〜2.0%

日本政策金融公庫は不動産投資初心者・実績が少ない方にも融資を相談できる金融機関で、借入金利相場は「1.2〜2.0%程度」と低めに設定されています。

日本政策金融公庫の経営方針として、「セーフティネット機能の発展」「日本経済成長・発展への貢献」「地域活性化への貢献」が掲げられており、「不動産投資」に関わらず幅広く融資が可能です。

キーワードで知る日本公庫 政策金融機関としての3つの役割

出典:日本政策金融公庫 「キーワードで知る”日本公庫”政策金融機関としての3つの役割」

日本政策金融公庫を活用して「不動産投資ローン」を借入したい場合には、3つの商品から検討でき、新規開業資金」「シニア・若者・女性向け開業資金」「一般貸付が利用できます。

新規開業資金やシニア・若者・女性向け開業資金の対象となれば、返済期間が延長されたり、金利の優遇が使える可能性もあるので、ぜひ活用しましょう。

金利基準利率:2.01~2.70
金利相場:1.2%〜2.0%
融資限度額7,200万円
返済期間
担保・保証人要相談
特徴
  • 融資実績
  • 国民生活の向上・地域活性化に根ざした金融機関
  • 比較的融資が降りやすい
  • 不動産投資初心者はまず検討したい金融機関

出典:日本政策金融公庫

ノンバンク系:1%〜5%

ノンバンク系 金利:1%〜5%

ノンバンク系の金融機関では、不動産投資ローンの適用金利の相場:1%〜5%程度と幅広く、借入期間によって特徴にも差があります。

そもそも、ノンバンク系の金融機関とは通常の金融機関が実施している「預金」の受け入れサービスなどは実施せずに、資金の貸付を業務としている金融機関のこと。

ノンバンク系の金融機関の特徴は、比較的融資の審査が通り安い一方で、担保となる不動産を多く要求したり、金利も高めに設定してくる金融機関が多いです。

また、どの金融機関よりも審査のスピードが早い印象があり、柔軟な対応力がるので、貴重なビジネスチャンスを逃さないで不動産投資できるのもメリットです。

金利
融資限度額
  • 【三井住友トラスト・ローン&ファイナンス】300万円~10億円
  • 【オリックス銀行】1000万円〜2億円
  • 【東京スター銀行】100万円〜1億円
返済期間
  • 【三井住友トラスト・ローン&ファイナンス】1年超~35年以内
  • 【オリックス銀行】 1年超~35年以内
  • 【東京スター銀行】1年〜30年
特徴
  • 比較的融資が通りやすい
  • 金利が高めに設定されている
  • 担保も多く要求される可能性もある
  • 物件価格の60〜90%程度借入可能な場合もある

出典:三井住友トラスト・ローン&ファイナンス
出典:オリックス銀行
出典:東京スター銀行

地方銀行:1%〜4%

地方銀行 金利:1%〜4%

地方銀行の不動産投資ローンも各金融機関によって「不動産投資ローン」商品に特徴があります。

地方によっては「不動産投資ローン」に対してそこまで力を入れていない金融機関もあるでしょう。逆に「横浜銀行」「きらぼし銀行」「福岡銀行」「静岡銀行」などは不動産投資ローンにも積極的です。

地方銀行によっては、エリアが限定している場合もあるため、不動産のエリアによっては対応していない可能性もあります。

都市銀行と比べると融資の審査も通りやすく、金利相場は1%〜4%と比較的低めの設定です。

金利
  • 【横浜銀行】1%程度
  • 【きらぼし銀行】2.99%〜7.80%
  • 【福岡銀行】1%程度
  • 【静岡銀行】2.8%〜10.0%
  • 金利相場:1.0〜4.0%
融資限度額
  • 【横浜銀行】3億円以内
  • 【きらぼし銀行】300万円〜1億円
  • 【福岡銀行】建物本体価格・工事費用
  • 【静岡銀行】100万円〜1億円
返済期間
  • 【横浜銀行】20〜35年
  • 【きらぼし銀行】1〜35年
  • 【福岡銀行】最長30年以内
  • 【静岡銀行】最長30年以内
特徴
  • 都市銀行と比較し融資が通りやすい
  • 金利が低め
  • 借入期間が物件によって変わってくることも
  • エリアが限定的な可能性もある

出典:横浜銀行
出典:きらぼし銀行
出典:福岡銀行
出典:静岡銀行

信用金庫・信用組合:1%〜4%

地方銀行 金利:1%〜4%

信用公庫・信用組合は地方銀行と比較するとさらに地域密着型の金融機関です。

そのため、「不動産投資ローン」の借入に対しても、営業エリアに対応しているのか、申込本人の住んでいる地域によっても融資が難しい可能性もあるでしょう。

金利については、地方銀行とそこまで変わりはなさそうです。

その地域に根づいた不動産投資を検討している方であれば、「信用金庫」「信用組合」の利用も検討してみましょう。

金利
  • 【大阪協栄信用組合】:3.00%~6.00%
  • 金利相場:1.0%〜4.0%
融資限度額大阪協栄信用組合:5,000万円以内
返済期間大阪協栄信用組合:10年以上30年以内
特徴
  • 都市銀行と比較し融資が通りやすい
  • 金利が低め
  • エリアがより限定的
  • 勤務先・自宅がエリア内にも制限がある可能性あり

出典:大阪協栄信用組合

都市銀行:1%程度

都市銀行 1%程度

都市銀行が提供している「不動産投資ローン」の商品は金利1%程度の超低金利で推移しているため、非常に魅力的です。

しかし、審査には時間がかかったり、審査基準も他の金融機関と比較してかなり厳しめに設定されています。

そのため、「三井住友」「みずほ」などのようなメガバンクから借入するには、属性の高さや、不動産投資の実績が必要になるでしょう。
金利
  • 【三井住友銀行】:1%程度
  • 【みずほ銀行】:1%程度
  • 金利相場:1.0%程度
融資限度額
  • 【三井住友銀行】:200万円以上 建築購入価格等の範囲内
  • 【みずほ銀行】:50万円~5億円
返済期間
  • 【三井住友銀行】:1年〜35年以内
  • 【みずほ銀行】:1年〜35年以内
特徴
  • どの金融機関よりも金利が低いことが予想される
  • 属性が高くなければ借入は難しい
  • 不動産投資の実績もないと難しい
  • 不動産投資ローンにはあまり積極的ではない

出典:三井住友銀行
出典:みずほ銀行

不動産投資ローンを低金利で借りるには?

不動産投資ローン 金利を安く借りるには?

各金融機関が提供している「不動産投資ローン」の金利相場について解説してきましたが、どの金融機関も金利に幅が大きくあり、どうしたら最低金利で借入できるのかと感じる方も多いはずです。

ノンバンク系の金融機関であれば、最低1%台から借入もできる一方、10%近くまで金利が上がってしまう可能性もあります。

「不動産投資ローン」における、金融機関の審査項目には「物件の収益性」「本人の経歴」が重要な指標となります。

そこで、金融機関から優遇金利で借入するために、「金利を安く借りる方法」についても解説していきます。

属性を上げておく|繰上げ返済など

属性を上げておく 繰上げ返済など

「不動産投資ローン」の借入を検討しているかたであれば、投資家本人の「属性」を上げておくことが大切です。

金融機関の審査における「属性」とは、借入者の「年齢」「年収」「勤務先」「勤務年数」「資産」「負債(借金)」などの項目のことです。

「年齢」「年収」「勤務先」を簡単に上げたり、変更することは難しいので、まずカードローンや住宅ローンの返済してしまうことがおすすめです。

借金(ローン)の返済実績があると、「融資」に先立ち金融機関からの印象も良くなり、審査が突破しやすくもなるでしょう。

使っていないクレジットカードがあれば、解約してしまうのも効果があると言われています。

事業計画書を作り込む

事業計画書を作り込む

「事業計画書」とは、金融機関へ相談・仮審査申込する時に持参する「物件概要」「収益性」「本人の経歴」などをまとめた資料のことです。

「事業計画書」に記載すること
  • 収益物件の概要
  • 初期費用
  • 管理・修繕・運用費用
  • 家賃収入
  • 投資の収支計画

「不動産投資ローン」の審査は「住宅ローン」の借入審査とは異なり、「不動産事業」として投資家が事業を成功できるのか、できなかった場合でも元金を返してもらえるのかが審査されます。

事業計画書では、「不動産事業」として物件の収支やいつまでにローンの返済ができるのか、できなかった場合には、本人の資産や収入で賄えるのかをアピールできます。

事業計画書を丁寧に作りこむことで、金融機関の担当者にもわかりやすく事業の収益性をアピールでき、その後、金融機関の内部でも事業計画書を通して審査ができます。

不動産投資としての事業をしっかりアピールできれば、金融機関からの信頼を勝ち取り、優遇された金利で借入も可能になるでしょう。

融資に強い不動産会社を利用する

融資に強い不動産会社を利用する

融資に強い不動産投資会社を選択することもおすすめです。

先ほども解説した通り、「信用金庫」「地方銀行」などでは、地域に密着した業務を実施しています。そのため、実際に取引を実施しているような不動産会社が間に入ってくれると融資も通りやすいです。

不動産会社と金融機関が独自に提携していることも多く、強い信頼関係が築けている不動産会社と協力することで、優遇金利が適用される可能性もあります。

実際に、買付申込から金融機関へ「不動産投資ローン」の相談サポートも不動産会社が実施してくれることも多いので、金融機関選びに迷ったら不動産会社に相談することもおすすめです。

「おすすめの不動産投資会社」では、物件の選定から融資のサポートまで実施していますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの不動産投資会社

おすすめ
不動産投資会社
RENOSYトーシンパートナーズ日本財託
renosyトーシンパートナーズ日本財託
入居率99.6%99.1%99.42%
対応エリア東京23区・川崎・横浜・
大阪・神戸・京都・福岡
首都圏・横浜・川崎・大阪首都圏・川崎・横浜
対象物件マンションマンションマンション
セミナー-
オンライン可(無料)

オンライン可(無料)
個別相談
オンライン可

オンライン可

オンライン可
特徴AIで高価値な物件を選定
スマホアプリで簡単管理
月々1万円〜の少額投資から始められる超充実したサポート体制だから初心者でも安心
HP公式サイト公式サイト公式サイト

ランキングの根拠はこちらです。

RENOSY

RENOSY

RENOSYのココがおすすめ
  • オンラインの個別面談によって、ローンの相談も可能
  • 高い入居率で4年連続で売上No1を獲得!
  • 毎月5,000件のデータから、とくに資産価値の高い物件をAIで厳選
  • 初回面談で5万円分のPayPayポイントもらえる

RENOSYでは都心部をターゲットにして、資産価値を長く維持できる投資物件を選び販売しています。99%と高い入居率を維持しており、安定した家賃収入を期待できるでしょう。

オンラインまたは対面での個別相談も実施。ローンや利回りについて相談できます。

RENOSYが中古物件を選ぶ理由

RENOSYでは、単身者や夫婦2人だけで生活することを想定した、比較的コンパクトなサイズのマンションに厳選。

単身世帯の割合が多く、ファミリータイプのマンションより空室リスクが低いためです。

新築物件の場合、広告費や利益などが上乗せされているので、購入後数年で資産価値が下落するとされています。

一方、中古物件の場合資産価値の下落率がゆるやかなので、売却時の差損を抑えられる点がメリットです。

特に、都心部で人気エリアにある物件であれば、リノベーションして資産価値が高まると、購入した時よりも高く売れる可能性があります。

基本情報

運営会社株式会社GA technologies
所在地〒106-6290
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立2013年3月12日
資本金72億2576万7228円(2022年7月末時点)
入居率99.6%
事業内容
  • ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
  • SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発

出典:RENOSY(2022年12月現在)
※ 東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2022年3月調べ)

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズのココがおすすめ
  • 月々1万円からマンション経営が可能
  • 97.1%と高い入居率!安定した家賃収入が期待できる
  • オンラインでマンション経営や不動産投資ローンの相談ができる

トーシンパートナーズでは首都圏を中心にフェニックスやZOOMといった、独自ブランドの投資向けマンションを提供しています。

立地のよさと優れたデザインゆえに、築20年を超える物件でも安定した入居率を維持しているのが特徴です。

月々1万円程度と少額の自己負担でマンション経営を始められるのも、トーシンパートナーズの特徴です。

ローンを完済した後、物件は自分のものになるので、その後は家賃収入をそのまま利益として得られます。長期的な安定収入を期待できるでしょう。

無料個別相談のサービスを提供しているので、マンション投資の始め方やローンについて相談できます。

基本情報

運営会社株式会社トーシンパートナーズ
所在地〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立平成元年2月18日
資本金10億円
入居率97.1%(2021年平均)
事業内容
  • マンションの企画・開発・販売
  • 不動産の売買・仲介事業
  • 不動産の賃貸事業

出典:トーシンパートナーズ(2022年12月現在)

日本財託

日本財託

日本財託のココがおすすめ
  • 入居率99.42%!オーナー数は約1万人をかかえる不動産投資会社
  • 日本財託を利用すると物件価値の高い非公開物件を教えてもらえる
  • 初心者でもわかりやすい不動産投資セミーなーや個別相談会を無料で開催
  • しつこい営業や勧誘は一切なし

日本財託入居率99%以上を維持する不動産投資会社で、入居率の高さを維持するためにいくつかの対策を講じています。

日本財託では入居率維持のために「不動産会社から協力」「不動産会社への多くの情報発信」「入居基準の見直し」「空室を短縮するための内装工事」「入居者獲得のための迅速な対応」が行われています。

その他、不動産投資初心者のためのオーナーサポートも充実していているので安心です。

不動産投資セミナーでは初心者でもわかりやすいようなセミナーが無料で適宜開催されています。

セミナーを受けている中でわからないことがあれば個別でも質問できるので、深ぼった質問をしたい方には併せての利用もおすすめです。

日本財託はセミナー後のしつこい営業や勧誘を行っていないので安心して利用できます。

基本情報

会社名株式会社日本財託
所在地〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル5F・9F・10F・13F
設立1990年10月
入居率99.42%※2024年2月時点
主な事業不動産の売買・仲介
賃貸経営サポート・建物管理・賃貸仲介
キャンペーン不動産投資書籍を無料でプレゼント

出典:日本財託

出典:日本財託(2024年2月現在)

不動産投資ローンの金利相場に関するよくある質問

不動産投資ローンとは?
「不動産投資ローン」とは、投資用物件(アパート・マンション・戸建住宅)を購入する際に必要な資金を金融機関から借入できる金融商品のこと。

不動産投資ローンでは、借入の目的が「不動産事業・不動産投資」のために資金を貸し出してくれるため、審査基準も一般的な住宅ローンとは異なります。
不動産投資ローンと住宅ローンとの違いは?
「住宅ローン」と「不動産投資ローン」両者の違いは、借入目的が「マイホームづくり・不動産投資」かで異なり、そのためリスクの大きさから金利にも差が生じます。

住宅ローンの金利相場は「変動:0.3%〜1.0%程度」、不動産投資ローンの相場は「1.2〜2.8%程度」となっています。
不動産投資ローンの金利相場は?
不動産投資ローンの気になる金利相場は「1.2%〜2.8%」程度、金利が高い金融機関だと4%程度のところもあります。

金利の幅が広い原因として考えられるのが、金融機関によって借入条件が異なることが考えられます。
日本政策金融公庫の不動産投資ローンの金利は?
日本政策金融公庫は不動産投資初心者・実績が少ない方にも融資を相談できる金融機関で、借入金利相場は「1.2〜2.0%程度」と低めに設定されています。

日本政策金融公庫では、「セーフティネット機能の発展」「日本経済成長・発展への貢献」「地域活性化への貢献」が掲げられており、「不動産投資」に関わらず幅広く融資が可能です。
ノンバンク系金融機関の不動産投資ローンの金利は?
ノンバンク系の金融機関では、不動産投資ローンの適用金利の相場:1%〜5%程度と幅広く、借入期間によって特徴にも差があります。

審査のスピードが早い印象があり、柔軟な対応力がるので、貴重なビジネスチャンスを逃さないで不動産投資できるのもメリットです。
地方銀行の不動産投資ローンの金利は?
都市銀行と比べると融資の審査も通りやすく、金利相場は1%〜4%と比較的低めの設定です。

地方銀行によっては、エリアが限定している場合もあるため、不動産のエリアによっては対応していない可能性もあります。
信用金庫・信用組合の不動産投資ローンの金利は?
信用公庫・信用組合は地方銀行と比較するとさらに地域密着型の金融機関ですが、金利相場は1%〜4%と比較的低めの設定です。

金利については、地方銀行とそこまで変わりはなさそうです。

都市銀行の不動産投資ローンの金利は?
都市銀行が提供している「不動産投資ローン」の商品は金利1%程度の超低金利で推移しているため、非常に魅力的です。

しかし、審査には時間がかかったり、審査基準も他の金融機関と比較してかなり厳しめに設定されています。

まとめ

不動産投資ローンを検討している方であれば、なるべく金利を安くして借入したいところですが、各金融機関によっては相場の幅が広いです。

そのため、安く借り入れる場合は金融機関ごとに「不動産投資ローン」に力を入れているところと、そうでない金融機関があるため、借入できる金額・期間に差があることも押さえておきましょう。

特に「都市銀行」は借入に対して消極的な金融機関が多いため、審査基準が厳しく不動産投資の実績がない方には難しいでしょう。

不動産投資初心者の方であれば、「都市銀行」からの借入は難しいため、「日本政策金融公庫」をはじめ、ノンバンク系の金融機関へ相談してみるのがいいでしょう。

日本政策金融公庫では、不動産投資だけでなく地域活性化・地域密着型の事業にも融資を実施しているため、不動産投資初心者の方でも利用しやすく、金利も1.2%〜2.0%程度と低いです。

「地方銀行」「信用組合」の利用も検討している方は、エリアに強い不動産会社等に相談してみるのもおすすめです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。