取材・インタビュー

失敗しない不動産投資方法とは?不動産業経営者に独自インタビュー

不動産投資 独自インタビュー
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

不動産投資で得たいのは継続的な収入ですよね。しかし、不動産投資をするにあたって、どの不動産投資会社を選べばいいのかわからないという方も多くいると思います。

今回はそんな不動産投資を始めるにあたって、不動産投資として扱える不動産を所有する會田雄一さんにお話を伺いました。

不動産投資の始め方や事前に知っておいた方が良いリスクや注意点、不動産投資をするメリット・デメリットを紹介していきます。

取材協力者:會田さん

不動産投資を始めようと考えている人は、ぜひ参考にして失敗のない不動産会社選びをしてください。

不動産投資を始めるための4つのステップ

不動産スタディ インタビュー

不動産投資を始めるための4つのステップ
①不動産投資知識を頭に入れて目標値を決める
②投資資金を貯めて投資する物件を探す
③ローン審査を受けて物件を購入する
④信頼できる不動産投資会社を選ぶ

不動産投資を始めるために何を準備すればいいですか?

不動産投資を始める前準備として、まず不動産の仕組みやリスクなどを理解しておくことが大切です。不動産投資の基礎知識は、書籍やセミナーへ参加することで身につけられます。

そもそも不動産投資には、物件の購入費用や融資の返済費用、管理費や修繕費など、さまざまな費用がかかります。

そのため、投資にどれくらいの資金を用意できるのか、どのくらいのリターンを期待するのか、あらかじめ目標を決めておくことが重要です。

取材協力者:會田さん
資金を用意するときは、購入資金だけではなくランニングコストも含めて考えましょう。

投資金額の目標を決めたら次は何を着手すべきですか?

投資金額の目標を定めたら、次に物件の購入費用や融資の頭金が必要です。そのため、まずは資金を貯めましょう。

頭金が少ないと融資額が増えるしまうので、そうなった場合月々の返済額も大きくなってしまいます。

資金を貯めたら、投資する土地や物件を探しましょう。土地や物件探しは、不動産会社に相談するのも一つの手です。

物件が決まった後は何をすべきですか?

物件が決まったら、ローン審査を受けます。ローン審査に通るためには、安定した収入や信用情報などが必要です。ローン審査に通ったら、物件を購入します。

取材協力者:會田さん

このとき、後がしんどくならないためにもローンの返済計画をしっかりと立てておきましょう。

物件購入後の賃貸管理会社を選び方を教えてください。

物件の賃貸管理は、自分で行うことも可能ですが、賃貸管理会社に依頼することもできます。賃貸管理会社に依頼する場合は、複数の会社を比較して、信頼できる会社を選ぶことが重要です。

不動産投資は、大きな利益を得られる可能性がある一方で、失敗すると大きな損失を出すリスクもあります。そのため、不動産投資を始める前に、十分な情報収集と準備をすることが大切です。

取材協力者:會田さん

不動産投資をうまく行うには投資した後の重要ですが、投資前の慎重な検討も大事ですよ。

不動産投資で得られるの3つのメリット

不動産投資で得られるメリットはどんなものがありますか?

不動産投資のメリットは、大きく分けて3つのメリットが挙げられます。その3つとは、「安定した収入を得られること」「資産価値の向上が期待できること」「節税効果が期待できること」です。

Q.安定した収入を得られる理由を教えてください。

不動産は人間の生活に欠かせない存在であるため、需要が安定しています。そのため、不動産投資がうまくいけば家賃収入を安定して得ることができます。

ただし、安定した収入を得るには物件の立地や賃貸需要を十分に調査する必要があります。

取材協力者:會田さん

ローンを完済すれば、毎月の家賃収入がそのまま手元に残るので安定した収入が継続的に得られますよ。

Q.資産価値の向上が期待できる理由を教えてください。

不動産は、一般的に資産価値が向上する傾向にあります。そのため、不動産投資は、将来に向けて資産を増やしたい人に適しているでしょう。また、物件の売却時に利益が出れば、キャピタルゲインを得られます。

取材協力者:會田さん

物件売却時には物件の状態をしっかり確認ましょう。状態が良ければ購入した時より高く売却できる可能性が高まります。

Q.資産価値の向上が期待できる理由を教えてください。

不動産投資には、所得税住民税相続税の節税効果が期待できます。そのため、節税対策をしたい人もおすすめといえるでしょう。

取材協力者:會田さん

相続税の節税対策にもなりますよ。

不動産投資で起こりうる4つのデメリット

不動産投資で起こりうるデメリットはどんなことがありますか?

不動産投資で起こりうるデメリットは大きく分けて「空室リスク」「滞納リスク」「修繕リスク」「売却価格の変動リスク」の4つがあります。

Q.空室リスクについて具体的に教えてください。

空室リスクとは、投資先の不動産に借り手がいなく、空室状況が発生して収入が得られないことをいいます。空室期間が長引くと、家賃収入が減少し、損失を出す可能性があるので、できる限り防ぎたいことです。

Q.滞納リスクについて具体的に教えてください。

滞納リスクとは、入居者が家賃を支払わず滞納することをいいます。入居者が家賃を滞納すると、収入が減少するだけでなく、督促訴訟などの手続きが必要になることもあります。

取材協力者:會田さん

滞納された家賃回収には、時間と手間がかかる場合があるので注意が必要です。

Q.修繕リスクについて具体的に教えてください。

修繕リスクとは、所有する不動産が劣化や損傷して修繕する必要性があることを指します。物件が経年劣化したり、自然災害によって損傷したりすると、修繕費用が必要になります。

取材協力者:會田さん

修繕費用は、数十万円〜数百万円にのぼることもあります。

Q.売却価格の変動リスクについて具体的に教えてください。

価格変動リスクとは、債券の売却途中で発生することをいいます。不動産市場の状況によって、売却価格が下落する可能性があるので注意が必要です。また、売却価格が下落すると、損失を出す可能性もあります。

取材協力者:會田さん

金利が上昇すると毎月の返済額が最大2倍になることもあるので、売却時は十分な調査と準備を行うことが重要です。

不動産投資で資金回収するまでの期間

投資資金の回収にはどれぐらいかかりますか?

不動産投資で資金回収するまでの期間は、投資する物件の価格や利回りによって異なります。

一般的には、投資金額の10%程度の利回りであれば、5年から10年で資金回収できると言われています。

例えば、投資金額が1,000万円で利回りが10%の場合、年間の収入は100万円となります。そのため、5年で500万円、10年で1,000万円の資金回収が可能となります。

ただし、空室期間や修繕費用などのコストを考慮すると、実際には5年から10年よりも長くなる可能性があります。

取材協力者:會田さん

また、不動産市場の状況によっては、売却価格が下落し、資金回収が難しくなることもあるため、注意が必要です。

不動産投資で資金回収を早めるためには何をしたらいいですか?

資金回収を早めるには「投資金額を抑えること」「利回りの高い物件を選ぶこと」「空室リスクを減らすこと」「修繕費用を抑えること」の4点が押さえられていると良いでしょう。

取材協力者:會田さん

また、物件の状態の立地、賃貸需要を十分に調査することも重要です。

不動産投資を始めるときの3つの注意点

不動産投資を始める時の注意点を教えてください。

不動産投資を始める時の注意すべき点は「十分な調査・準備を行う」「無理のない投資を行う」「専門家のアドバイスを受ける」の3つがあります。

Q.十分な調査・準備について具体的に教えてください。

不動産投資は安定した収入を得られる可能性がある一方で、空室リスクや修繕リスクなどのリスクもあります。そのため、投資する物件の立地や賃貸需要、物件の状態などを十分に調査し、リスクを把握しておくことが大切です。

取材協力者:會田さん

また、ローンの返済計画や空室時の対応策なども、事前に考えておく必要があります。

Q.無理のない投資について具体的に教えてください。

不動産投資は、まとまった資金が必要です。そのため、無理のない範囲で投資を行うことが大切です。また、投資金額を抑えるためには、利回りの高い物件を選ぶ、空室リスクを減らすなどの工夫も必要です。

取材協力者:會田さん

不動産投資で無理をすると、後々返済が難しくなります。

Q.専門家のアドバイスについて具体的に教えてください。

不動産投資は、専門的な知識や経験が必要な場合もあります。そのため、わからないことや不安なことがあれば、不動産投資の専門家に相談することも検討しましょう。

取材協力者:會田さん

専門家からのアドバイスを受けることで、上記で紹介したリスクを抑えられる確率があがります。

不動産会社の選び方とおすすめ不動産投資会社

おすすめの不動産会社の選び方を教えてください。

不動産会社の選び方は、主に「実績・信頼性」「対応力」「サポート体制」の3つがあります。

Q.実績・信頼性で選ぶ理由を教えてください。

不動産投資は、まとまった資金を投資することになります。そのため、実績があり、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

取材協力者:會田さん

確認するときは不動産会社の概要や、質の面でどのぐらいの実績があるのかチェックしてみましょう。

Q.対応力で選ぶ理由を教えてください。

不動産投資は、専門的な知識や経験が必要な場合もあります。そのため、わからないことや不安なことがあれば、丁寧に対応してくれる不動産会社を選ぶことが大切です。

取材協力者:會田さん

担当者の対応や知識の深さで見極めてくださいね。

Q.サポート体制で選ぶ理由を教えてください。

不動産投資は、空室リスクや修繕リスクなどのリスクがあります。そのため、空室時の対応や修繕時のサポート体制が整っている不動産会社を選ぶことが大切です。

取材協力者:會田さん

不動産会社を選ぶ際は、どんなサポート体制があるのか確認してみましょう。

會田さんが考えるおすすめの不動産投資会社はどこですか?

不動産投資におすすめの不動産投資会社は4つあります。


不動産投資に迷っている方は、ぜひ下記4社も検討してみましょう。

●シノケンハーモニー

シノケンハーモニーは、全国に約2,000棟の賃貸物件を保有する大手不動産会社です。実績と信頼性が高く、初心者でも安心して不動産投資を始めることができます。

●トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズは、中古マンションの再生・販売に特化した不動産会社です。物件の立地や賃貸需要を重視した投資を提案してくれます。

●J.P.RETURNS(J.P.リターンズ)

J.P.RETURNSは、不動産投資のコンサルティングや運用を行っている会社です。豊富な知識と経験を活かして、自分に合った不動産投資プランを提案してくれます。

●FJネクスト

FJネクストは、不動産投資の仲介・管理を行う会社です。全国に約100拠点を展開しており、きめ細かいサポートが受けられます。

不動産投資の成功率が高いエリア

不動産投資を始めるからには、投資によって得られる収入を継続的に獲得したいですよね。會田さんの考える成功率の高いエリアはどこか伺ってみましょう。

不動産投資で成功率の高いエリアはどこですか?

不動産投資で成功率が高いと考えられるエリアは7つあります。下記では、なぜ成功率が高いかを解説しています。

人口増加が見込まれるエリア

人口増加が見込まれるエリア(首都圏エリアなど)は、賃貸需要も高くなるため、空室リスクが低くなります。また、物件の価値も上昇する可能性が高いため、売却益も期待できます。

取材協力者:會田さん

政令都市も人口増加が見込まれるエリアです。

交通アクセスが良好で生活利便施設が充実しているエリア

交通アクセスが良好なエリアは通勤や通学に便利なため、賃貸需要が高くなります。こういったエリアは災害時の避難にも有利なため、空室リスクも低くなりますよ。

また、大企業の職場や学校などの生活利便施設が充実しているエリアも、単身者やファミリー層の賃貸需要が高くなります。

需要の高いエリアは、家賃相場も高くなる傾向があるので収益性も高まります。

取材協力者:會田さん

首都圏、大学・専門学校の周辺で徒歩10分以内のエリアも賃貸需要が高いです。

少額投資で投資成功率の高いエリアはどこですか?

不動産投資を少額投資で成功させる可能性の高いエリアは以下3つの条件を満たすエリアがおすすめです。

利回りが高いエリア

利回りが高いエリアは、少ない投資金額で大きな収益を得ることができます。具体的な利回り高めなエリアは、大学や専門学校の周辺エリアです。ここあたりは学生の賃貸需要が高く、空室リスクが低いためです。

取材協力者:會田さん

大学や専門学校の周辺エリアは少額投資でも可能な物件も見つかりやすいですよ。

首都圏の郊外や地方都市の中心部エリア

首都圏の郊外エリアは、利回りが高い物件が多くあります。地方都市の中心部エリアでは、人口減少が緩やかなエリアが多く、利回りが高い物件も見つかりやすいです。

今回お話しを伺った「株式会社家や不動産」

株式会社家や不動産

「株式会社家や不動産」の特徴

売却・買取・賃貸の相談が可能
離婚・住宅ローン返済・LGBTQのおうち探し相談ができる
●土日祝日でも対応可

出典:公式サイト

執筆者情報

今回は不動産投資の始め方や、失敗しない不動産投資方法を會田さんに教えていただきました。

当メディアでは、不動産投資についての情報掲載を多数紹介しているので、インタビュー記事以外にもぜひ併せて参考にしてみてくださいね。

 

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。