不動産売却

横浜の不動産売却におすすめ不動産会社を厳選紹介

横浜 不動産売却
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

コロナ化のインフレによって不動産売却を検討している方は多いでしょう。もちろん不動産価格も上昇傾向にあるため、不動産売却のチャンスとも考えられます。

マクロな目線で見れば不動産価格は上昇しているものの、、「横浜エリア」の不動産価格についてはどうなのかと感じている方も多いのではないでしょうか?

実際、「横浜エリア」においても不動産価格の上昇は見られています。

また、今後のコロナ化の影響や東京オリンピックの影響によって「横浜エリア」の不動産価格の動向についても興味がある方も多いでしょう。そこで、今回の記事では「横浜エリア」における不動産市場の動向についてや、おすすめの売却方法について解説していきます。

おすすめの不動産一括査定サイトも紹介していきますよ。

横浜という街について

横浜

横浜は、大阪や名古屋を抜いて人口の多い街であるなど住宅地として人気の高いベッドタウンです。地方から上京してきた人や東京で勤務している人が多く住む街として知られています。

渋谷や新宿からのアクセスの良さからも高い人気が維持されています。特に、西日本からの移り住んできた人からの人気が高く、転入超過している状況です。

転入者から転出者を差し引いた数がプラスになることを転入超過と言います。

このような状況から横浜で不動産売却をするとすぐに買い手が見つかると思われますが、横浜は住宅価格が高いため神奈川県内の他の地域に移り住んでいく人がいるのも事実です。

実際に横浜市では、ここ数年の人口減少が問題視されています。

では、不動産売却における市場としては横浜はどのような状況なのかを見ていきましょう。

横浜で不動産売却するなら!おすすめの一括査定サイト

SUUMO売却査定

スーモ

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • リクルートが運営する不動産・住宅情報ポータルサイト
  • 知名度のあるSUUMOに掲載可能
  • 同時に10社まで比較可能!
  • 利用者満足度が91%!
  • 横浜の売却実績・売却実例が多数!

SUUMOは、リクルートが運営している不動産・住宅情報ポータルサイトで、横浜での売却情報も充実している点が特徴です。売却価格相場について、間取り・専有面積・築年数などの情報を閲覧できます。

横浜での不動産売却経験者の口コミや実例記事も読めるため、物件を売却したい方は参考になるでしょう。

横浜の売却実績一覧についても閲覧可能です。「沿線・駅」「専有面積」「築年数」などの情報のほか、担当した不動産会社とスタッフ名まで公開されています。

実際に売却した不動産会社の情報があるので、比較検討の際に役立ちそうです。

不動産会社選びをする際のポイント

SUUMOでは、一戸建て・マンション・土地以外の物件は取り扱っていないため注意しましょう。店舗や農地、ビルなどの特殊な物件を売却したい場合は、他の不動産一括査定サイトと併用する必要があります。

また、SUUMOは大手不動産会社も登録していますが、「東急リバブル」や「三井のリハウス」など、一部の大手不動産会社は登録していません。

「東急リバブル」や「三井のリハウス」などの大手不動産会社に査定依頼したい場合は、大手6社が運営するすまいvalueと併用すると良いでしょう。

基本情報

運営会社株式会社リクルート
提携不動産会社数2,000社以上
同時査定依頼可能数最大10社
利用料無料
対応エリア全国
査定に対応している不動産
  • 戸建て
  • マンション
  • 土地

出典:SUUMO売却査定(2022年12月現在)
※ 調査会社調べ (2021年3月448人に対してアンケートを実施)

すまいvalue

すまいvalue

すまいvalueのココがおすすめ
  • 大手6社が運営する不動産査定一括サイト
  • 大手6社に査定してもらえるのはすまいvalueだけ
  • 査定依頼件数は40万件以上!※1
  • 96.3%の人が安心感があると回答※2
  • 横浜に店舗多数あり!

すまいvalueは、大手6社が直接運営している不動産査定一括サイトです。

すまいvalueを運営している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村不動産ソリューションズ
  • 三井不動産リアルティ
  • 三菱地所ハウスネット


不動産業界で売買実績の高い会社が揃っており、この6社に一括査定が依頼できるのはすまいvalueのみです。

多くの物件を査定・売却した実績がある不動産会社であるため、適正な価格での査定が期待できます。

実際に、すまいvalueが売却主に対して行ったアンケートでも、96.3%の人が安心感を得られています。

横浜にも店舗が多数あるため、査定時にわからないことがあれば直接店舗で相談できるのもメリットです。

不動産会社選びをする際のポイント

すまいvalueでは6社から一括査定を受けられるのがメリットですが、一方で、その他の会社からは査定が受けられない点には注意が必要です。

当然、1,000社以上の不動産会社が登録されている一括査定サイトも少なくありません。

すまいvalueでは6社以外に選択肢がないため、「他の不動産会社も比較したい」という場合は、他の一括査定サイトも同時に利用することをおすすめします。

基本情報

運営会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所の住まいリレー
提携不動産会社数6社
同時査定依頼可能数最大6社
利用料無料
対応エリア全国
査定に対応している不動産
  • 戸建て
  • マンション
  • 土地
出典・注釈

出典:すまいvalue(2022年12月現在)

※1 2016年10月サービススタート時から2020年7月時点まで
※2 2019年4月1日~2022年1月31日にすまいValueで媒介したお客様を対象に行ったアンケート結果

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 日本で一番家を売りたい方に選ばれている売却査定サイト!
  • 利用者数は月間2万人を突破!
  • 最大6社と比較!
  • 大手不動産会社や地域密着型の不動産会社を厳選
  • 企業の特色を掲載!

イエウールは、提携不動産会社数・利用者数・査定対応エリア数が国内で最も多い売却査定サイトです。大手不動産会社から地域密着型の優良不動産会社を厳選し、最大6社に査定を依頼できます。

クレームの多い悪徳企業は、イエウールが契約解除しているため、優良な企業のみが掲載している点は安心です。

イエウールでは、企業について売却物件数やスタッフ紹介などの情報が掲載されています。

利用者の口コミや評判についても記載があるため、不動産会社選びの参考にできます。

不動産売却時に役立つ情報も充実しているのが特徴です。売却実績から「神奈川県でマンション、戸建て売却に強い会社」や、「神奈川県での購入希望者の希望価格・希望間取り」もまとめられています。

また、イエウールでは店舗や店舗、工場などの特殊な物件に関しても査定可能です。

不動産会社選びをする際のポイント

イエウールでは、電話でのサポートを行っていません。電話ですぐに返答を得られない点には注意が必要です。

不動産一括査定を利用している際に何らかのトラブルが起きた際には、問い合わせフォームを利用しましょう。

基本情報

運営会社Speee株式会社
提携不動産会社数2,300社以上
同時査定依頼可能数最大6社
利用料無料
対応エリア全国
査定に対応している不動産
  • 戸建て
  • 分譲マンション
  • 土地
  • 1棟アパート・1棟マンション
  • 区分マンション
  • 1棟ビル
  • 区分所有ビル
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地
  • その他

出典:イエウール(2022年12月現在)
※ 2022年1月現在「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」より(株)東京商工リサーチ調べ

横浜で売却におすすめの不動産会社

株式会社アンビション・バロー

株式会社アンビジョン・バロー

株式会社アンビション・バローのおすすめポイント
地域密着型ならではの手厚いサポート
●学生向け物件が豊富
賃貸専門のプロが対応

株式会社アンビション・バローは、地域密着型を特徴としている不動産会社です。そのため、大家さんから直接依頼を受けた物件や他に載っていない物件も多く所有しています。

近くに住むスタッフも多いので、地域情報について詳しく教えてくれるのも特徴の一つです。

地元の大学とも提携して物件紹介をしていて、豊富な学生向け物件を揃えているので1人暮らしをする学生の方にもおすすめです。


また、プロの賃貸専門スタッフが対応してくれるので安心です。

基本情報

会社名株式会社アンビション・バロー
特徴横浜エリア中心に8店舗構える。
(横浜・日吉・上大岡・ニ俣川・鶴見・川崎・新横浜・相模大野)
紹介物件エリア

掲載物件が多いエリア:港北区、港南区、旭区、神奈川区、中区、南区、鶴見区、保土ヶ谷区、瀬谷区

アクセス

株式会社アンビション・バロー横浜店

〒220-0004 
神奈川県横浜市西区北幸2-1-22ナガオカビル3F

営業時間10:00~18:30
定休日毎週水曜日(1月~3月除く)
電話番号0120-406-860

出典:株式会社アンビション・バロー公式サイト

ミニミニ神奈川横浜西口店

ミニミニ神奈川横浜西口店

ミニミニ神奈川横浜西口店のおすすめポイント
敷金・礼金ゼロの物件が豊富
●店舗だけでなくオンラインお部屋探しも対応
●大学・専門学校別で探しやすい

ミニミニ神奈川横浜西口店は、横浜駅がある区を中心に幅広いエリアに対応している不動産会社です。敷金・礼金ゼロの物件や新築物件を豊富に取り扱っています。

地域の大学や専門学校別に近くの物件情報を探せるので、1人暮らしをする学生の方にもおすすめです。

オンラインお部屋探しも対応しているため、ご自宅にいてもプロと会話しながらお部屋紹介から周辺情報まで受けられます。



社員全員に明るく元気な対応を教育しているので、より良いサービスを期待できるでしょう。

基本情報

会社名

株式会社ミニミニ神奈川 横浜西口店

特徴

・仲介手数料は家賃の55%(税込)

・オンライン対応可

・土・日も対応

・複数店舗あり

紹介物件エリア

担当中心エリア:神奈川区、西区、保土ヶ谷区

アクセス

〒220-0073

神奈川県横浜市西区岡野1丁目13-15ペレネ和平ビル1F

営業時間10:00~18:00
定休日3月31日まで休まず営業
電話番号045-323-3220

出典:ミニミニ神奈川横浜西口店公式サイト

タウンハウジング横浜店

タウンハウジング横浜店

タウンハウジング横浜店のおすすめポイント
創業45年と直営139店舗の信頼と安心
●お得な特典が豊富
28万件以上の物件情報を毎日更新

タウンハウジング横浜店は、創業45年で直営139店舗の信頼と安心を持つ老舗不動産会社です。「親切・丁寧」をモットーとして、利用者が満足するまで寄り添ってサポートしています。

仲介手数料が最大100%オフのお得意様特典や紹介特典など、お得な特典が豊富なのも特徴の1つです。

28万件以上の物件情報を毎日更新していて、横浜でも有数の情報量を持っているので求めるお部屋も見つかりやすくなるでしょう。


年間71,354件の仲介実績があるのも、安心ポイントの1つです。

基本情報

会社名株式会社タウンハウジング神奈川 横浜店
特徴

・創業45年の安心と信頼

・直営139店舗の店舗ネットワーク

・28万件以上の物件情報

・年間71,354件の仲介実績

・横浜有数の情報量

・豊富な特典(紹介特典、お得意様特典、引越特別優遇割引券、住替え特典)

物件紹介エリア

担当中心エリア:神奈川区、西区、保土ヶ谷区

アクセス

タウンハウジング横浜店

〒220-0005

神奈川県横浜市西区南幸2丁目6-2

i building 1階

営業時間10:00~19:00
定休日毎週水曜日
電話番号045-314-4456

出典:タウンハウジング横浜店公式サイト

よくある質問

不動産売却の経費はどんなものがあるの?
「仲介手数料」「税金」「ハウスクリーニング代」「鍵代」などがかかってきます。売却価格の4%〜6%程度はかかってくると覚えておきましょう。
不動産売却における「囲い込み」とは?
不動産会社とのトラブルで多いのが物件の「囲い込み」。「囲い込み」とは、売却依頼した物件を他社の顧客には紹介せず、自社の顧客と売買契約を結ぼうとすることです。
不動産売却に必要な費用の目安は?
不動産売却における「費用」は、売却価格の4%〜6%程度かかるとされており、数十万円〜数百万円単位で費用がかかってしまうことに注意しておきましょう。
日本における不動産価格の推移は?
日本は日銀の景気政策によってインフレ率2%を目標にして、金融政策を実施しており、それに伴って日本全体の不動産価格は右肩上がりで上昇しています。
横浜における不動産価格の推移は?
横浜市における不動産市場についてですが、「横浜エリア」における不動産価格も日本全体のインフレの影響もあり、上昇傾向にあります。
東京オリンピックにおける横浜の不動産価格の影響は?
東京オリンピックの影響で、建築資材の価格が高騰。
今後も新築マンションや戸建住宅を新築する際の建設費用については、「インフレ」や「マイナス金利政策」によって材料費が原因で上昇していくと予想ができます。
横浜におけるコロナ禍による不動産価格の影響は?
横浜ではコロナ化の影響によってマンション需要・住宅重要が増えて、取引価格も上昇しております。
公益社団法人 東日本不動産流通機構(レインズ)」によると、神奈川県の戸建住宅の取引件数は減少傾向、価格はそれと反比例するように上昇しています。

まとめ

横浜における不動産価格の動向は、コロナ禍の影響にもかかわらず上昇傾向にあり、不動産売却のチャンスと言えるでしょう。

しかしながら、不動産売却を検討している方であれば、今後の不動産動向について確認するためにも、政治・経済の状況は確認しておかなければなりません。

現在は、日銀の金融政策によってインフレが続いていたり、東京オリンピック・コロナの影響によって景気の上下が激しい状況にあるでしょう。

横浜で不動産売却を検討している初心者の方は、「不動産一括査定サイト」などを利用して、複数の会社へ査定依頼・比較検討が重要です。

適正な市場相場で不動産売却をしたい方はぜひ、不動産一括査定サイトを活用して販売活動をスタートさせてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。