取材・インタビュー

不動産売却時に会社を選ぶポイントや注意点は?不動産専門家に独自インタビュー

不動産売却時のポイントや注意点
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

不動産売却は多くの人にとって重要な決断です。しかし、適切な不動産会社の選択、売却のタイミング、売却方法の選定など、成功への道は複雑で知識が必要です。

今回は、文京住販株式会社のエリアマネージャーであり営業部の川口 修氏に、不動産売却の際に直面する課題や戦略、さらには売却の適切なタイミングやおすすめの住宅ローンについて詳しく伺いました。

これから不動産売却を考えている方は、ぜひこのインタビューを通じて適切な不動産売却の方法を見つけてください。

不動産営業 川口さん

不動産売却に関する疑問を解消し、より良い決断をするための知識を深めましょう!

不動産売却する不動産会社を選ぶ際のポイント

不動産売却する不動産会社を選ぶ際のポイントを教えてください。

不動産会社を選ぶ際のポイント

売却についての査定依頼を行うと、まず相場に基づく値付けの提案があると思いますが、最終的な販売価格の決定は売主様が行うこととなります。

そして、どの会社もポータルサイト等に広告を掲載して販売集客活動を行うことを考えますと、その点において大きな差はありません。

不動産営業 川口さん

それ以外の部分が不動産会社を選ぶポイントになると思います。

会社の特徴(知名度のある大手業者やエリアに特化している地場業者等)や保証の有無、媒介形式仲介手数料、担当者の印象等、どこを優先されるかで依頼先を決めて問題ないと思います。

ただ、投資用不動産を売却するのに自己居住用に強いとかその逆等、あまりに対象不動産種別の取引実績が少ない不動産会社は避けた方がよいと思います。

不動産売却と買取はどちらがおすすめですか?

不動産営業 川口さん

どちらもメリット・デメリットがあり、売主様のご事情による優先順位により選択されるのが良いと思います。

早く現金化したい、売却金を先にもらって引渡しに猶予がほしい、引渡し後の売主責任を免責にしてほしいなどを優先させるなら不動産業者による買取が良いですが、時間が掛かっても高く売りたい場合は一般消費者への売却が良いということになります。

また、不動産業者による買取か一般消費者に対しての売却かによって、測量・解体・リフォーム等の商品加工の必要度も変わってきますので、各々のケースによりおすすめは変わってきます。

不動産売却の注意点とは

不動産売却の注意点を教えてください

売却物件について購入検討者に伝えるべき点を漏らさず予め伝えることです。

不具合や経年劣化等のネガティブな要素についても、それを予め伝えた上でそういう商品として販売をすることが重要です。

中古物件の売買の場合、「これは聞いてなかった」が一番トラブルの元です。

もし不具合があったとしても、それが価格に反映されていれば売れない不動産はありません。

不動産営業 川口さん

いわゆる「曰くつき物件」も相応の価格であれば売れますので、後々のトラブルを避ける事を優先してほしいと思います。

不動産売却で少しでも高く売却するためのコツはありますか?

「ポータルサイト等の広告に掲載する業者を1社に絞る」 「内覧日時を限定し複数組に同時に見てもらう」などでしょうか。

前者は、インターネット広告等で同じ物件が並び「売れ残っている感」あるいは「早く売りたい感」が出てしまう事を避けるためです。

後者は、盛り上がりを演出するためです。

不動産営業 川口さん

どちらも購入検討者からの価格交渉等を受けない理由になります。

 

不動産売却でおすすめのタイミングはありますか?

不動産営業 川口さん

居住用不動産については、あえて「おすすめのタイミングはない」と言いたいです。

人生設計にも影響する事ですので、市場動向等を見て、と言っていたら人生設計上重要なタイミングで動けないと思います。

売却にとって良い時は、購入にとって悪い時で結局相殺されると考えて、人生設計のほうのタイミングに重きを置くべきだと思います。

一方で投資用不動産については、市場動向、金融情勢等を考えておすすめのタイミングが存在しますのであくまでも居住用不動産においてとお考えください。

おすすめの住宅ローンの選び方

おすすめの住宅ローンはありますか?

不動産営業 川口さん

どの点を優先されるかでおすすめが変わります。

金利、手数料、窓口の多さ、団体信用生命保険が充実、などなど、各金融機関で色んな商品がありますので、どの点を優先されるかで選んでよいと思います。

注意点としては、金利急上昇のリスクヘッジがなされているか、団体信用生命保険の内容がご自身の現在加入されている保険と重複する内容があるか(後ほど保険の見直しに繋がるか)は知っておいた方がいいです。

そもそもその金融機関の口座をお持ちでないと口座開設からスタートしなければならないため、気に入った住宅ローンが給与振込口座の金融機関であれば面倒がなくていいと思います。

文京住販株式会社の住宅事業について

文京区とその周辺エリアを中心に展開する不動産会社です。

仲介として売主様と買主様のマッチングはもちろん、自社買取・販売も行わせていただいております。

その他、賃貸・賃貸管理業も行っており、このエリアにおける不動産相談には全て対応しております。

おかげさまで売主業者から分譲予定の住宅情報を先行していただける機会も多く、その販売実績からも多くの購入検討者様からお問い合わせをいただいております。

不動産営業 川口さん

ご購入もご売却もこのエリアでご検討でしたら必ずやお役立ていただけると思いますので、ぜひご相談ください。

今回お話しを伺った「文京住販 株式会社」

文京住販

「文京住販 株式会社」の特徴

●都内文京区エリアを得意とする地域密着型の不動産会社
●文京区エリアで「客様満足度」「充実した物件情報」「信頼と安心の不動産会社」としてNo.1を獲得
●文京区エリアの未公開物件や値下げ物件情報を提供

出典:公式サイト

執筆者情報

今回は不動産売却する際に依頼する不動産会社の選び方や、不動産会社を選ぶ上での注意点を教えていただきました。

当メディアでは、不動産投資についての情報掲載を多数紹介しているので、インタビュー記事以外にもぜひ併せて参考にしてみてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。