リフォーム

内装リフォームの費用相場は?事例やおしゃれにするコツも紹介

内装リフォーム費用相場・注意点
この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

居住空間をより住みやすいものにするためにリフォームを検討している方も多いのではないでしょうか。

ただ、ひと口に内装のリフォームといっても、工事する範囲はさまざまです。どこからどこまでをリフォームするかで費用も変わります。

お得にリフォームを行うには、リフォームの相場やポイントなどを把握しておくことが大事です。そこで今回は、内装リフォーム箇所ごとに費用相場を紹介します。

おしゃれな内装の事例や注意点などについても、紹介していますのでリフォームの参考にしてみてください。

費用相場や注意点を知ることで内装リフォームのイメージが湧くでしょう。
当サイトが提供する情報について

本コンテンツ内で紹介しているサービスの一部もしくは全てに、広告を含む場合があります。ただ、広告が各サービスの評価に影響をもたらすことは一切ございません。詳しくは、不動産スタディのコンテンツポリシーコンプライアンスポリシーをご確認ください。

※当サイトの記事は、次の法律・規約その他の法令の定めに則り作成しております。
景品表示法
不動産の公正競争規約

内装のリフォームにかかる費用の相場

内装とは壁や床、天井、照明・家具などの装飾などを指します。

どの範囲をリフォームするのかによって費用相場は異なりますが、一般的な戸建て住宅をまるごとリフォームするとなると100万円〜、間取り変更など大掛かりな工事になれば500万円以上かかると思った方がいいでしょう。

本記事では内装リフォームの中心となる壁と床、ドアのリフォーム工事にかかる費用相場をそれぞれ解説します。

壁紙の種類と費用相場

壁のリフォームでは壁紙代と工事費、下地処理費、養生費用などがかかり、費用の相場は6畳ほどの部屋で5万〜10万円です。

ただし壁紙の種類によって値段はピンキリなので、海外から輸入されるデザイン壁紙のように高級なものを使えば、費用は高くなります。

標準的な壁紙は1㎡あたり1,000円ほど、高い壁紙だと1㎡あたり1,500円〜が目安です。

壁紙には様々な種類がありますが、よく使われるのがビニールクロスです。プラスチック素材でつくられており、防汚機能や消臭機能、耐火機能などの機能が付いたものもあります。

ポリエチレンやポリプロピレンといった合成樹脂を原料とするオレフィンクロスは、ビニールクロスよりも添加物を抑えているため安全性が高い壁紙です。

オレフィンクロスは小さなお子さんがいるご家庭におすすめです。

コットンやフェルト、化学繊維などを使った布クロス、珪藻土や木を使った自然素材の壁紙などもあります。

床材の種類と費用相場

6畳ほどの部屋をリフォームする場合、フローリングの床なら12万〜20万円、畳を新しいものに交換するなら6万円〜15万円が相場です。

もともとは畳の部屋をフローリングに、もしくはフローリングの部屋を畳にする場合は相場より高くなります。

畳のリフォームは裏返しや表替えという方法もあり、新しいものに交換するより安価です。

また、フローリングのリフォームには2つの方法があり、「張り替え」か「上張り」かによって費用は変わります。

上張りは、もともとある床の上に新しい床材を重ねて張り付ける方法です。張り替えよりも安く済みますが、床が痛んでいる場合は重ね張りできないこともあります。

フローリングの種類は無垢フローリング、複合フローリング、フロアタイル、クッションフロアが主流です。無垢フローリングは木を削ってつくられています。自然な風合いと質感が魅力ですが、価格は高めです。

複合フローリングは、集合材などの上に薄くスライスした木や化粧シートやを張っています。

無垢フローリングより複合フローリングの方が安くキズにも強いです。

クッションフロアとフロアタイルはどちらもビニール素材でつくられた床材で、耐水性があります。どちらも木目調やタイル調などデザインが豊富ですが、フロアタイルは本物のような質感です。

フロアタイルの方が価格は少し高めですが、フローリングよりは費用を抑えてリフォームできるでしょう。

ドアの種類と費用相場

室内ドアの交換にかかる費用相場は、材料費と工事代を含めて5万円〜10万円です。

ただし、ドア枠をそのまま使う場合の費用相場なので、ドア枠を新しくつくったり壁の設置が必要な工事では10万円〜20万円ほどプラスされます。

ドアノブの交換だけなら、2万円前後でリフォームできるでしょう。

ベーシックな片引きのドア以外にも両開きのドアや引き戸といった種類があり、ドアの枚数や大きさによって価格は変わります。アコーディオンドアを使えば、片開きドアへの交換よりも費用を抑えてリフォームできます。

アコーディオンドアは、楽器のアコーディオンのように伸縮させ開閉できるドアです。

片開きのアコーディオンドアを設置する場合は3万円〜、大型な両開きタイプだと10万円以上かかるでしょう。

おしゃれな内装にリフォームするコツ

おしゃれな内装にリフォームするコツ
  • 配色を意識する
  • 材料を選ぶ際は素材感を意識する
  • 統一感のある内装にする

おしゃれな内装にリフォームするコツは上記の3つです。詳しく説明します。

配色バランスを意識する

内装をリフォームするときには配色バランスを意識しましょう。内装の70%にベースカラー、内装の25%にメインカラー、内装の5%に差し色となるアクセントカラーを使うように意識するときれいにまとまります。

ベースカラーは床・天井・壁紙、メインカラーは家具やファブリック類に使います。

それぞれの色はトーン(明度や彩度)も合わせてください。

材料を選ぶ際は素材感を意識する

材料を選ぶ際には、素材感を意識することでおしゃれさがググッと増します。例えば、ナチュラルな内装なら木材や漆喰、紙のような素材を選ぶのがおすすめです。

スタイリッシュな内装にしたいなら、金属や石(タイルやコンクリート)、ガラスなどを選びましょう。最近はフロアタイルやビニルクロスも自然な風合いのものが多いので、自然素材でなくても十分おしゃれにできます。

統一感のある内装にする

内装を部分的にリフォームする場合は、部屋全体の統一感にも気を付けましょう。

もしもリビングの壁紙だけリフォームする場合は、色や素材感を床材や家具・家電と合わせないとまとまりのないインテリアになってしまいます。また、家全体としてのバランスにも気を付けてください。

リフォーム時に参考にしたいおしゃれな内装事例

リフォーム時に参考にしたいおしゃれな内装の事例を3つ紹介します。

カフェ風の内装

1つめはカフェ風の内装です。カフェ風の内装にするポイントは、自然素材が鍵となります。

漆喰や無垢ホローリングを使えれば理想的ですが、木目プリントの壁紙やクッションフロアを活用すれば少ない予算でもカフェのようなインテリアをつくれます。

ラタンバスケットやアルミ、ホーロー製のアイテムも取り入れましょう。

北欧系の内装

2つめは北欧系の内装です。壁紙は無地でシンプルな色を、床材は木製または木目調で優しい色あいを選びましょう。

ファブリック類にはポップな色や柄ものを取り入れると、北欧系らしい内装になります。

モダンテイストの内装

3つめは洗練された印象を与えるモダンテイストの内装です。

モノトーンや原色をメインに使い、金属やガラス、皮革などの家具を合わせることで、現代的でスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

格安で内装をリフォームする方法

格安で内装をリフォームしたいならば、グレードの低い設備や材料を選ぶようにしましょう。人件費である工事費用は下げられませんが、設備や材料にかかる費用は自分次第で節約できます。

床のリフォームなら、張り替えではなく上張りにするのも手です。

ただし、元々の床が痛んでいると上張りが難しいケースもあるので、リフォーム会社と相談してください。

見積もり比較サイトを利用するのもおすすめです。見積もり比較サイトでリフォーム費用の見積もりを依頼すると、希望条件に合わせて複数のリフォーム会社を紹介してもらえます。

複数のリフォーム会社で費用を比較することで相場が分かりますし、最安価格のリフォーム会社に依頼することもできます。

見積もり比較サイトはサポートサービスが充実しているので、自分で直接リフォーム会社に依頼するよりも安心です。

内装をリフォームする際の注意点

マンションの場合、内装をリフォームする際には必ず規制がないか確認しましょう。管理組合によって、工事できる範囲などを制限していることもあります。

管理規約を確認するか、管理組合に問い合わせてください。

また、リフォームでは「なるべく費用を抑えたい」と考えるかもしれませんが、費用の節約を優先すると品質や機能性が落ちてしまうかもしれません。

家族でどんな内装にリフォームしたいかよく相談し、希望や目的に合ったリフォームプランを考えましょう。具体的なリフォームプランが思い浮かばなければ、リフォーム会社に相談してみてください。

【内装のリフォーム会社が探せる】見積もり比較サイトおすすめ5選

一括見積もりサイトのランキング根拠はこちらです。

リショップナビ

リショップナビ

おすすめポイント
  • 全国1,400のリフォーム会社と提携している
  • 厳しい加盟基準で提携するリフォーム会社を厳選
  • 万が一に備えたリショップナビ安心保証
  • プライバシーマークを取得している
  • リフォーム契約するとAmazonギフト券がもらえる

リショップナビは、全国1,400のリフォーム会社と提携している大手の見積もり比較サイトです。提携しているリフォーム会社は厳しい加盟基準をクリアしているため、優良な会社を紹介してもらえます。

もしもリフォーム会社が倒産したら、契約金の返還や代替リフォーム会社を紹介する「リショップナビ安心保証」を用意しています。

また、リショップナビは個人情報の保護体制を評価する「プライバシーマーク」を取得しているので安心です。

リショップナビで紹介されたリフォーム会社と契約すると、お祝い金として最大3万円分のAmazonギフト券がもらえます。

もらえるAmazonギフト券の額は、リフォーム工事の契約額によって異なります。
リショップナビの内装リフォーム事例
  • 施工日数: ー
  • 物件種: 戸建
  • リフォーム費用: 約150〜200万円
  • 施工会社:住まいるREIWA
    Before
    リショップナビの壁紙リフォーム事例
    After
    リショップナビの壁紙リフォーム事例2

    ホームプロ

    ホームプロ

    おすすめポイント
    • 1,200のリフォーム会社と提携している
    • 加盟前の審査と定期的な審査でリフォーム会社のサービスを向上
    • 利用者の満足度が90%以上 ※1
    • 7万件以の口コミや評価を参考にできる
    • 無料で工事完成保証がついてくる

    ホームプロは、約1,200のリフォーム会社と提携しています。

    加盟前の厳しい審査に加えて加盟後にも毎年審査を実施することで、リフォーム会社によるサービスの品質を向上している点が特徴です。

    訪問調査・面談、書類審査、顧客満足度調査でリフォーム会社を厳選し、年1回の定期財務審査で倒産リスクもチェックします。

    優良なリフォーム会社と提携しているため、利用者の満足度は90%以上と高水準です。7万件以の口コミや評価を参考にできるので、きっと希望に合うリフォーム会社が見つかるでしょう。

    さらに、万が一に備えた無料の工事完成保証も付いています。リフォーム会社が契約後に倒産してしまったら、手付金の返還・工事の引き継ぎをしてくれるので安心です。

    保証費用はホームプロが負担しています。
    ホームプロの内装リフォーム事例
    • 施工日数: 1ヶ月
    • 物件種: 戸建て
    • リフォーム費用: 約114万円
    • 施工会社: 株式会社中屋
      Before
      ホームプロの壁紙リフォーム事例
      After
      ホームプロの壁紙リフォーム事例2

      ハピすむ

      ハピすむ

      おすすめポイント
      • 加盟しているリフォーム会社は全国で1,000社以上
      • リフォームコンシェルジュが希望に合ったリフォーム会社を紹介
      • 専門知識のあるリフォームコンシェルジュが多数在籍
      • 土日祝日もサポート対応している
      • 無料見積もりフォームの入力時間はたった約1分

      ハピすむに加盟しているリフォーム会社は全国で1,000社以上です。その中から、リフォームコンシェルジュが希望に合ったリフォーム会社を紹介してくれます。

      リフォームコンシェルジュは、福祉住環境コーディネーターやリフォームスタイリストなどリフォームに関する専門知識があります。

      高齢者や障害者が住みやすい家にリフォームしたい人は、福祉住環境コーディネーターの資格を持つリフォームコンシェルジュに相談すれば、いいアドバイスがもらえるでしょう。

      リフォームコンシェルジュは土日祝日も9時から18時までサポート対応しています。

      平日は忙しい人にぴったりです。
      運営会社株式会社エス・エム・エス
      利用料金無料
      最大一括査定業者数3社

      出典:ハピすむ公式サイト

      タウンライフリフォーム

      タウンライフリフォーム

      おすすめポイント
      • 独自の審査基準を通過した全国470のリフォーム会社と提携
      • リフォーム会社からオリジナルプランを提案してもらえる
      • 利用満足度がナンバーワン ※2
      • プライバシーマークを取得しているから安心
      • 無料でオンラインサポートが受けられる

      タウンライフリフォームは、独自の審査基準を設けて厳選した全国470のリフォーム会社と提携しています。

      リフォーム会社は、依頼者の希望に合わせたオリジナルのリフォームプランを作成。さらに、リフォームに役立つアイディアやアドバイスももらえます。

      ゼネラルリサーチが実施したリフォームサイト10社を対象にしたサイト比較イメージ調査では、利用満足度でナンバーワンに選ばれました。

      個人情報を適切に取り扱っていることを認められた事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しているので、安心して利用できます。

      いくつもの厳しい審査をクリアした事業者だけが、プライバシーマークを取得・使用できるのです。
      運営会社タウンライフ株式会社
      利用料金無料
      最大一括査定業者数

      出典:タウンライフリフォーム公式サイト
      ※2:公式サイトより

      リノコ

      リノコ TOP

      おすすめポイント
      • 料金が総額表示だからわかりやすい
      • 加盟店は8.14%と厳しい審査通過率をパス※4
      • 施工店とのやり取りも相談員が年中無休でサポート
      • スマホで簡単に契約できる
      • 公式サイトで無料見積もりシミュレーションができる

      リノコではリフォームにかかる料金を「安心コミコミ価格」で表示しています。安心コミコミ価格は工事にかかる諸費用も含まれているので、標準的な工事であれば追加費用は発生しません。

      加盟店の審査はとても厳しく、審査通過率は8.14%です。加盟しているのは優良な施工店ばかりですが、言いにくいことなどがあれば相談員が間に立ってサポートしてくれます。

      知識の豊富な相談員が年中無休で相談に応じてくれます。

      見積もりの依頼や施工店とのリフォーム工事契約はスマホで手続きできるので、自分のペースで手軽にリフォームを進められるでしょう。

      リフォーム工事の進み具合もスマホがあれば確認できます。
      リノコの内装リフォーム事例
      • 施工日数:ー
      • 物件種: 戸建て
      • リフォーム費用: 約7万円
      • 施工会社:ー
        Before
        リノコの壁紙リフォーム事例
        After
        リノコの壁紙リフォーム事例2
        運営会社セカイエ株式会社
        利用料金無料
        最大一括査定業者数

        出典:リノコ公式サイト
        ※4:公式サイトより

        まとめ

        内装のリフォームでは、どこからどこまでをリフォームするかによって費用は大きく変わります。

        6畳ほどの部屋を標準的なグレードの材料を使ってリフォームする場合、壁紙は5万〜10万円が相場です。床のリフォームは12万〜20万円、室内ドアの交換は5万円〜10万円ほどかかります。

        内装のリフォームを検討している人は、見積もり比較サイトを利用して複数の会社から見積もりを取るといいでしょう。

        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。