土地活用におすすめの方法9選!メリット・デメリットも徹底解説

「使わない土地を所有しているけど、どうしたら良いのか分からない」や「相続した土地の処分に困っている」そんな方も多いのではないでしょうか?

土地を所有していても、その土地を活用しない限りは、手入れの手間と税金がかかるばかりで「借金よりも質が悪い」と言います。

そこで今回は、土地活用について、具体例やメリットやデメリット、注意点などを検証しながら解説します。

土地を所有しながら持て余している方は、ぜひ参考にしてください。

土地活用とは

家

土地活用の目的
  • 安定収入を確保する
  • 相続税への対策
  • 所得税への対策
  • 将来の収入確保
  • 売却益を得る

土地活用とは、使っていない土地を活用し、収入を確保したり税金対策すること。所有する土地の特徴を活かして活用することで、土地の資産価値が向上します。

 土地を放置することは、税金が掛るばかりで負債と同じです。

土地は活用しなければ、固定資産税や相続税などの軽減措置を受けることができません。土地活用とは、無駄な税金を節税し、プラスの収益に変えることを目的とします。

使わない土地があれば、活用するか売却を考えましょう。

土地活用の種類

土地

土地活用には、継続的に安定収入を得る税金対策をする、売却益を得るという3種類があります。土地を活用する際は、土地の特徴やご自分のライフスタイルに合わせた活用法を選択しましょう。

 土地活用の成功には、土地活用の目的を決めることが重要です。

将来のお金に不安がある方は安定収入に繋げるか、売却益で別の投資をする方法があります。現在十分な収入があり高額の所得税を支払っている方は、税金対策できる活用方法がおすすめです。

現在や将来の経済状況を判断した上で、土地の活用方法を選択しましょう。

土地活用の目的を明確にする

お金

土地活用の目的を明確にすることで、土地を無駄なく活用できます。安定収入を得たい時は人に貸す、節税対策のためには建物を建てて賃貸する、すぐに現金化したい時は売却します。

 土地活用の特徴は、目的によって土地の使用方法が変わることです。

目的を明確にすることで「費用をかけずに活用する」か「投資して活用するか」を選択します。投資を行い活用することで、大きな収益を期待できる反面、投資のリスクが発生します。

所有する土地の立地条件や特徴を踏まえ、どのように活用するかを判断しましょう。

おすすめの土地有効活用方法9選

家とお金

おすすめの土地有効活用方法9選
  • 売却
  • 貸地
  • アパート経営
  • マンション経営
  • 賃貸併用住宅
  • 戸建賃貸
  • 駐車場経営
  • 太陽光発電
  • 等価交換

売却

土地活用の最もシンプルな方法は、使わない土地を売却してしまうことです。土地を売却することで、まとまったお金を得ることができ、固定資産税の支払いも無くなります

 土地を売却することで、現金をすぐに得ることが可能です。

ただし、売却時に多少の費用がかかることと、大きな利益を得ることで譲渡所得税が発生します。売却費用や譲渡所得税は、事前にシミュレーションすることで計算可能です。

土地活用の際は、事前の計算や計画といった準備が重要です。

貸地

お金と瓶

土地活用には、費用をかけずに土地を貸して地代を得る方法があります。一例としては、家庭菜園や畑、資材置き場としての利用する方法です。

 貸地利用は、費用をかけずに活用できる反面、大きな収益や節税効果が期待できません。

土地をそのまま貸すことで、費用をかけずに比較的安定した収入を得ることができるでしょう。また、貸した土地に借主が住宅を建てる場合は「借地権」が発生するため注意が必要です。

土地の価格が比較的安い土地や、使用目的が決まるまで貸地とするケースが多いです。

アパート経営

古いアパート

アパート経営は、所有する土地に木造やプレハブなどの物件を建てて賃貸する土地活用です。比較的狭い土地でも建築可能で、賃貸のニーズがある場所では有効な活用法と言えるでしょう。

 アパート経営は、専門家の意見を聞きながら投資することが重要です。

アパート経営は、場所と建物が賃貸ニーズとマッチすれば、空室のリスクを減らすことができます。アパートの建築には、投資が必要です。信頼のできる不動産会社のアドバイスを参考にしましょう。

アパート経営では、高い収益をえることに加え、節税効果もあります。

マンション経営

マンション

マンション経営は、所有する土地に鉄筋コンクリート造の物件を建てて賃貸する土地活用法です。アパートに比べて建築費用が高くなる分、収益性も高くなるのが一般的です。

 マンションはアパートよりも部屋数が多く、賃料も高くなります。

マンション経営のメリットは、高い収益性と安定収入、節税効果などが長く持続するところです。一方で、建築費用が高いことと、空室リスクなどのリスクへの対応が必要となります。

マンションやアパート経営は、専門家の意見を取り入れ、事業計画をたてて投資しましょう。

賃貸併用住宅

戸建てのメリット

賃貸併用住宅とは、所有する土地に建てた物件の一部に自らが居住し、その他の部屋を賃貸する方法です。アパートやマンション経営をしながら、その一室に住む大家さんがこのケースにあたります。

 賃貸併用住宅は、節税対策に最も適した土地活用の方法です。

賃貸併用住宅は、小規模住宅用地の特例が適用されるため、相続税や固定資産税の節税も期待できます。また、自らの居住部分が51%を超えると、金利の低い一般の住宅ローンを利用できます。

賃貸併用住宅の特徴は、大きな収益を期待できない反面、節税効果が大きいことです。

戸建賃貸

家

戸建賃貸は、土地に一戸建て住宅を建てて、借主に賃貸する方法です。マンションやアパート経営に比べ、狭い土地を低価格で運用できます。

 戸建賃貸の特徴は、収益性の高さと、初期費用が比較的安いところです。

戸建賃貸では、入居者の入れ替わりが比較的少ないため、空室となるリスクが低いのも特徴です。安定した収入が期待できる反面、空室が続くと経費だけがかかります

戸建賃貸は、最終的に自分で住むことや売却がしやすいのもメリットです。

駐車場経営

駐車場

駐車場経営には、コインパーキングと月極駐車場の2種類があります。立地によって異なりますが、一般的には月極の方が安定した収入に繋がりやすいでしょう。

 地域によっては、駐車場経営にも固定資産税の軽減制度があります。

駐車場経営のメリットは、初期費用が安く、狭い土地や変形した土地でも活用できるところです。ただし、場所によっては固定資産税などの軽減措置がなく、絶税効果を期待できないケースがあります。

駐車場経営は、場所によっては安定した収入となる活用法と言えるでしょう。

太陽光発電

ソーラーパネル

太陽光発電で土地を活用する方法は、売電を目的とする方法土地を貸すだけの方法があります。一般的には売電目的が多く、その場合には国からの補助金なども期待できます。

 太陽光発電では、事業用が基本となるため広大な土地が必要です。

事業用の太陽光発電は、20年間の固定買取価格制度があるため、比較的安定した収益が期待できます。ただし、自然災害などの脅威がある土地では、思わぬリスクを背負うことがあります。

太陽光発電は、自然災害の影響を受けにくい遊休地におすすめの活用法です。

等価交換

建築中のビル

等価交換とは、デベロッパーなどへ土地を提供し、建てた建物の一部を取得する方法です。商業地などに高層マンションを建て、地主が1階部分を店舗として利用するといったケースがあります。

 等価交換には譲渡税の優遇措置があり、節税対策に向いています。

等価交換では、土地の所有者にはリスクの少ない活用法と言えるでしょう。ただし、ご自分で建物を建てて運用するよりも収益性は下がります

等価交換を行う際は、綿密な計算の元で、不利な契約とならないように注意しましょう。

土地活用のメリット・デメリット

メリットとデメリット

上記のように、土地活用には「売却」と「運用」の2種類があります。ここでは、「売却」と「運用」のメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

土地を売却する際のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • まとまった現金を得られる
  • 維持管理の手間がなくなる
  • 固定資産税の支払いがなくなる
  • 土地の所有権がなくなる
  • 収益を得る機会がなくなる
  • 売却費用や譲渡所得税などが発生する

土地を売却するメリット

所有する土地を売却する大きなメリットは、まとまった現金が手に入ることです。また、大きな収入がなくても、土地の維持管理の手間がなくなるというケースもあるでしょう。

 基本的に、使わない土地でも毎年固定資産税がかかります。

このように、土地を所有するだけの状態ではリスクしかないのが現実です。高齢で維持管理ができない場合や、運用の予定がない時は、できるだけ早く売却して現金化しましょう。

売却で得た収益を、別の金融投資などに回すことも可能です。

土地を売却するデメリット

誰もいない土地

土地を売却するデメリットは、土地の所有権を失うことで、さまざまな機会を失うことです。土地を手放すことは、思い入れのある土地を手放すことになります。

 土地の売却は、家族や親族の了承を得てから決めるようにしましょう。

また、闇雲に売却せず、不動産会社などの専門家に活用法がないかを確認することも重要です。売却費用や税金などを計算し、運用するケースとどちらが得かをシミュレーションしてみましょう。

不動産に関する相談は、信頼のできる不動産一括査定サイトがおすすめです。

土地を運用する際のメリットとデメリット

シーソー

メリット デメリット
  • 安定収入が得られる
  • 税金対策できる
  • 資産形成ができる
  • 地域貢献できるケースがある
  • 初期費用やランニングコストがかる
  • 投資に失敗するリスクがある
  • 近隣住民とのトラブルのリスクがある

土地を運用するメリット

土地を運用する際のメリットは、安定した収入を長期間得られるところです。土地の運用では、アパートやマンションを建てて不動産投資を行うことで、大きな資産形成ができます。

 土地を有効に使うことで、子どもに優良な資産を残すことも可能です。

また、地域に不足している施設を作ることで、地域に貢献することもできます。このように、土地の活用には、収益や税金対策を目的とする以外に、さまざまな活用法があるでしょう。

地域に貢献できる土地の活用は、収益性の高い活用法となるでしょう。

土地を運用するデメリット

注意喚起のテープ

土地の運用に際しては、建物を建てたりする場合に、初期投資が必要となるケースがあります。また、投資物件を維持管理するためには、初期費用以外にランニングコストが必要です。

 土地の運用では、不動産投資のリスクを伴います。

不動産投資に失敗すると、最悪は土地を失い借金が残る可能性があります。また、土地の利用の仕方によって、近隣住民とのトラブルが発生することもあるため注意が必要です。

土地の運用は、場所や特徴を理解し、リスクの少ない方法を選択しましょう。

土地活用で失敗しない4つの注意点

土地活用で失敗しない4つの注意点
  • 土地活用は事業と理解する
  • 土地活用の目的を決める
  • 専門家に相談する
  • 信頼できる不動産会社を見つける

土地活用は事業と理解する

土地の活用にあたっては、事業を始めるという意識を持つことが重要です。土地を活用する際に、不労所得を得るという考えを持つことは危険です。

 土地活用では、初期費用やランニングコストを回収しなければなりません。

そこで、家賃や経費を計算し、リスクを排除しながら運用するテクニックが必要となります。土地活用では、事業計画を綿密にたて、収支計算と確定申告をすることにより収益を確保します。

土地を運用する場合は、中長期的な収支計画が重要です。

土地活用の目的を決める

畑が沢山

土地活用をする場合は、ご自分の経済状況を把握し、目的を決めて行うことが重要です。相続税対策や、収益を得ながら固定資産税を節税したいなど、目的を明確にしましょう。

 土地活用の目的が決まれば、最も効果的な運用方法を選択できます。

ただし、あなたの目的と所有する土地の特徴がマッチしないケースもあります。土地活用は、不動産の専門家と相談しながら慎重に決断することが重要です。

土地の用途はさまざまです。専門家の意見を取り入れながら運用方法を決めましょう。

専門家に相談する

上記のように、土地の活用法はさまざまなです。そこで、運用にあたっては専門家の意見を聞いてから判断しましょう。

 土地活用をご自分だけで判断することは、失敗のリスクが高く危険です。

土地の用途は条例などで決められていることが多く、自由に利用することができないケースもあります。

所有する土地の特徴や需要を調査し、資金計画や節税対策を行うために、経験豊富な専門家の意見を聞きましょう。

不動産一括査定サイトを使えば、土地の活用方法を無料で相談できます。

信頼できる不動産会社を見つける

握手をする人

土地活用を成功させるには、信頼のできる不動産会社を見つけることが重要です。一見すると使い道が無いような土地でも、プロ目線で見れば有効な活用法が見つかる可能性があります。

 使い道が無いとあきらめている土地でも、まずは相談してみましょう。

信頼のできる不動産会社を探す方法は、不動産会社の実績や口コミを見るのがおすすめです。不動産一括査定サイトを利用すれば、土地活用の相談や、優良な不動産会社の情報もチェックできます。

土地活用でお悩みの方は、まずは不動産一括査定サイトを覗いてみてくださいね!

土地売却におすすめの不動産一括査定サイト比較

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計12万件以上の実績※1
  • 顧客満足度96.3%※2
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!
  • ※1 2021年度(2021年4月~2022年3月末)実績 ※2 2019年4月1日~2022年1月31日にすまいValueで媒介したお客様を対象に行ったアンケート結果。

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、12万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.3%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.6%※1
  • 年間購入相談件数20万件以上※2
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.6%※1となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

※1 2021年度(6月〜2月)中に当社でお取引いただいたお客様を対象に実施したアンケートで、不動産取引の機会が生じた際、再度弊社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合 

※2 2021年度実績

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

土地活用に関するよくある質問

土地を活用することで節税効果があると聞きましたが、本当ですか?
はい。土地を活用することで、所得税や住民性、固定資産税、相続税などの対策が可能です。
狭い土地でも活用できるのでしょうか?
はい。広さによって、住宅を建てて賃貸したり、そのまま駐車場として活用もできます。
田舎の土地でも使い道はありますか?
はい。場所や土地の特徴にもよりますが、太陽光発電などで活用が可能です。
土地を活用して、お金をかけずにできるだけ早く現金を得ることは可能ですか?
はい。不動産一括査定サイトで買取を依頼すれば、最短1ヶ月程度で現金化できます。
土地を相続したのですが、活用方法が分かりません。どこに相談すれば良いですか?
不動産一括査定サイトに相談しましょう。売却から運用まで、いつでも相談できます。
土地活用の相談はいくらかかりますか?
不動産一括査定サイトを利用すれば、さまざまな相談が無料でできるためおすすめです。
信頼のできる不動産会社を探しています。どこに相談すれば良いですか?
不動産一括査定サイトでは、優良な不動産会社の情報を多数閲覧できます。ぜひご活用ください。

まとめ

いかがでしたか?土地の活用法はさまざまあり、ここで挙げたのはほんの一例にすぎません。しかし、土地活用で重要なことは、どのように使うかではなく「何のために使うか」です。

それは、土地のオーナーが何を目的とするかによって、土地の利用法が変わるからです。土地は、いろいろな目的に利用できる価値の高い資産と言えます。

不動産一括査定サイトを使い、最も有益な土地活用を選択してくださいね。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事