家を売るならどこがいい?不動産会社の見分け方・比較方法を解説

家を売るならどこがいいかと考えている方であれば、不動産会社を見分けるにはどうすればいいのだろうと感じたことはないでしょうか?

不動産会社を比較しようと思っても、情報をどこから集めて比較すればいいのかわからなかったり、良い不動産会社の見分け方がわからなくて困っている方も多いはずです。

不動産会社を見分けるためには、複数の不動産会社を比較しなければなりません。

また、大手企業の不動産会社を選ぶべきか、地域密着型の中小企業の不動産会社を選ぶべきかでも悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、家を売るならどこがいいのか、不動産会社の選び方・比較の仕方について解説します。

この記事でわかること
  • 家を売るなら不動産会社はどこがいいか?
  • 家を売るなら大手不動産会社・中小企業の不動産会社か?
  • おすすめの不動産一括査定サイトについて
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

家を売るならどこがいい?不動産会社の見分け方

書類を持つ人

家を売るのであれば、まずは不動産会社へ相談することは思い浮かぶかと思いますが、不動産会社も今では数多く存在しており、どこで売るのがいいのかわかない人も多いでしょう。

家の売却において、不動産会社は買主探しから売却に関する書類やサポートまで行ってくれますので、慎重に不動産会社は選ばなければなりません。

不動産会社選びが、家の売却を成功させると思ってもいいでしょう。

不動産会社選びを成功させるための6つのポイントを押さえて、信頼できる不動産会社を選びましょう。

不動産会社6つの見分け方
  • 不動産一括査定サイトを利用する
  • 査定金額と根拠を比較する
  • 実績と得意な物件で比較
  • 家を囲い込みしていないか確認
  • 不動産会社の免許更新回数
  • 行政処分の履歴

不動産一括査定サイトを利用する

2台のパソコン

不動産会社を見分けるためには、まず「不動産一括査定サイト」を利用して複数の会社へ家の査定依頼しましょう。

不動産一括査定サイトを利用することで、一度の申し込みで複数の不動産会社へ家の査定依頼ができるため、不動産会社を効率的に比較できます。

また、不動産一括査定サイトは無料で利用できるので、気軽に利用できるのもメリットです。

不動産一括査定サイトを通して、複数の不動産会社へ査定結果を報告してもらい、家の市場相場の調査と不動産会社選びを同時に行いましょう。

査定金額と根拠を比較する

借り換えの失敗を防ぐ

不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社から査定結果の報告を受けたら、査定金額やその根拠をしっかり比較していきましょう。

不動産会社を選ぶ際には、査定金額の高さだけでなく、担当者の力量や査定金額の信憑性もしっかり比較していくことが大切です。

 査定金額を市場相場から高く報告してくる業者は、媒介契約が欲しいがために高めに設定している可能性もあるので注意が必要です。

信頼できる不動産会社や、力量のある営業担当者を選ぶためにも、査定金額だけでなく根拠などもしっかり聞いたり、資料を比較しましょう。

実績と得意な物件で比較

連なるマンション

不動産会社も数多く存在していますが、家の売却を検討しているのであれば、「家の売却」を得意としている不動産会社を選択しましょう。

また、売却の中でも自分が売りたい家の種類(マンション・一戸建て)で実績が多い、不動産会社だとより取引がスムーズに行えます。

不動産会社でもそれぞれ得意としている分野があり、実績が多い不動産会社の方が取引に対してのノウハウや知識が多いです。

不動産会社の実績・得意な物件について調べるためには、不動産会社のHPを確認したり、営業担当者の方へ直接質問してみるといいでしょう。

家を囲い込みしていないか確認

大手不動産会社などへ仲介依頼する場合によくある「囲い込み」。自社の顧客から家の買主となる人を探し出して売買取引することで、不動産会社は売主・買主から手数料をもらえます。

 売主にとって、「囲い込み」のデメリットは、買主が見つかるまでに時間がかかってしまったり、家の売却価格が下がってしまう可能性があることです。

不動産会社の立場からしてみると、多少売却価格が下がっても、買主と売主の両者から手数料をもらえた方が利益も大きいので、売却価格が下がってでも自社の顧客から買主を探したいのです。

囲い込みを避けるためには、事前に営業担当者へ囲い込みについて心配であることを伝え、不動産会社へ囲い込みについての知識があることを伝えましょう。

不動産会社の免許更新回数

転職

不動産の仲介を事業として行っていくためには、宅地建物取引業の免許が必要です。

 宅地建物取引業の免許は5年に1度、免許更新が必要となるため、更新回数が多いほど業歴も長く信頼されている業者であることが多いです。

更新回数が多い会社という理由だけで、信頼できる不動産会社だと認識することは危険ですが、長く会社を営業しているのであれば、それだけノウハウや知識なども多いため取引はスムーズでしょう。

不動産会社の実務経験や実績などを重視して選びたいという方は、免許更新回数も確認してみましょう。

行政処分の履歴

査定に必要な書類

行政処分の履歴でも、不動産会社の信用度が比較できるでしょう。

「行政処分」とは、行政が法律に基づいて、権利や義務を負わせることで、行政庁などが行う処罰のことを指します。

行政処分の履歴を確認するためには、宅地建物取引業の免許を交付した行政庁に行けば無料で閲覧ができ、過去の実績や行政処分の履歴を確認できます

免許を交付した行政庁へ直接確認することが難しいという方であれば、「国土交通省ネガティブ情報等検索サイト」を利用することで、過去5年分の行政処分歴が確認できます。

 行政処分を受け、改善した不動産会社もありますので、1つの指標として確認することをおすすめします。

家を売るならどこがいい?大手か中小か?

不動産会社の仲介

家の売却を不動産会社へ依頼するのであれば、「大手企業」か「中小企業」かどちらかの不動産会社を選択しなければなりません。

どちらの不動産会社にもメリット・デメリットがありますので、それぞれの家の状況を見た選択ができるように両者を比較するこが大切です。

メリット デメリット

大手不動産会社

・広いネットワーク
・高い宣伝力
・サポート体制の手厚さ
・ブランド力
・知名度

・囲い込みのリスク
・融通が利きづらい
・地方だと情報が少ない
中小不動産会社 ・地域密着型
・融通が利く
・対応が親切
・知名度が低い
・集客力が低い
・担当者に力量の差がある
・宣伝力が低い

家を大手不動産会社で売るなら

価格交渉

家を大手不動産会社で売るなら、「人気エリアの不動産」や「築浅物件」「利便性の高い都市部の物件」を売却検討している人はおすすめになります。

大手不動産会社の大々的な宣伝することで、「人気エリア不動産」や「築浅物件」を多くの買主の目に触れさせることで、素早く買主を探せるでしょう。

また、利便性の高い都市部の不動産は需要も高いため、多くの人が買取を希望しますので、交渉をスムーズに進めることが可能です。

大手不動産会社で売却がおすすめな人の特徴
  • 人気エリアの不動産
  • 築浅物件
  • 利便性の高い都市部の物件

家を中小不動産会社で売るなら

家を売る

家を中小企業の不動産会社で売るなら、「地方郊外の家」を所有している方にはおすすめになります。

地方郊外の不動産では、大手不動産会社を選択するよりも、地域密着型の不動産会社で仲介を依頼した方が地域特性を理解した売却を検討してくれるので、心強いです。

地域に根付いた独自のネットワークで買主を探してくれたり、不動産の魅力を伝えるための独自の情報・セールスポイントを利用して営業活動を行ってくれるでしょう。

中小企業の不動産会社で売却がおすすめな人の特徴
  • 地方郊外の不動産を持っている方
  • 駅から離れた利便性が低い土地を持っている方

家を売るならどこがいい?買取か仲介か?

戸建てのデメリット

家を売る時には、不動産会社へ「仲介」か「買取」のどちらかの方法で取引するのが一般的でしょう。

「買取」とは不動産会社が自ら買主となって家を買い取る取引で、「仲介」は不動産会社が販売活動を通して買主を探してもらう取引です。

 基本的には、「仲介」の方が家は高く売れますが、売却完了までの時間が長く、「買取」であれば売却完了までの時間が短く、価格が安くなる傾向にあります。

売却完了までに余裕がある方でなら、家を高く売ることができる「仲介」での取引するのが無難でしょう。

メリット デメリット
仲介 ・買取よりも高く売れる
・売却サポートがある
・売却完了まで期間が長い
・いつ売れるかわからない
・内覧が必要
・リフォームが必要になることもある
・家を売りに出すことがバレる
・仲介手数料がかかる
買取

・売却完了まで期間が短い
・手続きがシンプル
・売却活動がバレない
・瑕疵担保責任がない

・仲介よりも引く売却金額

家を仲介で売るなら?

書類を作る人

家を不動産会社の仲介取引にて売るなら、売却完了までの期間に余裕があり、内覧などの不動産売却に係わる作業の対応できる人にはおすすめです。

仲介による売却では、買主を探すために家の状態をきれいな状態にして内覧の対応しなければならなかったり、いつ買主が見つかるかわからないというデメリットがあります。

その手間をかけても家を高く売りたいという方であれば、仲介での取引をする方がいいでしょう。

仲介取引で家を売ることができれば、市場価格で家を売却できるので、買取での取引よりも高く売却できるでしょう。

家を売るなら仲介がおすすめな人
  • 家を高く売却したい人
  • 売却完了まで時間に余裕がある人
  • 内覧などの対応ができる人
  • 家を売りに出すことが周囲にバレてもいい人

家を買取で売るなら?

お金の家

家を買取で売るなら、家をいち早く売却して現金にしたい人や、リフォーム費用や内覧対応ができないという方にはおすすめです。

買取での取引は仲介での取引と比べて売却価格が70〜80%程度になってしまいますが、この買取金額で合意ができればすぐに取引ができるので、手続きがシンプルです。

 買取での取引であれば、最短3日〜1ヶ月程度で取引が完了し、現金が手元に入るでしょう。

仲介取引のように、内覧の対応やリフォームなどの費用を出せないという方であれば、買取での取引がおすすめになります。

家を売るなら買取がおすすめな人
  • 家をいち早く売りたい人
  • 売却活動が周囲にバレたくない人
  • リフォーム費用が出せない人
  • 内覧対応ができない人
  • 売却価格が安くなってしまってもいい人

家を売るならどこの不動産一括査定サイトがいい?

不動産投資初心者におすすめな物件

家を売るなら不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社から家の査定をしてもらいながら、不動産会社を比較していかなければなりません。

不動産会社を効率的に比較できる不動産一括査定サイトですが、今では不動産一括査定サイトも数多く存在しています。

実際に、どこの不動産一括査定サイトを利用すればいいのかわからないという方も多いはずです。

当サイトからも多くの方々が利用していただいている不動産一括査定サイトについて、選び方や比較方法など詳しく解説していきます。

不動産一括査定サイト人気比較ランキング

握手する人々

今(2021年12月現在)最も人気な不動産一括査定サイトを知るために、当サイト独自アンケートにおいて、「どこの不動産一括査定サイトを使ったか」調査を行ったところ、SUUMOが最も人気という結果になりました。

不動産売却時に利用した不動産一括査定サイト

アンケート回答の内訳
利用した不動産一括査定サイト 割合
SUUMO売却査定 37.8%
すまいValue 7.7%
LIHUL HOME’S 7.0%
リビンマッチ 7.0%
イエウール 6.3%
HOME4U 6.3%
REGuide 1.4%
その他 26.6%

独自アンケート調査の詳細はこちら

こうした人気比較の結果と、ユーザーが重視していると判明した「提携社数・利用者数・売却実績」などから、当サイトでは以下3つのサイトをおすすめしています。

おすすめの不動産一括査定サイト3選

おすすめの不動産一括査定サイト

アンケート調査では人気No.1!リクルートが運営する大手一括査定サイト!

信頼の業界最大手6社で一括査定!都市部で不動産売却を検討している人におすすめ!

→1900社以上もの不動産会社と提携!地方の不動産売却を検討している人におすすめ!

どの一括査定サイトを使おうか迷った場合は、こちらの3つから使うことがおすすめです。

不動産一括査定サイト選び方①:情報の信頼性

家を売る際の流れを5つのステップで解説

不動産一括査定サイトの情報の信憑性について比較していことが大切です。

 不動産売却は動くお金の大きさが大きいため情報の信頼性・信憑性は高くなければ安心して利用できません。

不動産一括査定サイトの情報の信頼性を見分けるためには以下の点に注意しましょう。

不動産一括サイトの情報の信頼性のチェックポイント
  • 運営会社、提供会社が明記されているか?
  • 運営会社、提供会社を検索すると情報を見つけられるか?
  • 大手企業が運営しているのか?
  • 運営実績はあるか?
  • 利用者の口コミや感想が記載されているか?

上記のポイントを踏まえて、実際に「HOME4U」の運営会社や提携会社数を確認してみると以下の通りの結果となります。

HOME4U

運営会社

NTTデータ(東証一部上場)グループ
提携会社数 約1,800社
運営実績 売却査定数累計45万件
※2021年6月時点
口コミ ・営業マンの対応を比較できたのがよかった
・複数社に同条件で査定依頼できるのがよかった
・業者の平均価格を知ることができてよかった

出典:HOME4U

口コミを調べるには、公式HPだけでなく、Webサイトでの検索やSNSで検索すると、実際のリアルな口コミを調べられるでしょう。

不動産一括査定サイトの比較方法②:登録している不動産会社の数

不動産一括査定サイトによって不動産会社の登録数は異なり、多くの不動産会社と提携しているサイトの方が、多くの会社に査定してもらえるチャンスが増えます。

不動産一括査定サイトでは一度の申し込みで提携している不動産会社から査定を依頼できますので、数が多い方が希望に近い条件の業者へ出会える可能性が上がるでしょう。

登録社数別

社数

すまいValue 900社

LIFULL HOME’S

3000社
HOME4U 1800社
イエウール 1900社
SUUMO不動産売却 2000社
イエイ 1700社
リビンマッチ 2600社
REGuide 800社

また、大手不動産との提携が多いのか、地域に密着した中小企業不動産が多いのかで選ぶのも良いでしょう。

田舎の不動産の査定を検討している場合には、大手不動産よりも地域に密着した不動産の方が、地域特性を理解した査定金額期待できるでしょう。

不動産一括査定サイト選び方③:査定できる最大不動産社数

おすすめの売却方法

一括で査定できる会社数は不動産一括査定サイトによって異なり、だいたい4〜10社程度、査定できるところが多いです。

多くの不動産会社へ一括査定を依頼できれば、不動産会社を比較検討する資料が手に入りますが、多くの会社から査定結果や連絡しなければならないでしょう。

査定してもらう会社が多すぎても自分の作業量、整理する時間が多くなり大変になってしまいます。

最大不動産社数

社数

すまいValue 6社

LIFULL HOME’S

10社
HOME4U 6社
イエウール 6社
SUUMO不動産売却 10社
イエイ 6社
リビンマッチ 6社
REGuide

10社

不動産取引は動く金額が大きいため、信頼できる不動産会社選びには時間や労力を使うのは避けられません。

多くの不動産を比較することで、信頼できる不動産会社をしっかり比較検討しましょう。

不動産一括査定サイト選び方④:得意なエリア・物件について

不動産一括査定サイトにも得意な物件の種別(マンション、戸建て、賃貸)やエリア(都市部・地方部)があります。

それぞれが得意な物件・エリアに合わせて不動産一括査定サイトを使用するといいでしょう。

得意な物件

すまいValue

・都市部に強い
・戸建て、マンション、土地

LIFULL HOME’S

・担当者によって得意な物件種別が記載されている
・戸建て、マンション、土地
HOME4U

・土地活用、不動産投資にも強い
・マンション、戸建て、土地、ビル、アパートなど

イエウール

・都市部・地方にも強い
・戸建て、マンション、土地、工場、倉庫、農地など

SUUMO不動産売却 ・担当者によって得意な物件種別が記載されている
イエイ

・大手、地方どちらも強い
・マンション、戸建て、土地、投資用物件など

リビンマッチ ・買取査定、リースバック、土地活用
・戸建て、マンション、倉庫、土地、店舗など
REGuide ・不動産投資、収益物件情報の実績あり
・戸建て、マンション、土地、事務所など

おすすめの不動産一括査定サイト

不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

よくある質問

家の売却はどこで売るのがいいですか?
大手不動産会社でも中小企業の不動産会社にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

それぞれを一括して比較するのであれば、「不動産一括査定サイト」を上手に活用することで、効率的に不動産会社を比較できます。


家を売るなら大手企業不動産会社のメリットは?
「広いネットワーク」「高い宣伝力」「ブランド力による知名度と安心感」「サポートの手厚さ」が考えられます。

自社で多くの顧客を持っていますので、人気のエリアや築浅物件などの売却にはおすすめです。


家を売るなら大手企業不動産会社のデメリットは?
「囲い込みのリスク」「対応に融通が利かない」「地方エリアでは情報が少ない」などのデメリットが考えられます。

地方エリアなどの利便性が低くなりそうな家を売るなら、中小企業の不動産会社の方が向いている可能性があります。


家を売るなら中小企業の不動産会社のメリットは?
「地域密着型のネットワーク」「大手企業に比べて対応に融通が利く」「親身になって対応してくれる」などが考えられます。

地方エリアでの家を売るなら中小企業の不動産会社では、地域特性を理解した家の売却が可能となるでしょう。


家を売るなら中小企業の不動産会社のデメリットは?
「集客力が低い」「営業担当者に力量の差がある」「知名度・ブランド力が低い」ことが考えられます。

大手企業と比べて、不動産会社へ直接買主が来てくれることは考えづらいです。「築浅物件」「人気エリア」の物件であれば大手企業の方がいいでしょう。


家を売るなら大手不動産会社がおすすめな人は?
「人気エリア」や「利便性の高いエリア」の家を売ることを検討している方にはおすすめです。

「築浅物件」も大手企業の高い宣伝力を利用することで多くの買主の目に入れさせることが可能でしょう。


家を売るなら中小企業の不動産会社がおすすめな人は?
「地方郊外エリア」の家を売ることを検討している方にはおすすめです。

「地方郊外」の家であれば、地域密着型の不動産会社の方がネットワークが強く、不動産の良さを引き出して買主を探せるでしょう。

まとめ|家を売るなら不動産一括査定サイトを使おう

パソコンをする女性

家を売るには、不動産一括査定サイトを通して、複数の不動産会社から査定報告を受け取るのと同時に、それぞれの不動産会社を比較しましょう。

査定報告を聴く時には、しっかりと査定の根拠を聞き出すことで、不動産会社が出してきた査定金額が正確なのかどうかを比較したり、担当者の力量を確認します。

 査定金額が高いだけで不動産会社を選ぶのは危険です。媒介契約欲しさに高い査定金額を提出してくる不動産会社にも注意が必要です。

このような不動産会社を選ばないためにも不動産一括査定サイトを利用し、信頼できる不動産会社を選択するようにしてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事