家を高く売るタイミングとは?コロナの状況を踏まえた時期を解説

所有する家の売却を検討している方であれば、高く売るタイミングはいつなのだろうかと考える方もいるのではないでしょうか?

昨今のコロナの状況を踏まえ、家を売るタイミングについてもわからなくなってきたという方も多いはずです。

不動産の市場価格は近年高くなっており、特にマンションの価格は高くなっています。

家を売るタイミングとして考えられるポイントは、「築年数」や「税金」「ローン」などの多くの要素を踏まえて売却を検討しなければなりません。

今回の記事では、家を高く売るタイミングについてさまざまな角度から解説していきます。

この記事でわかること
  • 家を高く売るタイミングについて
  • 家を高く売るために注意すべきタイミングについて
  • 不動産一括査定サイトについて

家を売るタイミングで重要な指標は6つ

家を売るうえで、重要なタイミングとなる指標は6つあり、「社会情勢」「築年数」「税金」「時期」「住宅ローン」「時期」が考えられます。

家の売却のタイミングは様々な要素で売却時期のタイミングが考えられますので、自分の状況と照らし合わせながら確認していきましょう。

内容 タイミング
社会情勢 コロナ禍にもかかわらず住宅の価格は上昇 今が最も売り時
築年数 築年数が経つにつれ住宅の価格は下落していく マンションは築10年が目安
戸建ては築5年が目安
税金 所有期間によって売却益に課税される税率が異なる 所有期間が10年以上だと税負担が少ない
時期 不動産の取引が多いのは「進学」「転勤」「就職」 3月に売却できるよう11月くらいから売却活動
住宅ローン

低金利の方が買主は動きやすい

現在は低金利が続いています

「社会情勢」における家を売るタイミング

おしゃれな部屋

社会情勢を踏まえた不動産価格の推移を確認するためには、不動産流通機構が公表している「不動産価格指数」を参考にするといいでしょう。

不動産流通機構の不動産価格指数(令和3年12月28日公表)によると、住宅全体の不動産価格指数は緩やかに上昇しているようです。

不動産価格指数(2021.12.28)

出典:不動産流通機構 国土交通省

戸建てや住宅地ではほぼ横ばいの傾向ではありますが、マンションの指数は大きく上昇しており、2013年ごろから年々価格が上昇しているようです。

マンションの価格はコロナ禍の状況ではありましたが、不動産価格指数は大きく上昇しており、マンションの需要の高さや人気がわかります。

「築年数」における家を売るタイミング

高いマンション

家の売却を考えているのであれば、「築年数」は経過すればするほど価値が下がっていくことは理解しておきましょう。

一般的には「木造戸建て」の家であればおよそ20年で建物価格が0になり、マンションであれば築30年で建物価格は50%程度まで落ちます。

【築年数】マンション売却価格(万円) と 中古戸建住宅(万円)

出典:不動産流通機構

上記のグラフでは、不動産流通機構が公表している首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)のマンション・中古戸建ての成約価格を築年数ごとに示したグラフになります。

築25年を超えた中古マンションや中古戸建ての売却価格は大きく下落し、不動産としての資産価値が減少していることがわかります。

 マンションであれば10年以内の売却、中古戸建てなら5年以内の売却を目安にすると、家の売却を高くできるでしょう。

「税金」における家を売るタイミング

外国硬貨

家を売る際に、買った時の金額よりも売った時の金額の方が大きかった場合には、「譲渡所得税」が発生します。

不動産売買で厄介な費用となる「譲渡所得税」は、家の所有期間によって税率が変化し、所有期間が5年以下か5年を超えているかで税率が大きく変わります。

住んでいた年数

5年以下(短期譲渡所得)

5年超(長期譲渡所得)
所得税 30% 15%
住民税 9% 5%

出典:国税庁

上記の譲渡所得の税率から考えると、所有期間が5年を超えた時に売却した方が費用を抑えて売却できますが、譲渡所得税は節税対策もあり、「特別控除」「軽減税率」を適用できます。

 「特別控除」を適用できれば、所有期間にかかわらず、売却益から3,000万円の控除ができる強力な節税対策です。

「軽減税率」では、住居として利用している家の所有期間が10年を超えている場合であれば、譲渡所得税の税率が低くなる節税対策です。

住んでいた年数 10年以上、譲渡所得6000万円まで 10年以上、譲渡所得6000万円超え
所得税 10% 15%
住民税 4% 5%

出典:国税庁

軽減税率・特別控除の2つの節税対策は併用できるため、家を売ることで売却益が出た方は必ず利用するようにしましょう。

税金の面から見た、家を売るタイミングを考えるのであれば、特別控除を使っても売却益に税金が生じる場合は所有期間が10年を超えるタイミングで売るのがお得です。

「時期」における家を売るタイミング

青空とビル

家を売るタイミングとして、最も売れやすい時期は転勤・進学・就職がある3月がもっとも売れやすい時期になります。

人々の生活や環境が変化しやすい時期では、住む場所も変える人も多いため、3月の時期に家を市場に出していると売れやすいでしょう。

マンション と 中古戸建ての件数

出典:不動産流通機構 Market Watch(2021年12月度)

不動産流通機構が公表している首都圏の成約件数データによると、上記のグラフのように3月が最も成約件数が大きくなっているのがわかります。

家を売るタイミングとして最も売れやすいのは3月であり、3月には市場に所有している家を出すのであれば、11月ごろを目安に売却活動をスタートしましょう。

「住宅ローン」における家を売るタイミング

安い金利

住宅ローン金利が低金利で推移している時は、国や銀行側からしても家をたくさんの人が買って欲しい時期になっているため、買主が多くいます。

実際に、現在の住宅ローン金利は歴史的に見ても超低金利で推移しており、変動金利であれば1%を切るような住宅ローンサービスを提供している金融機関も多いです。

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)

出典:住宅支援機構 フラット35

上記のグラフは住宅支援機構が公表している民間金融機関(主要都市銀行)の住宅ローン金利推移を示したグラフとなっており、2022年現在は歴史的に見ても低金利であることがわかります。

コロナ禍の影響もあり、社会経済はどちらかというと不景気な状態ですが、住宅ローン金利は低く推移しているため、住宅の購入を検討している方も多いです。

住宅ローンを1つの目安とするなら今は家売るタイミングに適しています。

家を売るうえでの注意すべきタイミング

家を売るうえでの注意しなければならないタイミングとして考えられるのは、今まで解説してきた逆のタイミングでの売却となります。

具体的には、「家を購入してから5年以内」「住宅ローン金利が高い時期」などのタイミングでは売却にかかる費用が高くなったり、買主が見つからない可能性もあり注意が必要です。

家を売るうえで注意すべきタイミング
  • 家の購入から5年以内のタイミング
  • ローン金利が高いタイミング

家の購入から5年以内のタイミング

黄色マーカーのカレンダー

マイホームの売却によって利益が3,000万円以上得られるような方であれば、節税対策の3,000万円特別控除を適用しても、税金がかかってしまうので、できれば5年超の所有をしましょう

 所有期間が5年以内の家では、5年を超える家を売却するに比べると、2倍程度の税金がかかる可能性があります。

マイホームの売却ではない方でも5年以上の所有をすることで、節税対策ができるでしょう。

住んでいた年数

5年以下(短期譲渡所得)

5年超(長期譲渡所得)
所得税 30% 15%
住民税 9% 5%

出典:国税庁

家の売却における税金は大きな費用となります。しっかり節税対策の知識を用いて売却しましょう。

ローン金利が高いタイミング

電卓をたたく人

住宅ローン金利によって、人々の購買意欲が変動していくことを解説しました。住宅ローンは低金利であれば、人々の購買意欲は高まります

 しかし、住宅ローン金利が高くなってしまうと、多くの利息を支払うことになるため、購買欲は下がってしまい、家の売却価格は下げなければならなくなります。

売却価格が下がってしまうと、最終的に手元に残る利益が減ってしまうので、売主としてはメリットが少なくなってしまうでしょう。

住宅ローン金利は経済状況によって大きく変動しますので、売却の際には動向を必ず確認しましょう。

2022年は家を売るのに最適なタイミング

チェックリスト

2022年は家を売るタイミングとしては、先ほど解説した6つの指標から考えても最適な時期であることがわかります。

特に「社会情勢」や「住宅ローン」の観点から考える家の売るタイミングは最適であり、「社会情勢」から見ると不動産価格は上昇、「住宅ローン」は歴史的な低金利で推移しています。

【首都圏】中古戸建て売却価格 と 中古マンション売却価格

出典:不動産流通機構 中古マンション基本指標
出典:不動産流通機構 中古戸建て基本指標

首都圏のマンションと戸建ての売却価格の推移を見ると、マンションは大幅売却価格の上昇、戸建てもわずかに上昇傾向にあることがわかります。

マンション売却を検討しているのであれば、2022年が過去10年間で最も高く売れるタイミングでしょう。

2022年は家を売るタイミング!不動産一括査定サイトが便利

2台のパソコン

2022年は過去10年間でみると、今が最も高く売れる時期であることがわかりました。

しかし、実際に家を売るのであれば、どうやって売却すればいいのだろうと感じる方も多いはずです。

不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!
 不動産一括査定サイトを通して、家の売却査定をしてもらったり、不動産会社を比較することで、家の市場価格を調査できたり、信頼できる不動産会社を探せます。

当サイトから多くの方々に不動産一括査定サイトを利用していただいておりますが、不動産一括査定サイトについてよくわからないという方も多いはずです。

そこで不動産一括査定サイトについて、詳しく解説していきます。

不動産一括査定サイトについて
  • 持ち家の相場を把握できる
  • 家を高く売ってくれる不動産会社を見つけられる
  • ネット上から短時間で利用できる
  • 遠方にある家も査定できる
  • 無料で利用できる

持家の相場を把握できる

持家の価値

査定の基準は不動産会社によって異なるため、同じ家でも査定結果はさまざまです。相場より高く査定されることもあれば、安く査定される可能性もあるでしょう。

査定シミュレーションを利用すれば、複数の不動産会社に査定額を出してもらうことで持家の相場がわかります。

高く査定されるのはいいことのように感じますが、あまりにも相場からかけ離れている場合は注意が必要です。

相場よりも高い査定額で売り出してしまうと、買い手がなかなか見つからない可能性があります。相場を把握して適正価格で売り出すことは、売却活動をスムーズに進めるうえでも重要なことなのです。

家を高く売ってくれる不動産会社を見つけられる

不動産会社の仲介

複数の査定結果の中から高い査定額の不動産会社に仲介を依頼することで、家を高く売却できる可能性がより高くなります。

査定結果から分かるのは売却価格だけではありません。不動産会社の対応から、営業力があって信頼できる不動産会社なのかも判断できます。

 査定結果に査定の根拠が明記されていることや、丁寧で迅速な対応をしているかが、実力のある不動産会社を見極めるポイントです。

ネット上から短時間で利用できる

スマホで簡単に査定

家を高く売るためには、複数の不動産会社に査定してもらうことが必須です。しかし、自分の足で何軒もの不動産会社に査定を依頼しに行くとなると、かなりの時間がかかります。

査定シミュレーションを利用すれば、物件情報を入力する手間は1度だけ。同時にまとめて査定を依頼できるので、手続きが短時間で済みます。

一軒ずつ不動産会社に査定を申し込みに行く場合、何度も同じ話をしなくてはいけないのも面倒ですよね。

査定依頼がネット上で完結する点もメリットです。24時間どこにいても簡単に申し込めるので、忙しい人も手軽に利用できます。

遠方にある家も査定できる

遠方にある家の査定

相続などの理由によって、遠方の家を売却することもあるでしょう。そんなときでも、査定シミュレーションを利用すれば自宅にいながら手続きできます。

全国各地に対応しているシミュレーションサイトなら、物件所在地にある不動産会社をマッチング。わざわざ現地に赴く必要がありません。

 売却の手続きや売買契約まで、オンラインまたは郵送で対応してくれる不動産会社もあります。

無料で利用できる

無料で査定

基本的に、売却希望者は査定シミュレーションを無料で利用できます。

一括査定に加えて電話やチャットによる相談窓口、営業電話の断り代行などのサポートを用意しているシミュレーションサイトもありますが、もちろん無料です。

シミュレーションサイトにかかる費用は、不動産会社が負担しています。売却希望者にとってお得なサービスですね!

おすすめの不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.6%※1
  • 年間購入相談件数20万件以上※2
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.6%※1となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

※1 2021年度(6月〜2月)中に当社でお取引いただいたお客様を対象に実施したアンケートで、不動産取引の機会が生じた際、再度弊社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合 

※2 2021年度実績

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

マンション売却におすすめのサービス2選

不動産売却の中でも、マンションを売りたい方におすすめのサービスを2つ紹介します。

マンションナビ

マンションなびの紹介

マンションナビのココがおすすめ
  • マンション専門の一括無料査定サイト
  • 地図をクリックすれば、その地域の相場がすぐにわかる(公式サイトのみ)
  • マンション名で査定額を検索できる(公式サイトのみ)
  • エリアごとに情報を公開していて、売り時がわかりやすい(公式サイトのみ)

マンションナビは、マンション売却専門の不動産一括無料査定サイトです。そのため、マンションを売る人に特化した便利な機能が揃っています。

例えば、トップページの検索窓からマンション名を入れるだけで、すぐにマンションの価格を見ることができ、地図の地名をクリックすれば、その地域のマンション名がずらっと表示され、相場を簡単に見ることもできます。

マンションに特化していながらも、登録社数は2500社と多く、最大で9社から査定結果も届きますので安心して利用することができます。

売りたい物件がマンションなら、便利なマンションナビの利用がおすすめです。

出典:マンションナビ公式サイト

【一都三県限定】イエシルなら中立的な相場価格を提示してくれる

IESHILの紹介

IESHILのココがおすすめ
  • 徹底して中立的な相場価格を提示
  • 約9000万件の賃貸情報や売却履歴のデータをもとに、適正価格を算出
  • 不動産仲介経験10年以上・有資格者の専任アドバイザーが無料でサポート
  • 首都圏の人気マンション価格はトップページからすぐにわかる

IESHILは、上場企業の株式会社リブセンスが運営するマンションの価格査定サイトです。上記で紹介した一般的な価格査定サイトよりも、徹底して中立的な相場価格の提示にこだわりを持っています。

実際には売れないような高い査定価格ではなく、約9000万件もの莫大な不動産賃貸、売却データをもとに、適正な売却価格を公開してくれます。

政府が提供するデータをもとに、特許を取得した算出方法から、客観的な評価額を出しているので、中立的な査定が可能になっています。

さらに中立的な価格を知った後は、元不動産営業のプロの専任アドバイザーが、売却の不安を無料でサポートしてくれます。

マンションナビとあわせての利用もおすすめです。

出典:イエシル公式サイト

よくある質問

家を高く売るタイミングは?
「社会情勢」「築年数」「税金」「時期」「住宅ローン」などの指標を考えて自分が所有する家にとってベストなタイミングを図りましょう。

「社会情勢」や「住宅ローン」の指標から見たタイミングでは、2022年は最適です。


コロナ禍の状況ですが、家を売るタイミングはどうですか?
不動産流通機構のデータによると、不動産の価格はコロナ禍の状況でも上昇しています。

特にマンション価格は2013年ごろから大幅に右肩上がりの状況です。


築年数から見た、家を売るタイミングは?
築年数が経つにつれて、家の価格は下落していくことは言うまでもありません。

家を高く売るのであれば、マンションは築10年を目安に、戸建て住宅であれば築5年を目安に売却を検討しましょう。


税金から見た、家を売るタイミングは?
所有している期間が長いほど売却益にかかる税率が下がります。また「特別控除」や「軽減税率」などの節税対策も適用しましょう。

所有期間が5年を超えるかどうか、所有期間が10年を超えるかどうかが節税対策の目安です。


時期から見た、家を売るタイミングは?
「3月」の時期は人々の環境も変わるため、多くの家が取引されます。

不動産流通機構のデータからも3月の成約件数が最も多く、家を売るタイミングとしては3月が最も適しているでしょう。


「住宅ローン」から見た、家を売るタイミングは?
金利が低い時期の方が、買主の購買意欲は高くなり家が売却されやすくなります。

現在の住宅ローン金利は歴史的に見ても低金利に推移しているため、買主が家を買いやすくなっています。


家を売る上で注意すべきタイミングは?
家の購入から5年以内のタイミングは、税金が多く課税されてしまいますので、避けた方が良いです。

また、住宅ローン金利が高い時期は、人々の購買意欲も低くなるため、なかなか買主が見つからないので、避けた方が良いでしょう。

まとめ|不動産一括査定サイトを使うタイミングは自由

住宅ローンのある家

2022年は家を売るタイミングとしては、「社会情勢」や「住宅ローン」の面から見ると非常に適している時期になります。

 不動産価格は過去10年間でも高く推移しており、「住宅ローン」は歴史的に見ても低金利です。

しかし、実際に売却する時には自分が所有している家が高く査定金額が出るとは限りません。

不動産一括査定サイトを通して、複数の不動産会社から査定報告を受けて、査定結果が正確かどうかをしっかり確かめるようにしましょう。

不動産一括査定サイトを使うタイミングは自由です。気軽に査定し余裕を持った売却するといいでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事