【2022年最新】リフォームをお得にする補助金制度と減税制度とは?

マイホームを購入後10年・20年と経過すると様々な部分が傷んできたり、手狭に感じてきたりと生活様式の変化に対応しきれていないと感じることも多いでしょう。

マイホームをこれからも長く使用したいという方であれば、リフォームによってメンテナンスすることで、資産価値を長く保つことが可能です。

国土交通省によると、住宅流通量に占める中古住宅の流通シェアは約14.7%(平成25年)であり、欧米諸国と比べると1/6程度であり、依然として低い水準にあります。

【国土交通省】中古住宅流通シェアの国際比較

国土交通省 中古住宅流通シェアの国際比較

出典:国土交通省 「中古住宅流通シェアの国際比較」

日本の中古住宅流通シェアを国際規模で比較すると依然として差は大きく、日本の新築志向は依然として大きい状態であることがわかります。

日本政府は良いものを長く使用し続けるために、「リフォーム補助金制度」や「リフォーム減税制度」によって、中古住宅市場の活性化を狙ってきています。

そこで、今回の記事では「リフォーム補助金制度」と「リフォーム減税制度」について解説していきます。

リフォーム補助金制度とは?

リフォーム補助金制度とは?

リフォーム補助金制度とは、一定水準以上のリフォーム工事に対して国・地方公共団体から交付される補助金のことです。

リフォーム補助金制度を活用することで、工事費用の一部を国・地方公共団体が補助してくれるため、性能が高いリフォーム工事を少しでも安く施工することが可能です。

 活用する際には、対象となる工事の内容や性能、期間などを必ず確認し、施工を依頼するリフォーム会社にも相談しておくといいでしょう。

申請可能な住宅リフォーム補助金制度を探すには?

申請可能な補助金制度を探すには? 住宅リフォームに係わる 支援制度検索サイト

住んでいるエリアによって「リフォーム補助金制度」に差が生じてしまうため、リフォーム補助金制度について調査するのが面倒だと感じる方も多いでしょう。

地方公共団体が提供しているリフォーム補助金制度について、最も確実に調査するのであれば、「自治体HP」や直接問い合わせをするのがベストですが、時間がない方も多いはずです。

 一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会が提供している「住宅に係わる支援制度検索サイト」を利用すれば、制度内容・エリアから補助金の有無を検索可能です。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和3年度版)

出典:一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会 「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」

住んでいる「エリア」と「支援分類(耐震化・バリアフリー化など)」を選択するだけで、簡単にリフォーム補助金制度について検索可能です。

 ただし、本サイトは「令和3年度版」となっているため、最新の情報は必ず自治体HP等にて確認する必要があります。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト 検索結果

出典:地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト「千代田区 補助金 検索結果」

自分が住んでいるエリアの自治体がどのようなリフォーム制度を提供しているのか、簡単に検索したい方はぜひ利用してみてください。

現在申請可能な住宅リフォーム補助金制度

現在申請可能な 住宅リフォーム補助金制度

リフォーム補助金制度には国と地方公共団体が提供しているものがあり、国が提供している補助金であれば、全国のエリアで活用可能で、地方公共団体と国の補助金と比較することも大切です。

全国共通の国が提供している補助金制度であれば「高性能・バリアフリー」の場合に使用しやすく、地方公共団体であれば「自治体が力を入れている工事」に対して補助金が使いやすいです。

対象事業 提供団体 補助額
こどもみらい住宅支援事業 最大5万円〜60万円
長期優良住宅化リフォーム推進事業 最大100万円
バリアフリー化事業 地方公共団体 最大20万円〜200万円
省エネルギー化事業 地方公共団体 最大10万円〜300万円
耐震化事業 地方公共団体 最大10万円〜300万円
防災対策事業 地方公共団体 最大1万円〜100万円

それぞれの補助金制度の内容について以下で詳しく解説します。

こどもみらい住宅支援事業|国土交通省

こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業」は、子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅を保有するための支援事業です。

補助事業として「リフォーム」だけでなく、「注文住宅の新築」「新築分譲住宅の購入」に対しても補助金を出しています。

リフォーム事業を利用する際には、子育て世代・若者夫婦世帯に関わらず、補助金申請が可能です。
こどもみらい住宅支援事業 内容
問い合わせ先 こどもみらい住宅支援事業事務局
対象となる方
  • こどもみらい住宅事業者と工事請負契約等を締結し、リフォーム工事をする
  • リフォームする住宅の所有者等であること
対象リフォーム
  • 開口部の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
  • 子育て対応改修
  • 耐震改修
  • バリアフリー改修
  • 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  • リフォーム瑕疵保険等への加入
対象期間

【工事請負契約の期間】
2021年11月26日~工事着工まで

【着工の期間】
こどもみらい住宅事業者の事業者登録以降

補助限度額 上限補助額30万円〜60万円/戸

出典:こどもみらい住宅支援事業事務局 

長期優良住宅化リフォーム推進事業|国土交通省

長期優良化住宅

長期優良化住宅化リフォーム推進事業」は既存住宅の性能向上や子育てしやすい環境を整備するためのリフォーム事業を推進する事業です。

補助対象費用も対象工事の1/3となっており、3割を国が負担してくれるため、補助金申請者にとってはありがたい制度です。(補助限度額は原則100万円/戸)
※出典:国土交通省「令和4年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業」

長期優良住宅化リフォーム推進事業 内容
問い合わせ先 国土交通省
対象事業
  • インスペクションを実施し、維持保全計画・履歴を作成すること
  • 工事後に耐震性と劣化対策、省エネルギー性が確保されていること
受付期間

【事業者登録の受付期間】
令和4年4月8日~令和4年11月30日

【事前採択タイプ】
令和4年4月8日(金)~令和4年5月27日(金)

補助率 補助対象費用の1/3
補助限度額 原則 100万円/戸

出典:国土交通省 「令和4年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業の募集を開始します!」

バリアフリー化事業|地方公共団体

バリアフリー化事業

バリアフリー化事業では、高齢者の居住安定や障害を持った方に対して、住環境を改善するためのリフォームを推進する補助金です。

「段差の解消」であったり、手すりの設置、スロープの設置によるリフォーム工事を一部地方自治体が負担する事業となっています。

バリアフリー事業 内容
お問い合わせ先 各地方自治体
対象事業 玄関・廊下・階段・浴室などのバリアフリー化に対するリフォーム事業
補助金額 最大20万円〜200万円程度
事例

省エネルギー化事業|地方公共団体

省エネルギー化事業

「省エネルギー化事業」では、住宅の省エネルギー性能の向上を期待するリフォーム事業に対しての補助制度となっており、補助金額はおよそ10万円〜300万円となっています。

「太陽光パネルの設置」「蓄電池システム導入」「断熱材」などの住宅性能を大きく向上させる工事となるため、補助金額も上限300万円と大きくなることが予想されます。

省エネルギー化事業 内容
お問い合わせ先 各地方自治体
対象事業
  • 省エネルギー対策工事の実施
  • 省エネルギー設備の設置
補助金額 最大10万円〜300万円程度
事例

耐震化事業|地方公共団体

耐震化事業

「耐震化事業」では建築物の「耐震化」に対する性能の向上に対して施工されるリフォームに対して補助金を交付する事業で、地震災害対策として有効的な制度です。

「耐震補強工事」「簡易補強工事」などの実際の耐震化工事に加えて、「耐震診断・計画」などの調査に対しても補助金がでる可能性もあります。

 「耐震補強工事」では、比較的大掛かりな工事が必要となることが予想されるため、工事の補助額も大きくなるのでぜひ活用しましょう。
耐震化事業 内容
お問い合わせ先 各地方自治体
対象事業

地震災害対策工事の実施(診断・設計なども対象になることも)

補助金額 最大10万円〜300万円程度
事例

防災対策事業|地方公共団体

防犯対策

「防災対策事業」では、雨水利用タンクの設置やアスベスト対策事業などへの工事・調査費用を負担してくれる事業です。

災害時に備えて雨水貯留設備の導入に対して補助金が発生し、都内を中心に利用できるリフォーム補助金事業となっています。

防災対策事業 内容
お問い合わせ先 各地方自治体
対象事業

防災設備の設置(雨水貯留設備など)

補助金額 最大1万円〜100万円
事例

リフォーム減税制度とは?

リフォーム減税制度とは?

対象のリフォーム工事を実施することで、補助金の申請だけでなく、「リフォーム減税制度」の活用もできる可能性があります。

「リフォーム減税制度」を活用することで、所得税から控除が行われるため、毎年の固定費を抑えてリフォーム工事が可能となります。

減税制度 居住年 控除額

住宅ローン制度

2022年~2025年

【限度額】
140万円

【控除率】
0.7%

【控除期間】
10年

耐震リフォーム減税 2022年〜2023年

【限度額】
250万円

【控除率】
10%

バリアフリー減税 2022年〜2023年

【限度額】
200万円

【控除率】
10%

省エネリフォーム減税 2022年〜2023年

【限度額】
250万円

【控除率】
10%

三世代同居リフォーム減税 2022年〜2023年

【限度額】
250万円

【控除率】
10%

耐久性向上リフォーム減税 2022年〜2023年

【限度額】
500万円

【控除率】
10%

出典:財務省 「令和4年度税制改正の大綱 」

それぞれの減税制度の内容を以下で詳しく解説していきます。

住宅ローン減税

住宅ローン減税

住宅ローンを使ってリフォーム工事を行なった方であれば、リフォーム費用にかかった一部を所得税の控除として費用負担が可能となります。

「住宅ローン減税」はマイホームを購入した方であれば、誰もが知っているであろう制度ですが、リフォーム事業にも適用可能です。

 2022年以降の施工になると、「年末時点のローン残高×0.7%」で控除額を算出、控除額の上限額は14万円となりました。

控除期間が10年間と長いので、最大控除額として140万円と強力な減税制度となっているので、ぜひ活用しましょう。

居住した年 控除額算出上の
借入限度額
控除期間 控除率

2021年より以前

4,000万円 10年 1.00%
2022年〜2025年 2,000万円 10年 0.70%

出典:国土交通省 「令和4年度国土交通省税制改正概要」

耐震リフォーム減税

耐震リフォーム減税

耐震リフォーム減税制度を利用するためには、「現在の耐震基準に適合させるための耐震リフォーム」が必要となり、施工後に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に適合している必要があります。

【. 耐震リフォームの減税制度】 対象となる耐震リフォームとは

対象となる耐震補強リフォーム後に確定申告を実施することで、減税が適用されるため確定申告についてよくわからない方であれば、リフォーム会社等に相談してみるのがいいでしょう。

居住年 控除対象限度額 控除率
2022年〜2023年 250万円 10%

バリアフリーリフォーム減税

バリアフリーリフォーム減税

バリアフリー減税では、高齢者・障害者の方が生活しやすくなるようなリフォーム、介護がしやすくなるようなリフォームに対して減税が適用されます。

「通路の拡張」「階段の勾配緩和」「浴室改良」などの施工によって、減税が適用され、最大200万円の減税が期待できます。

【バリアフリー減税】 対象となる耐震リフォームの例

バリアフリー減税控除の対象となる工事例では、「手すりの設置」から「出入り口の改良」「すべりにくい床材の変更」など幅広いのでぜひ検討しましょう。

居住年 控除対象限度額 控除率
2022年〜2023年 200万円 10%

省エネリフォーム減税

省エネリフォーム

省エネリフォーム性能の向上に対するリフォームを実施することでも「リフォーム減税」の対象となります。

省エネリフォーム減税では、所得税の減税措置方法が「住宅ローン減税」「投資型減税」「ローン型減税」の3つから選択でき、「固定資産税の減税措置」も適用できます。

 政府もカーボンニュートラルの政策を考慮して、省エネリフォーム減税には力を入れているようです。対象となる工事では必ず減税申請をしましょう。
【省エネリフォーム減税】 対象となる工事の部位

省エネリフォーム減税制度は原則では、最大控除額250万円ですが、太陽光パネルを設置と省エネリフォームを合わせて施工する場合には350万円と控除の金額が大きなます。

居住年 控除対象限度額 控除率
2022年〜2023年

【原則】
250万円

【太陽光パネル設置と同時施工】
350万円

10%

三世代同居リフォーム減税

三世代同居リフォーム減税

三世代同居リフォーム事業では、三世代の家族が入居することを条件にした「リフォーム」に対しての減税制度で、その分対象となるリフォーム工事は「調理室」「浴室」「便所」「玄関」など幅広いです。

リフォーム工事によって「調理室」「浴室」「便所」「玄関」が増設されて、住宅設備の数が増えることによって減税対象となることに注意しましょう。

【三世代同居リフォーム減税】 控除対象事例

三世代同居リフォーム事業の減税額も最大250万円と金額が大きいです。増設となると住居の間取り変わってしまう可能性もありますので、リフォーム会社と協議が必要です。

居住年 控除対象限度額 控除率
2022年〜2023年

250万円

10%

耐久性向上リフォーム減税

耐久性向上リフォーム減税

耐久性向上リフォーム減税制度は、「長期優良化リフォーム」を対象としたリフォーム減税制度です。耐久性の向上改修工事を実施することでリフォーム減税が適用されます。

一定の省エネリフォームと一定の耐久性向上リフォームを施工することによって減税が対象なので、若干ハードルが高い制度ですが、適用条件を検討する際にはリフォーム会社と相談するのがいいでしょう。

 最大控除額は500万円と非常に強力な減税制度なので、耐久性向上のリフォームを検討している方は同時に省エネリフォームなどの検討もすることもおすすめです。

リフォーム優遇制度が利用できるリフォーム会社を探すなら?

リフォーム優遇制度が利用できる リフォーム会社を探すなら?

リフォーム工事における「補助金」「減税制度」について解説してきましたが、これらの優遇制度を利用してリフォーム工事を進めてくれる業者はいないのかと感じる方も多いはずです。

 「リフォーム一括見積もりサイト」を利用することで、地域に密着した「リフォーム業者」を一括して比較・検討できる上、補助金・減税制度に詳しい業者を探せるでしょう。

近年多発している「リフォーム詐欺」についても、リフォーム一括見積もりサイトを利用することで、複数の業者の見積もりを比較できるため、信頼できる業者を探すためにもおすすめです。

【リフォーム詐欺について】 独立行政法人国民生活センター 「相談件数の推移」

消費者センター リフォーム被害

出典:独立行政法人 国民生活センター 「PIO-NETに登録された相談件数の推移」

上記の表では、独立行政法人 国民生活センターにおける訪問販売によるリフォーム工事や点検商法によるリフォーム詐欺についての相談件数を示しています。

 相談件数は年々上昇傾向にある、国民生活センターにおいても「リフォーム詐欺」について注意喚起をしています。

地域の減税制度や補助金制度について強い業者を調査したり、安価にリフォームを請け負ってくれる業者を比較して選ぶには「リフォーム一括見積もりサイト」は効率的ですので、ぜひ活用してください。

おすすめのリフォーム一括見積もりサイト
  • リショップナビ
  • ハピすむ
  • タウンライフリフォーム

リショップナビ

リショップナビ

リショップナビのここがおすすめ!
  • 厳しい加盟基準に通過した優良企業から見積もり依頼できる!
  • 万が一リフォーム会社が倒産した場合には、リショップナビ安心保証あり!
  • リショップナビ運営から最大5社の紹介後、理想の会社にのみ連絡可能!
  • リショップナビ経由で最大30,000円分のAmazonギフト券プレゼント

リショップナビでは、厳しい加盟基準を突破した2000以上のリフォーム会社を一括見積もりが可能なサイトです。提携しているリフォーム会社一覧も公開しているため、希望するリフォーム会社の口コミや評判を事前に調査可能です。

リフォーム事例も11,000件以上掲載されており、気になる概算金額や施工日数まで参考になる情報が豊富なため、信頼感や安心感もあります。

リショップナビ 相場

出典:リショップナビ 「費用相場」

リショップナビでは気になるリフォーム費用の相場を場所ごとに公開しているため、相場感のわからないユーザーの方でも市場相場を調査しつつ見積もり依頼できます。

また、リショップナビ経由でリフォーム依頼することで、最大30,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。

リショップナビ キャンペーン

出典:リショップナビ「リフォームお祝いキャンペーン」

ハピすむ

ハピすむ

ハピすむのここがおすすめ!
  • 厳正な加盟審査を通過した優良なリフォーム会社(全国1000社以上)のみを紹介!
  • 利用実績は10万件以上!サービス提供から5年の実績あり!
  • リフォームコンシェルジュが選定したリフォーム会社を最大3社を紹介!
  • 不動産リフォーム・売却・節税などのブログが豊富

ハピすむでは、サービス提供開始から10万件以上・利用実績10万件以上の実績をもつ見積もりサイトで、リフォームコンシェルジュが厳選した最大3社から会社を選択可能です。

 リフォームコンシェルジュは、リフォームスタイリストや福祉住環境コーディネーターなど、リフォームにまつわる資格保持者が自分にぴったりな会社を選定してくれます。

ハピすむでは紹介してくれる会社は最大3社と比較的少ないですが、時間がない方にとっては専門家による選定により3社までに絞り込んでくれるところが大きなメリットです。

ハピすむ 比較サービス

出典:ハピすむ 「リフォーム会社紹介サービス」

また、不動産のリフォームのノウハウだけでなく、補助金や節税対策、売却ノウハウのメディアも多数揃えているため、有益な情報が満載なサービスです。

タウンライフリフォーム

タウンリライフリフォーム

タウンライフリフォームのここがおすすめ
  • 自分の地域の優良企業3社から見積もり依頼可能!
  • 300社以上の優良企業はタウンライフリフォームが厳選審査!
  • リフォーム部門で3冠を達成
  • タウンライフリフォームを通して工事で1,000円分のQUOカードプレゼント!

タウンライフリフォームは厳選された300社から自分の地域にピッタリなリフォーム会社を紹介してくれる見積もりサイトです。

運用実績でも「リフォーム部門」の利用満足度、使いやすさ、安心度で3冠を達成している高品質なサービスを提供しています。

タウンライフリフォーム 実績

出典:タウンライフリフォーム 「リフォーム部門 3冠達成」

提携している会社数も300社、最大見積もり社数3社と他社サービスと比較しても少ないですが、より厳選した優良会社から見積もりを取れるでしょう。

また、タウンライフリフォームを通してリフォーム工事を行うと、全員に1000円分のQUOカードをプレゼントしております。

タウンワークリフォーム キャンペーン

出典:タウンライフリフォーム「キャンペーン」

 自力で300社から検討し、3社に見積もり依頼を出すのは相当骨の折れる作業です。便利なサービスは積極的に使うのがおすすめです。

リフォームの一括見積もりサービスについては以下の記事で詳しく解説しています。

よくある質問

リフォーム補助金制度とは?

リフォーム補助金制度とは、一定水準以上のリフォーム工事に対して国・地方公共団体から交付される補助金のことです。

リフォーム補助金制度を活用することで、工事費用の一部を国・地方公共団体が補助してくれるため、性能が高いリフォーム工事を少しでも安く施工することが可能です。


リフォーム減税制度とは?

対象のリフォーム工事を実施することで、「リフォーム減税制度」を活用でき、所得税から控除が行われるため、毎年の固定費を抑えてリフォーム工事が可能となります。


申請可能な住宅リフォーム補助金制度を探すには?
一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会が提供している「住宅に係わる支援制度検索サイト」を利用すれば、制度内容・エリアから補助金の有無を検索可能です。

住んでいる「エリア」と「支援分類(耐震化・バリアフリー化など)」を選択するだけで、簡単にリフォーム補助金制度について検索可能です。


 現在申請可能な住宅リフォーム補助金制度とは?
「こどもみらい住宅支援事業」「長期優良住宅化リフォーム推進事業」「バリアフリー化事業」などがあげられます。

補助金を提供している団体が国と地方公共団体に分かれており、どのエリアでも利用できる国の補助金制度の利用をまずは検討しましょう。


「こどもみらい住宅支援事業」とは?
こどもみらい住宅支援事業」は、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅を保有するための支援事業。

補助事業として「リフォーム」だけでなく、「注文住宅の新築」「新築分譲住宅の購入」に対しても補助金を出しています。


「長期優良住宅化リフォーム推進事業」は?
長期優良化住宅化リフォーム推進事業」は既存住宅の性能向上や子育てしやすい環境を整備するためのリフォーム事業を推進する事業です。

補助対象費用も対象工事の1/3となっており、3割を国が負担してくれるため、補助金申請者にとってはありがたい制度です。(補助限度額は原則100万円/戸)


リフォーム補助金制度における「バリアフリー化事業」は?
バリアフリー化事業では、高齢者の居住安定や障害を持った方に対して、住環境を改善するためのリフォームを推進する補助金で、地方公共団体によって提供しています。

「スロープの設置」「手すりの設置」など高齢者の方や障害者の方の生活環境改善のためのリフォーム事業が対象です。

リフォーム補助金制度における「省エネルギー化事業」は?
「省エネルギー化事業」では、住宅の省エネルギー性能の向上を期待するリフォーム事業に対しての補助制度となっており、補助金額はおよそ10万円〜300万円となっています。

「太陽光パネルの設置」「蓄電池システム導入」「断熱材」などの住宅性能を大きく向上させる工事が対象となります。


リフォーム補助金制度における「耐震化事業」は?
「耐震化事業」では建築物の「耐震化」に対する性能の向上に対して施工されるリフォームに対して補助金を交付する事業で、地震災害対策として有効的な制度です。

「耐震補強工事」「簡易補強工事」などの実際の耐震化工事に加えて、「耐震診断・計画」などの調査に対しても補助金がでる可能性もあります。


リフォーム補助金制度における「防災対策事業」は?
「防災対策事業」では、雨水利用タンクの設置やアスベスト対策事業などへの工事・調査費用を負担してくれる事業です。

災害時に備えて雨水貯留設備の導入に対して補助金が発生し、都内を中心に利用できるリフォーム補助金事業となっています。

まとめ|リフォーム減税・補助金は強力な優遇制度

まとめ|リフォーム減税・補助金は強力な優遇制度

近年日本政府も、既存住宅市場の活性化に力を入れており、「リフォーム補助金」「リフォーム減税」などの整備が行われ、消費者はお得にリフォームを実施できるようになっています。

リフォーム補助金制度・減税制度を併用することで、既存住宅の資産価値をお得に高められるだけでなく、生活に潤いを与えてくれるでしょう。

 しかしながら、リフォーム優遇制度には条件もあるため、必ずリフォーム業者と相談しつつ、適用条件を満たしたリフォーム工事となるのかを確認しましょう。

リフォーム優遇制度に強い業者を探すのであれば、「リフォーム会社一括比較サイト」を利用することで、複数の業者へ一括して見積もり依頼・比較が可能です。

リフォーム工事は地域密着型の企業であれば、資材や人件費などの費用を抑えられる他、自治体の優遇制度に詳しいため、補助金・減税制度も上手に活用してくれるでしょう。

リフォーム減税・補助金制度の活用を検討している方はぜひ、「リフォーム会社一括比較サイト」を利用してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事