資産形成には不動産投資がおすすめ!理由や注意点についても解説!

近年、資産運用は過去にないほどのブームになっています。経済的に自立をして早期退職を狙うFIREブームが起こっていることも一因でしょう。

しかし、資産運用といっても世の中にはたくさんの種類があります。株式投資、投資信託、仮想通貨…。ご自身にあった資産運用の方法がわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は今も昔も高い人気を誇る不動産投資について説明します。不動産投資についてわかりやすく説明しますので是非参考にしてください。

不動産投資とは

不動産投資

不動産投資とは、その名の通り、不動産を購入し、利益を狙う投資手法です。不動産投資は、他人に貸して家賃収入を得たり、値上がり益を狙うなど様々な手法があります。

近年、終身雇用が崩れ、年功序列での賃金体系が崩れていることや、公的年金に不安を持っている方が多いことから、給料以外の収入源として20代、30代の若い方も不動産投資を行う人が増えています。

また、不動産投資と聞くと、大きなお金が必要だと思われている方も多いかもしれません。

しかし、マンションやアパートなどの一棟を買うのではなく、ワンルームを購入して他人に貸して家賃収入を得るのも立派な不動産投資になります。ワンルーム投資であれば比較的気軽に行えることから若い人にも人気が出ているのでしょう。

不動産投資で得られる利益は主に2つ

不動産投資の利益

不動産投資で得ることができる利益は主に2つです。

不動産投資で得ることができる利益
キャピタルゲイン
インカムゲイン

不動産投資で得ることができるキャピタルゲインとインカムゲインについてわかりやすく説明します。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは、売却益のことです。不動産投資で言うキャピタルゲインとは、不動産を購入し売却をして得ることができる利益になります。

もちろん、不動産の売買では喪失を負ってしまう可能性もありますが、うまく行うことができれば大きな利益を上げることが可能です。

 特に、最近は、都心部の不動産の価格は、基本的に右肩上がりで上昇しており、キャピタルゲインを狙っている投資家の方は多いでしょう。

インカムゲイン

インカムゲインとは、配当収入のことです。不動産投資で得られるインカムゲインは、主に家賃収入のことになります。

インカムゲインは、キャピタルゲインほど大きな利益を望むことはできませんが、家賃収入は、空室にならない限り毎月定期的に受け取れるため、キャピタルゲインに比べ安定的な収入源になります。

家賃収入を公的年金の補完として利用したいと考えている投資家も多いですし、最近はやりの経済的自立をして早期退職をするFIREも目指している方もインカムゲインを重視している方が多いです。

 安定的な収入を持てるのはインカムゲインの最大のメリットといえるでしょう。

不動産投資が資産形成におすすめの理由は主に6つ

不動産投資が資産形成を行うのにおすすめの理由はたくさんありますが、主な理由は6つに集約されます。

不動産投資で資産形成を行うのがおすすの理由
サラリーマンでもできる
元手資金が少なくても始められる
物件選びが成功すれば大きな利益になる
老後資金の補完になる
生命保険代わりになる
相続対策になる

不動産投資には様々なメリットがあるのです。不動産投資が資産形成におすすめの理由についてわかりやすく説明します。

サラリーマンでもできる

不動産投資は、仕事に忙しいサラリーマンでも比較的簡単に行えます。不動産の管理を管理会社に任せれば、ほとんどオーナーがすることがありません。

もちろん、不動産管理会社に管理を任せると、相応のランニングコストはかかりますが、煩わしい管理業務を一手に任せられるのは大きなメリットでしょう。また、入居者の募集なども不動産会社に任せれば自分で行う必要はありません。

 このように、物件の購入をすれば忙しいサラリーマンでも続けられるのは不動産投資の大きなメリットの1つになります。

元手資金が少なくても始められる

不動産投資

不動産投資と聞くと、初期投資に大きな資金が必要であると思われるかもしれません。確かに手元で資金が多ければ多いほど不動産投資のハードルは下がります。

しかし、不動産投資は、自己資金だけで行うケースは少なく、大抵の場合、銀行のローンを利用します。

銀行には、アパートローンと言われる不動産投資専門のローンがありますので、アパートローンの利用ができればもとで資金が少なくても不動産投資を始めることができるのです。

アパートローンの審査では、保有している金融資産も重視されますが、安定的な収入があることや勤続年数が長いなどの属性も非常に重視されます。

特に、サラリーマンの場合、上場企業に勤めているなど属性が良ければ、手元資産が少なくてもアパートローンの利用ができる可能性が高いです。

このように手元で資金が少なくても、アパートローンの利用ができれば不動産投資は始められます。

 不動産投資は、手元資金が少なくても始められるのは大きなメリットでしょう。

物件選びが成功すれば大きな利益になる

不動産投資は物件選びが成功すれば大きな売却益を得ることができます。

先ほども少し触れましたが、特に東京都心部の不動産価格は年々上昇しており、数年前に都心部の不動産を購入している方の多くは、含み益を持っている状態でしょう。

もちろん、今後も、一本調子で不動産価格が上昇していくかは誰にもわかりませんが、物件選びがうまくいけば今後も大きな利益を狙っていけるはずです。

このように、不動産投資は物件選びが成功すれば大きな売却益を得ることができます。

 大きな売却益を狙えるのは不動産投資の大きなメリットの1つでしょう。

老後資金の補完になる

不動産投資

不動産投資で得られる家賃収入は、キャピタルゲインに比べ大きな利益を一度に得られるわけではありません。しかし、キャピタルゲインに比べ、安定的かつ毎月定期的に受け取れる収入になります。

公共財団法人生命保険文化センター「生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/令和元年度」によると、ゆとりある老後の生活を送るために必要なお金は毎月36.1万円といわれています。

しかし、厚生労働省の「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、会社員など厚生年金に加入している人の支給額は平均で月額14万6,162円です。夫婦(奥様は専業主婦)の場合、月の年金受給額は約20万円です。

出典:https://www.jili.or.jp/research/chousa/1320.html

ゆとりある資金が約36万円なので、毎月15万円以上、足りない計算になります。安定的な家賃収入は、公的年金の補完にぴったりです。もちろん、毎月15万円の家賃収入を得るためには、相応の物件を保有していなければなりません。

 しかし、公的年金の補完になる安定的な収入源が得られるのは不動産投資の大きなメリットになるでしょう。

生命保険代わりになる

不動産投資は、生命保険代わりにもなります。なぜなら、アパートローンを組む際団体信用生命保険をつけることができるからです。万が一、不動産の保有者に万が一のことがあった場合、団体信用生命保険に入っておけば、ローンの残債はゼロになります。

ローンの残債はゼロになった不動産は、残された家族が相続できますので、引き続き家賃収入を得ることが可能です。また、相続した不動産を売却することもできますので、生命保険のようなまとまった資金を手にすることができます。

 アパートローンに、団体信用生命保険をつけると金利は上がりますが、相続のことを考えるとつけておいたほうが良いでしょう。

ただし、相続税対策などを不動産で行いたい場合は、かえって団体信用生命保険をつけてしまうと、対策にならない場合もありますので専門家に事前にしっかり相談するようにしてください。

相続対策になる

不動産投資は、相続対策にもなります。不動産を家族に遺すメリットは主に2つです。

まずは不動産の評価額は現金より有利になります。不動産を相続する場合に利用されるのは路線価というものです。路線価は、時価の7割程度の価格になることが多いので、不動産を相続する場合の評価額は時価よりは低くなることがほとんどになります。

現預金などの金融資産を相続する場合の評価額は100%で評価されるので不動産で相続する場合は現預金よりも有利になることは、大きなメリットといえるでしょう。

もう一つのメリットは、遺された家族は安定的な収入を得ることができることです。収益物件を遺された遺族が相続すると被相続人が受け取っていた家賃収入を引き続き遺族が受け取ることができます。

現預金の相続の場合、一括で資産を引き継ぐことになるので相続人によっては管理が難しいと不安に思う方もいるでしょう。しかし、一括ではなく毎月安定的に入金になる家賃収入であれば遭された遺族は生活設計を立てやすいはずです。

配偶者だけでなく子供に不動産を相続させれば子供も家賃収入を受け取ることは可能です。

 遺された家族に安定的な収入源を遺せるのは、不動産投資の大きなメリットでしょう。

不動産投資を気軽に行いたい場合はREITがおすすめ

REIIT

不動産投資は、アパートローンを利用すれば、手元資金が少なくても比較的気軽に利用できますが、それでも、いきなり不動産投資を行うのに抵抗がある方は多いでしょう。

そのような方におすすめなのがREIT(不動産投資信託)です。REITは、多くの投資家から資金を集め、集まった資金で不動産に投資する投資信託になります。

REITは、500円などの少額から投資ができますので、気軽に不動産投資を始めることが可能です。もちろん、少ない金額での投資の場合、得られる利益も少なくなってしまいます。

しかし、REITも不動産投資になるので、家賃収入を分配金として受け取れますし、売却益を狙うことも可能です。

不動産投資の仕組みを理解する意味でも、海外は非常に有効な投資手法になりますので、まずはREITから不動産投資をしてみてはいかがでしょうか?

不動産投資をはじめるならまずはREITがおすすめです。

不動産投資を行う際はローンの利用がおすすめ

アパートローン

先ほどから説明していますが、不動産投資を行う際は不動産投資の専門のローンであるアパートローンの利用がおすすめです。

現在、アパートローンの金利は、2016年にマイナス金利が導入された影響で非常に安い水準が続いています。属性にもよりますが、大体1%から2%台で借りることができるでしょう。

アパートローンの利用ができれば、手元資金が少なくても不動産投資を始めることができます。ただし、手元資金が多いことに越したことはありません。なぜなら、手元資金が多ければ最終的に支払う利息は少なくなり、受け取れる家賃収入も多くなるからです。

しかし、アパートローンを利用するメリットは、少ない資金でも不動産投資ができることだけではありません。こちらも、先ほど説明しましたが、アパートローンを利用して不動産投資を行えば、生命保険代わりにもなりますし、相続対策にもなるからです。

現在の低い金利がいつまで続くかは分かりませんが、不動産投資を検討するのであれば、ぜひアパートローンの利用も検討するようにしましょう。

アパートローンの利用を検討する際は、複数の銀行に相談するようにしてください。なぜなら、銀行によって審査基準は異なりますし、利用できる金利も変わってくるからです。

 複数の銀行に相談し、もっとも自分に合ったアパートローンを利用するようにしましょう。

不動産投資の資産形成は副業になるのか

不動産投資の資産形成は、結論から言うと金額によっては副業になるケースが多いでしょう。例えば、公務員の場合、年間の家賃収入が500万円を超える不動産投資は禁止されています。

民間の場合は、公務員ほど厳しい基準ではないケースが多いと思いますが、やはり規模が大きくなると副業にみなされるケースが多いでしょう。

ただし、多くの会社では、他の会社と兼務するのは禁止していますが、不動産投資を禁止している会社は少ないはずです。

もしサラリーマンの方が不動産投資を行うのであれば事前に会社に相談するようにしましょう。

不動産投資の注意点は4つ

不動産投資

不動産投資には、様々なメリットがありますが、当然ですが注意点もあります。不動産投資の注意点は主に4つです。

不動産投資の注意点
売却する際、損が出る可能性がある
空室リスクがある
地震や台風など自然災害のリスクがある
ローンの金利が上がる可能性がある

不動産投資のそれぞれの注意点についてわかりやすく説明します。

売却する際、損が出る可能性がある

現在、都心部を中心に不動産価格が上昇していますが、当然地域によっては不動産価格が下落しているところもあります。

また、今は不動産価格が上昇している地域でも今後も上昇し続けるとは限りません。売却する際、不動産価格が購入金額よりも下がっている可能性は十分にあるのです。

 売却する際損が出る可能性があるのは不動産投資の大きな注意点になるでしょう。

空室リスクがある

不動産投資

不動産投資の醍醐味の1つは家賃収入です。家賃収入を公的年金の保管として利用している方も多いでしょう。家賃収入は、先ほど私から説明している通り、キャピタルゲインに比べ安定的な収入源になります。

しかし、家賃収入も絶対に未来永劫続くものではありません。家賃が下げられる可能性もありますし、空室になってしまうリスクがあるからです。特に空室状態が長く続くとその家の家賃収入が一切入らなくなってしまうので注意が必要です。

 空室リスクがあるのは不動産投資の大きなデメリットになるでしょう。

地震や台風など自然災害のリスクがある

不動産投資には地震や台風などの自然災害のリスクがつきものです。特に日本は、皆さんご存知の通り地震や台風などの自然災害が非常に多い国になります。もちろん、火災保険や地震保険などに加入してある程度備える事はできますが、完全な補償を受けることはできません。

地震や台風などの自然災害が起きると大きな打撃を受けてしまう可能性があるのは不動産投資の大きな注意点になるでしょう。

ローンの金利が上がる可能性がある

現在、アパートローンの金利は非常に低いです。サラリーマンの方でも1%や2%台で借りることができるでしょう。しかし、ローンの金利が未来永劫低い水準であるとは限りません。今後ローンの金利が上がる可能性は十分にあります。

 ローンの金利が上がると収支を圧迫する原因になりますので不動産投資を検討する際はアパートローンの金利にもしっかり注意するようにしましょう。

不動産投資におすすめの会社

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

Renosy

出典:RENOSY 「RENOSYは6部門でNo.1」

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)
実績
  • 不動産投資の売上2年連続No.1
  • ネットで選ばれている不動産投資会社NO.1
  • 安心・信頼できる不動産投資会社 No.1
  • 友人に紹介した不動産会社 No.1
  • 入居率99.5%・平均空室期間が26日
無料セミナー

面談あり(完全非対面)
※資料請求後、初回面談でAmazonギフト券5万円分プレゼントあり

無料セミナー資料内容
  • RENOSYのサービス内容
  • 不動産投資物件例など

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント 「セミナーを開催している3つのポイント」

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)
実績
  • 入居率は7年連続99%超
  • 紹介・リピート率71.3%
無料セミナー 毎日開催
※来場型のセミナー参加者には1500円分のAmazonギフト券プレゼント
無料セミナーの内容
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • 月収30万円の不動産収入の作り方
  • 危険な不動産の特徴

例:不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのこと
※2022年2月18日(開催)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドのガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

FJネクスト 供給実績

出典:FJネクスト 「首都圏投資用マンション供給ランキング第1位」

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%
    実績
    • 入居率99.0%※2021年6月時点
    • 首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位
    • 都心を中心に315棟の供給実績
    • 創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史
    無料セミナー
    • 毎週開催無料セミナー
    • 50分の個別相談会(事前予約制)

    無料セミナー内容

    • 新築マンション・中古マンションのメリット・デメリット
    • 不動産投資の出口戦略
    • 失敗例や業者・物件の選び方

    出典:FJネクスト公式サイト

    優良な不動産投資会社をランキング形式で比較紹介した記事もありますので、気になる方はご覧ください。

    よくある質問

    不動産投資は手元資金がなくても行えますか?
    手元資金がなくても行えますが、手元資金が多くあったほうが有利に不動産投資は行えます。
    アパートローンの審査に通るコツはなんですか?
    アパートローンの審査基準は各銀行によって異なりますので一概には言えませんが練習を上げるなどの属性を磨くのが近道になるはずです。
    今からでも不動産投資の妙味はありますか?
    今からでも充分不動産投資をする価値はあるでしょう。ただし、一本調子に不動産価格が上がるとは限らないため、どこに不動産投資を行うかが非常に重要になります。

    まとめ

    今回は、資産形成の1つである不動産投資について説明しました。不動産投資で得られる利益はキャピタルゲインとインカムゲインがあります。インカムゲインは安定的に受け取れる収益源になりますので老後資金の補完などに利用することが可能です。その他にも、生命保険の代わりになったり相続対策になったりと様々なメリットが不動産投資にはあります。

    もちろん、売却損が出てしまうなどのデメリットもありますのでしっかり確認するようにしましょう。一昔前と違って1つの収入源に頼るのは非常に危険な時代になりつつあります。複数の収入源を持つことによって充実した人生を送ることができるでしょう。

    収入源の1つとして不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事