不動産売却ならどこがいい?おすすめの不動産売却方法についても解説

不動産売却を検討している方であれば、不動産売却はどこの不動産会社がいいのかと感じている方も多いのではないでしょうか?

不動産会社選びは非常に重要で不動産の売却価格を大きく変える要素になるため、どこがいいのかは慎重に決めなければなりません。

しかし、実際に不動産会社を選ぶ際にはどこがいいのかわからない方やどうやって比較していけばいいのかわからないという方も少なくないでしょう。

今回の記事では、不動産売却において不動産会社はどのように選び、どこがいいのかを解説していきます。

不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

不動産売却|どこがいいかわからない方へのおすすめな方法

おすすめの売却方法

不動産売却において、売却の仲介をしてくれる不動産会社はどこがいいのかよくわからないという方も多いはずです。

大手不動産会社にも中小企業の不動産会社にもそれぞれメリット・デメリットがありますが、どのようにして選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

 不動産一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社を一括して比較できるだけでなく、売却したい不動産の相場まで調べることが可能です。

そこで、おすすめの不動産売却方法である「不動産一括査定サイト」について解説していきます。

不動産一括査定サイトについて
  • 所有する不動産の売却相場を把握できる
  • 家を高く売ってくれる不動産会社を見つけられる
  • ネット上から短時間で利用できる
  • 遠方にある家も査定できる
  • 無料で利用できる

所有する不動産の売却相場を把握できる

持家の価値

査定の基準は不動産会社によって異なるため、同じ家でも査定結果はさまざまです。相場より高く査定されることもあれば、安く査定される可能性もあるでしょう。

一括査定サイトを利用すれば、複数の不動産会社に査定額を出してもらうことで持家の相場がわかります。

高く査定されるのはいいことのように感じますが、あまりにも相場からかけ離れている場合は注意が必要です。

相場よりも高い査定額で売り出してしまうと、買い手がなかなか見つからない可能性があります。相場を把握して適正価格で売り出すことは、売却活動をスムーズに進めるうえでも重要なことなのです。

当サイトで行ったアンケートでは、「複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?」という質問に対して、「100万円〜300万円未満」の回答が最も高かったです。

【アンケート結果】複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

査定額にいくらの差があったか

出典:不動産スタディ Q4不動産会社選びで最も参考にした情報元は何ですか?

査定額にいくら差があったか 割合
50万円未満 20.2%
50~100万円未満 27.5%
100~300万円未満 34.9%
300~500万円未満 14.7%
500万円以上 2.8%

 

 

数十万円〜数百万円の差が発生している方は多く、複数の不動産会社から査定結果をもらうだけで、大きな差が生じることは多いです。

複数の査定結果を比較し、平均などを割り出すことで不動産の大体の相場を把握することができるでしょう。

所有する不動産の市場相場を測りつつ、納得して売却できる不動産会社を探していきましょう。

家を高く売ってくれる不動産会社を見つけられる

不動産会社の仲介

複数の査定結果の中から高い査定額の不動産会社に仲介を依頼することで、家を高く売却できる可能性がより高くなります。

査定結果から分かるのは売却価格だけではありません。不動産会社の対応から、営業力があって信頼できる不動産会社なのかも判断できます。

 査定結果に査定の根拠が明記されていることや、丁寧で迅速な対応をしているかが、実力のある不動産会社を見極めるポイントです。

当サイトで行ったアンケートでは、「最終的に選んだ不動産会社の決め手は何ですか?」という質問に対して、「査定金額に納得した」という回答が最も数値が高かったです。

【アンケート結果】最終的に選んだ不動産会社の決め手は何ですか?

不動産会社を選んだ決め手

出典:不動産スタディ Q4不動産会社選びで最も参考にした情報元は何ですか?

選んだ不動産会社の決め手 割合
査定金額に納得した 26.6%
担当者の対応が良かった 25.9%
地元に強い会社だった 14.0%
販売実績が多いから 12.6%

多くの方々が査定金額に納得できる不動産会社を選んでおり、そのためにも複数の不動産会社へ査定依頼をして結果を比較しています。

当サイトからも多くの方々が利用している「不動産一括査定サイト」を利用することで、複数の不動産会社へ効率的に査定依頼することが可能です。

一括査定サイトを利用して、不動産会社選びにじっくり時間をかけましょう。

ネット上から短時間で利用できる

スマホで簡単に査定

家を高く売るためには、複数の不動産会社に査定してもらうことが必須です。しかし、自分の足で何軒もの不動産会社に査定を依頼しに行くとなると、かなりの時間がかかります。

不動産一括査定サイトを利用すれば、物件情報を入力する手間は1度だけ。同時にまとめて査定を依頼できるので、手続きが短時間で済みます。

一軒ずつ不動産会社に査定を申し込みに行く場合、何度も同じ話をしなくてはいけないのも面倒ですよね。

査定依頼がネット上で完結する点もメリットです。24時間どこにいても簡単に申し込めるので、忙しい人も手軽に利用できます。

遠方にある家も査定できる

遠方にある家の査定

相続などの理由によって、遠方の家を売却することもあるでしょう。そんなときでも、査定シミュレーションを利用すれば自宅にいながら手続きできます。

全国各地に対応しているシミュレーションサイトなら、物件所在地にある不動産会社をマッチング。わざわざ現地に赴く必要がありません。

 売却の手続きや売買契約まで、オンラインまたは郵送で対応してくれる不動産会社もあります。

無料で利用できる

無料で査定

基本的に、売却希望者は査定シミュレーションを無料で利用できます。

一括査定に加えて電話やチャットによる相談窓口、営業電話の断り代行などのサポートを用意しているシミュレーションサイトもありますが、もちろん無料です。

シミュレーションサイトにかかる費用は、不動産会社が負担しています。売却希望者にとってお得なサービスですね!

悩んでいるならSUUMO売却査定にて不動産一括査定!

SUUMO不動産一括査定

SUUMO売却査定のおすすめポイント
  • 当サイトの独自アンケートでは人気No.1!
  • 運営企業も「株式会社リクルートホールディングス」
  • 知名度・信頼度・ブランド力も高いSUUMOの不動産一括査定サイト
  • 提携会社2,000社以上、10社同時に比較ができる
  • 対応エリアは全国、もちろん完全無料で一括査定

SUUMO売却査定は「株式会社リクルートホールディングス」が運営している不動産一括査定サイトです。

「株式会社リクルートホールディングス」はタウンワークやゼクシィなどの知名度の高い情報コンテンツを提供している大手企業です。

 SUUMO売却査定では、独自の審査に通過できた不動産会社2,000社以上の中から選ばれた不動産会社へ一括査定依頼できるサービスです。

そのため、悪徳な不動産会社に査定依頼することなく、不動産取引を行うことが可能です。

当サイトで行ったアンケートでは、「不動産売却においてどこの不動産一括査定サイトを使いましたか?」という質問の回答に対して、「SUUMO売却査定」が最も高い数値となりました。

【アンケート結果】不動産売却においてどこの不動産一括査定サイトを使いましたか?

出典:不動産スタディ Q1不動産売却においてどこの不動産一括査定サイトを使いましたか?

利用した不動産一括査定サイト 割合

SUUMO売却査定

37.8%
すまいValue 7.7%
LIHUL HOME’S 7.0%

不動産売却において、不動産会社選びは高く売却するためにしっかり時間をかけて選ばなければなりません。

しかし、自分で不動産会社を調べるよりも不動産一括査定サイトを通して、複数の不動産会社の査定金額を比較する方が効率的に不動産売却できたり、高く売却できる不動産会社を探せます。

 まずは、人気の高い「SUUMO売却査定」で一括査定依頼をし、他にも不動産会社や一括査定サイトを比較したい場合には、他の不動産一括査定サイトを利用してみましょう。

大手不動産会社を比較するならすまいValue

すまいValue

すまいValueのおすすめポイント
  • 他社にはない業界最大手6社で一括査定が可能!
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

大手不動産企業を比較してみたいという方には、大手不動産会社6社を同時比較できる「すまいValue」の利用がおすすめです。

すまいValueでは不動産業界のトップ企業6社が運営している不動産一括査定サイトで、他のサービスにはない実績と知名度の高い企業からの査定が可能です。

すまいValue 運営会社

出典:すまいValue 「大手6社運営」

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の不動産一括査定サイトと比較しても、提携している不動産会社の数は少ないですが、上記6社のみから査定依頼できるのは、「すまいValue」の魅了です。

すまいValue 実績

出典:すまいValue「すまいValue3つのポイント」

大手不動産会社が運営しているため、トラブルなく取引できた割合は96.7%、900店舗で相談可能、成約実績は6社合計で11万件となっています。

査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中していることが特徴のため、地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。

すまいValueの基本情報

対象エリア 全国
査定費用 無料
提携会社数
同時査定依頼数
査定可能物件
  • マンション
  • マンション一棟
  • ビル
  • 一戸建て
  • 土地
  • アパート
設立 2016年10月(サービス開始)
運営会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

中小企業不動産会社を比較するならイエウール

イエウールの紹介

イエウールのおすすめポイント
  • 全国の不動産会社 1900社以上と提携!地方に強い不動産一括査定サイト!
  • 月間利用者「13,000人」提携会社数[1974社」!全国エリアに対応!
  • 累計利用者数は1000万人以上の実績もある不動産一括査定サイト

中小企業不動産会社を比較してみたい方や地方エリアの不動産を査定したいという方には、「イエウール」の利用もおすすめです。

 イエウールでは山間部の不動産や地方エリアの不動産にも強く、提携企業は「1900社」以上と多く、都心だけでなく全国幅広いエリアに対応できるのが魅力。

地方エリアの不動産を査定したいというかたであれば、「イエウール」も併用して査定依頼することで、査定結果に厚みをもたせることができるでしょう。

不動産一括査定サイトの併用で、各サービスのデメリットを解消するのもおすすめです。
提携会社数 社数
リガイド 800社
※独自審査あり
イエウール 1900社以上
※地方エリアにも強い
SUUMO売却査定 2000社以上
当サイト人気NO.1

イエウールの基本情報

株式会社Speeeはすまいステップという一括査定サイトも運営しています。
運営会社 株式会社Speee
提携不動産会社数 約1,900社
同時査定依頼可能会社数 6社
査定に対応する不動産の種類
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • 一棟アパート・一棟マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(ビル一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地 など
対応エリア 全国

出典:イエウール公式サイト

大手?中小?不動産会社はどこがいいの?

話し合う人

不動産会社選びで迷っている方であれば、「大手不動産会社」か「中小不動産会社」どこがいいのかと感じている方も多いはずです。

 2つの不動産会社にも一長一短がありますので、両者へ査定依頼して比較・検討していくことがおすすめです。

そのためにも、大手不動産会社と中小不動産会社のメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

メリット デメリット

大手不動産会社

●中小企業にない広いネットワークと宣伝力

●ブランド力による知名度と安心感

●サービスが手厚い

●囲い込みのリスクあり

●融通が利きづらい

●地方エリアでは情報が少ない場合もあり

中小不動産会社

●地域密着型で独自のネットワークがあり

●大手に比べ融通が利きやすい

●親身になって対応してくれる

●知名度が低いため大手に比べ集客力が低い

●担当者の力量に差がある

●大手に比べて宣伝力も低い

大手不動産のメリットについて

戸建てのメリット

不動産売却の仲介を大手不動産会社で検討している方は多いのではないでしょうか?知名度や信頼度も高く、まずは大手不動産会社で話を聞いてみようという方も多いはずです。

大手不動産会社で不動産売却を行う場合にはさまざまなメリットが考えられます。

大手不動産を選ぶメリット
  • 大手不動産会社における広いネットワーク・宣伝力
  • 大手不動産会社が持っている知名度・安心感
  • 大手不動産会社のサポート体制の手厚さ

大手不動産会社における広いネットワーク・宣伝力

不動産投資初心者におすすめな物件

大手不動産会社を選ぶメリットとしてまず考えられることは、圧倒的な顧客数からのネットワークの広さと宣伝力の高さです。

 大手不動産会社は全国に支店を構えているため、支店間での情報伝達技術もあり、多くの顧客へ効率的に不動産物件の情報を宣伝可能でしょう。

大手不動産業者へ依頼することで、多くの顧客の中から不動産を買ってくれる人を探せるため、売主にとっても買主にとってもメリットが大きいです。

また、支店間の情報伝達技術は中小企業にはないため、情報を伝達するスピードは速く、いち早く不動産を売却したい人にとっては心強いでしょう。

大手不動産会社が持っている知名度・安心感

書類を作る人

人生においても何度も不動産売却の取引を行う人は少ないために、知名度・認知度、安心感などは重要な指標になります。

大手不動産会社であれば、メディア広告(インターネット広告・テレビCM)にも力を入れているため知名度や認知度が高いため、安心感は大きいです。

 不動産取引は人生において何度も経験する人は少ないため、ブランド力から生まれる安心感は不動産会社を選ぶ上で重要な要素になるでしょう。

大手不動産会社のサポート体制の手厚さ

おしゃれな部屋

大手での不動産売却のサポート体制は中小企業と比較すると手厚いです。

最近の大手不動産会社の多くは、不動産売却でかかる「ハウスクリーニング」や「設備修繕サービス」「瑕疵担保責任の保険」などのサポートを無料で適用してくれます。

ハウスクリーニングや設備修繕サービスは基本的には有料になりますので、無料で適用してくれる大手企業はサポートが手厚いです。

不動産売却ではさまざまな費用がかかり、売却価格から費用を差し引いた金額が実際の手取り金額となりますので、売却費用を抑えて最終的な収益を多くもらえる不動産会社を選びましょう。

大手不動産会社におけるデメリットについて

瓶から溢れるお金

大手不動産会社で仲介を依頼することでのメリットの大きさについて解説しましたが、デメリットについても押さえておきましょう。

大手不動産会社で売却の仲介を依頼する場合には、下記のようなデメリットについて理解しておきながら検討しておくことをおすすめします。

大手不動産会社のデメリット
  • 「囲い込み」による不動産売却リスクあり
  • 融通が利きづらい
  • 地方郊外エリアでは情報が少ない場合も

「囲い込み」による不動産売却リスクあり

お金を触る人

圧倒的な顧客の多さや、ネットワークの広さから自社の顧客から不動産の買主を探し出して売買取引する「囲い込み」のリスクがあります。

囲い込みをすることで、不動産会社は売主だけでなく買主にも仲介手数料を受け取れるので、不動産会社としてはメリットが大きいです。

 また、囲い込みをされてしまうと、不動産会社からしてみれば不動産の売却価格が多少下がったとしても利益は大きいので売主としては不利益を被りやすいです。

囲い込みを避けるためにも、事前に営業担当者へ囲い込みが心配であることを伝えたり、複数の不動産会社を比較して、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。

不動産売却における融通が利きづらい

書類を書く男性

顧客への対応などがマニュアルによって統一されている大手不動産会社は多く、顧客情報や物件情報に合わせた対応が受けづらいことがデメリットとして考えられます。

また、顧客からの値引き交渉も大手不動産会社では、営業担当者だけの判断で決めることが難しいこともありますので、顧客に合わせた融通の効いた対応が望めない場合があるでしょう。

地方郊外エリアでは情報が少ない場合も

都心部だけでなく地方にも支店を構えている大手不動産会社ですが、多くの場合は人気エリアやアクセスしやすい駅近などで出店しております。

 地方エリアや人通りの少ない駅から離れたエリアでは、都心部ほど優れた情報を持った仲介の対応ができない可能性もあります。

中小企業の不動産会社のメリットについて

中小企業の不動産会社でも大手不動産会社に負けない地域特性を理解した強みを持っています。

また、中小企業ではマニュアルによる組織の統一化までされていることは少ないため、親身になった対応をしてくれるところも多いでしょう。

中小企業の不動産会社のメリット
  • 地域に根ざした独自ネットワークが強い
  • 大手に比べて対応に融通が利く
  • 親身になって対応してもらえる

地域に根ざした独自ネットワークが強い

管理

中小企業の不動産会社の大きなメリットは、地域密着型で独自のネットワークを築いているところでしょう。

 地域密着型の分、物件の周辺情報の知識の多さや、独自のネットワークで築いてきた取引相手へ紹介してくれたりしてくれるのは、中小企業ならではの強みになります。

大手に比べて対応に融通が利く

大手不動産と中小企業の不動産会社であれば、中小企業の不動産会社の方が不動産情報や顧客に合わせて柔軟に対応してくれるでしょう。

大手不動産会社では、上司への決裁などが必要となり、担当者レベルの判断で物件の価格を変えたりすることが難しいですが、中小企業であれば担当者の判断で物事を決めてくれることもあります。

小さなことでもいいので、営業担当者の方へ相談できるのも、中小企業の強みです。

親身になって対応してもらえる

女性二人の手元

大手不動産会社へ売却を依頼する場合には、マニュアル通りの対応になってしまい、どうしても冷たい印象を受けてしまうという方もいるでしょう。

 中小企業の不動産会社であれば、マニュアルの整備などはされていないため、営業担当者によって対応は変わり、その人の温かみや親切さを感じることができるでしょう。

営業担当者を選ぶ際には、自分の大切な資産である不動産を高く売ってくれる不動産会社を選びたいため、相談や要望をしっかり聞いてくれる不動産会社を選択するべきです。

中小企業の不動産会社におけるデメリット

地域に密着した情報やネットワーク、親身になった対応力が光る中小企業の不動産会社ですが、デメリットについてもしっかり理解して選択しましょう。

中小企業の不動産会社のデメリットには、以下のようなことが考えられ、慎重に不動産会社を選んで行かなければなりません。

中小企業の不動産会社におけるデメリット
  • 不動産会社の知名度・集客力が低い
  • 不動産会社の担当者によっては力量に差がでることも
  • 大手不動産と中小企業を比べると宣伝力が低い

不動産会社の知名度・集客力が低い

マンション売却でリフォームをした方が良い部屋の特徴3選

大手不動産会社であればテレビCMやインターネット広告での宣伝に力を入れているため、多くの方々からの知名度や集客力が望めます。

しかし、中小企業の不動産会社ではテレビ広告などはほとんど行っていないため、知名度が低く、ブランド力もないため、買主が直接不動産会社へ買いに来てくれることは考えづらいです。

 似たような不動産物件を仲介しているのであれば、大手不動産会社が仲介している物件の方が買主にとっても選びやすくなってしまうでしょう。

不動産会社の担当者によっては力量に差が出ることも

中小企業の不動産会社におけるメリットとしてあげたマニュアルなしでの対応や、融通の効いた対応では、個人の力量が試されるところが大きいので、能力の差が出やすいです。

 営業担当者がまだまだ実務経験が少なかったりすると、満足できるようなサービスを受けられない可能性も考えられます。

地域に根ざしたの中小企業の不動産会社を選択する場合には、最初の査定依頼時での対応や査定結果の根拠となる説明などをしっかり聴き、営業担当者の方の力量を確認しましょう

大手不動産会社と中小企業を比べると宣伝力が低い

仲介手数料がかからない不動産の売却方法はある?

大手不動産会社のように知名度・認知度を活かした集客方法や、テレビCMなどを使った大々的な宣伝広告は中小企業ではできないでしょう。

また、インターネット広告を利用したり、不動産ポータルサイト(SUUMO・HOME’S)に掲載する費用もない場合があります。

中小企業の不動産会社では顧客が住んでいるエリアに紙媒体でのポスティングをしたり、自社HPにて掲載をして買主を集めるので、幅広いエリアでの広告力は期待できないでしょう。

不動産売却はどこがいいのか?

大手企業・中小企業の不動産会社それぞれのメリット・デメリットについて解説してきましたが、結論的にはどちらを選べばいいのかわからないという方もいるでしょう。

それぞれの不動産会社の特徴を理解した上で、不動産会社を選ぶべきですが、自分がどちらの不動産会社を選べばいいのかわからないという方に向けて、どこがいいのかを解説していきます。

大手不動産会社で売却がおすすめな人の特徴

住宅ローン返済時の平均値

大手不動産会社で売却することが向いている人の特徴は、「人気エリアの不動産」や「築浅物件」「利便性の高い都市部の物件」を売却検討している人です。

大手不動産会社の大々的な宣伝をすることで、「人気エリア不動産」や「築浅物件」を多くの買主の目に触れさせることで、素早く買主を探せるでしょう。

また、利便性の高い都市部の不動産は需要も高いため、多くの人が買取を希望しますので、交渉をスムーズに進めることが可能です。

大手不動産会社で売却がおすすめな人の特徴
  • 人気エリアの不動産
  • 築浅物件
  • 利便性の高い都市部の物件

中小企業の不動産会社で売却がおすすめな人の特徴

住宅ローンの返済の仕方はどうきまる?

中小企業の不動産会社で不動産売却をするのがおすすめな人は、「地方郊外の不動産」を持っている方でしょう。

地方郊外の不動産では、大手不動産会社を選択するよりも、地域密着型の不動産会社で仲介を依頼した方が地域特性を理解した売却を検討してくれるので、心強いです。

地域に根付いた独自のネットワークで買主を探してくれたり、不動産の魅力を伝えるための独自の情報・セールスポイントを利用して営業活動を行ってくれるでしょう。

中小企業の不動産会社で売却がおすすめな人の特徴
  • 地方郊外の不動産を持っている方
  • 駅から離れた利便性が低い土地を持っている方

【決め手は何?】不動産会社はどこがいいのか?

画面を指差す人

大手不動産を選ぶべきか、中小企業の不動産会社を選ぶべきか、迷っている方は多いでしょう。

当サイトで行ったアンケート結果では、「不動産会社選ぶで最も参考にした情報元はなんですか?」という質問に対する回答として「不動産一括査定サイト」が最も高い数値がでました。

【アンケート結果】不動産会社選ぶで最も参考にした情報元はなんですか?

出典:不動産スタディ Q4不動産会社選びで最も参考にした情報元は何ですか?

参考にした情報元 割合
不動産一括査定サイト 46.9%
口コミや友人からの情報 22.4%
不動産会社のWebサイト 22.4%
銀行の紹介 1.4%
その他 7.0%

 

不動産一括査定サイトは、一度の申し込みで複数の不動産会社へ査定依頼できるオンラインサービスのことです。

一括査定サイトを通して、複数の不動産会社の査定結果を比較して不動産会社選びを行なっている方は多いことがわかります。

不動産会社選びに迷った時の対処方法として、不動産一括査定サイトを利用した不動産会社選びは参考になることは多いでしょう。

【どこがいい?】不動産会社選びでの注意点

注意喚起のテープ

不動産会社選びで迷っている方であれば、どのようなことに注意して不動産会社を選べば良いのかと感じる方も多いでしょう。

当サイトで行ったアンケートでは、「再び不動産売却をするならどんなことに気をつけますか?」という質問に対して、以下のような回答結果がでました。

【アンケート結果】再び不動産売却をするならどんなことに気をつけますか?

不動産売却で気をつけたいこと

出典:不動産スタディ Q10再び不動産売却をするならどんなことに気をつけますか?

次の不動産売却で気をつけたいこと 割合
複数の不動産会社で査定してもらう 30.8%
売却価格をよく検討する 23.8%
売却価格をよく検討する 17.5%

複数の不動産会社で査定してもらう

白い電卓

アンケート結果では最も高い30.8%の割合の方が「複数の不動産会社で査定してもらう」と回答していました。

 不動産会社によっては、査定金額が「数十万円〜数百万円」の差が発生することもあります。

当サイトで行ったアンケートでは、「複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?」の質問に対して、以下のような回答が得られました。

【アンケート結果】複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

査定結果にいくらの差があったか

出典:不動産スタディ Q9 複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

査定額にいくら差があったか 割合
50万円未満 20.2%
50~100万円未満 27.5%
100~300万円未満 34.9%

上記のアンケート結果からも、複数の不動産会社へ査定依頼するだけで、「数十万円〜数百万円」の金額差が生じることがわかります。

 そのため、複数の不動産会社へ査定依頼し、所有する不動産の市場価格の調査や高く売却してくれそうな不動産会社を選択しましょう。

売却価格を検討する

女性とパソコン

複数の不動産会社へ査定依頼するだけで、査定金額に数十万円〜数百万円の差が生じますが、査定金額だけで不動産会社を選ぶのは危険です。

 市場相場からかけ離れた高い査定金額を報告してくる悪質な不動産会社も中にはいる可能性があります。

そのため、所有する不動産の市場価格を把握して、自分が納得できる査定金額で売却してくれる不動産会社を選ぶ必要があります。

当サイトでのアンケートでは、「最終的に選んだ不動産会社の決め手は何ですか?」の質問に対して、「査定金額に納得した」という回答が最も高かったです。

【アンケート結果】最終的に選んだ不動産会社の決め手は何ですか?

最終的に選んだ不動産会社の決め手

出典:不動産スタディ Q5最終的に選んだ不動産会社の決め手は何ですか?

選んだ不動産会社の決め手 割合
査定金額に納得した 26.6%
担当者の対応が良かった 25.9%
地元に強い会社だった 14.0%

査定金額に納得して不動産会社を選ぶためにも、「不動産一括査定サイト」を通して複数の会社へ査定依頼、そして比較・検討して不動産会社を選ぶことが重要なのです。

査定金額だけで選ばず、納得した査定金額で売却してくれる不動産会社を選ぶことが不動産一括査定サイトではできます。

スケジュールに余裕を持つ

マーカーを引いたカレンダー

スケジュールに余裕をもって不動産売却に取り組むことも注意しておきましょう。

余裕をもって不動産取引を行うことは、高値で売却するためのコツです。

不動産売却が完了する期間は、一般的な不動産会社へ仲介取引を依頼する場合、およそ3ヶ月〜1年程度かかるとされています。

不動産 成約日数の推移

出典:公益社団法人東日本不動産流通機構

不動産流通機構が公表している成約日数についてのデータでも成約までの期間は90日〜120日程度となっています。

不動産売却までの期日に余裕がないという方は、売却価格が市場価格の70%〜80%に落ちてしまいますが、「買取」での取引も検討しましょう。

よくある質問

不動産売却はどこがいいですか?
大手不動産会社も中小企業の不動産会社にもそれぞれのメリット・デメリットがあります。

それぞれを一括して比較するのであれば、「不動産一括査定サイト」を上手に活用することで、効率的に不動産会社を比較できます。


大手不動産会社のメリットは?
「中小企業にない広いネットワーク・宣伝力」「ブランド力による知名度と安心感」「サポート体制の手厚さ」が考えられます。

大手不動産の圧倒的なブランド力と宣伝力により、多くの買主の目に触れさせることが可能でしょう。


大手不動産会社のデメリットは?
「囲い込みのリスク」「融通が利かない」「地方エリアでは情報が少ない」ことがあげられます。

地方エリアの物件では、中小企業の不動産会社の方が有利に仲介を進めてくれる可能性があるでしょう。


中小企業の不動産会社のメリットは?
「地域密着型のネットワーク」「大手企業に比べ融通が利く」「親身になって対応してくれる」ことがあげられます。

地域に根ざした独自のネットワークで買主や物件の宣伝・広告をしてくれることは大手企業にはないメリットです。


中小企業の不動産会社のデメリットは?
「大手企業と比べ集客力が低い」「担当者の力量に差がある」「大手に比べ宣伝力も低い」ことがあげられます。

大手企業に比べ、ブランド力や知名度が低いため、直接不動産会社へ買主が来てくれることは考えづらいです。


大手不動産会社へ売却するのはおすすめな人は?
「人気エリア」や「利便性の高いエリア」の不動産を売却する人にはおすすめです。

「築浅物件」も大手企業の高い宣伝力を利用することで効率的に売却を進められるでしょう、


中小企業の不動産会社で売却がおすすめの人は?
「地方郊外エリア」の不動産を売却しようとしている方にはおすすめです。

「地方郊外」の不動産であれば、地域密着型の不動産会社の方がネットワークが強く、不動産の良さを引き出して買主を探すことができるでしょう。

まとめ|複数社から信頼できる不動産会社を選ぼう

信頼できる不動産投資会社の選び方

大手不動産会社にも中小企業の不動産会社にも特徴があり、それぞれのメリットを活かせる不動産会社で売却依頼することが大切です。

しかし、実際には自分の不動産を1番高く売却してくれそうな信頼できる不動産会社を選んでいく必要がありますので、複数の不動産会社を比較・検討しながら選んでいくのがいいでしょう。

不動産一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社を比較しつつ不動産の相場を調査してくことがおすすめです。

複数の不動産会社と営業担当者を比較し、自分の大切な資産である不動産を高値で売却してくれる不動産会社を選び、不動産売却を成功させましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事