不動産が売れない理由は?おすすめの対処法や不動産会社を紹介

不動産の売却の決断は、難しいことですよね。人生でそう何度もあることではないはずです。

しかし、いざ売りに出してみると、「すんなり売れると思ったのに、なかなか売れなくて困っている」という方もいるでしょう。

そこでこの記事では、不動産が売れない理由や、売れない物件の特徴、対処法などを紹介します。不動産が売れないと困っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

売れない場合に頼りになる不動産仲介会社も紹介しますので、参考になるはずですよ。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

不動産が売れない理由は?

不動産が売れない理由は?

不動産を売りに出しているのになかなか売れない場合は、こんな理由が考えられます。不動産が売れなくて悩んでいる方は、以下のどれかに当てはまるものがあるのではないでしょうか。

売れない時期に売り出している

優良物件なのに不動産が売れないときは、もしかすると、売り出す時期が悪いのかもしれません。

 不動産業界で「イッパチ」と呼ばれる1月と8月は、不動産が売れにくい時期と言われています。

特に8月は、人の流れが止まり最も売れにくいとされています。逆に売れやすいのは、引っ越しシーズンである3月です。

不動産を売りに出すなら、3月に向けて準備するのがおすすめ。すでに売り出している場合は、3月に向けて広告を広げてもらいましょう。

進学や人事異動などがある3月は、不動産の動きが激しくなり、優良物件であればすんなり売れるはずですよ。

売れない営業をしている

不動産が売れない理由は?

時期は悪くないのに不動産が売れない場合は、営業の仕方に問題がある可能性もあります。

 お客さん何人かに声をかけただけでは、いい営業とは言えません。

不動産情報システム「レインズ」にしっかり登録しているか、お店で売り出しを行ってくれているのかを、媒介をお願いしている不動産会社に確認してみましょう。
※レインズ:国土交通省が指定する不動産流通機構

専属媒介、専属専任媒介契約の場合は、契約から5~7日以内にレインズへの登録が義務付けられています。

売れない地方にある

不動産が売れない理由は?

売り出し時期も営業も悪くないのに売れないのは、地方にある物件だからかもしれません。

 福岡や沖縄、名古屋などの人気都市以外は売れるまで時間がかかりやすいです。

地方物件は、すぐに売れることのほうが珍しいです。全く売れないわけではないので、気長に買主が現れるのを待ちましょう。

早く売りたい気持ちもわかりますが、地方物件の売却は、ゆっくり待つのもポイントの一つです。

売れない物件の特徴5つ

売れない物件の特徴5つ

上記の「売れない理由」に当てはまらないのに、不動産が売れない場合は、物件自体に問題があるのかもしれません。

売れない物件には、特徴があります。なかなか売れなくて悩んでいるのであれば、見直す必要があるでしょう。

外観が悪い

外壁に雨の跡がついていたり、庭や玄関周辺に雑草が生い茂っていたり、外観が悪いのも売れない原因の一つ。外観は不動産売却に大きく影響を与えます。

外壁が汚れているならペンキを塗りなおす、雑草は抜いてこまめに掃除するなど、対策をしてみてください。

パッと見て「ここに住みたい」と自ら思うような外観にすると、問い合わせも増え、売れやすくなるでしょう。

築年数が経ちすぎている

売れない物件の特徴5つ

あまりに築年数が経ちすぎている古い物件をそのまま売却しようとすると、すぐに売れるのはなかなか難しいです。

 リフォームやリノベーションをしてから売り出してみるのもいいでしょう。

多少費用はかかりますが、その分これまでの売値より高く売り出せます。いつまでも手元にあり経費がかかるよりも、より早く売れたほうがいいですよね。

最近リノベーション物件は、不動産サイトで特集を組まれるほど流行っているので、格段に売りやすくなりますよ。

立地(治安)が悪い

売れない物件の特徴5つ

「駅から徒歩15分以上かかる」「夜、家までの道が暗い」など、立地が悪いと売れるまで時間がかかることがあります。

ただ、「車移動だから駅は使わない」などのニーズもあるはずなので、諦めずに範囲を広げて広告をしてもらってみてはいかがでしょうか。

駅から遠くても、近くにバス停などがある場合は、その旨を必ず物件情報に記載してもらいましょう。

物件内がクリーニングされていない

売れない物件の特徴5つ

せっかく内見が決まっても、物件内がしっかりクリーニングされていないと台無しです。汚い部屋には、誰も「住みたい」とは思いません。

 自分がお客さんになったつもりで改めて見ると、清潔感がどれだけ大事かわかるはずです。

専門のクリーニング業者を呼び、まるで新築かのように隅々までピカピカにクリーニングしてもらうなど、必ず改善しましょう。

クリーニング代を節約して自分でやろうとすると、水回りなど難しいところもあります。専門家にお任せするのがおすすめです。

地域のニーズとあっていない

売れない物件の特徴5つ

一人暮らしに人気の街で一戸建てやファミリーマンションなどを売り出すと、ニーズが合わずになかなか売れないこともあります。

思い切ってシェアハウスにリフォームするなどすると、地域と時代のニーズにマッチし、シェアハウス業者などが買ってくれるかもしれません。

その地域のニーズを聞き出し、合うようにリフォームしてから売り出してみてはいかがでしょうか。

不動産が売れない場合の対処法は?

不動産が売れない場合の対処法は?

ここまで、不動産が売れない理由や売れない物件の特徴、またその対策について詳しく紹介しました。それでも不動産がなかなか売れない場合は、こちらの対処法を試してみましょう。

「買取」を検討してみる

売却のほかに、不動産業者が直接物件を買い取ってくれる「買取」という方法もあります。すぐに手放したいときや、現金が手元に欲しいときなどにとても便利です。

ただし気を付けなければならないのは、売却より価格が落ちてしまうこと。一度買取査定をしてもらってから、よく検討するといいでしょう。

売却価格を重視するか、スピードを重視するかによって、使い分けてもいいですね。

駐車場として活用してみる

不動産が売れない場合の対処法は?

最近では、敷地の空いているスペースを利用し、駐車場として活用するケースも増えてきています。

わざわざ家を壊すことなく、売れるまでの間だけでも、空きスペースをうまく運用することができますよ。

空き地を有効活用する「駐車場マッチングサービス」などが流行しています。ぜひ利用してみてくださいね。

不動産仲介会社を変えてみる

不動産が売れない場合の対処法は?

不動産会社には、得意分野や、得意な地域などがあるものです。お願いしている不動産が、もしかするとその会社には苦手な分野、地域なのかもしれません。

媒介契約を結んだ不動産会社を変えてみるのはいかがでしょうか。基本は成功報酬なので、契約を結んだだけではお金は発生しないです。

ただし「売れないから」と言ってすぐに変えられるわけではありません。契約書の中に規約があるので、確認してみてください。

どんな不動産仲介会社がいいの?

不動産仲介会社を変えるとはいえ、やみくもに不動産会社を変えても、また売れない可能性もあります。そこで、失敗しない不動産会社の選び方をお教えします。参考にしてくださいね。

まずは大手の不動産会社へ

どんな不動産仲介会社がいいの?

大手不動産のメリット
  • 知名度があり、お客さんの数が多い
  • 大手不動産会社ならではの確かな営業力がある
  • 全国に店舗があるので、どこの地域の物件にも対応できる

大手不動産は、知名度が高く、お客さんの数が多いです。お客さんが多いほうが、当たり前に不動産が売れる確率が上がります

また全国各地に店舗があることが多いので、地方にある物件も幅広く対応可能。まずは大手不動産に乗り換えるのを検討するといいでしょう。

 大手不動産会社は研修制度もしっかりしてるので、確かな営業力があり、頼りになります。

ワンルームマンションから一戸建てまで、さまざまなタイプの不動産の取り扱いがあり、経験も豊富です。どんな物件にも柔軟に対応してくれるでしょう。

やはり大手不動産会社には安心感があります。確かな実績と知識で、ターゲットを絞って狙った営業してくれるでしょう。

地方の物件は地元に根付いている不動産会社を頼るのが◎

どんな不動産仲介会社がいいの?

地方不動産のメリット
  • その地域に詳しく、ニーズに合った営業ができる
  • 物件を探しているお客さんの情報を持っている可能性が高い
  • 大手不動産がない地方では地域密着型不動産が圧倒的有利

場所によっては、大手不動産が参入していない地域もあるでしょう。そんなときは、地域密着型のいわゆる「町の不動産」に頼るのもありです。

「その地域にしかない不動産会社」、「昔からずっとある不動産会社」などは、安定的にお客さんを持っていて営業力も期待できる可能性が高いでしょう。

 地元の方たちとの交流も盛んで、どんな物件にニーズがあるのかも知り尽くしているはずです。

「売りたい物件の近くにある不動産会社が、実は1番の近道だった」なんてこともあり得ます。地方物件は、地域密着型不動産会社を探してみるといいでしょう。

地域に根付いている不動産会社は、住民から厚い信頼があり、頼りにされている存在です。注目してみては?

おすすめ不動産一括査定サイト比較

仲介業者を決める前に、不動産一括査定サイトに登録してみて大体の相場やそれぞれの仲介業者のサービスを比較してみるのもおすすめです。

迷った場合は、下記のおすすめ不動産一括査定サイトを参考にしてみてくださいね。

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.1%!
  • 年間購入相談件数18万件以上
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

よくある質問

不動産が売れないときにおすすめの不動産会社は?
住友不動産販売がおすすめです。全国250以上の店舗にそれぞれ地域に精通した社員がいるため、不動産売却を心強くサポートしてくれます。
不動産が売れない理由は?
時期や営業が悪い場合があります。また、地方の物件は比較的売れるまでの道のりが長いでしょう。気長にゆっくり待つことが大切です。
売れない時期ってあるの?
不動産業界で「イッパチ」と呼ばれる1月・8月は人の動きが鈍く、売れにくいと言われています。逆に3月は不動産が最も動くため、狙い目です。
売れない物件の特徴は?
外観や物件内が汚れていると、言わずもがな売れにくくなります。中はクリーニングし、外の雑草は綺麗に抜き取り清潔感を出しましょう。
リノベーションすると本当に売れるの?
最近では「リノベーション物件特集」などが不動産サイトで組まれるなど、非常に注目を集めています。長い間売れていないのであれば、検討してみては?
不動産が売れない場合の対処法は?
買取を検討してみることや、駐車場として活用することを検討してみてはいかがでしょうか。また、不動産仲介会社を変えてみるのもいいでしょう。
どんな不動産仲介会社がいいの?
確実な営業力がある大手の不動産会社に任せてみましょう。地方にある物件の場合は、その地域に根付いた不動産会社を頼ってみてください。

まとめ

不動産が売れないときは、売り出し時期を見直したり、外観、室内ともに清掃を徹底してみましょう。

地域のニーズと合っていなければ、リフォームやリノベーションをしてから売り出してみてはいかがでしょうか。また、「売却金額よりもスピード重視で、早く手放したい」という方は、買取の検討も視野に入れてみてください。

 お願いしている不動産仲介会社を変えるのも一つの手です。大手不動産を頼ってみると、いい結果が期待できるかもしれません。

人気都市以外の地方にある物件ならば、その地域に根付いている「町の不動産」を頼ってみるのもいいでしょう。

売れない期間が続くのであれば、放っておかずに何か対策をとるべきです。この記事を参考に早速行動してみることをおすすめします。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事