不動産売却にかかる手数料は?相場や計算方法を徹底解説

マンションや一戸建てなど、不動産を売却するには仲介手数料などさまざまな費用が掛かりますよね。一般的に不動産を売却すると、その手数料は売却価格の5%前後と言われています。

そこで今回は、不動産売却時にかかる手数料について徹底解説。また、その気になる費用についても詳しく紹介しています。

実際に手元に残る金額がどの程度になるのかがわかります。ぜひ参考にしてみてください。
【迷った方はこちら】フォーメンバーズ|イオンハウジングネットワーク加盟店本部

フォーメンバーズは、一都三県(東京、埼玉、千葉、神奈川)での不動産売却に対応している不動産会社です。イオンモールの中に店舗があるので、お買い物ついでに立ち寄っていただけます。

また、売却物件についての質問はメールフォームにて24時間365日いつでも受付可能。訪問査定も行ってくれるので、対象地域にて不動産売却を検討している方は、一度問い合わせてみるか、お店に訪問してみることをおすすめします。

全国店舗数 31店舗
※2021年7月時点
営業時間 10:00~21:00
電話番号 0120-305-684(24時間365日対応)

出典:https://f-members.co.jp/

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

まずは、不動産売却にかかる費用・手数料を紹介します。1~4まではマンション・一戸建て・土地に共通に掛かるもの、5は一戸建てや土地売却時に掛かるものです。

この中で一番費用がかかるのは、一般的には仲介手数料となります。では、下記に詳細を解説していきます。

不動産売却にかかる費用・手数料
  1. 仲介手数料
  2. 売買契約時の印紙代
  3. 登記費用
  4. 税金
  5. 一戸建て・土地売却時に掛かる費用(測量費・土地調査費用・地盤改良費・解体費)

1.仲介手数料

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

仲介手数料とは、不動産売買成立時に取引を仲介した不動産会社に支払う手数料です。

仲介手数料は売主と買主が個人(不動産会社ではない)の場合に発生し、その費用は一般的に「売却価格×3%+6万円+消費税(売却価格400万円超の場合の速算式)」となっています。

つまり、売却価格が3,000万円であったとき、そのときの仲介手数料は1,056,000円となるわけです。後ほど計算方法を紹介します。

中古不動産の取引の場合、上記のような個人間売買が多くなるのですが、不動産価格に消費税は掛かりません。

しかし、仲介手数料を支払う不動産会社は課税事業者となるので、仲介手数料には消費税が課税されます。

 仲介手数料は成功報酬です。つまり、不動産売買が成立しないと仲介手数料の支払いはありません。

仮に、A不動産会社にマンション売却を依頼したが、3か月経過しても売却出来ないときには、仲介手数料の支払いはありません。

不動産会社は仲介手数料を獲得し売り上げを上げるため売却活動を行います。よって、売主が売却期間中に費用を請求されることは基本ありません。なお、仲介手数料には以下の費用が含まれています。

広告宣伝費

新聞折込チラシや有料のネット媒体への掲載など

広告を行うことで集客を行い、内見者を募る

物件の案内

売主と内見者の日程調整

内見当日の案内

書類の作成

売買契約時に必要な重要事項説明書や売買契約書の作成

契約から引渡しまでに必要な書類の作成

支払い手続き

契約時の手付金の授受

最終金と諸費用の授受

固定資産税や管理費・修繕費などの日割り計算分の授受

各業者との取次ぎ

契約から引渡しまでに必要な業者

  • 金融機関
  • 司法書士
  • 管理会社 など

2.売買契約時の印紙代

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

売買契約時には印紙税が掛かります。印紙税とは課税文書に掛かる税金のことで、納税は印紙を用いて行います。

課税文書とは、不動産売買契約書のような経済的な取引に関わる文書のことです。

ほかには工事等の請負契約書・不動産等の譲渡契約書などがあり、文書の種類や金額により印紙代は変わります

印紙代は、売買契約書1通につき課税されます。仮に売買契約書を売主と買主で1通ずつ保管で、合計2通作成する時は、印紙も2通分必要となるのです。下記に、不動産売買契約時の印紙代を紹介します。

契約金額 印紙税
1,000万円超5,000万円以下 10,000円
5,000万円超1億円以下 30,000円
1億円超5億円以下 60,000円

※不動産売買契約書の印紙税は、2022年(令和4年)3月31日まで軽減措置が適用されています。

3.登記費用

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

不動産を売却し、住宅ローンが残っている場合に抵当権(ていとうけん)抹消の費用が掛かります

所有権の移転登記もありますが、こちらの費用は買主が負担するのが一般的です。

尚、抵当権とは住宅ローンを組んで資金調達した際に、金融機関が設定する担保物権で、債権を保全するために設定されます。また、抵当権は債務者のローン支払いが滞ったときに実行されます。

 設定した土地や建物を強制的に売却することで、金融機関が債権回収できる権利となります。

抵当権は、ローンを完済することで抹消できます。売却資金や手持ち資金にてローンを完済し、買主に引き渡しをしなければなりません。

この抵当権抹消に掛かる費用は、司法書士報酬も含めて2万円前後が相場になっています。

4.税金

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

不動産を売却し購入した金額よりも高く売却できたとき、その売却益に税金(所得税・住民税)が掛かります。売却したことにより生じた所得を譲渡所得といいます。

譲渡所得に対しての税率は、売却した不動産の所有期間により変わります

所有期間5年以下の短期譲渡の場合

39.63%

(居住用、所得税30.63%、住民税9%)

所有期間5年超の長期譲渡の場合

20.315%

(居住用、所得税15.315%、住民税5%)

所有期間10年超の長期譲渡で軽減税率適用 6,000万円以下の部分:14.21%
6,000万円超の部分:20.315%

譲渡所得とは、譲渡収入金額(売却資金)から取得費と譲渡費用を差し引いたものになります。

譲渡所得から差し引かれるもの
  • 取得費
    →購入時の費用やリフォーム費用など取得に要した費用
  • 譲渡費用
    →売却時にかかった経費

5.一戸建て・土地の場合にかかる費用

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

ここでは、一戸建てや土地の売却時に掛かる費用を紹介していきます。

測量費

測量費とは、土地の広さを確定させるための費用です。

一戸建てや土地の中には、取得した時代が古く隣接地との境界があいまいな場合があります。また、都心部においては実際の広さと誤差があると取引上損得がでてしまうため、一般的には測量にて土地の広さを確定させます。

測量は、不動産会社を通して土地家屋調査士に依頼します。

測量費は、土地の広さ、土地の形状、隣地の所有者の数など、測量に要した手間や日数により変わってきます

測量には、土地のありのままを計る現況測量や境界確定時に行う確定測量があります。一般的な住宅地の測量費の目安は下記のとおりです。

現状測量

土地のありのままを計る

費用の目安は約20万円前後

確定測量

境界確定時に行う

費用の目安は50万円前後

確定測量は、隣接所有者との境界確定が一番の手間となり、状況によっては100万円程掛かってしまう場合もあります。

土地の価格は、土地の広さに対する平米単価で設定するので、土地の広さに誤差があると後々トラブルになることがあるのです。

特に都心部の地価が高いエリアで、一戸建てや土地の売却時は測量を行うことをおすすめします。

土地調査費用

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

土地調査とは、「売却する土地に土壌汚染がないか」や「土地の地盤は強固なものであるか」を調査することです。

土壌汚染調査は、その土地に工場の跡地や近隣にクリーニング店やガソリンスタンドなどがあった場合など、土壌汚染の疑いがある施設が従前地や近隣にあるときに行うことがあります。
※行政府などにより土地区画整理事業が実施される際の、区画整理を行う前の土地こと

 仮に売買が成立したあとに土壌汚染が発覚すると、瑕疵担保責任を問われることがあります。

土壌汚染の調査は、古地図などを利用した地歴調査、実際に表層の土地を採取して行う表層調査があります。

次に、地盤調査です。地盤調査は従前地が田んぼや畑、古くからの埋め立て地などの場合に行います。

地盤改良が必要なのは一般的には地耐力2トン未満の軟弱地盤であるときです。泥や多量の水を含んだ柔らかい地盤となっています。

よって、このような土地を地盤改良せずに家を建ててしまうと、やがて自重に地盤は耐えられなくなり家が傾いてしまいます。

これらの土地調査費用は、15万円前後で行うことが可能です。

地盤改良費

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

地盤改良には、表層改良工法・柱状改良工法・鋼管杭工法があります。一般的に住宅地の場合は表層改良工法が一般的です。理由は、費用がこの3つの中で最も安価であるからです。

表層改良工法とは、軟弱地盤部分にセメント系の固化材を散布し、元の地盤(土砂)をシャベルカなどを用い撹拌(かくはん)・混合することで地盤を強固なものにすることを言います。

この工法の特徴は、作業効率が高く工期が短いこと、狭小地や高低差のある土地などでも施工ができるので住宅地に適してします。

他にも、無機質で無害な物質を使うので安全であること、粘土・シルト等どんな地質でも対応できることなども特徴としてあげられます。

解体費

不動産売却にかかる費用・手数料一覧

古い一戸建ては、更地にすることで売りやすくなります。よって、売却前に建物の解体費が掛かります。解体費用は、建物の構造(木造かRCかなど)・規模・解体のしやすさで決まります

解体のしやすさとは、重機が解体現場に入りやすいかや、解体物の搬出のしやすさなどのことを言います。また、手間が掛かるほど費用が高額になります。

解体費は、一般的な木造2階建て住宅(30坪)で120万円前後です。

不動産売却にかかる費用・手数料の相場

ここからは、不動産売却にかかる費用と手数料の相場を解説します。

売却にかかる費用・手数料はマンションの場合、一戸建ての場合、土地の場合などで異なるので、確認してみてください。

マンション一部屋を3,000万円で売却した場合

不動産売却にかかる費用・手数料の相場

マンション一部屋を3,000万円で売却したときに掛かる費用は、下記の通りです。

仲介手数料 96万円
売買契約時の印紙代 1万円
登記費用(抵当権の抹消費用) 1,000円
譲渡所得に対する税金 かからない可能性が高い
その他 ~20万円程度

仲介手数料の計算方法は、次の章で詳しく説明します。印紙代は契約金額ごとに決まっていて、1,000万円以上5,000万円以下であれば、1万円です。

その他には、引っ越し費用住居内のクリーニング費用がかかることがあります。

譲渡所得税は、住んでいた物件なら3000円の控除が受けられるため、かからない可能性が高いです。

一戸建てを3,000万円で売却した場合

不動産売却にかかる費用・手数料の相場

続いて、一戸建てを3,000万円で売却したときに掛かる費用は、下記の通りです。

仲介手数料 96万円
売買契約時の印紙代 1万円
登記費用(抵当権の抹消費用) 2,000円
譲渡所得に対する税金 かからない可能性が高い
その他 ~100万円程度

仲介手数料と印紙代は先ほどと変わりませんが、登記費用は1つにつき1,000円なので、土地と建物両方に抵当権がついていると考えた場合2,000円です。

その他の費用は、万が一測量や土地調査をする場合に想定した金額です。しなければ、引っ越し代やクリーニング代のみで済みます。

土地のみを3,000万円で売却した場合

不動産売却にかかる費用・手数料の相場

最後に、土地のみを売却した場合の費用を紹介します。

仲介手数料 96万円
売買契約時の印紙代 1万円
登記費用(抵当権の抹消費用) 1,000円
譲渡所得に対する税金 ~最高で1188万9,000円
その他 ~100万円程度

土地のみの場合、住んでいた物件を売った時に受けられる「マイホーム特別控除の特例」が受けられません。そうすると、譲渡所得税を払うこととなります。

譲渡所得税の税率は、売った土地を所有していた期間が5年以下か以上かで変わってきます。

所有年数 所得税 住民税
5年以下 30% 9%
5年以上 15% 5%

ただし、これは土地を買った時よりも高く売れた場合のみに発生するものです。また、全額ではなく、売った額よりも高く利益が出た分だけにかかります。

表では、3000万円の利益が出た計算をしています。全額が利益とはならないはずなので、実際にはこんなにかからないでしょう。

不動産売却にかかる仲介手数料の計算方法

不動産売却にかかる仲介手数料の計算方法

ここでは、不動産売却にかかる仲介手数料の計算方法について紹介します。下記は仲介手数料の計算式となります。

売買金額 計算方法
200万円以下の部分

物件価格×5

200万円超400万円以下部分

物件価格×4%

400万円超部分

物件価格×3%

物件価格3,000万円のマンションを売却した時の仲介手数料

不動産売却にかかる仲介手数料の計算方法

仲介手数料シミュレーション

(200万円×5%)+(200万円×4%)+(2600万円×3%)+消費税=10万円+8万円+78万円+96,000円=1,056,000(円)

上記が仲介手数料の計算式になりますが、物件価格は400万円超の場合が多いので、下記の速算式が使われます。

 物件価格×3%+6万円+消費税

これに価格3,000万円の物件を当てはめると以下のようになります。

(3,000万円×3%+6万円)+96,000円=1,056,000(円)

どちらの計算でも仲介手数料は「1,056,000円」と求めることができました。だたし、これはあくまで概算なので、実際の金額は異なることも頭に入れておきましょう。

不動産売却の費用・手数料を抑えるコツ

不動産売却の費用・手数料を抑えるコツ

ここまで不動産売却の費用や手数料を紹介してきました。諸経費が意外とかかることがわかりました。

実際に売却する際は、諸経費はできるだけ安く抑えたいものです。そこで、売却費用や手数料を抑えるコツを説明します。

仲介手数料を引いてもらう

不動産売却の費用・手数料を抑えるには、仲介手数料を引いてもらうのが効果的でしょう。

仲介手数料の設定は「上限金額」です。よって400万超の売買金額の場合、仲介手数料は3%以下であれば金額はいくらでも良いのです。

不動産会社が報酬を得られるのは仲介手数料のみなので、一般的には上限に設定しているケースが多いです。

一部不動産会社の中には仲介手数料を安く設定していることもあります。

また、上限で仲介手数料を設定している不動産会社でも値引き交渉は可能です。理由は、不動産会社は1件でも多く売却案件を獲得したいからです。

 都心部など不動産価格が高額なエリアに関しては、交渉等により20%程度の値引きを受けられることもあると言われています。

長く住んでから売る

不動産売却の費用・手数料を抑えるコツ

不動産を売って利益が出た場合、譲渡所得税がかかります。譲渡所得税は、長く住めば税率が安くなる制度があります。

なので、買ってすぐに売ってしまうのではなく、長く住んでから売ると、税率が低くなり、支払う税金を抑えることができます。

10年以上住めば、税率はかなり低くなり、納付する税金の額を低く抑えられますよ。

(→ここに「不動産売却にかかる税金の計算方法は?シュミレーションも紹介」の記事リンクを貼る)

よくある質問

不動産売却にかかる費用・手数料は?
マンションや一戸建てなど共通で掛かるものは、仲介手数料・印紙代・登記費用(抵当権抹消費用)・税金です。

他、一戸建てや土地の場合、解体費・測量費・土地調査費・地盤改良費などが掛かります。

仲介手数料に含まれる費用とは?

一般的に含まれるものは、広告宣伝費、物件の案内、書類の作成、支払い手続き、各業者との取次ぎ費用になります。

一戸建て等の場合に掛かる測量費や解体費などは含まれておりません。

売却に掛かった期間で仲介手数料は変わる?
売却に掛かった期間で仲介手数料が変わることはありません。

仲介手数料は成功報酬制となるので、売却に1か月掛かった場合と半年掛かった場合、双方とも同じ金額です。

したがって、不動産会社は早期に売却を行わないと、広告費などの経費が掛かってしまいます。

売却ができなかった時も、仲介手数料は掛かる?
仲介手数料は成功報酬制であるので、売却ができなかった場合、仲介手数料は掛かりません。

売却が進まない場合は、不動産会社から物件価格の値下げを提案されることもあります。

仲介手数料は値引き交渉できる?
仲介手数料の値引きは、状況により可能です。例えば、不動産会社が売却案件を取りたいときです。

不動産の仲介業務を行う会社は数多くあり、中には仲介手数料半額等を謳う会社もあります。

売主側から値引き交渉するときは、最大20%程度であれば応じてくれる可能性があります。

測量・地盤調査・土壌調査は必ず行う必要がある?
土地や一戸建ての購入がごく最近で、境界確定がされている土地であれば、測量を行う必要はありません。

地盤や土壌調査については、地歴や周辺施設の状況からみて、これらの調査が必要ない立地であれば、特に行う必要はありません。

売却すると税金は必ず掛かる?
購入時より高く売却できた場合、税金が掛かります。仮に、購入時より安く売却した場合には税金は掛かりません。

尚、マイホームを売却した場合には、税制の特例を受けることができます。

居住用の3,000万円特別控除、10年超所有軽減税率の特例、特定の居住用財産の買換え特例などがあります。詳しくは、国税庁のHPや税務署にお尋ねください。

まとめ

不動産売却時には、さまざまな費用が掛かります。売却できた金額がそのまま手元に残るということではないので、買い替えで売却資金を新居に充てる資金計画の場合は注意が必要です。

売却できた金額の5%前後は手数料として掛かると認識しておきましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事