不動産売却におすすめシミュレーションサイト|費用についても解説

不動産売却をしたいが、自分の不動産がどれくらいで売れるのか知りたいという方は多いはずです。

しかし、実際に不動産会社に行って不動産の査定する時間はないと困っている方も少なくないでしょう。

適正な価格で不動産売却するためには、不動産の査定金額や売却に関わる費用についてしっかりシミュレーションしておかなければなりません。

今回の記事では、不動産売却するためにおすすめなシミュレーションサイトについてや、不動産売却でかかる費用について解説していきます。

この記事でわかること
  • 不動産売却でかかる費用について
  • 不動産売却のおすすめシミュレーションサイトについて
  • 不動産売却のシミュレーションすることのメリット・デメリット
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

不動産売却におけるシミュレーションサイトとは?

複数のパソコン

そもそも不動産売却におけるシミュレーションサイトとは、マンションや一戸建ての不動産を過去の成約情報をもとに自動で査定額を算出するサイトのことです。

 AI技術の進歩により、膨大な不動産成約情報と売却対象である不動産の情報を照らし合わせて、自動で売却価格を算出するため、正確で客観的な査定結果が期待できます。

今までであれば、不動産会社へ直接問い合わせをして査定依頼をしなければ不動産売却価格は検討もつきませんでしたが、現代であれば、自宅から簡単に不動産を査定できるのです。

AI技術の発達により、不動産売却も気軽に行える環境が整ってきたようです。

不動産売却のシミュレーションにおけるメリット

価格交渉

不動産売却でシミュレーションすることで、事前に自分の不動産がどれくらいで売却できるかを知ることができるので、メリットが大きいでしょう。

具体的に不動産売却でシミュレーションを行っておくことのメリットは以下の通りです。

不動産売却のシミュレーションを行っておくことのメリット
  • 査定結果がすぐにわかる
  • 不動産会社を通さずに査定ができる

査定結果がすぐにわかる

スマホで簡単に査定

不動産会社へ不動産の査定を依頼すると簡易査定(机上査定)の場合でも、1〜5日程度の時間がかかります。

不動産売却のシミュレーションサイトを利用すると、データ入力するだけで査定結果がわかりますので、当日中に査定金額を知ることが可能です。

いち早く査定金額を知りたい方や、気軽に査定金額を知りたい方にはおすすめです。

不動産会社を通さずに査定できる

査定シミュレーション

今までであれば不動産会社を通さなければ、不動産の価格を知ることができませんでしたが、不動産売却のシミュレーションサイトを利用することで、自宅から簡単に査定できます。

シミュレーションサイトを利用すれば、より気軽に不動産の査定金額を知ることができるでしょう。

シミュレーションサイトは基本的に無料で利用でき、不動産会社へ行く手間もありませんので、気軽に利用することができるのメリットです。

 また、不動産会社へ電話番号などの個人情報を伝えることなく査定できるので、不動産会社からの営業を受けずに査定したいという方にもおすすめできます。

不動産売却のシミュレーションにおけるデメリット

借り換えでの失敗

不動産売却のシミュレーションを行うことでのメリットは大きいことがわかりましたが、シミュレーションすることでのデメリットはないかと気になる方もいるかと思います。

シミュレーションすることでの、デメリットをあげると以下のようなポイントが考えられます。

不動産売却のシミュレーションを行うデメリット
  • 査定金額が必ずしも正しいとは限らない
  • 不動産売却するのであれば、不動産会社へ再度依頼する必要あり

査定金額が必ずしも正しいとは限らない

住宅ローン控除の計算

不動産売却のシミュレーションでは、必ずしも正しい結果の査定金額を出せません。

 シミュレーションサイトは不動産の周辺状況や建物の劣化状況まで把握して査定金額を算出することは難しいので、正確な査定金額まで算出できないでしょう。

建物の使用状況や周辺地域の地域特性を踏まえた正確な査定金額を知りたい場合には不動産会社へ査定依頼することをおすすめします。

不動産会社へ査定依頼する場合には、必ず複数社へ査定依頼し、結果をしっかり比較して不動産の相場を把握していきましょう。

不動産売却するのであれば、不動産会社へ査定依頼する必要あり

住宅ローンの相場

実際にシミュレーションして、不動産会社へ売却を依頼しようとした場合でも、不動産会社は実際に現場を見て再度査定をしていきます。

 シミュレーションの結果が正しい売却価格であるとは限りませんので、不動産会社がしっかり現場をみて再度査定金額を算出していく必要があるのです。

2度手間であると感じるかもしれませんが、不動産会社が出してくる査定結果とシミュレーション結果の査定金額とをしっかり比較して相違点などの理由をしっかり聴き出しましょう。

複数の不動産会社への査定を依頼することで、シミュレーション結果との違いをより深く理解できたり、不動産会社が適正な査定結果を出しているのかを比較できるので、複数社へ査定依頼しましょう。

不動産売却のシミュレーションができるおすすめサイト

住宅ローンの借り換え

不動産売却をするために、シミュレーションサイトを利用したいという方に向けて、おすすめのシミュレーションサイトについて解説していきます。

それぞれのシミュレーションサイトには特徴がありますので、自分にぴったりなサイトを利用して正確な査定金額を算出していきましょう。

おすすめの不動産売却シミュレーションサイト
  • HowMa
  • 10秒でDo

HowMa

Howma

HowMaは査定金額をAIで算出することで、時間をかけずに正確な査定金額を算出してくれるWebサイトになります。

匿名入力ができるため、不動産会社の営業を受けずに手軽に査定ができるため、多くのユーザーが査定を行なっており、査定累計の実績が4,000万件を超えています。
※出典:HowMa

必要な入力事項 ・物件の住所
・築年数
・延べ床面積
・土地面積
・間取り
・建物回数
・建物構造
・専有面積
・居住の状態
など
シミュレーションでわかること ・査定金額
・周辺地域の販売物件の状況など

出典:HowMa

10秒でDo

10秒でDo

10秒でDoは「ハウスドゥ」が提供する不動産査定アプリで、不動産の郵便番号・住所・面積・築年数などを入力するだけで、簡単に不動産の査定金額を算出してくれるアプリになります。

過去の成約事例を元に自動で査定金額を出すため、不動産会社が行う簡易査定(机上査定)と同じような査定結果が期待できます。

必要な入力事項

・物件の種別
・所在地
・土地面積
・建物面積
・建物構造
・築年数
・査定物件の利用方法
・間取り
・建物階数など

シミュレーションでわかること ・査定金額
・仲介価格
・市場の相場など

出典:House Doー10秒でDo

不動産売却でかかる費用について

安い金利

不動産売却のシミュレーションについて解説する前に、不動産売却でかかる費用について確認しておきましょう。

不動産売却で必要になる費用には、不動産会社へ支払う「仲介手数料」や「譲渡所得税」などの費用がありますので、不動産売却で得た利益が全て自分のものになるものではありません。

相場 内容

仲介手数料

【売却価格:200万円以下】
売却価格×5%

【売却価格:200〜400万円】
売却価格×4%

【売却価格:400万超え】
売却価格×3%

不動産会社へ支払う手数料。
売却価格に比例して支払う

印紙税 0〜48万円 売買契約書に必要な印紙税
登録免許税 不動産1件につき1,000円 抵当権の抹消に必要な費用
譲渡所得税 課税所得×税率(14%〜39%)

不動産の売却価格が購入時よりも高い時に発生

税率は住んでいた年数によって変わります。

ハウスクリーニング代

ワンルーム:3万円〜

広い住宅:8万円〜10万円

建物内をきれいにするためにかかるクリーニング費用
鍵交換代

1万円〜2.5万円

売却時にかかる鍵交換費用

基本的には売主負担

引越し代

5〜20万円程度

マイホームを売却するのであれば、引越し費用もかかります。

正確な不動産売却価格を査定するなら不動産一括サイト

家を掃除

不動産売却において、シミュレーシュン結果だけでなく正確な不動産査定金額を知りたい方や、信頼できる不動産会社を見つけたいという方は、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。

不動産一括査定サイトを利用することで、一度の申し込みで複数の不動産会社へ査定依頼できるため、不動産価格の正確な売却価格や不動産会社の比較が効率的にできます。

しかし、不動産一括査定サイトも今ではたくさんあり、どこを利用すれば良いのかわからないという方も多いでしょう。
そこで、不動産一括査定サイトを選ぶ際の比較ポイントを解説していきます。
不動産一括査定サイトの主な比較ポイント
  • 情報の信頼性
  • 登録している不動産会社の数
  • 査定できる最大不動産の社数
  • 得意な物件
  • 不動産一括査定サイトの評判について

不動産一括査定サイト選び方①:情報の信頼性

家を売る際の流れを5つのステップで解説

不動産一括査定サイトの情報の信憑性について比較していことが大切です。

 不動産売却は動くお金の大きさが大きいため情報の信頼性・信憑性は高くなければ安心して利用できません。

不動産一括査定サイトの情報の信頼性を見分けるためには以下の点に注意しましょう。

不動産一括サイトの情報の信頼性のチェックポイント
  • 運営会社、提供会社が明記されているか?
  • 運営会社、提供会社を検索すると情報を見つけられるか?
  • 大手企業が運営しているのか?
  • 運営実績はあるか?
  • 利用者の口コミや感想が記載されているか?

上記のポイントを踏まえて、実際に「HOME4U」の運営会社や提携会社数を確認してみると以下の通りの結果となります。

HOME4U

運営会社

NTTデータ(東証一部上場)グループ
提携会社数 約1,800社
運営実績 売却査定数累計45万件
※2021年6月時点
口コミ ・営業マンの対応を比較できたのがよかった
・複数社に同条件で査定依頼できるのがよかった
・業者の平均価格を知ることができてよかった

出典:HOME4U

口コミを調べるには、公式HPだけでなく、Webサイトでの検索やSNSで検索をすると、実際のリアルな口コミを調べられるでしょう。

不動産一括査定サイトの比較方法②:登録している不動産会社の数

不動産一括査定サイトによって不動産会社の登録数は異なり、多くの不動産会社と提携しているサイトの方が、多くの会社に査定してもらえるチャンスが増えます。

不動産一括査定サイトでは一度の申し込みで提携している不動産会社から査定を依頼できますので、数が多い方が希望に近い条件の業者へ出会える可能性が上がるでしょう。

登録社数別

社数

すまいValue 900社

LIFULL HOME’S

3000社
HOME4U 1800社
イエウール 1900社
SUUMO不動産売却 2000社
イエイ 1700社
リビンマッチ 2600社
REGuide 800社

また、大手不動産との提携が多いのか、地域に密着した中小企業不動産が多いのかで選ぶのも良いでしょう。

田舎の不動産の査定を検討している場合には、大手不動産よりも地域に密着した不動産の方が、地域特性を理解した査定金額期待できるでしょう。

不動産一括査定サイト選び方③:査定できる最大不動産社数

おすすめの売却方法

一括で査定できる会社数は不動産一括査定サイトによって異なり、だいたい4〜10社程度、査定できるところが多いです。

多くの不動産会社へ一括査定を依頼できれば、不動産会社を比較検討する資料が手に入りますが、多くの会社から査定結果や連絡をしなければならないでしょう。

査定してもらう会社が多すぎても自分の作業量、整理する時間が多くなり大変になってしまいます。

最大不動産社数

社数

すまいValue 6社

LIFULL HOME’S

10社
HOME4U 6社
イエウール 6社
SUUMO不動産売却 10社
イエイ 6社
リビンマッチ 6社
REGuide

10社

不動産取引は動く金額が大きいため、信頼できる不動産会社選びには時間や労力を使うのは避けられません。

多くの不動産を比較することで、信頼できる不動産会社をしっかり比較検討しましょう。

不動産一括査定サイト選び方④:得意なエリア・物件について

不動産一括査定サイトにも得意な物件の種別(マンション、戸建て、賃貸)やエリア(都市部・地方部)があります。

それぞれが得意な物件・エリアに合わせて不動産一括査定サイトを使用するといいでしょう。

得意な物件

すまいValue

・都市部に強い
・戸建て、マンション、土地

LIFULL HOME’S

・担当者によって得意な物件種別が記載されている
・戸建て、マンション、土地
HOME4U

・土地活用、不動産投資にも強い
・マンション、戸建て、土地、ビル、アパートなど

イエウール

・都市部・地方にも強い
・戸建て、マンション、土地、工場、倉庫、農地など

SUUMO不動産売却 ・担当者によって得意な物件種別が記載されている
イエイ

・大手、地方どちらも強い
・マンション、戸建て、土地、投資用物件など

リビンマッチ ・買取査定、リースバック、土地活用
・戸建て、マンション、倉庫、土地、店舗など
REGuide ・不動産投資、収益物件情報の実績あり
・戸建て、マンション、土地、事務所など

不動産一括査定サイト選び方⑤:評判について

中には質の悪い不動産一括査定サイトもあるでしょう。

不動産一括査定サイトは売却を検討している方にとっては無料査定依頼ができ便利ですが、中には質の悪い不動産一括査定サイトもあり、見極める必要があります

サービスを利用するまえには口コミ、満足度をSNSやHPにて調べてみるといいでしょう。

Twitterなどでハッシュダグをつけて検索するとその会社の口コミ・評判はすぐに検索できます。口コミなどを参考にしたい方は検索してみましょう。

おすすめの不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.1%!
  • 年間購入相談件数18万件以上
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

よくある質問

不動産売却でかかる費用は?
「仲介手数料」や「印紙税」「登録免許税」「譲渡所得税」「ハウスクリーニング代」などの費用がかかります。

売却価格の5〜7%程度が相場となるでしょう。


不動産売却のシミュレーションのメリットは?
査定金額を短期間で把握できることや、不動産会社を通さずに査定金額がわかります。

不動産会社の営業や時間があまりない方でも、売却したい不動産価格を気軽に調べられることは大きなメリットです。


不動産売却のシミュレーションのデメリットは?
シミュレーションを通して算出された査定金額が正確な査定金額であるかはわかりません。

また、実際に売却をする場合には不動産会社の査定をする必要がありますので注意が必要です。


不動産売却のシミュレーションができるおすすめのサイトは?
「HowMa」や「10秒でDo」では無料で不動産の売却価格を調べられますので便利です。

シミュレーション結果を元に、不動産会社が出してくる査定金額と比較しながら、不動産会社選びの指標としましょう。


不動産売却のシミュレーションはどのように使いますか?
シミュレーションサイトへアクセスし、「所在地」や「築年数」「建物構造」などの物件の情報を入力することで査定結果が出ます。

査定結果はすぐにメール等で出ますので、気軽に利用しましょう。


不動産売却では確定申告が必要ですか?
不動産売却で利益が発生した場合には必要になります。また、控除特例を受けて税金が発生しなければ、申告の必要もありません。

不動産売却のシミュレーションでかかる費用は?
本記事で紹介した「HowMa」や「10秒でDo」では無料でシミュレーションができます。

また、不動産一括査サイトの利用も無料で利用できますので、気軽に利用できます。


おすすめの不動産一括査定サイトの選び方は?
「情報の信頼性」「登録している不動産会社の数」「査定できる最大不動産会社数」「不動産一括査定サイトの得意な物件」などを確認しましょう。

SUUMO売却査定は当サイトのアンケートで人気No.1となっているためおすすめになります。

まとめ|シミュレーションと不動産一括査定サイトを利用しよう

不動産投資で成功

不動産売却で利用するシミュレーションサイトでの査定結果は正確ではありませんが、査定スピードが速いため、不動産会社選びの際には貴重な資料となります。

 ただ、シミュレーション結果だけを頼りにするのではなく、不動産一括査定サイトを利用して、複数の不動産会社の査定結果や信頼できる担当者を比較していくことが重要です。

シミュレーション結果をうまく利用しながら、不動産会社を選び、信頼できる不動産売却のパートナーを選ぶことで、不動産売却を成功させましょう。

シミュレーションでの結果はあくまで概算であることを忘れずに、不動産売却していきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事