不動産売却の注意点を売却方法別で解説!流れや高く売るコツは?

「不動産売却をしたいけど、何に注意して売却したら良いか分からない」という疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

不動産売却は人生で何度も経験することではありません。また、不動産を売却する際には、売却する物件の種類ごとに注意点があります。

そこで今回は、不動産売却の方法や流れの紹介それぞれの注意点を紹介します。

不動産売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

下記では、おすすめの人気不動産一括査定サイトを比較紹介しています。それぞれサイトごとに特色や強みがありますので、比べてみてくださいね。

不動産売却の方法と注意点

不動産売却の方法と注意点

不動産売却の種類を5つ紹介します。それぞれの売却方法の注意点も紹介しますので、参考にしてみてください。

売却方法①買取

不動産を売却する際に有名な手法として挙げられるのが「買取」と「仲介」でしょう。買取はその名の通り、不動産を買い取ってもらうことです。

 買取は不動産会社に直接不動産を売却するため、仲介よりも短期間で不動産を売却できることがメリットとなります。

買取の中にも「即時買取」と「買取保証」がありますが、今回は「即時買取」の解説となります。「買取保証」については下の見出しで紹介していますので、参考にしてみてください。

また、買取の大きなメリットとして、仲介手数料がかかからないことが挙げられます。

買取は直接不動産会社が買い取るので、仲介手数料は必要ありません。

注意点|市場価格よりも安い価格で売却する場合あり

不動産会社は買取した物件をリフォームしたり、リノベーションしたりする場合があるため、改修にかかる費用を考えた価格設定を行います。

そのため、市場価格よりも何割か安い価格で見積もられる可能性を頭に入れておきましょう。

 買取は、仲介では売却が難しいけれど、リノベーションやリフォームをすることで再利用できる物件が向いています。

売却方法②仲介

方法②仲介

仲介は不動産会社が売却先との間に入り、取引を手助けしてくれる不動産売却方法です。

仲介では「売却価格が市場価格に近い」「築浅物件だと条件よく売れる」といったメリットがあります。

築年数が長い物件は逆に売却不利になります。

注意点|契約不適合責任や売却期間に注意

仲介では「契約不適合責任」という責任が発生するため、売却後の物件に何か問題があった場合、責任をとる必要があります。

また、不動産会社が仲介するとはいえ売却先と交渉することとなるので、売却期間が長いといった注意点もあります。

売却方法③任意売却

方法③任意売却

任意売却とは「住宅ローンが返済できない」、「借金が返済できない」という場合に、住宅を債権者に任意で売却することをいいます。

一方、裁判所の命令で強制的に売りにだされる物件のことを競売物件といいます。

競売物件と任意売却物件は似ていますので、「任意」の方は強制的に売られた物件でないと考えよう。

注意点|抵当権がついている場合や安く買われる場合がある

任意売却をする側は注意点といっても債権を支払うために物件を手放さなければならないため、市場価格よりも安い価格で売却される可能性があります。

一方、任意売却の物件を取得する場合は抵当権がついていたり、手続きに時間がかかったりする場合があります。

 高く売りたいのであれば、任意売却せざるを得ない状況にならないようにしましょう。

売却方法④リースバック

方法④リースバック

リースバックとは、不動産会社に住宅を売却した後でも賃貸として住み続ける売却方法です。

「まとまった現金が欲しい」、「物件価格が高いうちに手放しておきたい」といったニーズに応える不動産売却方法となっています。

 住宅ローンが残っていったとしても、リースバックを使うことはできます。

注意点|家賃が上昇する、賃貸契約更新ができない点に注意

リースバックを行い住み続ける場合は、家賃が上昇する可能性や、更新ができない可能性を頭に入れておきましょう。

今まで自分が所有していましたが、リースバックを行うことで、所有権が不動産会社に移っていることを自覚しましょう。

また、リースバックは買取や仲介よりも安い金額で不動産を売却することになります。

 まとまった資金は手に入りますが、今後賃貸になることや売却金額が安いことは頭に入れておきましょう。

売却方法⑤買取保証

方法⑤買取保証

買取保証とは、不動産を売却し一定期間売れ残った場合、不動産会社が買取を担保する仕組みです。

即時買取や仲介では売却が難しい場合に利用すると、安心して不動産を売却できます。

通常のやり方で売れる物件であれば、買取保証はおすすめできません。

注意点|不動産会社の変更ができない

即時買取と同様の注意点として、市場価格よりも安い価格で売却することになる点に注意しましょう。

また、買取保証で一番注意しなければいけないのは「専属専任媒介契約」を結ぶ点です。

 専属専任媒介契約とは1社のみと契約を行い、他の不動産会社で売却ができなくなる媒介契約です。

専属専任媒介契約を結んでしまうと、後から他の売却方法を選ぼうとしても無理なため、選択肢が限られてしまいます。

そのため、買取保証は不動産売却における最終手段としましょう。

不動産売却の流れと注意点

不動産売却の流れと注意点

不動産売却の流れや注意点
  • STEP①査定|売却を頼む会社は複数社に!相見積もりは必須
  • STEP②媒介契約|専属専任媒介契約には注意
  • STEP③売り出し|不動産の売り出し価格は慎重に決める
  • STEP④内覧|物件のアピールやマナーに注意
  • STEP⑤不動産売買契約|契約書の確認は必須!しっかり確認しよう
  • STEP⑥決済・物件引き渡し|引き渡し時には手土産などを用意
  • STEP⑦確定申告|売却代金がプラスになったら必ず確定申告をする

STEP①査定

STEP①査定

査定とは、売却予定の不動産がどの程度の価格になるのか見積もることです。

査定を行う際は、不動産会社に頼むか、不動産査定一括サイトを利用するやり方があります。

さまざまな不動産会社に査定をしてもらいたい場合は、不動産査定一括サイトを利用しましょう。

注意点|査定を頼む会社は複数社に!相見積もりは必須

不動産の査定をする場合は1社だけに見積もりを依頼するのはおすすめできません

1社のみだと、売却価格が適正価格か分からないため、不当に低い価格で査定される可能性があります。

 より高く売却したいのであれば、不動産一括査定サイトを利用しましょう。

STEP②媒介契約

STEP②媒介契約

不動産売却時には、個人売却する場合を除いて不動産会社と契約するのですが、その際に媒介契約を結ぶこととなります。

媒介契約の種類
  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約は、1社に仲介を頼むかつ他の不動産会社に仲介依頼も出せない方法となります。

売却先も専属専任契約を結んだ不動産会社が探し出したところでしか売却できません。

専任媒介契約は1社としか仲介依頼できないものの、売却先を不動産会社以外から探すことは可能です。

一般媒介契約は1社だけでなく、複数社に仲介をお願いすることが可能な媒介契約となっています。

注意点|専属専任媒介契約には注意

注意点|専属専任媒介契約には注意

上記で解説した通り、専属専任媒介契約を結ぶと、「他の不動産会社に仲介依頼ができない」、「売却先も限られる」といった制限を受けます。

専属専任媒介契約を結ぶからこそ、他よりも優遇して売却の提案がなされることがメリットです。

 専属専任媒介契約を悪用することにより、他の不動産会社への流出を防ぐためだけにこの契約を用いる場合があります。

専属専任媒介契約は、売却における手札を大きく制限されます。

そのため、契約を結ぶことにより、本当に自分にとって大きなメリットがあるのかを確認することが重要です。

よほどの理由がない限りは一般媒介契約を結びましょう。

STEP③売り出し

STEP③売り出し

不動産売却の「売り出し」とはその名の通り、不動産を売り出すことです。

売り出しが始まると、個人や不動産会社などさまざまな方面から問い合わせがくるようになります。

注意点|不動産の売り出し価格は慎重に決めよう

不動産の売り出し価格は不動産会社と相談して決めることになりますが、市場価格をみて強気でいくのか、安い価格を提示するかは慎重に決めましょう。

 時期によっては強気に出ても売れる場合もあるので、担当者としっかり相談をすることが大事です。

STEP④内覧

STEP④内覧

内覧は、物件購入予定者の購買意欲を一番刺激するため、重要なセクションです。

内覧の際は、掃除や物件の気になるポイントの改善はもちろん、接客にも気をつかいましょう。

 接客のマナーが悪いと物件購入につながらないケースもあるため、マナーや気配りには注意が必要です。

注意点|物件のアピールやマナーに注意

最近ではインターネットが発達したこともあり、内覧にくるお客様もチェック項目を作成するなど、物件を注視しています。

そのため、簡単な汚れや水まわりといった売却予定の物件の気になる部分は改善しておくことが重要です。

自分が物件を内覧する気持ちになれば、きれいにしなければならないポイントがわかるはずですよ。

STEP⑤不動産売買契約

STEP⑤不動産売買契約

不動産を売却が決まったら、売主と買主の間で「不動産売買契約書」を締結します。

不動産売買契約書には、売却代金や所有権の移転など、重要な記載がたくさんあるので、必ずチェックするようにしましょう。

不動産売買契約書は、通常であれば不動産会社が用意してくれます。必ず目を通すようにしましょう。

注意点|契約書の確認は必須!しっかり確認しよう

不動産売買契約書は不動産会社が作成してくれますが、契約書に目を通さずに結んでしまうと、「聞いてなかった」では済まされないことがあります。

誤りがあったとしても、契約を結んでしまえばそれが「正」となるため、引き渡し時期や売却代金、所有権の移転などの重要項目は特にしっかりと確認しましょう。

STEP⑥決済・物件引き渡し

STEP⑥決済・物件引き渡し

いよいよ不動産物件の決済、引き渡しとなります。通常は、売買代金の入金が確認できたと同時に引き渡しです。

引き渡しの際は、売主・不動産仲介会社・買主の三者で立ち会い行いましょう。ここで物件に不備や瑕疵がないか、しっかりと一緒に確認することが重要です。

注意点|引き渡し時には手土産などを用意

不動産物件を引き渡す際は、マナーとして手土産などを用意して臨みましょう。

引き渡し時の服装は決まっていませんが、カジュアルもしくはフォーマルな服装が好まれます。

STEP⑦確定申告

STEP⑦確定申告

確定申告とは、収入が発生したとき、納税する税金がいくらかになるのかを計算、申告する制度です。

会社員の場合は会社が源泉徴収という形で天引きしていますが、不動産収益が発生した場合は、自分で確定申告を行う必要があります。

不動産収益以外でも、副業や投資で収入がある場合には、確定申告が必要な場合があるでしょう。

注意点|売却代金がプラスになったら必ず確定申告をする

不動産の売却を行った際に収益があがるのであれば、確定申告をして、自分が払う税金を確定させなければなりません。

確定申告を行うと、所得税、住民税といった税金を払うこととなりますので、忘れないように注意しましょう。

売却におすすめの不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。全国1,900社以上もの不動産会社が登録し、累計1,000万人以上の人が利用しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。

出典:イエウール公式サイト

よくある質問

不動産売却の方法にはどのようなものがありますか?
不動産売却の方法には「買取」、「仲介」、「任意売却」、「リースバック」、「買取保証」があります。
不動産売却の即時買取と買取保証にはどのような注意点がありますか?
即時買取では不動産会社へ売却する際に市場か買うよりも安い価格で買い取られる場合があります。
買取保証は仲介よりも売却した価格が安くなることや専属専任媒介契約を結ぶことから、途中で不動産会社を変更できません。
不動産売却の仲介における注意点にはどのようなものがありますか?
不動産仲介の場合は契約不適合責任があるため、不動産に何か問題があった場合、責任をとらなければいいけません。
また、売却期間がながいため、すぐに現金化できない可能性があります。
不動産売却の任意売却における注意点はどのようなものがありますか?
任意売却は「住宅ローンが払えない」、「借金が払えない」といった状況からやむを得ず不動産を売却しなければならないです。
そのため、市場価格よりも安い価格で売却される可能性があります。
不動産売却のリースバックにおける注意点にはどのようなものがありますか?
リースバックにおける注意点は不動産の権利が不動産会社に移ることから、相続できない点がまず一つです。
次に家賃を払って住み続けるため、家賃の値段を上げられたり、更新ができかったりする可能性があります。
不動産売却の流れはどのようなフローになりますか?
不動産売却の流れは「査定」、「媒介契約」、「売り出し」、「内覧」、「不動産売買契約」、「決済・物件引き渡し」となります。
不動産売却の際に利益が出なかった場合はそのままですが、不動産売却の利益が出た場合は確定申告が必要になります。
不動産売却をする際に注意すべきことはありますか?
売り出し前の注意点は「複数社に相見積もりを頼む」、「専属専任媒介契約には注意する」、「不動産の売り出し価格は慎重に決める」です。
売り出し後は「内覧時の物件のアピールやマナーに注意する」、「契約書の確認」、「引き渡し時のマナーに注意する」です。
また、不動産売却で利益が出た場合は、確定申告が必須となりますので、注意しましょう。

まとめ

今回は不動産売却の方法や流れの紹介それぞれの注意点を紹介しました。

不動産売却の方法は5つでしたが、それぞれに利点や注意点があるため、自分が一番利益が出ると考える方法を選択しましょう。

また、不動産売却の流れも頭に入れておくことは重要ですので、今回の記事を読んで再確認していただけたら幸いです。

不動産売却は工数が多いですが、その分注意点もたくさんあるので、しっかりとチェックしましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事