2021年最新|投資向けおすすめ不動産会社人気比較!初心者にもできる

誰でも気軽にできる不動産投資。株式投資のように難しいことではないので、「興味がある」という方も多いでのはないでしょうか。

しかし、いざ始めるとなると「不動産会社が多くてどこの会社で買えば良いのかわからない」と迷う方も少なくないはずです。

そこで今回は、不動産投資会社のおすすめと、不動産投資会社の選び方も紹介します。

不動産投資を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ不動産投資会社

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • 一般社団法人全国住宅産業協会「優良事業表彰」受賞※4
  • ニーズに合わせた2種類のガーラブランド
  • 都心を中心に315棟、2万1907戸の供給実績※5
  • 不動産投資セミナーを定期的に開催
  • 入居率は99.0%

FJネクストは、都心エリアを中心に東京23区、都心と同等の賃貸需要が見込める横浜市、川崎市などで資産運用型マンションの企画・分譲を行っています。

ニーズに合わせて選べる、以下の2つの自社ブランドが特徴です。

  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

どちらも重厚感のあるデザイン性に快適性を重視した設備仕様で、最寄り駅から数分以内の立地の良さが魅力です。2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

入居者様の目線に立った企画開発を行い、時代のニーズに即したシステムや構造を採用。315棟、2万1907戸の供給の実績がありますよ。
会社名 株式会社FJネクストホールディングス
所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
新宿アイランドタワー11F
設立 1980年7月
入居率 99.0%

出典:FJネクスト公式サイト
※4 https://www.fjnext.com/renew/images/top/dai4.pdf
※5 2021年6月末時点。公式サイトより

RENOSY

RENOSY

おすすめポイント
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1※1
  • 業界最安水準の集金代金手数料※2
  • AIが算出した資産価値が高い優良物件を紹介してくれる
  • 専用アプリで所有物件の管理・運用ができる
  • 主要都市部の物件を所有

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1です。入居率は99.5%と高い水準を誇っています。棟買いに比べてリスクが分散しやすい、中古のコンパクトマンションの取り扱いを得意としています。

RENOSYでは、以下の条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。

  • 主要エリアへ電車で15分以内
  • 新耐震基準に準拠
  • 総戸数20戸以上
  • 最寄り駅徒歩10分以内※3

過去の建物管理実績なども考慮し特に良い条件の物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

専用アプリを使えば、所有物件の状況把握や契約書の確認などがいつでもどこでもできるので便利です。

分からないこともアプリを使えば気軽に相談できますよ。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)

出典:RENOSY公式サイト
※1 東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2021年2月調べ)
※2 公式サイトの文言による
※3 JR 東日本2017 ※2 10分以上の物件でも安定運用が見込めるものは販売しています

トーシンパートナーズ

トーシンパートナーズ

おすすめポイント
  • 創業30年以上、275棟13,700戸を超えるコンサルティング・管理を行ってきた実績※6
  • 入居率は97.4%と高い水準
  • 入居者審査契約の代行で家賃滞納リスクを軽減
  • マンション経営がゼロからわかる スタートブックを無料プレゼント
  • 平均的な利回りは約4%※7

トーシンパートナーズは、創業30年以上、275棟13,700戸を超えるコンサルティング・管理を行ってきた実績で、豊富なノウハウを持っています。

 平均的な利回りは約4%なので、少ない資金でもしっかり利回りが出せる点が大きな魅力です。

山手線や中央線、京王線などの人気沿線を中心に駅徒歩10分圏内というこだわりぬいた立地条件を設けており、入居率は97.4%と高い水準です。

入居者審査契約の代行を行っており、管理代行システムと借り上げシステムの2種類のマネジメントシステムを選べます。
会社名 株式会社トーシンパートナーズ
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
入居率 97.4%

出典:トーシンパートナーズ公式サイト
※7 公式サイトの文言による

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • 土地仕入から管理までをワンストップサービスで任せられる
  • 入居率は98.42%!年間入居率は7年連続99%超え
  • 不動産投資オンラインセミナーを開催中
  • 管理戸数は2,248戸※7

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は98.42%を誇っています。年間入居率は7年連続99%超えなので信頼できます。

 マンションの土地仕入、企画・開発、販売、管理までをワンストップサービスで依頼できるので、不動産投資が初心者の方も安心です。

主に一部エリア除く東京23区、横浜駅、川崎駅周辺を取り扱っており、管理戸数は2,248戸です。

周辺調査はもちろんのこと、そのエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行ってくれるので安心できます。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

日本財託

日本財託

おすすめポイント
  • 入居率は98.47%&管理戸数は24,515戸※8
  • 一般には出回っていない非公開の物件を紹介してくれる
  • 販売から管理、運営までの一貫したサービスを提供
  • 無料個別相談会・投資セミナーを定期的に開催
  • 仲介手数料は0円

日本財託の入居率は98.47%です。全国平均が81%であることを考えると、高い水準であることが分かります。販売から管理、運営までの一貫したサービスを提供してくれるので安心して任せられます。

 一般には出回っていない非公開の物件も保有しているので、質の高い物件に出会えるかもしれません。

販売される不動産は仲介手数料0円で購入することが可能なため、費用を抑えて不動産投資ができます。

無料個別相談会では資産形成プランを無料で作成してくれるので、何を相談したら良いか分からない方にもおすすめです。
会社名 株式会社日本財託
所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2
新宿サンエービル9F・10F・13F
設立 1990年10月
入居率 98.47%(2021年9月現在)

出典:日本財託
※8 2021年9月現在

利回り不動産

利回り不動産

おすすめポイント
  • 1口1万円の少額から不動産投資が始められる
  • 投資後の不動産の賃貸管理や運用の手間がかからない
  • 不動産クラウドファンディングサービス
  • マスターリース契約による空室保証がある
  • 優先劣後出資を採用

利回り不動産は、2021年からサービス提供を開始した新しい不動産クラウドファンディング型のサービスです。

複数不動産に分散して投資することにより、空室リスクや老朽化の対応など不安要素を分散させることが可能です。

 通常多額の資金が必要な不動産を1口1万円の少額から始められるので、大幅な元本割れ等のリスクを軽減できます。

投資した後の不動産の賃貸管理や運用の手間がかからないので、副業として始めたいサラリーマンの方にもピッタリでしょう。

会社名 株式会社ワイズホールディングス
所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
城山トラストタワー33階
設立 平成26年8月
入居率

出典:利回り不動産公式サイト

不動産投資会社の選び方

不動産投資会社の選び方

不動産投資において最も大切なことは、資産運用をサポートしてくれるパートナーである「不動産投資会社」選びです。

 不動産投資の資産運用で最も大切なことは、安心できる不動産投資会社を選ぶことです。

不動産オーナーが信頼できるパートナーを選ぶことで、物件を購入からの管理やアフターフォローを安心して任せられます。

まずは、信頼できる不動産投資会社を選ぶための基本的な情報を収集しましょう。

信頼できる不動産投資会社の選び方

不動産投資会社の選び方

ここでは、信頼できる不動産投資会社選びのポイントを4つ紹介します。

不動産投資会社選びのポイント
  • 資本金の額
  • 従業員数
  • 取引実績
  • 口コミや評判

それでは、この4つのポイントをそれぞれ解説します。

資本金の額

不動産投資会社を評価するための客観的な指標には資本金の金額があります。

基本的には、資本金の金額は投資会社の事業規模にリンクします。

 不動産投資の運用サイクルは10年以上の運用単位が前提となります。そこで、資本金額の大きい経営体力のある企業を選ぶと安心です。

資本金の大きな不動産投資会社は、自社物件があるなど、経営の基礎体力があるのも特徴です。

従業員数

信頼できる不動産投資会社の選び方

従業員数も、資本金と同様に会社の規模を表わす指標となります。

従業員数が多い方が取引件数や実績が豊富で、企業の利益も大きくなるでしょう。また、サービスや営業にはスタッフへの投資は欠かせません。

 従業員数多い不動産投資会社は、業績や評判も高い企業が多い傾向にあります。

日本の不動産業界は、基本的に小規模事業者(従業員20名以下)が多く、それ以上の企業は全体の2%足らずしかありません。

資本金や従業員数を基にして不動産投資会社を選ぶことで、数ある企業を絞り込むことができます。

取引実績

不動産投資会社の選び方

不動産投資会社で注視すべきポイントには、取引実績も欠かせないでしょう。

資本金や従業員数と同じで、大規模な不動産投資会社には膨大な実績とノウハウがあります

 多数の顧客データを持つ不動産投資会社では、様々なシチュエーションに対応できるノウハウがあります。

不動産投資では、不動産を購入してからがスタートです。購入後のリスクやリターンについて、細やかなサポートがあるパートナーを選びましょう。

長いお付き合いができる不動産投資会社が良い会社と言えます。

口コミや評判

資本金や従業員数、取引実績は、不動産投資会社が提供している情報を基に評価します。

しかし、今ではインターネットで口コミや評判をチェックすることが可能です。

 客観的なデータとして「口コミ」や「評判」などを検索して調べるのも参考になるでしょう。

ただし、極端な批判などを投稿するような方も少なからず存在するのがインターネットです。

ご自分で調べてみて、根拠のある投稿を参考にしてください。

インターネットの情報全てを鵜呑みにせず、上手に活用するのも大切です。

不動産投資会社の良し悪しを判断するポイント

不動産投資会社の選び方

それでは次に、不動産投資会社の良し悪しを判断するポイントを解説します。

無料セミナーや個別相談会を実施しているか

不動産投資は、気軽に誰でも始めることができますがm不動産のオーナーとしての知識は必要。知識がないと、失敗してしまう可能性が高くなるでしょう。

そこで、無料のセミナーや個別相談を実施している不動産投資会社がおすすめです。

 積極的な不動産投資会社では、無料セミナーや個別の相談会を実施しています。

無料セミナーに参加することで、不動産投資の知識はもちろん、そのの従業員の質も見極められます。

無料セミナーや個別相談会に参加することは、大切なコミュニケーションとなります。

できるだけ積極的にセミナーを行っている会社を選び、参加しましょう。

顧客に合った物件選びをしている

不動産投資会社の選び方

不動産のオーナーには、長期の投資目的や、短期の投機的な投資など、やそれぞれの目的があります。

良い不動産投資会社では、そのような顧客の目的を重視した営業をしてくれるはずです。

 顧客対応については、セミナーや個別相談、電話相談などで積極的に質問し、不動産投資会社の方針や対応を観察しましょう。

営業の熟練度や不動産に関する知識、リスクヘッジの仕方など、親切に解説してくれる不動産投資会社は安心です。

営業担当は年齢ではなく、熟練度や対応力などの「総合力」で判断しましょう。

リスクの説明があるか

不動産投資では、しっかりとしたサポート体制のある不動産投資会社がパートナーとなることで、安定した不労所得を獲得できます。

ただ、どのような投資にもメリットだけではなくデメリットであるリスクも伴います

 優良な不動産投資会社であれば、予想できるありとあらゆるリスクをきちんと説明し、その具体的な対応策も教えてくれます。

逆に、メリットばかりを並べてリスクを説明しない会社は信頼できません

いつも儲かる話ばかりを持ってくるだけの会社とは契約を見送る方が良いでしょう。

アフターフォローが手厚い

不動産投資会社の選び方

不動産投資会社を利用すると、基本的に賃貸や建物の購入から管理までを任せることになります。

そこで注意したいのが、アフタフォローで以下のような点もカバーしているかどうかです。

不動産投資会社の注意したいアフターフォロー
  • 家賃の再設定
  • 物件の定期メンテナンス
  • 売却の相談

あなたの物件が安定した収入を生み出すには、入居者にとって住みやすい物件であることが前提です。

住居者のニーズに合わせたリフォームや修繕など、アフターフォローの体制が整っているかもしっかりとチェックしましょう。

担当者が信頼できる

不動産投資会社の選び方

不動産投資では、物件のオーナーと不動産投資会社との信頼関係が非常に大切です。

信頼できる不動産投資会社が見つかれば、次は担当者も重要。担当者とは一番密に連絡を取り合うので、ここが信頼できないと、気持ちのいい不動産投資はできません。

 信頼できる会社であれば、信頼できる担当者も見つかるはずです。顧客目線で対応してくれる、知識と行動力のある担当者を選びましょう。

担当者はそれぞれ、得意な分野や個性があります。

あなたの不動産投資に対する方針や目的を話、納得した上で担当者や投資を決めましょう。

自分に合う担当者がいない場合には、企業側にその旨を伝えることも大切です。

よくある質問

初心者におすすめの不動産会社はどこですか?
FJネクストがおすすめです。入居率は99%と高く、安定した運用が期待できます。創業から41年の歴史があるので、長い付き合いができるといえるでしょう。
不動産投資は節税ができると聞きました、本当ですか?

はい、不動産投資では節税が期待できます。所得税、住民税、贈与税、相続税の4つの税金で節税が可能です。

不動産投資はリスクも大きいと思います、リスクの回避は可能ですか?
金融商品などと比較すると、比較的リスクが低いと言えます。
不動産投資では、リスクを事前に把握でき、回避策を立てることも可能で、リスクを最小限におさえることができます。
不動産投資初心者におすすめの物件タイプはどの様な物件ですか?
資金にもよりますが。最初は区分マンション投資から始めると良いのではないでしょうか。
新築物件と中古物件では、どちらがおすすめですか?
それぞれにメリットとデメリットがあります。あなたの考える不動産投資の目的によって使い分けるのが一番の方法です。まずは不動産投資会社にご相談ください。
不動産投資には自己資金にいくら必要ですか?
一般的には、物件価格の15~30%が目安となります。ただし、100%融資が受けられるようなケースもあるので、気になる不動産投資会社にお問い合わせください。
一般的な年収の会社員でも始められますか?
資金調達については、融資を受ければ問題はありません。
不動産投資は、一般の会社員の方の副業としてもおすすめできる方法投資です。

まとめ

このように、不動産投資は「不動産投資会社」をどのように選ぶかが大変重要です。

不動産投資会社の資本金や従業員数、設立年数などの規模は、投資会社を見極めるひとつの指標になります。

また、あなたの大切な資産投資に失敗しないために、インターネットなどの口コミや評判などもしっかりとチェックしておきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事