不動産売却・購入・賃貸の仲介手数料の相場や計算方法は?一覧早見表も紹介

不動産を購入、売却、賃貸する際にかかる諸経費として代表的なものが、仲介手数料です。

不動産の売買、賃貸を考えている方の中には、「仲介手数料がかかることは知っているけど、実際にはどのくらいかかるのか詳しく知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、不動産売買や賃貸時にかかる仲介手数料の相場や上限、計算方法を紹介します。

仲介手数料の早見表も用意したので、簡単に仲介手数料を調べることができますよ。

不動産売却・購入・賃貸の仲介手数料とは?

仲介手数料は、文字通り不動産の仲介時に発生する手数料ですが、具体的に何を意味しているのでしょうか。ここでは、不動産の仲介手数料の意味や業界内での位置づけについて解説します。

不動産を売買、賃貸したときに業者に払う報酬のこと

不動産の仲介手数料とは?

不動産の仲介手数料とは、不動産を売買、または賃貸したときに、その不動産を仲介してくれた業者に支払う報酬のことです。

不動産仲介手数料は物件価格や賃料に比例するので、「一回につきいくら」と決まっているわけではありません。

業者とは、国土交通大臣または都道府県知事から免許を得ている会社のことです。

 免許を持たない個人または業者が、継続して複数回仲介を行うことは禁止されています。

不動産仲介会社は仲介手数料で成り立っている

不動産の仲介手数料とは?

多くの方が「諸経費は安く済ませたい」と考えるものです。よって、「仲介手数料なんて払いたくない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、不動産を建てること、つまりデベロップメントをしていない不動産仲介会社は、仲介手数料で成り立っています。

物件を探したり、現地まで案内してくれたり、めんどくさい書類手続きを手伝ってくれた手間賃として、気持ちよく支払いましょう。

不動産売却・購入の仲介手数料の相場は?

不動産の仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸で発生する手続きに対する報酬です。では、実際にいくらかかるのでしょうか。

ここでは、「不動産売買」における仲介手数料の相場計算方法を紹介し、5,000万円の物件を例にあげシミュレーションしてみます。

不動産仲介手数料は法定上限が決まっている

不動産売買の仲介手数料の相場は?

200万円以下の金額 5%×消費税
200万円を超え400万円以下の金額 4%×消費税
400万円を超える金額 3%×消費税

参考:国土交通省公式HP-宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額

不動産仲介手数料は、宅地建物取引業法により以下の通り請求できる上限が定められています

上限があることにより、高すぎる仲介手数料を請求されることはありません。

不動産売買の場合の仲介手数料計算方法

不動産売買の仲介手数料の相場は?

上の表で説明したとおりに、仲介手数料は上限が決まっていますので、金額を当てはめれば仲介手数料を算出することができます。

ただ、紹介したとおりに計算しなくとも、もっとわかりやすい簡単な計算方法があるので、ぜひ活用してみてください。

 (物件価格×3%+6万円)×消費税

この簡単な式で、先ほど紹介した仲介手数料の上限を算出することができます。

5000万円の不動産を購入した場合

不動産の仲介手数料とは?

物件の価格 仲介手数料の目安
5,000万円 176万円

5000万円の物件を購入した際の仲介手数料をシュミレーションしてみましょう。

 (5000万円×3%+6万円)×消費税

5000万円の3%=150万円。+6万円=156万円、消費税の10%をかけて出た数字が、176万円です。

5000万円の不動産を購入、売却する際には、176万円の仲介手数料がかかることとなります。

不動産賃貸の仲介手数料相場とは?

次に、「不動産賃貸」の仲介手数料です。また、まれにみられる「仲介手数料0円」について、なぜこれが成立しているのか深堀りして解説します。

借主が賃料1ヶ月分の仲介手数料を支払うのがほとんど

不動産賃貸の仲介手数料相場とは?賃貸を仲介する際の手数料上限は、貸主、借主からもらう分を合わせて賃料の1ヶ月分+消費税と決まっています。

 仲介手数料は“貸主、借主どちらからどんな割合でもらうのか”には決まりがありません。

現状の多くの不動産仲介会社では、借り手から100%取ることが多いです。よって、賃貸物件をの仲介手数料は、借主が家賃1か月分+消費税を支払うことがほとんど

賃貸物件を借りるときには、頭に入れておいてくださいね。

仲介手数料無料のからくりは貸主から出る広告料

不動産賃貸の仲介手数料相場とは?

しかし、まれに「仲介手数料0円」などと謳っている賃貸物件があります。それは、貸主が仲介手数料の上限である賃料の1か月分+消費税を負担しているからです。

その場合、不動産業界では“広告料”という形で手数料を支払います。

「仲介手数料0円」は、借り手が決まりにくい物件によく見られます。

不動産売買の仲介手数料早見表

売買金額 計算式 仲介手数料合計
400万円 (400万×3%)+6万×消費税 19万8000円
500万円 (500万×3%)+6万×消費税 23万1000円
600万円 (600万×3%)+6万×消費税 26万4000円
700万円 (700万×3%)+6万×消費税 29万7000円
800万円 (800万×3%)+6万×消費税 33万円
900万円 (900万×3%)+6万×消費税 36万3000円
1000万円 (1000万×3%)+6万×消費税 39万6000円
2000万円 (2000万×3%)+6万×消費税 72万6000円
3000万円 (3000万×3%)+6万×消費税 105万6000円
5000万円 (5000万×3%)+6万×消費税 171万6000円
1億円 (1億×3%)+6万×消費税 336万6000円

※全て上限で計算しているため、これ以上請求されることはありません。

不動産の仲介手数料は値引きしてもらえる?

不動産自体が高額なものであるため、一見小さいように見える仲介手数料も高額になる場合が多いです。ここで、気になるのは「値引きしてくれるのか」という部分でしょう。

ここでは、値引きを含めた、仲介手数料を減額するコツを解説します。

“セット割り”など条件付きで値引きの可能性アップ

仲介手数料は値引きしてもらえる?

仲介手数料は安く済ませたいものですが、ただ単に「安くして欲しい」と言っても、なかなか安くならないものです。しかし、安くしてもらえる可能性は充分にあります。

何かと“セット”だと値引きしてもらいやすいでしょう。例えば、「提携している引っ越し業者を使う」「購入後の管理を任せる」などが挙げられます。

セット条件付きで割引してもらえることなどが多いので、活用してみましょう。

値引きキャンペーンなどを行っていることも

仲介手数料は値引きしてもらえる?

また、時期によっては「仲介手数料〇〇%引きキャンペーン」「今だけ仲介手数料無料キャンペーン」などを行っていることもあります。

不動産売買や賃貸を考えているのであれば、引っ越し予定の数ヶ月前から不動産仲介会社をチェックしてみるといいでしょう。

引っ越しシーズンである2月〜4月にキャンペーンをやることは少ないです。この時期を外して、ゆとりを持って行動してみてくださいね。

おすすめの不動産売買仲介会社4選

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービスのココがおすすめ
  • オリコン不動産顧客満足度 マンション売却・購入の2部門で堂々の第1位を獲得
  • その他接客や提案力などの多くの部門で1位を独走
  • 昭和39年から続く歴史ある不動産で実績も安心

住友林業ホームサービスは、注文住宅事業や資産環境事業など、“木”を活かした幅広い事業を行う住友林業株式会社のグループ会社です。

2020年に発表された「オリコン顧客満足度ランキング」の不動産仲介 マンション売却・購入の2部門で第1位を獲得しています。マンション売却部門では、4度目の首位となりました。

住友林業ホームサービスを利用した多くの方が、「また利用したい」と大変満足しています。

マンション売買の仲介なら、オリコン顧客満足度ナンバー1の住友林業ホームサービスにお任せしてみてはいかがでしょうか。

全国店舗数 53店舗
※2021年7月時点
営業時間 10:00~18:00(一部店舗では9:30~17:30)
電話番号 03-5381-7921

出典:https://www.sumirin-hs.co.jp/

三井のリハウス

三井のリハウス

三井のリハウスのココがおすすめ

三井のリハウスは、三井不動産リアルティが展開している不動産仲介ブランドです。女優の宮沢りえさんがテレビCMで初代「リハウスガール」を務めたことでも有名ですよね。

三井のリハウス独自のサービス「360°サポート」では、取引後も一定期間設備の不具合や建物補修などを無料で保証してくれます。

三井のリハウスで仲介したお客さま全員が対象なので、取引後も安心して生活できますね。

また、担当者全員が宅地建物取引主任士の資格を保有しているので、専門性があり、困ったときにも頼れる存在になるでしょう。

全国店舗数 287店舗
※2021年4月時点
営業時間 10:00~18:00(一部店舗を除く)
電話番号 売却について:0120-585-331
賃貸について:0120-036-931

出典:https://www.rehouse.co.jp/

センチュリー21

センチュリー21

センチュリー21のココがおすすめ
  • 北海道から沖縄まで、全国に989店舗!圧倒的店舗数で通いやすいお店がきっと見つかる
  • 「住まいるサポート21」で中古物件の売買も安心して行える
  • リースバックや賃貸管理などのサポートも充実

センチュリー21は、全国で不動産フランチャイズを展開する不動産仲介会社です。世界85カ国に13,000もの店舗が存在します。

そんなセンチュリー21の特徴は、なんと言っても圧倒的店舗数。全国に989店舗もあるので、お近くの店舗がきっと見つかるでしょう。

中古物件の売買時には、「住まいるサポート21」で保険や保証に加入することができ、取引後も安心のサポートを受けられます。

フランチャイズだから、店舗によって受けられるサービスが異なるのも魅力です。まずは、お近くのセンチュリー21を探してみてはいかがでしょうか。

全国店舗数 989店舗
※2021年3月末時点
営業時間 店舗により異なる
電話番号 お問い合わせページ

出典:https://www.century21.jp

野村の仲介+

野村の仲介+

野村の仲介+のココがおすすめ
  • 売却、購入、買換、相続、住みかえなど、ライフスタイルに合わせた豊富なサポート
  • 野村不動産グループだから、「プラウド」シリーズなどの仲介に強い
  • 引っ越しから10年間一次対応を無料でしてくれる「10年駆けつけ」サービスが人気

野村の仲介+は、野村不動産ソリューションズが展開する不動産仲介ブランドです。首都圏、関西、名古屋に92店舗あります。

野村不動産が開発、ディベロップしている大人気マンションシリーズ「プラウド」も、グループ会社だからこそ優先的に仲介が可能

狙っていた新築プラウドマンションも、野村の仲介+で希望のお部屋を手に入れることができるかもしれません。

また、さまざまなサポートサービスの中でも人気なのが「10年駆けつけ」。引っ越しからなんと10年間も、設備の不具合やトラブルを一時対応まで無料で保証してくれます。

サポートサービスを行っている会社は多いですが、10年もの長い間サポートしてくれるのは珍しいです。購入者には、嬉しいサービスですね。

全国店舗数 92店舗
※2020年3月時点
営業時間 9:30〜18:10
電話番号 0120-919-396

出典:https://www.nomu.com/plus/

おすすめの不動産一括査定サイト6選

仲介業者を決めるのが大変な場合は、まず一括査定サイトで全体像を捉えることをおすすめします。

下記で紹介する一括査定サイトは、どこも優良な仲介業者を厳選して紹介しています。ぜひ登録してみてくださいね。

すまいValue
イエウール
イエイ
リビンマッチ
提携社数
6
1,900社以上
1,700社以上
1,700社以上
同時依頼可能数
6
6
6
6
対象エリア
全国
全国
全国
全国
特徴
業界トップ企業の大手6社による直営サイト
査定サイトの中で特に地方に強い
他社にない営業電話の断り代行サービス
買取査定、リースバック、土地活用なども可能

すまいValue(バリュー)

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない信頼できる業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績※1
  • 全国各地に900以上の店舗がある※2
  • 顧客満足度96.7%※3
  • 大手ならではの交渉力で売却まで平均2.7ヶ月※4

    ※1 2020年4月〜2021年3月末の実績。公式サイトより
    ※2 2021年4月10日時点。公式サイトより
    ※3 一都三県に住む30歳以上の男女のうち、過去3年に不動産売却経験のある方にアンケートを行った結果。公式サイトより
    ※4 2019年度査定依頼された物件が販売から成約するまでの平均期間。公式サイトより

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録されている不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べるとかなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手。

 知名度も高く、11万件を超える年間の実績があります。安心してお任せでき、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

6社合わせて全国に900店舗あるので、どの地域の土地売却を依頼しても、対応してくれるでしょう。

利用するデメリットとして、査定が全て大手企業であることからも売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方は他の一括査定サイトを確認することをおすすめします。

顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

口コミの評価が高いのは、利用する上でとても参考にしやすいですよね。

信頼できる、業界最大手のトップ企業に絞って査定を依頼したい方は特におすすめです。公式ページから最短60秒で無料一括査定依頼ができますよ。

また、将来を見据えた相談も可能であるため、具体的に売却時期が決まっていなくても相談可能です。

提携不動産会社数 6社
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-087-301

出典:https://sumai-value.jp/

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方に強い※1
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.12
  • 累計利用者数1,000万人以上※3 
  • クレームが多い会社は契約解除。常に安全なサービスを提供※4
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単

    ※1 2021年8月時点。公式サイトより
    ※2 2020年7月時点。東京商工リサーチより

    ※3 2020年7月時点。公式サイトより
    ※4 公式サイトより

イエウールは、全国1,900社以上もの不動産会社が参加し、累計1,000万人以上の人が利用した最大級の不動産一括査定サイト。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、それぞれの地方に強い不動産企業も登録しています。

 むやみやたらと参加企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除。常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

そのため、提携している1,900以上の不動産会社はどれも優良会社。どの会社に売却依頼をしても、トラブルになる可能性は非常に低いでしょう。

他社の査定サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしていることが最大のメリットと言えますね。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録がないこと。「三井のリハウス」や「東急リバブル」などは登録されていないため、前述した「すまいvalue」を利用しましょう。

地方の不動産売却を考えている人は特におすすめしたい不動産一括査定サイトです。入力もチャット方式で簡単に進められますよ。

提携不動産会社数 1900社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-5114-1939(株式会社Speee)

出典:https://ieul.jp/

イエイ

イエイ

イエイのおすすめポイント
  • 大手から地方まで提携1,700社以上
  • 他社にない営業電話の断り代行サービス
  • 悪徳な不動産会社はイエイが登録解除
  • 利用者数は累計400万人以上 
  • スピード診断で最短60秒で査定が完了
    ※2021年8月時点。公式サイトより

イエイは、大手企業から地元密着型まで提携社数1,700社以上を誇る不動産一括査定サイトです。

他社にはないサービスとして、「お断り代行」というものがあります。これは、不動産会社と媒介契約を結ぶ前であれば、自分の代わりに断りの連絡をいれてくれるもの。

 なんと、イエイで掲載していない不動産仲介会社への断りの連絡も対応してくれるそうです。

断りの連絡って、なかなかしづらいものですよね。代わりに連絡を入れてくれるなんて、ありがたいサービスです。

 

不動産一括査定サイトの運営歴は10年と長く、査定実績は豊富。専門知識を持った優秀なスタッフが常駐し、中立的な立場から困ったことの相談に乗ってくれます。

利用者数は400万人を突破。利用者からは、「高い満足度を得た」という感想もいただいています。※公式サイト「お客様の口コミ」より

査定価格は公式ページから最短60秒入力で正確にわかります。ぜひ入力してみてください。

提携不動産会社数 1700社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-3568-1933(セカイエ株式会社)

出典:https://sell.yeay.jp/

HOME4U(ホームフォーユー)

HOME4Uのココがおすすめ
  • 国内初&創業20年の不動産一括査定サイト※公式ページより
  • 大手NTTデータグループ運営の強固なセキュリティ対策
  • 年間1400万人が利用し、査定数は累計45万件
  • 独自の審査基準で優良な不動産会社を選定
  • 土地活用や不動産投資にも強い
    ※2021年8月25日時点。公式サイトより

HOME4Uは、2001年に日本国内で初めてサービスを始めた老舗の不動産一括査定サイトです。

 大手NTTデータグループが培ってきたセキュリティ体制をフルで活用しているので、個人情報の保護も安心。依頼した不動産会社以外から連絡が来ることはありません。

創業20年の間に実績があった不動産会社とだけ提携。その数は1,800社以上なので、大手不動産や地域密着型の不動産まで、あなたの土地売却にぴったりの不動産会社が見つかるはずです。

物件情報の入力もとても簡単で、わずか1分程で完了。時間がない方でも、あっという間に査定依頼ができます。

相場のチェックも簡単に見れます。所有している土地のエリア相場を確認し、査定額と比較してみてはいかがでしょうか。

提携不動産会社数 1800社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-245-171(平日10:00~18:00)

出典:https://www.home4u.jp/sell/land

リビンマッチ

リビンマッチ

リビンマッチのココがおすすめ
  • 入力時間はたった45秒で簡潔※公式ページより
  • 15年の運営実績全国1,700もの不動産会社と提携
  • 年間12万件の査定依頼・資料請求がある
  • 東証マザーズ上場企業が運営
  • 買取査定、リースバック、土地活用なども可能

リビンマッチは、東証マザーズ上場企業のリビン・テクノロジーズ株式会社が運営する不動産一括査定サイトです。年間12万件もの査定依頼、資料請求があり、お客さんからの信用も厚いです。

 実績もさることながら、査定までの入力事項がとても簡単であることが魅力。情報の入力もチャット風で、45秒であっという間に依頼が完了します。

また、買取・リースバックの相談や、土地活用・賃貸査定など売却以外のサービスも充実しているので、売却以外の選択肢も作れます。

売却はもちろん、それ以外でも不動産について迷っていることがあれば頼りにできそうですね。

デメリットとしては、他の不動産一括査定サイトと同じく大手企業は登録していないことがあるため、大手企業の査定を希望するときは手間がかかってしまうことです。

不動産会社のデータベース量も多く簡単に査定価格がわかるので、時間がなくて忙しい方や、売却以外の買取・賃貸査定を考えている方におすすめです。

提携不動産会社数 1700社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-5847-8558

出典:https://www.lvnmatch.jp

REGuide(リガイド)

リガイド

リガイドのココがおすすめ
  • 「SBI不動産一括査定」から名称変更したサイト
  • 独自審査で不動産会社800社以上を厳選
  • 他社より多い最大10社まで同時比較可能
  • 不動産投資、収益物件情報の実績も豊富
  • 査定は最短1分の簡単入力

リガイドは、2006年に「SBI不動産一括査定」として生まれた不動産一括査定サイトです。15年もの運用歴があり、他社と比較すると長いことから利用者からの信頼も厚いと言えます。

 他のサイトと比べても最多の10社同時査定価格比較が、嬉しい特徴でもあります。しかし、それだけ多くの会社に査定を依頼することになるため、各企業とのやりとりが多くなるかもしれません。

独自の厳しい審査を通過した優良の不動産会社800社以上が参加しているので、会社とのやり取りで嫌な思いをすることは少ないでしょう。

不動産売却の他にも、住宅・不動産に関する多数のサービスに対応しており、特に収益物件の査定実績が豊富です。

REGuide(リガイド)が対応している他サービス(一例)
  • 不動産投資
  • 収益物件情報
  • 不動産査定
  • 賃料査定
  • リフォーム
  • 不動産ローン

上記のことからも、売却以外の収益・投資に関心のある方には特におすすめな不動産一括査定サイトです。

最大同時比較社数 10社
参加会社 800社以上
最短査定時間 1分
電話番号 03-5532-2077

出典:https://www.re-guide.jp

よくある質問

おすすめの不動産業者は?
住友林業ホームサービスは、オリコン不動産顧客満足度 マンションの購入、売却部門で2冠を取得しています。

長年の経験で培った豊富な知識と巨大なバックボーンで、満足のいく物件を仲介してくれるはず。

マンションの売買をお考えなら、住友林業ホームサービスがおすすめです。詳しくは記事をご覧ください。

不動産の仲介手数料とは?
不動産を仲介してくれた業者に支払う報酬のこと。不動産仲介手数料は、物件によって支払う金額が変わります。

物件を探してくれたり、内見に案内してくれたり、貸主とやりとりをしてくれた手間賃として支払いましょう。

不動産売買の仲介手数料の相場は?
不動産売買の仲介手数料には、上限があります。

200万円以下の金額分は5%+税、200万円を超え400万円までの金額分は4%+税、それ以上の金額分には3%+税の手数料が上限です。

物件価格に比例するので、一概に「いくらが相場」だというわけではありません。

不動産賃貸の仲介手数料の相場は?
不動産賃貸の仲介手数料の上限は、貸主、借主から合わせて賃料1ヶ月分+税です。

どちらからどんな割合でもらうかは定めがなく、現状ではほとんどが借主負担となっています。

物件によっては、貸主が負担してくれているものもあり、仲介手数料がかからないこともあります。

不動産売買の仲介手数料の計算方法は?
不動産売買時の仲介手数料計算方法は、「(物件価格×3%)+6万円×消費税」です。

毎回「200万円以下は5%+消費税で〜…」と計算せずとも、こちらの方法で簡単に仲介手数料を計算することができます。

不動産売買の仲介手数料の目安は?
物件価格が1000万円なら39万6000円、2000万円なら72万6000円、5000万円なら171万6000円、3億円なら996万6000円、6億円なら1986万6000円です。
不動産仲介手数料は値引きしてもらえる?
「提携している引っ越し業者を利用する」などの条件付きで値引きしてもらえることがあります。

また、いろんな会社で不定期にキャンペーンをやっているので、チェックしてみてください。ただし、過度な値引き交渉は失礼になるのでやめましょう。

まとめ

不動産売却・購入の際には、物件価格に比例して仲介手数料がかかります。計算方法は「(物件価格×3%)+6万円×消費税」と、簡単に仲介手数料を算出することができますよ。

賃貸の仲介手数料は、借主が100%負担する場合は賃料の1ヶ月分となります。無料のからくりは、貸主が負担しているからです。

 不動産を売買、賃貸する際には、ある程度手数料がかかることを頭に入れておきましょう。

不動産のプロに仲介をお任せすれば、困ったときやわからないことがあったときに、助けてくれるはずです。

手伝ってくれたお礼と考えて、仲介手数料を支払いましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事