オープンハウスの評判は?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

不動産投資には興味があるが、相談できる友人がいなかったり、信頼できる不動産会社はどこなのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

また、そもそも日本の不動産に限らず、海外の不動産投資も検討した方がいいのではと感じる方もいるでしょう。

日本の不動産価格は海外と比較しても価値が落ちやすく新築思考が強いです。一方欧米諸国では中古住宅流通市場は新築と比較しても大きく、中古不動産の取引が盛んに行われています。

中古住宅市場

出典:国土交通省 「平成25年6月 古住宅流通促進 中古住宅流通促進・活用に関する研究会」

 オープンハウスが提供する不動産投資は日本に住みながらアメリカの優良物件に不動産投資ができるサービスで、物件選定から売却まで徹底サポートしてくれます。

しかし、本当にオープンハウスを信用して不動産投資を行っていいのか、アメリカで不動産投資するのは危険ではないのかと不安に感じる方も多いでしょう。

今回の記事では、オープンハウスのアメリカ不動産投資についてや、メリット・デメリットについて解説していきます。

オープンハウスとは?

オープンハウスTOP

「オープンハウス」のここがおすすめ!
  • 東証プライム市場に上場している一流不動産事業者!
  • 年間取引件数No.1」「年間取引高No.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1
    ※2020年日本マーケティングリサーチ調査結果
  • アメリカにある不動産をオープンハウスがプロの目線で厳選!
  • 米国不動産取得を目的とした融資商品の案内もサポート
  • 物件選定・賃貸管理・売却まで一括してオープンハウスが徹底サポート!

オープンハウスは誰もが知る「一流不動産メーカー」、東証プライム市場にも上場している信頼と実績ある企業です。

オープンハウスではアメリカでの不動産投資サービスを提供しており、2年連続で「アメリカ不動産年間取引数・取扱高NO.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNO.1」を受賞しています。

オープンハウス 実績

出典:オープンハウス 「アメリカ不動産 実績No.1」

一般の方であれば難しいであろう米国での不動産投資を実現するために、物件選定から売却までのサポートをワンストップで提供、投資家は手間をかけずしてアメリカ不動産投資が可能です。

オープンハウス 管理物件

出典:オープンハウス 「管理物件(2022年1月31日時点」

オープンハウスが管理する物件は3,001件となっており、子会社である現地法人が直接、物件の管理を行っています。

 投資家は実際に現地に行かずとも、現地170名以上のスタッフから日本人目線の細やかな対応により安心して米国不動産投資が可能です

オープンハウスの経験豊富な不動産のプロフェッショナルが米国不動産投資を徹底サポートしてくれるので、経済大国アメリカでの不動産投資を成功に導いてくれます。

運営会社情報

会社名 株式会社オープンハウス Open House Co., Ltd.
所在地 渋谷区渋谷一丁目13番9号
(2022年1月1日以降)
資本金 1億円
設立 2021年4月1日
実績
事業内容
  • 不動産売買の代理・仲介事業
  • 新築戸建分譲事業
  • マンション・ディベロップメント事業
  • 不動産投資事業
  • 不動産金融事業
  • 前各号に付帯関連する事業
無料セミナー
  • アメリカ不動産個別相談セミナー
  • アメリカ不動産・エリア選定セミナー
  • ハワイ不動産 おすすめエリア/物件選定セミナー
セミナー内容
  • 世界的インフレの不動産市況への影響
  • 新型コロナウイルス
  • アメリカ不動産市況
  • 法人税対策

出典:オープンハウス

「オープンハウス」の評判について

review-g498bd61cb_1920

オープンハウスはアメリカ不動産に投資できるサービスで、一般の方では難しいであろう物件選定・賃貸管理・売却戦略まで一貫してサービス提供してもらえるのが魅力です。

米国不動産投資事業としても、2年連続で「アメリカ不動産年間取引数・取扱高NO.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNO.1」を受賞している実績もあります。

オープンハウス サポートNO1

出典:オープンハウス 「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1」

しかし、実際にオープンハウスの不動産投資サービスを利用して投資をした方の評判や口コミも気になるところです。

そこで、当メディアではオープンハウスの口コミについて、WebやSNSを活用して調査しましたので、ぜひ参考にしてください。

良い口コミ
  • アメリカの住宅価格が上がり続ける
  • 金融機関からも融資が受けられる
  • さらに買い増してみたい

悪い口コミ

  • 営業マンが強気の営業してくる
  • 物件価格が高い

良い口コミ・評判

good

オープンハウスの不動産投資サービスに寄せられた良い口コミでは、「アメリカの住宅価格が上がり続ける」「金融機関からも融資が受けられる」「さらに買い増してみたい」などの声がありました。

アメリカ不動産は日本不動産とは異なり、築年数が重なっても価格が下がりにくく、資産価値を保ちやすいところが魅力のようです。

ファイナンシャルプランナー の口コミ
番驚いたのは、アメリカでは住宅の価値が上がり続けるという点でした。日本では老朽化に伴って価値が下がっていくのが当たり前です。しかしアメリカでは古い住宅を大切に住み継いでいく文化のせいか、築年数が重なっても価格が下がるどころか上がっていく。日本の常識とはまったく違う事実は、私にとって衝撃的なことでした。
それで一気に関心が高まり、妻と一緒にこちらのロビーへ足を運んで、改めて詳しくお話を伺いました。妻も「面白そう」と前のめりでした。
外資系コンサルティング会社執行役員 の口コミ
シミュレーションに十分な時間をかけたためです。もともと私自身が何事に対してもシミュレーションを重ねて検討していくことが大好きで、今回もさまざまな条件でのシミュレーションを作成していただき、時にはその作成方法まで教えてもらうなど、楽しみながら検討を進めたんです。いくつもの物件で同じようなシミュレーションを繰り返しましたが、嫌な顔一つせずに教えていただき、さすがプロだと感心しました。非常に丁寧で親切に対応していただいたと思います。
個人投資家の口コミ
確かに想定外だったことはあります。それは思っていた以上に値上がりしたことです。コロナ禍のまっただ中という、社会全体が投資を控えるタイミングでの購入だったこともあるのでしょうが、想像した以上の値上がりとなりました。購入1年半後の現在で、5年後にこれぐらいの価格になっていればいいと期待していた額に到達しているほどです。まさに嬉しい誤算でした。

出典:オープンハウス「お客様の声」

悪い口コミ・評判

落書き卵

一方でオープンハウスの不動産投資サービスの悪い口コミには、「営業マンが強気の営業してくる」「物件価格が高い」などがありました。

 オープンハウスは不動産営業活動として熱心な電話営業対応があるようです。気軽に相談してみたい方にとってはデメリットに感じるでしょう。

日本財託」では、不動産会社特有の営業電話を一切しないということを発表しているため、気軽に不動産投資の相談してみたい方にもおすすめの会社です。

日本財託

日本在宅の「お客様との5つの約束」
  • 強引な営業、しつこい電話セールスは一切いたしません。
  • まずはお客様のご要望をご納得いくまでお聞きします。
  • コンプライアンスを遵守し、説明責任を果たします。」安定収益につながらなければ物件は紹介しません。
  • ご家族の方に反対されている場合は購入をおすすめしません。

出典:日本財託 「お客様との5つの約束」

不動産投資してみたいが、強引な営業が怖いという方であっても、日本財託であれば安心して相談できるのでおすすめです。

安定した収益が見込めるようなプランが提案できないのであれが、日本財託は不動産投資を逆に断ることもあり、プロフェッショナルとして、ユーザーの投資を全力でサポートしてくれます。

不動産投資による「オープンハウス」のメリット

白いマンション

オープンハウスの不動産投資サービスでは、米国不動産に手軽に投資ができ、管理・運用・売却までプロに任せられるのが魅力のサービスです。

オープンハウスを利用して不動産投資をしたい方であれば、メリットについて理解しておくことで、他者と比較できるでしょう。

そこで、オープンハウスの米国不動産投資のメリットについて解説していきます。

「オープンハウス」のメリットについて
  • 経済成長が期待できるアメリカ不動産に投資可能
  • オープンハウスによる厳選された物件へ投資可能
  • オープンハウスが物件選定・管理・売却をサポート
  • アメリカ不動産市場のセミナーを多数実施

経済成長が期待できるアメリカ不動産に投資可能

東洋経済 GDP

出典:東洋経済 「アメリカより日本の経済は低迷?」

米国不動産へ投資ができることで、成長が加速していく米国に投資が可能となります。上記のグラフのように日本と米国のGDPの差は大きくなっていることがわかるでしょう。

 GDPは国内で生産された物やサービスの価値を示す指標、それに物価の変動による影響を取り除き、その年に生産されたものの価値を算出したものを実質GDPといいます。

また、上記の要因だけでなく、米国を対象として投資する理由として、アメリカの人口増加が期待できたり、中古物件市場の大きさが日本と比べ米国の方が有利に働きます。

「米国不動産投資」がおすすめな理由
  • アメリカの人口増加による需要増加
  • アメリカの住宅流通市場は、中古物件が約80%を占めており、市場が活発
  • 過去35年の米国の不動産価格の上昇率は約3.1倍
  • 全米での空室率が6%程度であるのに対して、東京都全域の空室率は11%前後
  • 基軸通貨であるドルの市場取引高は4割超であり、アメリカは年2%を超える成長

出典:オープンハウス 「なぜアメリカ不動産か」

オープンハウスによる厳選された物件へ投資可能

売れない物件の特徴5つ

「オープンハウス」の厳選されたエリア選び
  1. 人口増が続いている
  2. 優れた教育機関がある
  3. 交通利便性が高い
  4. 居住者の世帯年収が高い
  5. 不動産価格と世帯収入との乖離が大きすぎない

出典:オープンハウス 「エリア選びの基準」

オープンハウスでは物件の選定を不動産のプロフェッショナルに任せて投資が可能、現地を熟知した日本人スタッフが厳しく物件を確認し、資産価値が高い物件のみに不動産投資可能です。

オープンハウス 物件

出典:オープンハウス 「新着の物件情報」

米国不動産投資は、一般の方であれば土地勘や人気物件の特徴など、現地に行かなければわからないようなポイントをオープンハウスのプロに任せて選定できるのが魅力です。

上記の5つの条件を突破した物件のため、売却戦略も見越して不動産投資が可能、資産価値が高い不動産に投資可能です。

オープンハウスが物件選定・管理・売却をサポート

オープンハウス 一括サービス

出典:オープンハウス 「オープンハウスの強み」

米国不動産取引するには一般的に英語スキルは必要不可欠。しかし、オープンハウスの不動産投資サービスを利用すれば、日本にいながら日本語で米国不動産投資が可能です。

また、オープンハウスのプロが物件の選定から融資・契約・管理・売却までをワンストップサービスで提供。

 米国不動産を日本にいながらも、米国の住宅融資を受けつつ不動産投資ができるのはオープンハウスの強みです。

投資家は米国不動産に投資しながら、手間をかけずに資産形成できるので、仕事や家事・育児で時間がない方にもおすすめの不動産投資サービスです。

アメリカ不動産市場のセミナーを多数実施

オープンハウス セミナー

出典:オープンセミナー「セミナー紹介」

米国不動産投資と聞くと、どんなリスクがありリターンがどれくらい期待できるのか、わからないことが多いでしょう。

オープンハウスではアメリカ不動産の基本から、利点・リスク、専門家による税制度解説などさまざまな情報を無料で公開。

セミナー 内容

【オンライン】
アメリカ不動産・エリア選定セミナー

会場:オンライン
参加費:無料

【内容】
不動産投資において重要視される要素の1つである、投資エリアの選定方法について

【日本全国オンライン対応可能】
アメリカ不動産個別相談セミナー

会場:東京・大阪の各拠点又はオンライン
参加費:無料

【内容】
オンラインでの個別相談
年収や資産背景を踏まえたシミュレーションを作成し最適な物件の選定が可能

オンライン開催・アメリカ不動産投資セミナー

会場:オンライン開催
参加費:無料

【内容】
アメリカ不動産市況について、アメリカ不動産の魅力について

出典:オープンハウス 

不動産投資の基礎からアメリカの不動産市場についてまで初心者の方でもアメリカ不動産投資の魅力やリスクを含めて詳しく理解して不動産投資が可能です。

不動産投資における「オープンハウス」のデメリット

溢れるお金

米国不動産投資が可能なオープンハウスでは、不動産のプロが厳選したエリアにある不動産へ投資可能で、運用・管理・売却までのサービスを一貫して享受することが可能です。

しかし、オープンハウスを利用することのデメリットについても気になる方は多いはずです。

そこで、「オープンハウス」の米国不動産投資のデメリットについて解説していきます。

「オープンハウス」のデメリットについて
  • 為替変動リスクがある
  • 資金が必要が必要|自己負担30%以上

為替変動リスクがある

お金 アメリカドル

米国不動産投資する以上、米ドルで不動産の購入・家賃収入も米ドルで得ることになるため、為替変動リスク伴います。

 為替変動リスクとは、外国の不動産や株式などの取引の際に発生する換金時の為替レートの変動による為替差損益のことです。

例えば、家賃収入(米ドル)を円へ換金する際に、円高が生じていると収益が縮小してしまう可能性があったり、逆に円安となっていれば収益が増えることがあります。

そのため、為替変動リスクは収益に幅が生じることを示しているため、増える可能性もあれば減ってしまう可能性もあるということは意識しておきましょう。

オープンハウス 為替差損益

出典:オープンハウス 「アメリカ不動産投資のポイント」

しかし、多くの日本人にとって資産のほとんどを円で保有しているケースは多いです。そのため、資産分散の観点からも米ドルの保有・米国不動産の保有は資産形成にとってはプラスに働くでしょう。

 資産の分散先として、世界の基軸通貨である「ドル」を持っておくことは、先進国であるアメリカへ分散投資するということでも意味があります。

自己資金が必要|自己負担30%以上

少額 お金

オープンハウスが提供する米国不動産投資には投資資金が必要となります。もちろんオープンハウスでは米国投資専用の投資ローン融資のサービスも提供していますが、自己資金は必要となります。

オープンハウス iBnet

出典:オープンハウス 「オープンハウスグループによる国内業界唯一”米国不動産投資サービス”」

しかし、オープンハウスグループのアイビーネットは「国内業界唯一の米国不動産投資サービス」を提供しており、「アメリカ不動産」を担保に融資を提供することを可能としています。

融資金額は物件の70%程度を限度に、投資家の属性・年収に合わせて融資が可能となっています。

金融商品名 対象の州 融資割合

コバルト70

  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
70N
  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
2054
(70Nと同時申込が必要)
  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
マルチ50 カリフォルニア州 ~50%

出典:オープンハウスグループ(iBNet) 「金融商品ラインナップ(個人)」

iBNetの融資サービスを利用することで、限られた投資家だけが利用できるアメリカ不動産投資も、幅広い属性の方々に提供してきたオープンハウスのサービス。

平均購入棟数 2.21棟と、リピーターの方も多いのも特徴、そのため多くの方々におすすめできる不動産投資となっています。

オープンハウス お客様属性

出典:オープンハウス「お客様属性」

オープンハウスと他の不動産投資会社との違いは?

違い change 差 difference

オープンハウスは米国不動産投資を日本に住みながら手間をかけずにできるのが魅力ですが、他の不動産投資会社との違いについても気になる方は多いでしょう。

そこで、オープンハウスと他の不動産投資会社との違いについても解説していきます。

「オープンハウス」と他の不動産投資会社との違いについて
  • 現地に行かず全て日本から日本語で投資が可能
  • オープンハウスならアメリカのローンも組める|最大70%の融資
  • 確定申告・売却戦略にも対応

現地に行かず全て日本から日本語で投資が可能

話し合う人

実物の米国不動産投資する際には、現地の土地勘や情報収集のために実際に現地に行っての調査や英会話スキルが必要になります。

しかし、オープンハウスの米国不動産投資であれば、「日本と現地法人とのネットワーク」があるため、投資家は現地に行ったり、言語や時差を気にせず不動産投資が可能です。

オープンハウス 現地

出典:オープンハウス 「オープンハウスの強み」

現地にいるオープンハウススタッフによる厳選な審査で不動産を選定、人口増加率や住宅価格の上昇、住民の世帯年収などを調査し、価値ある不動産に投資できます。

「オープンハウス」の米国不動産投資のエリア
  • テキサス州ダラス
  • ジョージア州アトランタ
  • カリフォルニア州ロサンゼルス
  • ハワイ州

出典:オープンハウス「注目エリア」

オープンハウスならアメリカのローンも組める|最大70%の融資

オープンハウス 融資

一般的に米国不動産を購入する際に融資を組む場合には、国内不動産や株式・債権などを担保にしなければ融資を組めません。

しかし、オープンハウスグループのiBNetの金融商品を利用することで、米国不動産を担保に融資を組むこことが可能に、購入後のサポートもオープンハウスグループに任せられます。

オープンハウス 融資メリット

出典:オープンハウスグループ(iBNet)「プラチナモーゲージ」

また、先ほども解説したとおり、融資は物件価格の最大70%を組むことが可能です。そのため、現金・資産を手元に残したまま米国不動産投資が可能になります。

個人・法人含めて1000件以上の融資実績を持っているため、安心して利用可能です。

【オープンハウス】金融商品の一覧
金融商品名 対象の州 融資割合

コバルト70

  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
70N
  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
2054
(70Nと同時申込が必要)
  • テキサス州
  • ジョージア州
  • オハイオ州
  • ハワイ州
~70%
マルチ50 カリフォルニア州 ~50%

出典:オープンハウスグループ(iBNet) 「金融商品ラインナップ(個人)」

確定申告・売却戦略にも対応

図面と電卓

オープンハウスも米国不動産投資では物件選定・不動産管理・運用・売却までトータルサポートを提供しています。

また、住宅ローンの返済を経費計上させるための確定申告についての相談も対応、投資家は設定方法の面もオープンハウスのプロに任せられます。

 売却時にもアメリカ現地の不動産市況や日米の税制などを多角的に分析し、適切な売却タイミングや販売戦略の参考となる情報を提供してくれます。

【オープンハウスと比較】不動産投資会社の選び方

虫眼鏡とパソコン

不動産投資において最も大切なことは、資産運用をサポートしてくれるパートナーである「不動産投資会社」選びです。

 不動産投資の資産運用で最も大切なことは、安心できる不動産投資会社を選ぶことです。

不動産オーナーが信頼できるパートナーを選ぶことで、物件を購入からの管理やアフターフォローを安心して任せられます。

まずは、信頼できる不動産投資会社を選ぶための基本的な情報を収集しましょう。

ここでは、信頼できる不動産投資会社選びのポイントを4つ紹介します。

不動産投資会社選びのポイント
  • 資本金の額
  • 従業員の数
  • 取引実績
  • 口コミや評判

資本金の額

サービス名

資本金

オープンハウス 1億円
トーシンパートナーズ 10億円
日本財託 8000万円
FJネクスト 1億円
RENOSY 72億2057万4649円(2022年1月末時点)
グローバル・リンク・マネジメント 5億39百万円 (2021年12月末現在
利回り不動産 1億円
TOUCIER(トウシェル) 1,000万円

資本金の額は事業の継続性・倒産リスクに直結します。資本金が多ければ倒産リスクが小さく、事業の継続性も高いです。

 不動産投資の運営を委託している事業者が倒産した場合には、その後の不動産投資の運用が予定通りにできなくなってしまう可能性もあります。

そのため、10年〜30年と長期的にみて不動産投資を任せられる会社を選択する必要があります。

従業員数

信頼できる不動産投資会社の選び方

従業員数も資本金と同じように事業の継続性・安定性を表す指標となります。

それに加えて従業員数の多さは、サービスの品質を表す指標にもなるでしょう。多ければ多いほど人員を割いて品質の高いサービスを提供します。

オープンハウス コンサルタント

出典:オープンハウス 「コンサルタント紹介」

また、オープンハウスの米国不動産投資サービスではコンサルタントの紹介を公表しています。

会社内部の方のインタビューでは、営業方針ややりがいなどが語られているため、より会社内部の情報を参考にできるでしょう。

取引実績

不動産投資会社の選び方

不動産投資会社で注視すべきポイントには、取引実績も欠かせません。取引実績が高いところは安心して不動産投資を任せることが可能です。

米国不動産投資事業としても、2年連続で「アメリカ不動産年間取引数・取扱高NO.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNO.1」を受賞している実績もあります。

【オープンハウスの実績】

オープンハウス 管理物件

出典:オープンハウス 「管理物件(2022年1月31日時点」

オープンハウスが管理する物件は3,001件となっており、子会社である現地法人が直接、物件の管理を行っています。

 投資家は実際に現地に行かずとも、現地170名以上のスタッフから日本人目線の細やかな対応により安心して米国不動産投資が可能です

口コミや評判

インターネットでの情報が発達してきたおかげで、実際にサービスを体験した方の口コミ・評判を調べられます。

不動産投資では大きなお金が動く取引のため、実際に利用した方の口コミは、サービスの比較には有力な情報となります。

【オープンハウス】の口コミまとめ
良い口コミ
  • アメリカの住宅価格が上がり続ける
  • 金融機関からも融資が受けられる
  • さらに買い増してみたい

悪い口コミ

  • 営業マンが強気の営業してくる
  • 物件価格が高い

当サイトでまとめた口コミだけでなく、自分でもSNSやWebで口コミや評判を調べることで、自信を持って不動産投資会社を選択できます。

よくある質問

オープンハウスとは?
オープンハウスは誰もが知る「一流不動産メーカー」、東証プライム市場にも上場している信頼と実績ある企業です。

一般の方であれば難しいであろう米国不動産投資を実現するために、物件選定から売却までのサポートをワンストップで提供しています。


オープンハウスの評判は?

オープンハウスのメリットは?
「経済成長が期待できるアメリカ不動産に投資可能」「オープンハウスによる厳選された物件へ投資可能」「オープンハウスが物件選定・管理・売却をサポート」などがあげられます。

オープンハウスが管理する物件は3,001件となっており、子会社である現地法人が直接、物件の管理を実施、安心して不動産投資できます。


オープンハウスのデメリットは?
「為替変動リスクがある」「資金が必要」などがあげられます。

為替変動リスクは収益に幅が生じることを示しているため、増える可能性もあれば減ってしまう可能性もあるということは意識しておきましょう。


オープンハウスと不動産投資会社の違いとは?
「現地に行かず全て日本から日本語で投資が可能」「オープンハウスならアメリカのローンも組める」「確定申告・売却戦略にも対応」などがあります、

オープンハウスも米国不動産投資では物件選定・不動産管理・運用・売却までトータルサポートを提供しています。


オープンハウスの使い方は?
Webにてセミナー参加・個別相談・資料請求。

その後、実際に担当コンサルタントによって手続き・相談を実施していきます。


オープンハウスを使用する上での注意点は?
為替リスクだけでなく、災害リスク・空室リスク・家賃下落リスクが不動産投資には伴います。

目先のインカムゲイン(家賃収入)だけに集中するのではなく、さまざまな角度からリスク・メリットを考えて行動しましょう。

まとめ|米国ドル・米国不動産投資を検討するにはおすすめ

アメリカ 不動産 マンション

オープンハウスが提供する不動産投資サービスは米国不動産に投資できるサービスで、物件選定・管理・運用・売却までトータルサポートがあります。

米国不動産は日本不動産とは異なり、経済大国アメリカの中古不動産価格の上昇が期待できたり、人口増加の影響により空室リスクを抑えた投資が可能です。

 米国は先進国の中でも経済成長力が高く、人口増加率も高いです。不動産価格も統計上上昇傾向にあり、中古不動産を大切にする文化も根強いのがメリット。

以上の背景があるなか、オープンハウスでは米国不動産投資用の融資サービスを展開したり、賃貸管理・運用・売却サポートをワンストップサービスで提供しています。

経済成長が見込める米国での不動産投資や、円建てだけでなく、米ドルでの資産形成を検討している方はぜひ、無料セミナー・資料請求してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事