マンションの売却にリフォームは必要ない!?その理由を詳しく解説

マンションを売却する際に、経年劣化によって傷んだ個所をリフォームするかどうかで迷っている方も多いでしょう。

しかしマンションの売却では、基本的にリフォームは不要です。なぜなら、せっかくお金を掛けてリフォームしても無駄になる可能性があるからです。

今回は、マンションを売却時のリフォームについて解説します。

マンション売却を考えている方は、参考にしてみてくださいね。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

マンション売却にリフォームは不要?

キッチン

マンションを売却する際には、原則としてリフォームは不要です。またリフォームを行う際にはメリット・デメリットがあります。それではまずォームが不要な理由について解説していきましょう。

リフォーム済みの物件は需要が少ない

マンションを売却する際にフォームの必要がないのは、中古の物件を購入する買主が望んでいないからです。

マンションの1室全体をリフォームすると数百万円かかり、その分買主の購入額も高くなってしまいます。

 中古マンションの魅力は安いことなので、原則リフォームは不要です。

汚れが酷い箇所や壊れたところを直す場合も、どこまで必要かを不動産会社に相談して決めて下さい。余計なお金を掛けても、その費用を売却価格に上乗せできなければ意味がありません。

家に住めないほどの欠陥(瑕疵)がない限り、原則リフォームは不要です。

売主と買主と好みが違う可能性がある

リフォームが不要な理由は、費用以外にもあります。それは、買主と趣味や好みが違う可能性があることです。

売主が自分の好みで壁紙などを選んでリフォームしても、買主の好みと一致する確率は低いでしょう。

 あなたの好みでリフォームするのは、お金の無駄になる可能性があります。

リフォームは、買主が自分の好みで施すのが一番良い方法で、実際にそれが一般的となっています。

生活による経年劣化や汚れなどは、中古マンションを購入する方は理解しているので、気にすることはありません。

マンションの売却では「そのまま売る」のが普通です。不安があれば不動産会社に相談してください。

リフォーム費用が回収できない

電卓 家

もしもあなたがリフォーム工事を施しても、その金額を売却価格に反映できるとは限りません。

実際に、ほとんどの場合はリフォーム代を回収できないのが現実です。

 リフォーム代は、売却価格に反映できない可能性があります。

マンションの売却価格にリフォーム代を反映できない場合は、売主側が損をすることになります。そのリスクを無くすためにも、必要のないリフォームは止めておきましょう。

マンションの売却時にリフォームしても、その費用を回収できるとは限りません。

マンション売却でリフォームをした方が良い部屋の特徴3選

家 木造

マンションの売却では、原則リフォームは不要です。しかし、リフォームを施すことで売却価格が上がるケースもあります。

ここでは、リフォームをすることで効果が期待できる物件やケースについて紹介します。それは、以下のようなケースがす。

立地が良くて古いマンションの場合

立地が良くて古い部屋の場合は、リフォームすることで売却価格が大きく上がる可能性があります。具体的には駅近くでも1,000万円以下で売却されるような古い物件です。

 便利場所にある古くて安い物件は、リフォームで価値が上がる可能性があります。

便利な場所にありながらも古くて安い物件は、リフォームする価値があるかもしれません。リフォームしても1,500万円以下で売却できる相場であれば、一度不動産会社に相談しましょう。

リフォームをする場合は、まず不動産会社などの専門家に相談することをおすすめします。

汚れが酷い部屋の場合

汚れがあまりにも酷い部屋場合には、リフォームをしないと売れない可能性があります。例えば、ヘビースモーカーやペットを飼っていた方の部屋で、壁や床の汚れや臭いが取れないケースです。

 掃除では取れない汚れや臭いは、リフォームで解決できる可能性もあります。

ただし、この場合はリフォーム工事をしても相場に戻る程度の可能性もあります。必ずしもリフォーム代を回収できるとは限りません

リフォームしないと売れない部屋の場合は、買取で安く売却することも考えて下さい。

3.部分的な傷みがひどい場合

マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

古い物件では、水回りの壁や床がカビたり、変形することがあります。

このような場合には、部分的なリフォームをすることで、部屋全体の価値が向上するケースがあります。

 部分的な不具合を解消するためのリフォームでは、価格に反映できる可能性があります。

具体的な場所は、キッチン・お風呂・洗面所・トイレなどの水回り箇所です。このようなエリアで、もしも汚れやカビが酷い場合は、プチリフォームを検討しても良いでしょう。

リフォーム工事をする場合としない場合では、売却額にどのくらいの差が出るかを確認してから行いましょう。

マンション売却でリフォームをするメリット・デメリット

リビング

ではここで、実際にマンションを売却する際に、リフォームをするメリットとデメリットを解説します。

まずは、下記の表でメリットとデメリットを比較してみましょう。

メリット デメリット
  1. 早く部屋を売却できる可能性がある
  2. 値引きの交渉をされにくくなる
  3. 瑕疵担保責任のリスクが減る
  1. リフォーム費用を価格に反映しにくい
  2. 売却の開始時期が遅くなる
  3. 買主の好みと合わない

マンションを売却する前のリフォームには、上記のようなメリット・デメリットがあります。以下では、メリット・デメリットのそれぞれを解説していきます。

メリット①早く部屋を売却できる可能性がある

部屋をリフォームしてから売却に出すことで、普通よりも早く売れる可能性があります。それは、他のリフォームなしの物件に比べて、そのまま入居できることがメリットになるからです。

 リフォーム済みのマンションは、早く売れる可能性が高くなります。

特に春先の転勤シーズンなどでは急いで物件を探される方もいます。そんなときは、リフォームなしの物件よりも、リフォームを施してあるマンションが有利です。

リフォームをした物件は早く売れやすい反面、リフォームする分販売が遅れます。

メリット②値引きの交渉をされにくくなる

リフォーム工事を施したマンションでは、買主が値引き交渉をしにくくなる効果があります。マンションを売却する際は、値引きが行われることが多いので、これもメリットです。

 リフォームをした物件では、値引きをするリスクが軽減されます。

特に、部屋の施設や備品に故障や不具合がある場合には、それを理由に値引き交渉をされやすくなります。

リフォームによりあらかじめ不具合を無くすか減らすことで、売却価格を少しでも高く保つことができるでしょう。

部屋の設備の不具合は売却価格に影響します。このような修理などは修繕しておくと安心です。

メリット③瑕疵担保責任のリスクが減る

瓦礫

瑕疵担保(かしたんぽ)責任とは、家を購入してから不具合が見つかった際に、買主が売主に対して損害賠償の請求や契約解除できる権利です。

あらかじめマンションをリフォームすることで、このようなリスクを回避できます。

 マンションをリフォームすることで、瑕疵担保責任のリスクが減ります。

古いマンションのリフォーム際には、工事をする業者に瑕疵がないかをチェックしてもらいましょう。もしも問題があった場合には、その箇所も修繕しておけば、売却後も安心できます。

古いマンションを売却する際には、瑕疵がないかを不動産会社に相談しておくと安心です。

デメリット①リフォーム費用を価格に反映しにくい

マンションを売り出す前にリフォームすることは、値引き交渉をされにくいメリットがあります。しかし、リフォーム代を売却する価格に反映できるかと言えば、難しいのが現実です。

 リフォーム代をマンションの売却価格に反映するのは難しいでしょう。

リフォームが必要な物件でも、できるだけ最小限に留めましょう。大規模なリフォームをしないと売却できない場合は、買取をおすすめします。

買取では売却価格が下がりますが、リフォームするよりもお金も時間もかかりません。

デメリット②売却の開始時期が遅くなる

カレンダー 人

マンションをリフォームすることで、売却の開始時期が遅れる可能性があります。注意したいのは、マンションが売れやすい時期を超える場合です。

 リフォームをする場合は、マンションが売れやすい時期(春先)より前にリフォームを終えることが鉄則です。

マンションが売れやすいのは1~3月頃の新年度の前。その時期までに販売を開始するには、冬前にリフォームを完了しなければなりません。

マンションの売れやすい時期を逃すと、売れにくくなり、結果的に値引きにも繋がります。

マンションの修繕やリフォームは、12月までには完了しておくのが理想です。

デメリット③買主の好みと合わない

マンションをせっかくリフォームしても、買主の好みに合わなければ無駄になる可能性があります。買主には、できるだけ部屋を安く買って、自分好みにリフォームすることを望む方が多いからです。

 売主は、買主が住みやすいように不具合を修繕するだけで十分です。

実際にリフォームをして綺麗な部屋を内覧見学してもらっても、良い反応がないこともあります。人の好みはそれぞれ違うので、要な修繕だけを行えば大丈夫です。

売主が売却前に自分の好みでリフォームすることは控えましょう。

マンションをリフォームしてから売却する際の注意点

家 損壊

マンションの売却に際してリフォームを実施すべきかどうかは、自分で決める前に、まず不動産会社に相談しましょう。

リフォームが必要なレベルは、素人では判断できません。そこで、信頼できる不動産会社に相談するのが無難です。

 不動産会社に相談する際には、必ず複数の会社に意見を求めましょう。

稀にではありますが、不動産会社が不要なリフォームをすすめて、工務店を紹介することがあります。ですから、複数の不動産会社の意見を聞いてみるのが安全安心です。

不動産会社と媒介契約をする前に、まずは信頼できる不動産会社かを見極めることが大切です。

マンション売却のリフォームにはいくらかけるべき?

マンションを売却する際のリフォームについては、原則必要ではないことを説明してきました。ただし、マンションが売れない原因になるほどの汚れや臭いがある場合や、瑕疵については修繕が必要です。

 マンションの売却では、必要なリフォームでも200万円までに抑えましょう。

マンションのリフォームでは、直す場所や内容によって、その費用が大きく変わります。ただし、200万円を超えるようなリフォームは、リスクが高いので控えましょう。

マンションを売却する前のリフォームや修繕は、限度額を決めて行いましょう。

リフォームには200万円以上かけない

どうしてもリフォームしないと売却ができない場合でも、その費用が200万円を超えるケースでは実施を見合わせましょう。

実際の売却する部屋の相場にもよりますが、200万円を超える費用を売却額で回収するのは現実的ではありません

 リフォームや修繕費用が高い場合は「不動産会社の買取」をおすすめします。

リフォームに費用がかかりすぎる時は、売却価格は下がりますが買取が安心です。マンションの売却では、売れる確証がない状態でリフォーム代を投資するのは危険と言えます。

不動産会社の買取りであれば、出費がなく売却することが可能です。

マンション売却時のリフォーム代は30万円~50万円が妥当

小銭 瓶

マンションの売却では、基本的にリフォームは不要です。しかし、住んでいた家を汚れたまま売るのが恥ずかしいという方も居られるでしょう。

 部屋を綺麗にするリフォーム価格は30万円~50万円が目安です。

一般的な広さのマンションでああれば、1室30万円~50万円の費用でかなり印象が変わります。また、それ以上の費用を掛けても回収することは難しいため、限度を決めてリフォームしましょう。

50万円を超えるリフォームはせずに、ご自分でお掃除することをおすすめします。

小さなリフォームは自分でする

経年劣化や子どものいたずらなどの小さな傷や汚れがある場合には、自分でリフォームも可能です。壁紙の破れや汚れ、畳の傷みやふすまの落書きなどはDIYで修理しましょう。

 簡単な修繕は、ご自分で出来る「DIY」でも十分に対応できます。

ご自分で出来るDIYの道具は、ホームセンターや雑貨店、インターネットでも簡単に入手可能です。また、業者に頼むと数万円かかる修繕も、ご自分でやれば数千円で出来ることも少なくありません。

ちょっとしたリフォームは自分でもできます!ぜひチャレンジしてください。

マンションを売りたい方におすすめの不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.1%!
  • 年間購入相談件数18万件以上
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

マンション売却におすすめのサービス2選

不動産売却の中でも、マンションを売りたい方におすすめのサービスを2つ紹介します。

マンションナビ

マンションなびの紹介

マンションナビのココがおすすめ
  • マンション専門の一括無料査定サイト
  • 地図をクリックすれば、その地域の相場がすぐにわかる(公式サイトのみ)
  • マンション名で査定額を検索できる(公式サイトのみ)
  • エリアごとに情報を公開していて、売り時がわかりやすい(公式サイトのみ)

マンションナビは、マンション売却専門の不動産一括無料査定サイトです。そのため、マンションを売る人に特化した便利な機能が揃っています。

例えば、トップページの検索窓からマンション名を入れるだけで、すぐにマンションの価格を見ることができ、地図の地名をクリックすれば、その地域のマンション名がずらっと表示され、相場を簡単に見ることもできます。

マンションに特化していながらも、登録社数は2500社と多く、最大で9社から査定結果も届きますので安心して利用することができます。

売りたい物件がマンションなら、便利なマンションナビの利用がおすすめです。

出典:マンションナビ公式サイト

【一都三県限定】イエシルなら中立的な相場価格を提示してくれる

IESHILの紹介

IESHILのココがおすすめ
  • 徹底して中立的な相場価格を提示
  • 約9000万件の賃貸情報や売却履歴のデータをもとに、適正価格を算出
  • 不動産仲介経験10年以上・有資格者の専任アドバイザーが無料でサポート
  • 首都圏の人気マンション価格はトップページからすぐにわかる

IESHILは、上場企業の株式会社リブセンスが運営するマンションの価格査定サイトです。上記で紹介した一般的な価格査定サイトよりも、徹底して中立的な相場価格の提示にこだわりを持っています。

実際には売れないような高い査定価格ではなく、約9000万件もの莫大な不動産賃貸、売却データをもとに、適正な売却価格を公開してくれます。

政府が提供するデータをもとに、特許を取得した算出方法から、客観的な評価額を出しているので、中立的な査定が可能になっています。

さらに中立的な価格を知った後は、元不動産営業のプロの専任アドバイザーが、売却の不安を無料でサポートしてくれます。

マンションナビとあわせての利用もおすすめです。

出典:イエシル公式サイト

よくある質問

マンションをリフォームせずに売却できますか?
マンションを売却する際には、原則としてリフォームは不要です。もしも瑕疵や不具合があっても、まずは不動産会社にご相談ください。
早く売却したい場合はリフォームした方が良いですか?
リフォーム物件は早く売れる可能性が高い反面、売り出すのが工事の期間分だけ遅れます。売却のタイミングを含め不動産会社に相談してみると良いでしょう。
買主の値引き交渉には応じないと、マンションは売れませんか?
あらかじめ値引きを想定して価格を設定しておけば良いでしょう。ただし、値引きで売主様が損をしては意味がありません。納得のいかない交渉は断りましょう。
リフォームする際はどこに頼めば良いですか?
お住いの近所にある施行業者や工務店に依頼すると良いでしょう。心当たりがない場合は、不動産会社が提携する業者を紹介してくれる可能性があるので相談してみましょう。
マンションを売却しやすい時期はありますか?
一般的に不動産が動く時期は1月~3月の新年度前です。それ以降から夏場にかけては売れにくい傾向があります。ただ突発的な需要もあるので、不動産会社に問い合わせてみて下さい。
不動産会社を選ぶときのポイントはありますか?
不動産会社には、それぞれに得意分野の違いがあります。マンションの売却では、マンションの販売実績の高い不動産会社を選ぶようにすると良いでしょう。
リフォームしてもマンションが売れない時はどうすれば良いですか?
リフォームしてもマンションが売れないことはあり得ることです。そこでリスクを避けるために、不動産会社の「買取」をおすすめします。

まとめ

今回は、マンションを売却する際のリフォームについて解説しました。本文で紹介したように、マンションを売却する時は、原則としてリフォームの必要はありません

ただし、リフォームをすることで売却価格が向上したり、そのままでは売れない物件ではリフォームをするケースもあります。

どのようにすべきか迷った時は、いろいろな不動産会社を比較して信頼のできる会社に相談して、ベストな方法を選択してくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事