【マンション売却】購入希望者が内覧に来るときのポイントは?

マンションを売却する際は、購入希望者が物件を実際に見学する内覧が購入の決め手になることも多く、重要なものです。

ですから、売主は少しでも内覧時に良い印象を与えられるようする、工夫する必要があります。

そこで今回は、購入希望者に「買いたい」と思わせるような内覧のポイントを紹介します。

マンション売却を控えている方は、参考にしてみてくださいね。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

マンション売却時の内覧の事前準備

マンション売却時の内覧の事前準備

マンションを売却する前に行われる内覧は、購入者だけでなく、売り主側にとっても重要なものとなります。

それは、内覧時に実際に住んでみないと分からないセールスポイントを購入希望者に伝えられるからです。

 内覧は買主が物件をチェックするだけでなく、売主が実際に住み心地の良さをアピールする場です。

買主は、内覧の際に客観的な目線でしか物件を見ることができません。しかし、売主は住んでこそわかる良さを知っています。

内覧の際には、購入希望者に「このマンションに住んでみたい」と思ってもらえるような準備をしておきましょう。

内覧の際には、購入希望者にこの家に住みたいと思わせるように心がけましょう。

内覧の準備とは?

マンション売却時の内覧の事前準備

マンションを売却しようとして不動産会社と媒介契約を結ぶと、不動産会社があなたのマンションを販売するために宣伝活動をします。

そうして購入希望者が現れると、不動産会社から連絡が来て、スケジュールを合わせて内覧の日程を決めていきます。

 売主側は、購入希望者に合わせてスケジュールを調整しましょう。

日程が決まれば、売り主は内覧用のスリッパなどの準備に加え、最低限の掃除をしておくなどの準備をします。

以下では、内覧の際に気をつけるべきポイントを紹介します。ぜひ参考にしてください。

内覧では、ちょっとした準備をするかしないかで成約が決まるだけでなく、売却価格にも影響しますので注意しましょう。

内覧の前に部屋のメリット・デメリットをまとめておく

マンション売却時の内覧の事前準備

購入希望者が内覧に来る前に、売る主は不動産会社の営業担当者と打ち合わせをしておきましょう。

売主側が一方的にセールスポイントばかりを並べるのも不自然ですので、営業担当と役回りを考えておきます。

 不動産会社がアピールポイントを紹介し、デメリットは売主が直接説明すると好印象を与えやすくなります。

このようなメリットやデメリットについては、当日にとっさには中々出てきません。どこで、あらかじめ書き出してメモをしておきます。

それを不動産会社との事前の打ち合わせの際に伝えておくと、不動産会社からの信頼も厚くなります。

内覧の際には、購入希望者だけでなく、不動産会社とのコミュニケーションも大切。しっかりと情報交換しておきましょう。

隣近所には声掛けをしておく

マンション売却時の内覧の事前準備

内覧の前に、お隣の住民にも声掛けをしておくと安心です。最近では、マンションの隣人の顔も知らないという方も多いでしょう。

しかし、内覧に来た方にご近所の方が不審な目を向けられてしまっては、あなたの立場もありません。

 内覧を行う前に、隣近所や管理人さんなどに、自分が引っ越す予定であることや内覧のお客さんが来ることを伝えておきましょう。

内覧にくる購入希望者も、実際に住んでみるまでは不安がある方も多いはず。そこで、少しでも不安を取り除く準備が大切です。

管理人さんなどに伝えておくことで、当日は笑顔で迎えてくれるでしょう。ちょっとした気遣いで、内覧の雰囲気が良くなりますよ。

内覧に来る方は「部屋だけ」を見に来るのではなく、マンションの住民も観察しますので、準備しておきましょう。

ペットを飼っている場合は隔離しておく

マンション売却時の内覧の事前準備

もしもあなたが、ペットを飼っている場合には注意が必要です。

ペットは飼い主にとっては目に入れても痛くないほど可愛いことでしょう。しかし、動物が嫌いな方も多くいるのが現実です。特に動物にアレルギーがある方も居られます。

 ペットを飼っているご家庭では、内覧の際はお出かけさせるか預けるなどして隔離しましょう。

また、ペットがいることを隠す必要はありませんが、その抜け毛や臭いにはしっかりと対処をしておいてください。

逆にペットがいても綺麗にしている家という印象があると、売り主がしっかりと管理できていた家という印象を与えることができるでしょう。

犬猫以外の小鳥や熱帯魚でも、意外に臭いに敏感な方も居られますので、配慮する必要があります。

マンション売却時の内覧の流れ

マンション売却時の内覧の流れ

マンション売却時の内覧の流れ
  1. 内覧の申し込みを受けてから、部屋の掃除や消臭をしておく
  2. 内覧当日に購入希望者を迎えて部屋を案内する
  3. 購入希望者の質問などに答える
  4. 物件を見てもらうと内覧は終了(だいたい30分~1時間程度)
  5. 後日、購入希望であれば不動産会社を経由して売り主に連絡される

それでは、実際に内覧がどのような流れで行われるのかを紹介します。

上の流れにもあるように、内覧では、基本的に購入希望者を不動産会社が主導してくれます。

 内覧では、売り主側がしっかりと準備することで、当日に失礼のない対応を心がければ大丈夫です。

内覧自体は、だいたい30分~長くても1時間程度で終了します。ただ、その間に購入希望者の質問に答えたり、アピールポイントを伝えられるようにしておきます。

そのためには、前章で解説した準備が大切です。分からないことは不動産会社に聞いておきましょう。

内覧では、準備しておいたことを滞りなく行えば問題ありません。緊張せずにお迎えしましょう。

①内覧の申し込みを受けて、当日に合わせて部屋の掃除と消臭をしておく

マンション売却時の内覧の流れ

内覧の申し込みは、直接の売り主には来ず、仲介を依頼した不動産会社にされる仕組みです。

そのため、不動産会社にあらかじめ内覧を受け付ける日を伝えておく必要があります。

 内覧の日程は、できるだけ購入希望者に合わせるように調整しましょう。

内覧の日取りが決まれば、その日に合わせて掃除や部屋の消臭をしておきましょう。

ペットがいる場合には、内覧が入った日にはどこかに預けておくと、お客さんの対応に集中できます。

内覧を多く受け入れることが、売却への近道。日程をできるだけ開ける努力が必要です。

②内覧当日に購入希望者を迎えて部屋を案内する

マンション売却時の内覧の流れ

内覧当日は、内覧を自由にしてもらうように心がけましょう。

子どもがいるからなどの理由で入れない部屋があると、全ての部屋を見てもらうことができず、購入の決め手に欠けるかもしれません。

 内覧当日は、案内する方以外はできるだけ外出するようにしましょう。

内覧自体は30分~1時間もあれば終わりますので、家族やペットがいても少し外出してもらえば大丈夫です。

そのためにも、あらかじめ「内覧が入った日はこうする」などの計画を立てておくようにしてください。

内覧の時はできるだけオープンな対応を心がけてください。見れない場所や部屋は基本作らないのがポイントです。

③購入希望者の質問などに答える

マンション売却時の内覧の流れ

内覧の際に、購入希望者から質問があれば、しっかりと答えるようにしましょう。

たとえマイナス要素と思われる質問でも、そのまま答えて下さい。購入希望者の質問への嘘は厳禁です。

 購入希望者の質問に嘘をつくと、信用を無くすだけでなく、購入後に賠償請求されることもあります。

内覧の際に購入希望者から質問される内容は、ある程度の予測がつくものです。

そこで、あらかじめ不動産会社にこちらから質問しておくと良いでしょう。そして模範解答を準備しておけば安心です。

もしも良くわからない内容の質問であれば、基本的には不動産会社の方が答えてくれるので心配ありませんよ。

④物件を見てもらうと内覧は終了

マンション売却時の内覧の流れ

基本的に内覧は30分~1時間ほどで終了します。稀に長居する方もいるので、お茶を用意しておくと良いでしょう。

ただ、あまりに長居されるのも困りものですよね。そこで、あらかじめ不動産会社と打ち合わせをしておくのも良い方法です。

 内覧の基本的なスケジュールを取り決めておきましょう。

打ち合わせをしておけば、不動産会社の担当の方から「次の内覧の予約が…」などと理由をつけて切り上げてもらえます。

どうしても質問などで長くなる場合には、日を改めてもう一度内覧する機会を持ってもらうこともできます。

内覧の際の購入希望者の態度や行動から、不動産会社の方には買う気の有無が分かります。終了時間は担当者に判断を任せましょう。

⑤後日、購入希望であれば不動産会社を経由して売り主に連絡がくる

マンション売却時の内覧の流れ

内覧が終わった後に、あなたの部屋を購入するかしないかは、後日不動産会社に連絡が来ます。売主側には、不動産会社から届くのが一般的です。

 内覧後に購入の意思ができた場合は、できるだけ早く売買契約をすすめて下さい。

もしも内覧の後で購入の意思を確認できたとしても、売買契約を結ぶまでは口約束でしかありません。

その間に他の購入者が現れても断らなければなりませんし、その後にキャンセルされても責任を問えません。

不動産の契約は売買契約を結ぶまで成立しません。購入したい申し出には迅速に契約書を交わすようにしましょう。

マンション売却時の内覧は「広・明・清」の3つを徹底しよう

マンション売却時の内覧は「広・明・清」の3つを徹底しよう

内覧の際に、部屋の中を綺麗に見せるコツは「部屋全体が明るいこと」「部屋が広い(広く見せる)こと」「部屋に清潔感があること」が大切です。

そのためにも、以下のポイントをに気をつけましょう。

広さのポイントは整理整頓

部屋をできるだけ広く見せる方法は、家具を無くすことが大切です。もしも引っ越しの際に捨てる予定の家具類は、早めに処分しておきましょう。

 部屋を広く見せるコツは、家具を減らすことです。不要な家具は処分しておきましょう。

家具を無くした分、部屋に物が出ていると乱雑に見えます。可能な限り収納スペースにしまっておきましょう。

また、不要な物を処分することで、引っ越しの費用も抑えられるのでメリットが生まれます。

家を処分する時は、できるだけ断捨離して引っ越しの荷物を減らすことも大切です。

明るさのポイントは窓と照明

マンション売却時の内覧は「広・明・清」の3つを徹底しよう

明るい家はイメージが良いものです。そこで、内覧の際は家中の照明をつけておきましょう。

また、窓ガラスもお忘れなく。窓からの自然光は最も良い明かりですので、カーテンも全開にしておきましょう。

 部屋の照明は、窓からの自然光があっても点けておきましょう。

照明を付けておく場合には、電球が切れていないことも確認しておいてください。球切れは、メンテナンスの行き届いていない家と思われますので、要注意です。

部屋を明るく見せるには、自然光と照明を両方活かしましょう。

清潔感のポイントは掃除と消臭

マンション売却時の内覧は「広・明・清」の3つを徹底しよう

来客がある際には掃除は必須ですが、内覧では臭いにも気を使いましょう。意外に家には独特な臭いがあるもので、特にペットがいるご家庭は要注意です。

 内覧では、掃除以外の消臭にも気を使いましょう。

内覧では、普段の掃除に加えて、消臭スプレーと換気にも注意を払ってください。

特にカーテンやソファ、クッションなどが要注意。そして内覧の直前まで、換気扇も回しておきましょう。

内覧時は、目に見えない掃除の消臭も大切です。自分では気づかない臭いにも気を使いましょう。

マンションに内覧が来ない時にすべきこと

マンションに内覧が来ない時にすべきこと

内覧は、基本的に広告などで購入希望者が現れないと申し込みがされません。ここでは、内覧の申し込みが来ない時の対処法を紹介します。

そもそも内覧に来ないとき

内覧の申し込みがない場合は「相場に比べて価格が高い」「宣伝が下手」「告知が不十分」などの理由が考えられ、実際にこの様な原因がほとんどです。

これを解消するには、不動産会社の担当者と打ち合わせをしましょう。

 内覧の申し込みがない場合は、不動産会社に問題がある可能性もあります。

もしも、その際に不動産会社の対応に満足できない時は、仲介の契約を見直すことも必要です。不動産会社の対応をしっかりと見極めて、他の不動産会社に相談してみるのも良い方法です。

良い不動産会社であれば、内覧が来ない原因を説明して対応もしてくれます。まずはしっかりと話し合いましょう。

      内覧には来るが、成約しないとき

      内覧が来ているのに、契約になかなか進まない。そんなときは、上記で紹介した中に答えがあるかもしれません。

      不動産会社の担当者に問題点を洗い出してもらいましょう。

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      マンションを売却する際に「ハウスクリーニング」や「リフォーム」をする方がおられます。しかし、実際には不要です。基本的にマンションを売却する際にには、そのままで売却しましょう。

       マンションの売却でハウスクリーニングやリフォームは不要です。

      マンションを売却すると、購入した方が自分の好みでリフォームされる方がほとんどです。そのために、売却する側の意思でリフォーム工事をしても無駄になる可能性があります。

      以下では、マンションを売却する際の掃除のポイントを紹介します。

      水回りは要注意

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      内覧の際に最も注意すべきは水回りです。浴室、洗面所、トイレ、キッチンの水回りは、最も汚れが目立つ場所です。

      水回りは、家全体の印象を左右します。いくら綺麗な部屋のホテルでもお風呂やトイレが汚いと最悪ですよね。それと同じです。

       内覧時の掃除で最も注意すべきは水回りです。

      水回りの掃除のポイントは、油汚れやカビ、水垢などの落ちにくい汚れになります。

      どうしても落とせない汚れがあれば、この場所だけハウスクリーニングを依頼するのも良いでしょう。数万円程度で綺麗になる場合は活用しましょう。

      あまりに高額な費用がかかる汚れの場合は、不動産会社に相談して決めましょう。

      玄関

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      玄関は内覧で最初に見る場所ですので、余計な物は片づけてスッキリさせておきましょう。

       玄関の片付けポイントは、靴や傘を片付けて水拭きと消臭することです。

      意外にホコリが溜まっていたり湿気もこもりやすい場保なので、カビの臭いにも注意しましょう。

      玄関はサッとでも綺麗にしやすい場所ですが、意外に見落としがちでもあります。

      リビング

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      リビングをスッキリさせるコツは、余計な物を置かないことです。テレビやソファ、ローテーブルなどは問題ありませんが、それ以外の不要な家具は片付けましょう。

      また、家具の配置も重要です。できるだけ空間を作る配置にして、バルコニーも見えるようにカーテンも開けておくと効果的です。

       リビングは生活感が出やすい場所です。できるだけ小さな雑貨や不要な家具は片付けておきましょう。

      その他にもカーテンや網戸、窓ガラスを掃除するだけでも、かなり綺麗になります。内覧では、普段住んでいると気づかない場所にも注目してください。

      リビングは普段の生活感が出やすい場保です。内覧の時はちょっと片付けるだけでリビングが見違えますよ。

      収納スペース

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      クローゼットなどはできるだけ見られたくないことでしょう。しかし、購入する側にとっては収納は大事なポイントです。

      ウォークインクローゼットなどは、積極的に見せることで収納力のアピールをしましょう。

       収納スペースは、購入者が見たい場所です。一部でも公開しましょう。

      できるだけ広い収納を見せておいて、見せない場所に見せたくない物をしまっておくと良いでしょう。

      見せない場所は「下着類があるので」と断れば、見せて欲しいとは言われませんので問題ありません。

      見せる場所には、ある程度の余裕ある空間を作ることで、収納を広く見せることができます。

      バルコニー

      マンション売却前にハウスクリーニングは必要?

      最後に、掃除を忘れがちなバルコニーも掃除しましょう。洗濯物を片付けるのはもちろん、意外に溜まる排水口のごみや糸くずも取っておきましょう。

       バルコニーを広く見せるのも大切です。余計な荷物があれば処分するか、片付けておきましょう。

      よくバルコニーに粗大ごみや荷物を出しているご家庭もありますが、できるだけ内覧前に処分してください。引越の際に処分するものは、基本的に内覧の前に処分しておくことが大切です。

      内覧の際に家を広く綺麗に見せるコツは、要らない物を処分することです。できれば内覧の前に処分しましょう。

      内覧時にマンションを素敵に見せるコツ

      内覧時にマンションを素敵に見せるコツ

      モデルルームやお洒落なインテリアショップなどでは、プロのコーディネーターが選んだ家具や雑貨が置かれています。

      実は、その中にお金を掛けずに家を綺麗に見せるコツが隠されています。

       家をお洒落に見せるコツは、余計なものを無くして同じブランド(色・形など)の新品を揃えることです。

      例えば、家の各場所のお手拭きタオルを同じものにしたり、スリッパを統一するのも良い方法です。

      これらは、100円ショップでも揃えることが可能です。いくら高級な雑貨でも統一感がないと台無しになりかねません。

      部屋を綺麗に見せるコツは統一感が大事。新しいお家でも実践できるので、ぜひお試しくださいね!

      おすすめの不動産一括査定サイト

      SUUMO売却査定

      SUUMO売却査定の紹介

      SUUMO売却査定のココがおすすめ
      • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
      • 大手リクルートグループが運営するサービス!
      • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
      • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
      • 完全無料!全国対応!

      SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

      SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

      そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

       不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

      同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

      そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

      掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 2000社以上
      同時査定依頼数 10
      運営会社 株式会社リクルート

      出典:SUUMO売却査定公式サイト

      すまいValue(バリュー)

      すまいValueの紹介

      すまいValueのココがおすすめ
      • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
      • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
      • 顧客満足度96.7%
      • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
      • 完全無料!全国対応!

      すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

      すまいValueに登録している不動産会社
      • 小田急不動産
      • 住友不動産販売
      • 東急リバブル
      • 野村の仲介PLUS
      • 三井のリハウス
      • 三菱地所ハウスネット

      他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

      6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

       実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

      デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

      大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数
      同時査定依頼数
      運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
      三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

      出典:すまいValue公式サイト

      イエウール

      イエウールの紹介

      イエウールのココがおすすめ
      • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
      • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
      • 累計利用者数1,000万人以上
      • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
      • 完全無料!全国対応!

      イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

      対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

       むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

      デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

      他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 1900社以上
      同時査定依頼数
      運営会社 株式会社Speee

      出典:イエウール公式サイト

      HOME4U(ホームフォーユー)

      HOME4Uの紹介

      HOME4Uのココがおすすめ
      • 国内初&創業20年の不動産一括査定サイト
      • 年間1400万人が利用し、査定数は累計45万件
      • 大手NTTデータグループ運営の強固なセキュリティ対策
      • 独自の審査基準で優良な不動産会社を選定
      • 完全無料!全国対応!

      HOME4Uは、2001年に日本国内で初めてサービスを始めた老舗の不動産一括査定サイトです。

      創業20年の間に実績があった不動産会社と提携しており、その数は1,800社以上です。大手から地域密着型の不動産まで、あなたにぴったりの不動産会社が見つかるはずです。

      そして、HOME4Uといえば、大手NTTデータグループが培ってきたセキュリティ体制をフルで活用しています。そのため、個人情報の保護も安心で、依頼した不動産会社以外から連絡が来ることはありません。

      一括査定で個人情報が漏れるのが怖いと考えている方には、HOME4Uが特におすすめできます。
      対象エリア 全国
      提携会社数 1800社以上
      同時査定依頼数
      運営会社 NTTデータ・スマートソーシング

      出典:HOME4U公式サイト

      REGuide(リガイド)

      REGuideの紹介

      リガイドのココがおすすめ
      • 不動産サービスに多数対応
      • 他社より多い最大10社まで同時比較可能
      • 15年の運用歴と独自審査で不動産会社800社以上を厳選
      • 不動産投資、収益物件情報の実績も豊富
      • 完全無料!全国対応!

      リガイドは、2006年にSBI不動産一括査定として生まれた不動産一括査定サイトです。15年もの運用歴があり、利用者からの信頼も厚いと言えます。

      他のサイトと比べても最多の10社同時査定価格比較は、嬉しい特徴です。一方、多くの会社に査定を依頼することになるため、各企業とのやりとりが多くなるかもしれません。

       ただ、独自の厳しい審査を通過した優良の不動産会社800社以上が参加しているので、会社とのやり取りで嫌な思いをすることは少ないでしょう。

      不動産売却の他にも、住宅・不動産に関する多数のサービスに対応しており、特に収益物件の査定実績が豊富です。

      REGuideが対応している他サービス
      • 不動産投資
      • 収益物件情報
      • 不動産査定
      • 賃料査定
      • リフォーム
      • 不動産ローン

      不動産を売却する以外にも関心がある方には、REGuideは特におすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 800社以上
      同時査定依頼数 10
      運営会社 株式会社ウェイブダッシュ

      出典:リガイド公式サイト

      LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)

      LIFULL HOME'Sのココがおすすめ
      • 提携不動産会社が全国に3390社で最多!
      • 地方に強い不動産会社が多数登録!
      • サービス利用者数736万人以上(2021年1月時点)
      • 担当者の顔写真や強みが一目でわかるアイコンなど不動産会社の情報が充実
      • 完全無料!全国対応!

      ライフルホームズは、東証一部上場企業のLIFULLが運営する不動産無料一括査定サイトです。

      提携不動産会社数が3000社を超え、当サイトで紹介する一括査定サイトの中では最も多い登録数となっています。

      それでも、各不動産会社の特徴が分かる資料が豊富に揃っているのがライフルホームズの特徴です。担当者の顔写真まで掲載し、顧客に合った不動産会社が見つかる仕組みを整えています。

      また、個人情報を入力しても、厳しい基準のセキュリティ認証を受けているので、個人情報漏洩の心配も必要ありません。

      なるべくたくさんの不動産会社から選びたいという方は、ライフルホームズ一択ですね。
      対象エリア 全国
      提携会社数 3400社以上
      同時査定依頼数 10
      運営会社 株式会社LIFUL

      出典:ライフルホームズ公式サイト

      イエイ

      イエイ

      イエイのおすすめポイント
      • 他社にない営業電話の断り代行サービス
      • 大手から地方まで提携1,700社以上
      • 利用者数は累計400万人以上
      • 今なら売却した方限定で最大10万円分のAmazonギフトカードをプレゼント!
      • 完全無料!全国対応!

      イエイは、大手企業から地元密着型まで提携社数1,700社以上を誇る不動産一括査定サイトです。

      不動産一括査定サイトの運営歴は10年と長く、査定実績は豊富専門知識を持った優秀なスタッフが常駐し、中立的な立場から困ったことの相談に乗ってくれます。

      他社にはないサービスとして、お断り代行というものがあります。これは、不動産会社と媒介契約を結ぶ前であれば、あなたの代わりに断りの連絡をいれてくれるというものです。

      なんと、イエイで掲載していない不動産仲介会社への断りの連絡まで対応してくれるそうです。

      断りの連絡って、なかなかしづらいものですよね。代わりに連絡を入れてくれるなんて、ありがたいサービスです。

      また、2022年4月末までにイエイで査定依頼を出して売却した方に最大10万円のAmazonギフトカードが貰えるキャンペーンを行っております!

      詳しくは公式ページをご覧ください。売却を前向きに考えていたら、ぜひイエイで査定してみましょう。

      不動産会社との連絡で神経を使いたくない方はイエイの利用がおすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 1700社以上
      同時査定依頼数
      運営会社 セカイエ株式会社

      出典:イエイ公式サイト

      リビンマッチ

      リビンマッチの紹介

      リビンマッチのココがおすすめ
      • 買取査定、リースバック、土地活用など売却以外の選択肢も可能
      • 入力がチャット風で簡単!
      • 15年の運営実績
      • 年間12万件の査定依頼・資料請求がある
      • 完全無料!全国対応!

      リビンマッチは、東証マザーズ上場企業のリビン・テクノロジーズ株式会社が運営する不動産一括査定サイトです。年間12万件もの査定依頼、資料請求があり、お客さんからの信用も厚いです。

      リビンマッチは実績はもちろんですが、査定までの入力事項がとても簡単であることが魅力です。情報の入力がチャット風で、45秒であっという間に依頼が完了します。リースバックの相談

      また、買取リースバックの相談や、リースバックの相談賃料査定などのサービスも充実しているので、売却以外の選択肢にも対応できます。

      不動産売却以外の選択肢も検討したい方には、リビンマッチは特におすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 1700社以上
      同時査定依頼数
      運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

      出典:リビンマッチ公式サイト

      住友不動産販売

      住友不動産販売の紹介

      住友不動産販売のおすすめポイント
      • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
      • 顧客満足度94.1%!
      • 年間購入相談件数18万件以上
      • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
      • 完全無料!全国対応!

      住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

      お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

      また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

      担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
      対象エリア 全国
      提携会社数 -
      同時査定依頼数 -
      運営会社 住友不動産販売株式会社

      出典:住友不動産販売公式サイト

      マンション売却におすすめのサービス2選

      不動産売却の中でも、マンションを売りたい方におすすめのサービスを2つ紹介します。

      マンションナビ

      マンションなびの紹介

      マンションナビのココがおすすめ
      • マンション専門の一括無料査定サイト
      • 地図をクリックすれば、その地域の相場がすぐにわかる(公式サイトのみ)
      • マンション名で査定額を検索できる(公式サイトのみ)
      • エリアごとに情報を公開していて、売り時がわかりやすい(公式サイトのみ)

      マンションナビは、マンション売却専門の不動産一括無料査定サイトです。そのため、マンションを売る人に特化した便利な機能が揃っています。

      例えば、トップページの検索窓からマンション名を入れるだけで、すぐにマンションの価格を見ることができ、地図の地名をクリックすれば、その地域のマンション名がずらっと表示され、相場を簡単に見ることもできます。

      マンションに特化していながらも、登録社数は2500社と多く、最大で9社から査定結果も届きますので安心して利用することができます。

      売りたい物件がマンションなら、便利なマンションナビの利用がおすすめです。

      出典:マンションナビ公式サイト

      【一都三県限定】イエシルなら中立的な相場価格を提示してくれる

      IESHILの紹介

      IESHILのココがおすすめ
      • 徹底して中立的な相場価格を提示
      • 約9000万件の賃貸情報や売却履歴のデータをもとに、適正価格を算出
      • 不動産仲介経験10年以上・有資格者の専任アドバイザーが無料でサポート
      • 首都圏の人気マンション価格はトップページからすぐにわかる

      IESHILは、上場企業の株式会社リブセンスが運営するマンションの価格査定サイトです。上記で紹介した一般的な価格査定サイトよりも、徹底して中立的な相場価格の提示にこだわりを持っています。

      実際には売れないような高い査定価格ではなく、約9000万件もの莫大な不動産賃貸、売却データをもとに、適正な売却価格を公開してくれます。

      政府が提供するデータをもとに、特許を取得した算出方法から、客観的な評価額を出しているので、中立的な査定が可能になっています。

      さらに中立的な価格を知った後は、元不動産営業のプロの専任アドバイザーが、売却の不安を無料でサポートしてくれます。

      マンションナビとあわせての利用もおすすめです。

      出典:イエシル公式サイト

      マンション売却時の内覧に関するよくある質問

      内覧は居住中にしたほうがよいのでしょうか?
      どちらでも大丈夫です。空き家の場合も居住している場合も、不動産会社に相談して「内覧時の見せ方」に注意してください。
      購入希望者が仮押さえしたいといった場合は受けるべきでしょうか?
      購入希望者が仮押さえをしたいと提案した場合は、必ず期日を設けましょう。その期日までに決まらない場合は、売る主がリスクを被ります。心配な場合は断りましょう。
      値引き交渉には応じるべきですか?
      不動産の売買では、値引き交渉が当たり前に行われます。あなたが納得すれば値引きしても良いですが、納得できない額での売却はできるだけ避けたいところです。
      内覧の際は担当者に立ち会ってもらえますか?
      基本的に内覧に不動産会社の担当は立ち合います。ただし、空き家の場合は立ち合わないことも多くあります。どちらの場合でも、できる限り立ち会うように依頼してください。
      リフォームせずに売りに出して大丈夫でしょうか?
      基本的にはマンションの売却ではリフォームは不要です。物件に瑕疵がある場合には必要ですが、マンションでは不要と考えて良いでしょう。
      同じマンションで売り物件が出ているときは売却を避けるべきですか?
      同じマンションで同時期に売り物件が出てる際は、売却をずらすのも良くある方法です。なぜなら、同じマンションで競合すると価格が下がる可能性があるからです。
      短期間で売却したい場合は買取を検討し方が良いですか?
      不動産会社の買取は、仲介の売却に比べて短期間で売却できるメリットがあります。ただ、その分相場よりも安く買い取られる傾向があるのも現実です。

      まとめ

      今回は、マンションの売却の際に行う「内覧」について解説しました。

      マンションの売却で、より高値で売却できるのは3ヶ月とも言います。それ以上売却できずにいると、値下げの検討が始まるからです。

      できるだけ高い金額で早く売却するために、上記のポイントに留意して上手に内覧をすすめて下さいね。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
      ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
      ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
      ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
      おすすめの記事