マンション売却の期間は平均3ヶ月?早く売るコツも合わせて解説!

マンションの売却を考える際に、気になるのが売却価格と売れるまでの期間ではないでしょうか?

マンションは、売りに出したからといってすぐに売れるわけではありません。特に適正な価格で売るためには、最低でも半年はかかるといった話もあります。

そこで今回は、マンションが売れるまでにかかる期間について解説をしていきます。

マンションの売却を考えている方に参考になるはずなので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

マンション売却にかかる期間は平均3〜6ヶ月

マンション売却にかかる期間は平均3~6ヶ月

通常、マンションを売約する期間は平均3~6ヶ月ほどの時間が必要と言われています。しかも、これは最低でもこのくらいはかかるという目安です。

 マンションの売却には平均3~6ヶ月の期間がかかります。

実際には、マンションを売りに出すまでの準備期間も必要になるため、計画も含めると1年は必要と考えておきましょう。

ご自分のマンションを少しでも高く売るためには、じっくりと売却を準備することが大切です。

マンションを高く売るためには、売却期間に余裕を持つことも重要と言えます。

マンションは売却方法でかかる期間が違う|仲介・買取

マンションは売却方法でかかる期間が違う|仲介・買取

マンションの売却では、通常2種類の方法があります。それが仲介と買取です。仲介と買取では、売主であるあなたからマンションを買いとる買主に違いがあります。

 マンションの売却方法には、仲介と買取があります。

仲介とは、マンションを買う買主が次に家に住む個人の場合の売却方法となります。買取とは、買主があなたの家を仕入れる不動産会社となる場合です。

仲介と買取では、売却価格と売却期間に大きな差があります。

仲介|売却する相手は次の住民で売却にかかる期間は最低3ヶ月~

仲介とは、あなたが次の住民にマンションを売却する方法です。

仲介では、まずは不動産会社とあなたが媒介契約を結び、マンションの販売を委託して営業活動をしてもらいます。

 仲介は、不動産会社にマンションの販売を委託して売却する方法です。

仲介の場合は、売主と購入者が交渉を重ねて販売できるので、売却価格を自由に設定できます。仲介では、売却に時間がかかるリスクがありますが、高く売れる可能性があるのがメリットです。

マンションをすぐに売る必要がない場合には、仲介を選択するのが一般的です。

仲介のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 売却する価格を自由に設定できる
  • 不動産会社に販売のサポートをしてもらえる
  • マンションを市場価格で売却できる可能性がある
  • 不動産会社に手数料を支払わないといけない
  • 買主が決まるまでに時間がかかる
  • 内覧する人に対応する手間がかかる

上記のように、マンションを仲介で売却する際には、価格面でのメリットが大きくなります。逆に、売却にかかる期間が長くなる可能性が高いのがネックです。

 仲介は、マンションを高く売却できる可能性と長期間売れないリスクがあります。

仲介で早く高く売却するコツは、販売実績がしっかりある不動産会社を選んで、売却価格を適正にすることです。

まずは、このメリットとリスクの両方を理解して、上手な販売計画を立てることが重要な要素となるでしょう。

マンションの売却では、同じマンションの販売実績が高い不動産会社を探すことも大切です。

買取|売却する相手は不動産会社ですぐに売りたい場合には◎

買取とは、あなたのマンションを直接不動産会社に売却する方法です。買取の場合、不動産会社がマンションを仕入れてリフォーム後に再販することが多いでしょう。

 買取は仲介に比べて売却価格が約3~4割程安くなります。

ただし売却価格が安くなる反面、マンション売却までの期間が1~2ヶ月と大幅に短縮できるのが買取のメリットです。

大まかなスケジュールも立てやすく、期日までに確実に現金が手に入り、不動産会社に支払う手数料もかかりません

仲介で売却する際にリフォームが必要な時は、買取の方がトータルでお得になるケースもあります。

買取のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 売却を1~2ヶ月ほどの短時間で完結できる
  • 不動産会社とだけの契約なので売却手続きが簡単
  • 売却後の責任(瑕疵担保責任)が免責される
  • 売却価格が市場価格の7割程度になる可能性が高い
  • 自分の理想の価格で売却できない

買取の売却方法を選択した場合は、売却価格が安くなるのが最大のデメリットです。

ただ、売却時期や価格がハッキリと分かり、売却後に瑕疵担保責任※1を負う必要もありません。

 買取では「売却価格が安くなる」反面「早く確実に家を現金化できる」のがメリットです。

売却の際には、多くの不動産会社に一括査定を依頼して、より高く買ってくれる会社を探しましょう。

早ければ、申し込みから1ヶ月で売却から決済(お金の振り込みが完了すること)までを終了できることもあります。

あなたのマンションを、早く確実に現金に換えたいときは買取をおすすめします。
※1 瑕疵担保責任とは、売主が買主に生活に不都合な物件を売却した場合の賠償責任や契約破棄への責任です。

マンションの売却期間を決める要素

マンションの売却期間を決める要素

マンションの売却期間を決める要素
  • 適正な市場価格で販売しているか
  • 立地条件が良いマンションかどうか
  • 築年数が古いか比較的新しいか
  • 良い不動産会社を選択できているか
  • 同じ不動産会社で長く売られていないか
  • 部屋の整理や管理ができているか

マンションの売却期間に影響する要因には、さまざまな要素があります。ここでは、それらの要因となる以下の項目を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

適正な市場価格で販売しているか

マンションを売却する際に、適正な価格で販売していないと、いつまでも売れずに売却期間が長くなります。

売却が長くなるとどうしても値引きが必要となり、結果として売却価格が安くなるという事態に。

 不動産の売却は、適正な価格を見極めるのがポイントです。

あなたのマンションを、周辺の相場価格で販売できているかをまず確認しましょう。

不動産会社と媒介契約を結ぶ前に、一括査定の見積価格と比較すれば、おおよその相場価格がわかるはずです。

インターネットの不動産会社販売のサイトでも近隣のマンションや同じマンションの販売価格を調査できます。

立地条件が良いマンションかどうか

マンション

あなたのマンションの販売価格が周辺の相場と同等でも売れない時は、立地条件が悪い可能性があります。

日当たりや交通の便、騒音など、何らかの問題がありませんか?

 立地の条件次第では、マンションの値引きを考える必要があります。

立地条件に何らかの問題がある場合には、値下げを行うか、アピールポイントを強く主張する必要があります。

担当する不動産会社と相談して、新たな販売戦略を考えて実践していきましょう。

あなたの部屋のセールスポイントをしっかりと宣伝をするように不動産会社に相談しましょう。

築年数が古いか比較的新しいか

築年数が古いか比較的新しいか

築年数が古すぎることも販売条件に影響します。もちろん、新しい方が基本的に売りやすいのが普通です。

ただ、古いからといって売れないわけではなく、リフォームすることで古さを感じさせない内装に変えることもできます。

 築年数の古いマンションは、リフォームを検討してもいいかもしれません。

ただ、リフォームをする場合は、その費用を売却価格に上乗せできるかどうかを慎重に見極めましょう。

リフォームを検討する場合は、信頼のおける不動産会社に相談し、リフォーム代を売却価格に反映できるかで判断してください。

リフォームを施しても売れるとは限りません。不安な時は買取も考えましょう。

良い不動産会社を選択できているか

長く売却活動をしているのに、内覧の申込みすらないケースもあります。

そのケースでは、販売価格が適正か、また不動産会社の営業活動に問題がある可能性もあるかもしれません。

 いつまでも売れない時は、不動産会社の営業の仕方を変えてもらうことも必要でしょう。

不動産会社の営業がしっかりしていないと、購入希望者にあなたの部屋の宣伝が届きません。そんな不安があるときは、すぐに他の不動産会社に相談してみましょう。

あなたの契約している不動産会社のHPを検索するなどして、他のサイトと比較することも大切です。

同じ不動産会社で長く売られていないか

会議中の様子

ずっと同じ不動産会社で販売し続けて売れ残っている部屋には、なかなか買い手が現れにくいものです。そんな部屋は、どうしても「売れ残りの物件」というイメージが付いてしまいます。

 あなたの部屋が「売れ残り」となっていませんか?そんな時は不動産会社を変えてみましょう。

いつまでたっても内覧の申し込みすらない時は、他の不動産会社に相談して仲介業者を替えてみて下さい。

不動産会社には、得意な物件と苦手な物件があります。いつまでも売れない時は、マンションの売却が得意な不動産会社に変えましょう。

不動産会社との契約を見直しても費用は掛かりません。仲介業者を選び直しましょう。

部屋の整理や管理ができているか

部屋の整理や管理ができているか

不動産会社の営業が上手く進んでも、の際に物件の評価が下がっては意味がありません。内覧の際には、しっかりと家の掃除や管理ができているかを再度確認してください。

 内覧で評価を下げないためには、部屋の整理と掃除が大切です。

内覧の際に部屋をしっかりと掃除して魅力的に見せることができれば、売却は早く進むでしょう。まずは要らない物を片付ける、水回りを綺麗にするのが鉄則です。ぜひ実践してください。

内覧は売却最大のチャンスです。購入希望者に家をアピールしてください。

マンションの売却期間を短くするコツ

マンションの売却期間を短くするコツ

マンションの売却期間を短くするコツ
  • 一括査定は2~3社に留める
  • 売却価格の設定を適切に行う
  • 内覧の申し込みには柔軟に対応する
  • 広告に反響が無い場合は不動産会社を替える
  • 買取も選択肢に入れる
  • 値引きをする

ここでは、具体的に販売期間を短くする方法を紹介します。不動産の売却には、様々な要因の分析が必要です。

あなたの大事な資産であるマンションを、少しでも早く売却できるヒントにしてください。

一括査定は2~3社に留める

あなたがマンションの査定に出す前であれば、一括査定を依頼する不動産会社を2~3社に絞り込みましょう。

不動産会社を決めるときは、その不動産会社の販売実績などを調べることで、より確実に売却に近づけます。

 マンションの売却に強い不動産会社を選ぶことが早期売却の近道です。

売却が得意な不動産会社を見つければ、2社程度の見積査定でも適正価格で販売できます。

数が多くなれば、それだけ選択する時間がかかるので、早く売却をするなら絞り込みが有効です。

販売力のある不動産会社は、ホームページなどの販売実績や口コミを参考にしてください。

売却価格の設定を適切に行う

売却価格の設定を適切に行う

売却価格が高すぎるときは、早めに適正な価格で販売しましょう。

適性な価格かどうかは、不動産会社に確認します。頼れる不動産会社なら、的確に答えをくれるはずです。

 不動産会社への相談は、具体的な回答があるかをチェックしましょう!

不動産会社を替えたらすぐに売れた、という事例は多くあります。

不動産が売れるまでは契約を破棄しても費用は掛かりません。3ヶ月を目途に内覧すらない時は不動産会社を替えましょう。

不動産会社を替えることはよくあることです。迅速に行動しましょう。

内覧の申し込みには柔軟に対応する

内覧の申し込みには柔軟に対応する

内覧の申し込みを、こちらの都合で断ってはいませんか?

内覧を一度断ると、購入希望者は離れるのが普通です。一期一会のチャンスを逃さないように、柔軟に対応しましょう。

 基本的に内覧を断るのはNG!不動産会社のモチベーションにも影響する可能性があります。

もしも都合が悪いときでも、こちらの都合をキャンセルするつもりで臨みましょう。

また、いつ内覧の申し込みがあっても対応できるように、部屋を整理しておくことも大切です。

内覧を受けられる日を不動産会社に相談しておけばキャンセルせずに済みますね。

広告に反響が無い場合は不動産会社を替える

不動産会社と媒介契約を結ぶと、すぐに売却の営業活動が始まります。営業の結果は、週に1度か2度くらいの頻度で報告してくれるはずです。

 3ヶ月以内に広告効果がない時は、不動産会社を替えましょう。

3ヶ月が経過しても、内覧の申し込みなどの問い合わせがない場合は、不動産会社の営業に難があることが考えられます。

不動産会社を替えるのも手間ですが、時間が経てば値引きの可能性も高くなりますので、迅速に行動しましょう。

不動産会社を見極めるのは難しいので、インターネットなどで常に他の不動産会社と比較してください。

買取も選択肢に入れる

もしも不動産会社を変更して、更に3ヶ月経っても買い手が見つからない時は「買取」も選択肢に入れましょう。

立地や築年数などが原因で、なかなか売れないマンションもあります。

 どうしても売れない時は「買取」で査定をしてみましょう。

買取では、市場の相場よりも3~4割ほど安くなることもあります。

しかし、いつまでも売れずにマンションを保有するリスクと心の不安を考えた場合には、買取も考えておきましょう。

いつ売れるか分からない不安を抱えるよりも、確実に売れる方法を選ぶのも良い方法です。

値引きをする

値引きをする

どうしてもマンションが売れない。そんなときは買取の価格を参考に値引きも考えましょう。

買取では相場の7割が目安ですが、8割くらいまで値下げしても同等の価格よりも高く売れる可能性があります。

 仲介と買取を天秤にかけて、より売りやすい価格を考えてください。

仲介の場合は販売手数料の支払いがあるため、単純に買取と同じ価格で売却すると損をします。

不動産会社と相談して、損のない売却価格がいくらかをシミュレーションしてみましょう。

複雑な計算については、信頼できる不動産会社に見積もりを依頼してください。

マンションを売りたい方におすすめの不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.1%!
  • 年間購入相談件数18万件以上
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

マンション売却におすすめのサービス2選

不動産売却の中でも、マンションを売りたい方におすすめのサービスを2つ紹介します。

マンションナビ

マンションなびの紹介

マンションナビのココがおすすめ
  • マンション専門の一括無料査定サイト
  • 地図をクリックすれば、その地域の相場がすぐにわかる(公式サイトのみ)
  • マンション名で査定額を検索できる(公式サイトのみ)
  • エリアごとに情報を公開していて、売り時がわかりやすい(公式サイトのみ)

マンションナビは、マンション売却専門の不動産一括無料査定サイトです。そのため、マンションを売る人に特化した便利な機能が揃っています。

例えば、トップページの検索窓からマンション名を入れるだけで、すぐにマンションの価格を見ることができ、地図の地名をクリックすれば、その地域のマンション名がずらっと表示され、相場を簡単に見ることもできます。

マンションに特化していながらも、登録社数は2500社と多く、最大で9社から査定結果も届きますので安心して利用することができます。

売りたい物件がマンションなら、便利なマンションナビの利用がおすすめです。

出典:マンションナビ公式サイト

【一都三県限定】イエシルなら中立的な相場価格を提示してくれる

IESHILの紹介

IESHILのココがおすすめ
  • 徹底して中立的な相場価格を提示
  • 約9000万件の賃貸情報や売却履歴のデータをもとに、適正価格を算出
  • 不動産仲介経験10年以上・有資格者の専任アドバイザーが無料でサポート
  • 首都圏の人気マンション価格はトップページからすぐにわかる

IESHILは、上場企業の株式会社リブセンスが運営するマンションの価格査定サイトです。上記で紹介した一般的な価格査定サイトよりも、徹底して中立的な相場価格の提示にこだわりを持っています。

実際には売れないような高い査定価格ではなく、約9000万件もの莫大な不動産賃貸、売却データをもとに、適正な売却価格を公開してくれます。

政府が提供するデータをもとに、特許を取得した算出方法から、客観的な評価額を出しているので、中立的な査定が可能になっています。

さらに中立的な価格を知った後は、元不動産営業のプロの専任アドバイザーが、売却の不安を無料でサポートしてくれます。

マンションナビとあわせての利用もおすすめです。

出典:イエシル公式サイト

よくある質問

マンションが売れるまで、どれくらいの期間がかかりますか?
一般的に、仲介では3~6カ月ほどが目安となります。買取では、1~2ヶ月で売却の手続きが終了することもあります。それぞれのメリット・デメリットを確認してください。
マンションの売却には「仲介」と「買取」のどちらがお得ですか?
仲介と買取はそれぞれにメリット・デメリットが存在します。
とにかく高く売りたい方は仲介をおすすめします。また、早く売却したい方には、買取がおすすめです。

どちらの場合も、信頼できる不動産会社に相談しましょう。

マンションの売却期間を短くする方法はありますか?
仲介の場合は、できるだけ販売力のある不動産会社を選び、適切な価格で販売することが大切です。また、内覧時にしっかりと対応することも重要となります。
不動産の査定は無料でできますか?
不動産の売却査定は原則無料です。もしも請求する不動産会社があれば、契約しないようにしてください。
複数の不動産会社に対して、同時に査定や売却の依頼を出しても大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。複数の不動産会社に依頼するのは一般的なことですので、気を遣わずにどんどん依頼してください。

ただ、余りに多いと対応に困るので6社以内がおすすめです。

売却が長引く物件の特徴はありますか?
一概には言えませんが、物件の立地や周辺の環境などに何らかの問題がある場合は、なかなか売れにくい原因になり得ます。

その場合には、仲介だけでなく買取も視野に入れておくと安心です。

売却価格が高くても早く売れる物件の特徴はなんですか?
主要な駅に近い物件や地域のブランド価値がある物件などは、高くてもすぐに売れる場合があります。

ただ不動産の売却には、時期的な問題なども複合的に影響しますので、信頼できる不動産会社を見つけることも大切です。

まとめ

ご覧いただいたように、マンションに関わらず、不動産の売却期間については様々な要因が影響します。

あなたの大切な資産である不動産の売却には、信頼できる不動産会社のアドバイスが不可欠です。

できるだけ早い売却を希望する方は、いろいろなサイトを比較して、良い不動産会社を見つけるところからスタートしてみて下さい。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事