ワンルームマンション投資は儲からないからやめとけ?理由を解説!

近年、不動産価格の高騰によってワンルームマンション投資に興味がある方も増えてきているのではないでしょうか?

実際に2013年ごろからマンション価格は右肩上がりで上昇しており、コロナ禍の現在も最高価格を更新している状態にあります。

【国土交通省】不動産価格指数の推移

不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)

出典:国土交通省 「不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)」

上記は国土交通省が公表している不動産価格の推移を示した「不動産価格指数の推移(令和4年月分)」となっています。

住宅総合(赤色)は緩やかに上昇、特にマンション(緑色)は2013年から大きく上昇していることがわかります。

しかしながら、ワンルームマンション投資は「初心者には難しい」「儲からない」などの口コミも多く、不動産投資デビューをしたい方にとってはどの情報が正しいのかわからない状態でしょう。

そこで、今回の記事ではワンルームマンション投資が儲からないのか、その理由やリスクについて解説していきます。

そもそもワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資とは、投資家がワンルームマンションを購入して、入居者を募集して家賃収入を得たり、マンションの売却益を狙う投資スタイル。

ワンルームマンションということもあり、「入居者決めが簡単」「退去時の原状回復も楽」「リフォーム費用も少なくて済む」「初期費用も小さい」などのメリットもあります。

 しかし、こういったメリットはどのような不動産にも付け足すことが可能なので、鵜呑みにしないことが大切です。

初期費用が数十万円から購入ができるということで、不動産投資初心者にとっても参入障壁が小さいですが、「空室リスク」「家賃下落リスク」「価格変動リスク」などのリスクもあります。

ワンルームマンション投資
初期費用 数十万円〜数千万円
利回り 4.0%〜4.3%程度
※出典:一般財団法人 日本不動産研究所
メリット
  • 入居者が決まりやすい
  • 原状回復が楽
  • リフォーム費用も安い
デメリット
  • 空室リスク
  • 修繕リスク
  • 家賃下落リスク

ワンルームマンション投資が儲からない理由・リスクとは?

ワンルームマンション投資が儲からない理由・リスクとは?

ワンルームマンション投資は儲からないと言われる理由は、「初心者にとって難しい」ということがあげられるでしょう。

 新築ワンルームマンション投資は特に「家賃下落リスク」「価格変動リスク」が高く、買った瞬間にマンション価格が下落することは言うまでもありません。

そこで、ワンルームマンション投資が儲からない理由・リスクについて解説していきます。

「ワンルームマンション投資」が儲からない理由
  • 利回りが低い
  • 売却が困難
  • 節税対策になる人は少数
  • 建物老朽化リスクがある

利回りが低い

利回りが低い

ワンルームマンション投資は想定利回り4.0%〜4.3%程度と、不動産投資にしてはかなり利回りが低いです。

【一般財団法人 日本不動産研究所】ワンルームマンション投資の期待利回り

不動産投資利回り

出典:一般社団法人 日本不動産研究所 「不動産投資家調査 2021年10月

地区 ワンルーム
札幌 5.3%
仙台 5.3%
さいたま 5.0%
千葉 5.0%
横浜 4.5%
名古屋 4.8%
京都 5.0%
大阪 4.6%
神戸 5.0%
広島 5.5%
福岡 5.0%

出典:一般財団法人 日本不動産研究所「第45回 不動産投資家調査」

さらに、ワンルームマンションの購入に対して「不動産投資用ローン」を組んで、利息分の費用や、管理費、税金などを差し引くと手残りがわずかになってしまいます。

日本で行う不動産投資は「家賃収入」を狙うのが一般的です。利回りを高くして投資戦略を立てましょう。

売却が困難

売却が困難

全国的に不動産価格が上昇していることから、ワンルームマンションを売却して利益(キャピタルゲイン)を狙おうと考える人も多いですが、利回りが低い物件を購入してくれる方はあまりいないでしょう

 新築ワンルームマンションであれば、購入するだけで価格が20%程度落ちると言われているため、売却するにしても、不動産投資ローンを完済するのは難しいでしょう。

先ほども解説した通り、日本の不動産投資は家賃収入(インカムゲイン)を狙うのが一般的です。

売却益だけで利益が出るとは考えづらいでしょう。

節税対策になる人は少数

節税対策にならない

不動産投資会社の営業トークで、ワンルームマンション投資が「節税対策」につながると言うことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

不動産投資は損益通算(給与所得と不動産所得を合算して課税所得を算出)できるので、不動産事業で赤字を出せば、節税対策が取れます。

 しかし、実際に節税対策によって大きなメリットを受けられるのは、年収が1200万円程度の高年収の方です。

そもそも、節税対策のために不動産投資をすることは本質的ではなく、しっかり収益を出せば税金は今よりも多く支払うことは言うまでもないでしょう。

建物老朽化リスクがある

年金対策にならない

ワンルームマンションを購入することで、30年後に不労所得として「家賃収入」が得られたり、売却して老後資金に充てられると考える方も多いでしょう。

しかし、30年後のワンルームマンションに誰かが住んでくれるのか、売却するにしてもいくらで売却できるのかという問題を解決しなければなりません。

 一般的に考えれば、築年数が経過したマンションを誰かに貸すのであれば、リフォーム費用がかかったり、売却もそこまで期待できないことが予想されます。

そのため、「年金代わりになる」と考えてワンルームマンションの購入を検討している方は、年金としては不十分であることを理解しましょう。

ワンルームマンション投資の失敗例

ワンルームマンション投資の失敗例

ワンルームマンション投資で失敗する人は「よくわからないまま購入してしまう」方が多いです。

このような失敗に巻き込まれないように、「失敗例」についても目を通しておくことが重要です。

市場相場を知らずに購入

市場相場を知らずに購入

不動産投資初心者の方であれば、購入を検討している物件がいくらくらいなのかを自分で予想立てることは難しいでしょう。

 そこを逆手にとって、不動産投資会社は市場相場よりも高く物件を売って利益を出していることも多くないです。

不動産投資初心者であれば、必ず周辺物件の市場調査し、購入に移るようにしましょう。

物件の市場調査を行うのであれば、不動産会社も利用しているレインズ」や「土地総合情報システムサイトの活用が効果的です。

自分で市場相場を調べる方法 内容

レインズ

  • 国土交通省指定の不動産流通機構が運営しているサイト
  • マンション・戸建の取引を地域ごとに簡単に調べられる
  • 土地面積・建物面積・価格帯を入力して調査も可能
  • 成約時期も分けて調べられる

土地総合情報システムサイト

  • 国土交通省指定の不動産流通機構が運営しているサイト
  • 土地・建物などの実際の売買価格を調査可能
  • 所在地・土地面積・形状・前面道路に関する情報も調査できる
  • 地価公示価格・基準地の価格も調べられる

サブリース任せのワンルームマンション投資

サブリース任せの空室リスク回避

不動産投資初心者の方がやりがちな、購入物件の管理・入居者募集などの事務手続きを「不動産管理会社」の言いなりとなってしまう投資スタイル。

特に「サブリース契約」は国土交通省でも問題視しており、投資家の不安を煽って、管理会社にとってメリットが大きいサブリース契約を交わさせることも多いです。

【国土交通省】サブリース方式において特に注意したいポイント

サブリース仕組み 国土交通省

出典:国土交通省 「賃貸住宅経営において特に注意したいポイント」

サブリース契約とは、投資家の投資用物件を不動産管理会社・不動産投資会社が一括して借上げることで、家賃収入の安定や入居者とのやり取りを自動化する契約。

入居者に係る事務手続きやクレーム・原状回復作業などの面倒な業務も委託できる一方で、「家賃減額」「契約解除」などのデメリットもあるので注意が必要です。

「サブリースの注意点」
  1. 契約期間中・契約更新の際に賃料減額の可能性がある
  2. 契約期間中でも契約が解除される可能性がある
  3. 家賃を受け取るだけでなく「原状回復費用」「修繕費用」の負担がある
  4. 融資審査の際に不正事例もある

こういった背景もあるため、特に信頼関係が築けていない投資初心者であれば、慎重に管理業者は選択しなければなりません。

国土交通省へ賃貸住宅管理業登録の申請」を実施している事業者や不動産管理会社一括比較サイト「イエカレ」を利用して複数の事業者を比較することが大切です。

節税対策のワンルームマンション投資

節税対策のワンルームマンション投資

不動産投資には、税務についての知識も関わってくるため不動産投資会社の営業マンは税金対策の知識も豊富なことが多いです。

しかしながら、営業担当者が「税金対策にもつながる」ようなアピールをしてきたら要注意です。

 不動産投資の本質は「家賃収入にて収入を増やすこと」が目的です。税金を減らすことは本質から外れており、収益を増やすための手段でしかありません。

節税対策でメリットを多く享受できる方は、少数派年収1200万円以上、課税所得900万円以上の高所得者が対象となることを覚えておきましょう。

ワンルームマンション投資で避けるべきポイント・成功のコツ

ワンルームマンション投資で避けるべきポイント

ワンルームマンション投資は「絶対に儲からない」ということはなく、実際にワンルームマンションで成功している人もいます。

ワンルームマンション投資で成功させたいと思っている方であれば、下記のポイントは必ずチェックしていきましょう。

「ワンルームマンション投資」で避けるべきポイント
  • 自己資金0円からスタートする投資
  • 節税対策の投資
  • 生命保険代わりの投資
  • 年金代わりの投資
  • サブリース任せの空室リスク対策

自己資金0円からスタートする投資

自己資金0円からスタートする投資

不動産投資の鉄則は「利回りを高くして家賃収入を得る」ことが重要です。そのため、自己資金0円で物件購入を検討している方は要注意です。

不動産投資ローンを借りることで、自己資金を少なくして不動産を購入できる一方で、利息分の費用がかかってしまいます。

【不動産投資ローン】借入先金融機関の例
金融機関
日本政策金融公庫
  • 比較的借入がしやすい金融機関
  • 年収が低い方も利用しやすい
SBJ銀行
  • 変動金利:3.0%〜8.0%
  • 借入金額:最大2億円
  • 借入期間:最長20年
東京スター銀行
  • 変動金利:0.85%~7.85%
  • 借入金額:100万円〜1億円
  • 融資期間:1年〜30年
オリックス銀行
  • 変動金利:2.675%〜3.675%
  • 借入金額:1000万円〜2億円
  • 借入期間:1年〜35年

利回りを高くして不動産投資を実施していくためには、利息などの費用はできる限り最小化することが大切です。

 ワンルームマンション投資であれば、利回り4.0%~4.3%と言われているため、ローンを組んでまで不動産投資してしまうと利回りがさらに下がってしまいます。

可能であれば、自己資金500万円程度は用意して物件を購入したり、中古ワンルームマンションで価格を抑えて投資するような考え方も大切です。

節税対策の投資

税金対策の投資

節税対策で不動産投資を検討している方も危険です。確かに不動産事業をすることで、損益通算を通して一定の節税効果が期待できます。

 しかし、節税対策で大きくメリットを受けられるのは高年収取得者(年収1,200万円・課税所得900万円以上)の方のみです。

このような方であれば、ワンルームマンションを現金一括で購入したり、損益通算によって節税メリットを享受できて、キャッシュフロー(収入)を増やすこともできるでしょう。

【国税庁】所得税の早見表
課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 〜 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 〜 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 〜 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 〜 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 〜 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 〜 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45%
4,796,000円

出典:国税庁 「所得税の速算表」

年収1,200万円以下の方であれば、支払っている住民税・所得税よりも、不動産事業による費用が大きくなってしまい、結果として損することになるので注意しましょう。

生命保険代わりの投資

生命保険代わりの投資

自分が万が一亡くなってしまった場合に、家族にワンルームマンションを残せるという考え方についても注意が必要です。

不動産投資用ローンを組んで物件を購入しておけば、万が一亡くなった場合でも遺産としてワンルームマンションからの家賃収入・売却益が期待できますが、これも不動産投資の本質からずれています。

 先ほども解説していますが、不動産投資は「家賃収入でキャッシュフロー(収入)を増やす投資」です。

生命保険で物件を購入するのであれば、始めから「生命保険」に加入した方がリスクも小さく、現金化も簡単です。

「安心」などの言葉を巧みに使って物件の購入を迫ってくるような不動産業者には注意しましょう。

年金代わりの投資

年金代わりの投資

年金代わりになると考えてワンルームマンション投資を検討している方も注意しましょう。ワンルームマンション投資だけで、老後資金の問題が解決するわけではありません。

20年〜30年後に残るワンルームマンションは築年数も経ち、貸し出すにもメンテナンス費用がかかったり、売却価格もそれほど期待できないでしょう。

【国土交通省】不動産の減価償却による資産の下落

国土交通省 減価償却

出典:国土交通省 「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」

中古マンションであれば、およそ20年程度で資産価値は半減、木造戸建住宅であればおよそ30年で資産価値は0に近づきます。

そもそも収益性の高い物件であれば、買った瞬間から家賃収入でキャッシュフロー(収入)を増やしてくれたり、売却もしやすくなります。

 年金対策でワンルームマンション投資を検討している方であれば、まずはiDecoやNISAなどの積立投資も検討しましょう。

サブリース任せの空室リスク対策

サブリース任せの空室リスク対策

サブリース契約による不動産管理会社任せのワンルームマンション投資も危険です。

サブリース契約はサラリーマンの方であれば、入居者募集・物件管理・原状回復などの面倒な事務作業も自動化できるため、メリットが大きいです。

 しかしながら、複数の不動産管理会社を比較しないまま、管理委託してしまうのは危険です。

先ほども解説した通り、投資家の「不安」を煽った「サブリース契約」によって投資家が不利益を被ってしまうことも少なくありません。

必ず複数の不動産管理業者を比較し、国土交通省へ「賃貸住宅管理業登録の申請がされているか、市場相場と比較して適正価格を確認しましょう。

おすすめのワンルームマンション投資の始め方

ワンルームマンション投資 の始め方

不動産投資初心者の方であれば、ワンルームマンション投資は避けた方がいいのかと感じる方も多いでしょう。

「初期費用を抑えて不動産投資に参入できる」メリットを生かして、ワンルームマンション投資にチャレンジしてみたい方も多いはずです。

そこで、ワンルームマンション投資を始めるためのおすすめの方法を紹介します。

不動産投資の勉強

不動産投資の勉強

今すぐにでも不動産投資を始めたい方は多いはずですが、まずは一度立ち止まって不動産投資の勉強を始めることが大切です。

面倒だと感じる方も多いでしょうが、不動産投資を始めるなら本を10〜15冊程度は読むことを推奨している方も多いでしょう。

 不動産投資初心者の方であれば、それくらいじっくり時間をかけて1棟目を購入することはおすすめです。

最初の1棟目がしっかり満室で運用できていれば、2棟目の購入時にも不動産投資ローンが組みやすくなったり、収益性の高い物件の見極めができるでしょう。

本から勉強していくのは苦手という方であれば、後ほど紹介する「おすすめの不動産投資会社」では無料のセミナーを数多く開催しているので、参加してみてもいいでしょう。

入念な物件の選定

入念な物件の選定

しっかり不動産投資の勉強をしたら、物件の選定をしていきましょう。不動産投資会社が紹介してくれる物件だけでなく、自分でも手を動かして探すことが大切です。

 物件選定する際には「周辺物件の設備・家賃・稼働状況の調査」「賃貸ニーズの調査」などは必須です。できれば現地に行って調査してみましょう。

現在であれば、自分でも「不動産ポータルサイト」を利用してオンライン上から物件を探すことも可能です。

【不動産ポータルサイトの例】
不動産投資ポータルサイト

楽待

  • 不動産コラムが豊富なサイト
  • アプリ版もありスマホからもチェック可能
  • 収益物件50,000件以上掲載(2022年5月時点)

健美家

  • 不動産コラム・不動産ニュースが豊富
  • 不動産投資系のブログの情報も
  • 収益物件50,000件以上掲載(2022年5月次点)

at home

  • 大手不動産ポータルサイトが運営する収益物件検索サイト
  • 「利回り15%物件特集」などの実施
  • 掘り出し物件も多く存在

どのような物件が売れるのかを自分の中でも仮想取引をしながらポータルサイトを眺めることで、人気の物件や市場相場に慣れていくことができるでしょう。

まずは、自分の住んでいるエリアに限定したり、マンション・戸建などに限定して調査するといいでしょう。

複数の不動産管理会社を比較

複数の不動産管理会社の比較

物件の選定から購入まで行ったら、不動産管理会社の選択をしていきます。サラリーマンであれば、不動産管理を一括委託することで、面倒な入居者管理を自動化できるでしょう。

初心者の方であれば、「サブリース契約」や管理費用などの市場相場がわからないことが多かったり、業者とも信頼関係ができていないので不安でしょう。

 その際には、「イエカレ」などの不動産管理会社一括比較サイトを利用して複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

イエカレ 不動産管理会社

出典:イエカレ

「イエカレ」のここがおすすめ!

不動産管理会社一括比較サイト「イエカレ」では、オンライン上から複数の管理会社へ見積もり依頼が取れるサービス。

複数社からもらった見積書をもとに比較・検討ができるため、「市場相場」の調査や「信頼できる事業者」を探すことが可能です。

事業者との信頼関係が築けていない初心者の方であれば、じっくり比較・検討して信頼できる業者を選択しましょう。

おすすめの不動産投資会社

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

Renosy

出典:RENOSY 「RENOSYは6部門でNo.1」

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)
実績
  • 不動産投資の売上2年連続No.1
  • ネットで選ばれている不動産投資会社NO.1
  • 安心・信頼できる不動産投資会社 No.1
  • 友人に紹介した不動産会社 No.1
  • 入居率99.5%・平均空室期間が26日
無料セミナー

面談あり(完全非対面)
※資料請求後、初回面談でAmazonギフト券5万円分プレゼントあり

無料セミナー資料内容
  • RENOSYのサービス内容
  • 不動産投資物件例など

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント 「セミナーを開催している3つのポイント」

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)
実績
  • 入居率は7年連続99%超
  • 紹介・リピート率71.3%
無料セミナー 毎日開催
※来場型のセミナー参加者には1500円分のAmazonギフト券プレゼント
無料セミナーの内容
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • 月収30万円の不動産収入の作り方
  • 危険な不動産の特徴

例:不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのこと
※2022年2月18日(開催)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドのガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

FJネクスト 供給実績

出典:FJネクスト 「首都圏投資用マンション供給ランキング第1位」

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%
    実績
    • 入居率99.0%※2021年6月時点
    • 首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位
    • 都心を中心に315棟の供給実績
    • 創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史
    無料セミナー
    • 毎週開催無料セミナー
    • 50分の個別相談会(事前予約制)

    無料セミナー内容

    • 新築マンション・中古マンションのメリット・デメリット
    • 不動産投資の出口戦略
    • 失敗例や業者・物件の選び方

    出典:FJネクスト公式サイト

    優良な不動産投資会社をランキング形式で比較紹介した記事もありますので、気になる方はご覧ください。

    よくある質問

    ワンルームマンション投資とは?

    ワンルームマンション投資とは、投資家がワンルームマンションを購入して、入居者を募集して家賃収入を得たり、マンションの売却益を狙う投資スタイル。

    初期費用が数十万円から購入でき、不動産投資初心者にとっても参入障壁が小さいですが、「空室リスク」「家賃下落リスク」「価格変動リスク」などのリスクもあります。


    ワンルームマンション投資が儲からない理由とは?

    「利回りが低い」「売却が困難」「節税対策になる人は少数」「建物老朽化リスクがあり年金対策としては微妙」などがあります。

    新築ワンルームマンション投資は特に「家賃下落リスク」「価格変動リスク」が高く、買った瞬間にマンション価格が下落することは言うまでもありません。


    ワンルームマンション投資の失敗例は?
    「市場相場を知らずに購入」「サブリース任せの投資」「節税対策のワンルームマンション投資」などでワンルームマンションを購入してしまうと失敗してしまいます。

    不動産投資の本質である「キャッシュフローの強化」を目的とした不動産投資を実行するようにしましょう。


    ワンルームマンション投資での注意点とは?
    「自己資金0円からスタートする投資」「節税対策の投資」「生命保険代わりの投資」「年金代わりの投資」「ブリース任せの空室リスク対策」などには注意が必要です。

    不動産投資の鉄則は「利回りを高くして家賃収入を得る」ことが重要です。そのため、自己資金0円で物件購入を検討している方は要注意です。


    ワンルームマンション投資は節税対策になりますか?
    節税対策で大きなメリットを享受できる人は「年収1200万円以上・課税所得900万円以上」の高所得者の方達です。

    年収1,200万円以下の方であれば、支払っている住民税・所得税よりも、不動産事業による費用が大きくなってしまい、結果として損することになるので注意しましょう。


    ワンルームマンション投資は生命保険代わりになりますか?
    生命保険で物件を購入するのであれば、始めから「生命保険」に加入した方がリスクも小さく、現金化も簡単です。

    不動産投資用ローンを組んで「ワンルームマンション」を購入すれば、万が一自分が亡くなった場合でも家族に不動産を残せますが、本質からずれています。


    ワンルームマンション投資は年金代わりになりますか?
    ワンルームマンション投資だけで、老後資金の問題が解決するわけではありません。

    そもそも収益性の高い物件であれば、買った瞬間から家賃収入でキャッシュフロー(収入)を増やしてくれたり、売却もしやすくなります。


    ワンルームマンション投資のおすすめの始め方は?
    ①不動産投資の勉強→②不動産物件の入念な選定→③不動産管理会社を複数社比較 の流れがおすすめの方法です。

    不動産投資の本を最初から読むのは抵抗がある方は、まずは無料のセミナーから基礎的な部分を学ぶこともいいでしょう。

    まとめ

    まとめ|儲からない理由は勉強不足にあり

    ワンルームマンション投資は購入価格の高さから、思った以上に「利回り」が低かったり、「税金対策」・「年金代わり」といった言葉に騙されてしまい儲からない投資となる可能性があります。

    ワンルームマンション投資は比較的、初期費用が小さくて投資初心者の方でも始めやすいと感じる方も多いでしょう。

     しかし、不動産投資は勉強不足では成功することは難しく、物件の購入には入念な収支シミュレーションや周辺物件の調査は必要不可欠です。

    ワンルームマンション投資で「成功」させたいという方は、不動産投資の本質である「キャッシュフローの増加」を忘れることなく、不動産投資の勉強を始めることが大切です。

    不動産投資の本からスタートには抵抗がある方は、まずは無料のセミナーから基礎的な部分を学ぶこともいいでしょう。

    その際には、勢い余って不動産物件を購入してしまわないように注意しましょう。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事