土地売却の流れを徹底解説!かかる費用や税金は?高く売るコツも紹介

土地の売却を考えている方は、土地売却の流れや、かかる費用・税金など、事前に把握しておきたいものですよね。

売却時には、売却金額が入金されるだけではなく、支払うお金も意外と多いものです。そこでこの記事では、土地を売却する際の流れやかかる費用・税金、高く売るためのコツなどを紹介します。

おすすめの土地売却査定一括査定サイトも紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

土地売却時の注意点も紹介しています。土地売却の予定がある方は、ぜひ一読してください。
【迷った方はこちら】フォーメンバーズ|イオンハウジングネットワーク加盟店本部

フォーメンバーズは、一都三県(東京、埼玉、千葉、神奈川)での不動産売却に対応している不動産会社です。イオンモールの中に店舗があるので、お買い物ついでに立ち寄っていただけます。

また、売却物件についての質問はメールフォームにて24時間365日いつでも受付可能。訪問査定も行ってくれるので、対象地域にて不動産売却を検討している方は、一度問い合わせてみるか、お店に訪問してみることをおすすめします。

全国店舗数 31店舗
※2021年7月時点
営業時間 10:00~21:00
電話番号 0120-305-684(24時間365日対応)

出典:https://f-members.co.jp/

土地売却の流れ

土地売却の流れ

まずは、土地を売却する流れをしっかりと把握しておきましょう。

事前に流れを把握しておけば、実際に売却する際にはスムーズに進めることができます。

STEP①書類を準備しておく

土地に関する書類と、契約時に必要な身分に関する書類を準備しましょう。必要な書類は、以下のとおりです。

土地売却に必要な書類一覧
  • 登記権利書、または登記識別情報
  • 固定資産税・都市計画税納税通知書、または評価証明書
  • 土地測量図
  • 土地境界確認書
  • 身分証明書(免許証やパスポートなど)
  • 3か月以内に取得した住民票
  • 3か月以内に取得した印鑑証明書
  • 実印
  • 銀行口座がわかるもの

まず必要なのは、土地に関する書類です。本人確認書類は、不動産会社と媒介契約を結ぶ時までに用意すればいいので、焦らず準備しましょう。

手元にない書類は、再発行または、新たに取得が必要な場合もあります。

STEP②査定をする

土地売却の流れ

次に、土地がいくらで売れるのかを査定します。

不動産会社にいきなり頼むよりも、不動産一括査定サイトで複数の不動産会社に査定を依頼し査定額を比較すれば、より高い金額で売却することができます。

 不動産一括査定サイトの利用は基本的に無料です。

土地の査定額は、会社によって違います。場合によっては数百万円もの差が出ることもあるので、比較してから媒介契約をするのがおすすめです。

複数の不動産会社で比較すれば、1番高く売ってくれる不動産会社と媒介契約を結ぶことができます。

STEP③不動産会社と媒介契約を結ぶ

土地売却の流れ

売却をお願いする不動産会社を決めたら、媒介契約を結びましょう。

媒介契約の種類は、3種類あります。自身の方針と合ったものを不動産会社を話し合って決めてください。

一般媒介契約 専属媒介契約 専属専任媒介契約
不動産会社との契約 複数社と契約して良い 1社のみ 1社のみ
買主探し 自分で見つけても〇 自分で見つけても〇 自分で見つけるのは×
契約期間の定め 定めなし 最長3ヶ月 最長3ヶ月
レインズ登録義務 なし 契約から7日以内 契約から5日以内
販売状況の報告義務 なし 14日に1回以上 7日に1回以上

気を付けなければならないのは、一般媒介契約です。

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約していい代わりに、レインズへの登録義務や、販売状況の報告義務がありません

 レインズとは、国土交通省が定める不動産流通システムのこと。レインズに登録することで、全国の不動産会社が情報を見ることができます。

自分で買主を見つけられる自信があるときはいいですが、そうでなければ、専属媒介契約または専属専任媒介契約で契約することをおすすめします。

レインズに物件情報を登録できるのは、不動産免許を持った事業者だけです。

STEP④売却活動をする

土地売却の流れ

契約を結んだら、不動産会社は売却活動を開始します。レインズに登録後、自社ホームページでの宣伝や、店舗での売込みなどを行ってくれるでしょう。

一般媒介契約以外であれば、1週間または2週間に一度以上の頻度で活動状況の報告があるので、申し込みや見学があると知らせてくれるはずです。

 進捗が何もない場合は、営業活動に力を入れてもらうようお願いしましょう。

土地に看板を立てたり、近所にチラシを入れたりするのも一つの手です。

なるべく多くの人の目に入るような宣伝をしてもらうよう、お願いしてみてはいかがでしょうか。

STEP⑤売買契約を結び、引き渡す

土地売却の流れ

買主が無事見つかったら、売買契約を結びます。

契約締結に関しては、不動産会社がリードして行ってくれるので、難しいことは特にありませんので安心してください。

 契約書に押す印鑑や、契約書に貼る印紙を用意しておきましょう。

通常、契約金額の振り込みと同時に引き渡しが行われます。

引き渡しは、後のトラブルを防ぐために、売主・不動産会社・買主全員が立ち会いのもと、行いましょう。

境界線や土壌汚染などをプロと一緒に確認しながら行えば、トラブルを未然に防ぐことができます。

土地を高く売却するには?

土地を高く売却するには?

土地を売却するなら、少しでも高い金額で売りたいものですよね。

では、どうすれば高く売れるのでしょうか。そのコツを紹介します。

一括査定サイトで、査定額を比較する

前途したように、査定額は不動産会社によって異なり、場合によっては数百万もの差が出ることもあります。

それを知らずに、最初から1社に売却を頼んでしまうと、「もっと高く売れたかも」なんて事態にもなりかねません。

 複数社の査定額を比較し、1番高く査定してくれた会社に売却を依頼すれば、高い金額で売却することが可能です。

複数社で査定しないともったいないので、一括査定は必ず行うようにしましょう。

不動産一括査定サイトの利用は無料です。少しでも高く売りたいなら、使わない手はないでしょう。

土地の見栄えを良くしておく

土地を高く売却するには?

訪問査定や、購入を検討している方が見学に来たとき、土地に雑草が生い茂っていたりゴミが散乱していると、印象がよくありません

土地を綺麗にして印象を良くすると、査定の評価や、購入意欲のアップにも繋がります

 査定前や、売却活動中にも定期的に雑草を刈るなど、手入れを行うようにしましょう。

汚い土地は、誰も「欲しい」とは思えません。見栄えを良くしておくことで、「ここの土地に家を建てたい」とイメージさせやすくなります。

土地の見栄えも、家の中と同じです。綺麗にしておいて損はないので、手入れには力を入れましょう。

土地売却の注意点

土地売却の注意点

次は、土地を売却するときの注意点を紹介します。土地売却の予定がある方は、必ず目を通しておきましょう。

境界線がはっきりしているか

隣地との境界線がはっきりしていない場合、土地家屋調査士にお願いをして、測量をしてもらわなければなりません。

地積測量図や登記情報に記載がなければ、査定前に測量を済ませておきましょう。

土地家屋調査士に依頼する場合、40~50万円が相場なので、お金の準備も必要です。

土壌汚染などはないか

土地売却の注意点

工場跡地などで土壌汚染があることが契約後に発覚した場合、瑕疵担保責任を負うことになったり、最悪の場合、売却ができなくなることもあります。

瑕疵担保責任とは、契約後、売約した不動産に不備があった場合、売主が責任を負うことです。

 契約後に発覚してトラブルになる前に、契約前に土壌汚染がないか調べておきましょう。

土壌汚染がない場合は、そのまま売却を進めることができます。

万が一土壌汚染がある場合は、対策をしてから売却に進むこととなるでしょう。

共有の土地ではないか

土地売却の注意点

共有の土地を売却する際は、所有者全員の同意が必要です。

または、自分の所有部分のみの売却となります。同意がないときは、共有部分の土地を含めて売ることはできませんので、ご注意ください。

同意がある場合は、本人同席もしくは委任状が必要となります。事前に話し合い、準備しておきましょう。

土地売却にかかる税金

土地売却にかかる税金

土地売却には、かかる税金が大きく分けて3種類あります。

場合によっては支払う必要がないものもありますので、チェックしておきましょう。

印紙税

契約書には、売主・買主ともに印紙を貼らなければなりません。通常1通ずつ保管するので、それぞれ負担します。

印紙税の金額は、不動産の金額によって異なるので、以下の表を確認してください。

契約金額 印紙代
10万円を超え 50万円以下のもの 200円
50万円を超え 100万円以下のもの 500円
100万円を超え 500万円以下のもの 1000円
500万円を超え 1,000万円以下のもの 5000円
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの 1万円
5,000万円を超え 1億円以下のもの 3万円
1億円を超え 5億円以下のもの 6万円
5億円を超え 10億円以下のもの 16万円
10億円を超え 50億円以下のもの 32万円
50億円を超えるもの 48万円

出典:国税庁 No.7108 不動産の譲渡、建設工事の請負に関する契約書に係る印紙税の軽減措置https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7108.htm
※上記は、平成26年4月1日から令和4年3月31日までの間に作成される契約書の軽減税率です。

大きな金額になれば印紙代も大きくなりますが、5億円以下であれば、そう大きな負担とはならないでしょう。

よほど高い土地ではない限りは、ほとんどが3万円以下で済むのではないのでしょうか。

登録免許税

土地売却にかかる税金

住宅ローンを組んでいて、土地に抵当権を設定している場合は、抵当権抹消をしてから引き渡さなければなりません。

抵当権抹消にかかるのが、登録免許税です。

 登録免許税は、土地一筆につき1000円がかかります。売却する土地が一筆なら、1000円で済むでしょう。

土地が二筆や三筆に分かれていて、それぞれに抵当権が設定されていれば、その分の登録免許税がかかることとなります。

ただし、手続きを司法書士などにお願いする場合は、別途手数料がかかることとなります。

所得税・住民税

土地売却にかかる税金

土地の売却により、購入した時よりも利益が出た場合、「譲渡所得」となり、譲渡所得の分に所得税と住民税がかかります。

利益が出なければ、これらを支払う必要はありません。

 売却金額から諸経費を引いた分を計算するので、各所でもらった領収書は必ずとっておくようにしましょう。

マイホームを売ったときに適用される「3000万円控除」は、土地とともに住んでいた家屋を売却した場合にのみ適用されます。

家屋がなく、土地だけを売却する場合は適用されませんのでご注意ください。

土地売却にかかる費用

土地売却にかかる費用

続いて、土地売却をする際の税金以外にかかる費用を紹介します。ここは意外と出費がかさむので、チェックしておきましょう。

仲介手数料

土地売却で1番高額な出費になりえるのが、仲介手数料です。

土地売却を行う際、不動産会社を通すと、仲介手数料が発生します。仲介手数料の簡略な計算式は、以下です。

 (売却金額×3%+6万円)×消費税

この計算式で、仲介手数料の上限を算出することができます。現状仲介手数料は、上限いっぱいまで請求されることがほとんどです。

売却金額が高いほど、仲介手数料もかかることとなります。事前に把握しておきましょう。

土地測量費や土壌汚染調査費

土地売却にかかる費用

これは、土地測量図がない場合や、過去に土壌汚染調査を行っていない場合にのみかかる費用となります。

 どちらも必要ない場合は、ここの費用はかかりません。

土地測量の相場は40〜50万円、土壌汚染調査も同じくらいの費用がかかるので、必要な場合は支払いの準備をしておきましょう。

費用が高いからと言って省略できるものではありません。必ず売却前に行ってください。

書類取得費

土地売却にかかる費用

住民票や印鑑証明書、登記権利書などを取得するのには、手数料がかかります。

しかし、どれも1通数百円で済むものなので、大きな負担にはならないでしょう。

ただし、役所や法務局に行かなければいけない手間や交通費もかかってしまいます。

土地売却におすすめの一括査定サイト4選

土地を少しでも高く売るためには、複数の不動産会社に査定を依頼し、査定額を比較することが大事です。

ここからは、土地売却時におすすめの不動産一括査定サイトを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

すまいValue(バリュー)

すまいValue

すまいValueのココがおすすめ
  • 不動産業界の最大手6社がタッグを組んで運営している
  • 2020年度の年間取引実績は6社合計で11万件以上※1
  • 6社合わせた店舗数は全国に900以上※2
  • 96.7%の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と満足している※3
  • トップページから売り出し中の物件をすぐに確認することができる
    ※1 2020年4月〜2021年3月末の実績。公式サイトより
    ※2 2021年4月10日時点。公式サイトより
    ※3 一都三県に住む30歳以上の男女のうち、過去3年に不動産売却経験のある方にアンケートを行った結果。公式サイトより

すまいValueは、不動産業者を牽引する6社がタッグを組み運営している不動産一括査定サイトです。

11万件を超える年間の実績があり、売却を依頼しても安心してお任せすることができます。

 6社合わせて全国に900店舗。どの地域の土地売却を依頼しても、対応してくれるでしょう。

顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

口コミの評価が高いのは、利用する上でとても参考にしやすいですよね。

トップページから売り出し中の物件の確認もすぐにできるので、相場をチェックしてみてはいかがでしょうか。

提携不動産会社数 6社
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-087-301

出典:https://sumai-value.jp/

ホームズ不動産売却

ホームズ不動産売却

ホームズ不動産売却のココがおすすめ
  • 全国3000を超える不動産会社と提携 多くの会社で査定額を比較できる
  • 匿名で簡易査定が可能。売ろうかまだ迷っている方におすすめ
  • 土地売却に関するノウハウや流れをわかりやすくまとめたコンテンツがある
  • 利用者のリアルな成功談や失敗談のアンケートを読めて、土地売却の参考になる
  • 土地相場を見るマップがとてもわかりやすい
    ※2021年8月25日時点。公式サイトより

ホームズ不動産売却は、日本最大級の不動産情報サイト「ライフルホームズ」が運営する不動産一括査定サイトです。

全国の不動産会社3000社以上と提携しているから、「より多くの会社で査定額を比較したい」という方には、ピッタリでしょう。

 「売るかまだ迷っている」という方には、匿名で査定ができる簡易査定がおすすめ。個人情報を入力しないので、不動産会社から連絡が来ることはありません。

利用者の成功談・失敗談を集めたページも見ごたえ抜群。これから売却を控える人に向けて、実践的なアドバイスが書かれています。

他にも不動産売却の基礎知識や失敗しないコツなど、売却に役立つコンテンツが盛りだくさん。とても参考になります。

土地の相場も見やすく、売り出し中の物件情報も一緒に見られるので、査定前にチェックし、相場を確認してみてはいかがでしょうか。

提携不動産会社数 3249社(2021年8月25日時点)
最大一括査定社数 10社
電話番号 0120-247-036(東京都にあるマンション限定)

出典:https://www.homes.co.jp/satei/tochi/

HOME4U(ホームフォーユー)

HOME4U

HOME4Uのココがおすすめ
  • 日本国内で初めての不動産一括査定サイト。創業は20年
  • 20年間の運営で実績があった不動産会社とだけ提携。その数1800社以上
  • 査定を依頼した不動産会社以外からの連絡は一切なし
  • NTTデータグループの運営で、セキュリティ対策もバッチリ
  • ユーザーサポートが困りごとなどを無料で相談に乗ってくれる
    ※2021年8月25日時点。公式サイトより

HOME4Uは、NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイトです。

NTTデータグループが培ってきたセキュリティ体制をフルで活用しているので、個人情報の保護も安心。依頼した不動産会社以外から連絡が来ることはありません。

 日本国内で初めて不動産一括査定サイトを始めたのがHOME4U。経験豊富なので、どんな困りごともすぐに助けてくれるでしょう。

20年の間に実績があった不動産会社とだけ提携。その数は1800社以上なので、大手不動産や地域密着型の不動産まで、あなたの土地売却にぴったりの不動産会社が見つかるはずです。

物件情報の入力もとても簡単で、わずか1分程で完了。時間がない方でも、あっという間に査定依頼ができます。

相場のチェックも簡単に見れます。所有している土地のエリア相場を確認し、査定額と比較してみてはいかがでしょうか。

提携不動産会社数 1800社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 0120-245-171(平日10:00~18:00)

出典:https://www.home4u.jp/sell/land

イエウール

イエウール

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の大手不動産や地元の優良不動産会社1900社以上と提携※1
  • 月間利用者数は1万3000人を突破※2 多くの人がイエウールを利用している
  • お客さんからクレームが多い会社は徹底排除※3 常に安全なサービスを提供
  • 不動産売却の基礎知識や正攻法、相続についてなど参考になるコラムが多数
  • 入力はチャット方式で、身構えることなく進められる
    ※1 2021年8月時点。公式サイトより
    ※2 2020年7月時点。公式サイトより
    ※3 公式サイトより

イエウールは、株式会社Speeeが運営する不動産一括査定サイト。Speeeは、東証JASDAQに上場している企業です。

入力はチャット方式で進んでいくので、友人と普段通りにやり取りしているような感覚で、気軽に進めることができます。

 お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除。常にユーザーが安心してるようできるサービスを提供しています。

ですから、提携している1900以上の不動産会社はどれも優良会社。どの会社に売却依頼をしても、トラブルになる可能性は非常に低いでしょう。

月間の利用者数は1万3000人以上。多くの人から信用され、利用され続けています。

不動産売却や相続などについても参考になるコラムを多数掲載。査定結果を待つ間に、ぜひ一読してみてください。

提携不動産会社数 1900社以上
最大一括査定社数 6社
電話番号 03-5114-1939(株式会社Speee)

出典:https://ieul.jp/

土地売却に関するよくある質問

おすすめの土地一括査定サイトは?
すまいValueがおすすめです。不動産業界トップの6社がタッグを組み運営していて、知名度や実績、信頼は申し分ありません。
土地売却の流れを教えて!
書類の準備をしたら一括査定をし、不動産会社を選んで媒介契約を結びます。売却活動後、買主と売買契約を結び、入金と同時に引き渡しです。
土地を高く売却するには?
不動産一括査定サイトを利用しましょう。複数の不動産会社で査定額を比較し、1番高く査定してくれた会社に売却を依頼すれば、高く売ることができます。
土地売却の注意点は?
隣地境界線や土壌汚染調査が済んでいるか確かめましょう。また、共有の土地であれば、所有者全員の同意または自分の所有地のみの売却となります。
土地売却にかかる税金は?
印紙税、登録免許税、所得税・住民税です。ただし、所得税と住民税は土地売却により利益が出た場合にのみ発生します。領収書は保管しておきましょう。
土地売却にかかる費用は?
仲介手数料と、書類取得費がかかります。また、隣地境界線がはっきりしていない場合は、測量を行わなければならないので、測量代がかかります。
共有の土地を売る場合はどうすればいい?
所有者全員の同意が必要です。同席するか、委任状をもらいましょう。同意が得られない場合は、分筆し自身の持ち分のみを売却することとなります。

まとめ

土地売却をするには、まず土地に関する書類を集めることから始めましょう。その後、一括査定をし、1番高い査定額を出してくれた不動産会社と媒介契約をし、売却活動後に引き渡しをします。

土地売却で購入時よりも利益が出た場合は所得税・住民税がかかりますが、そうでない場合は大きな税金負担はありません。

仲介手数料が1番大きな金額となりえるので、支払いの準備をしておきましょう。

早速、不動産一括査定サイトで土地の査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事