【2021年最新】おすすめ住宅ローン人気比較ランキング

住宅を購入する際に重要なのが「住宅ローン」。数千万規模の大きな買い物となり、金利が数%違うだけで支払う金額が大きく異なります。

また、各住宅ローンによっては保険がついていたり、キャンペーンがついていたりと特徴はさまざまです。

住宅ローンを安易に決めてしまうと後で返済に困る可能性が高いため、慎重な住宅ローン選びが求められます。

そこで今回は、おすすめの住宅ローンを10個選出し、比較していきます。住宅ローンの利率が低い順に1位~3位のランキングも紹介するので、最後まで読んでみてくださね。

住宅ローンの選び方も紹介しますので、何を基準に住宅ローンを選べば良いか分からない方も参考にしてみてください。

おすすめ住宅ローン10選を比較

おすすめの住宅ローンを10個選出しました。各住宅ローンで金利の数値が異なるのはもちろん、さまざまな特色がありますので、それぞれ紹介します。

おすすめの住宅ローン10選
  • 楽天銀行 住宅ローンフラット35
  • auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)
  • みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン)
  • PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)
  • 住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)
  • 紀陽銀行住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)
  • 新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)
  • ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)
  • りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)
  • 三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン・変動金利選択プラン

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)

住信SBIネット銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 団信や全疾病保障が付いた住宅ローン
  • 一部繰上返済は何度でも手数料0円

住信SBIネット銀行の住宅ローンは団信や全疾病保障が付いた住宅ローンとなっており、保険と住宅ローンが一体となったタイプと言えるでしょう。

 対面相談なしで住宅ローンに申し込めるので、忙しい方にもおすすめです。

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)の基本情報

金利

年0.39%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 団体信用生命保険
  • 全疾病保障
  • がん診断給付金特約
  • ATMの振込手数料が月7~15回無料
  • 全疾病保障やがん診断給付金特約は基本プラン

キャンペーン

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/home-loan/

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)

りそな銀行 全期間型・融資手数料型のココがおすすめ
  • 住宅ローンが返済困難になった際の保障が手厚い
  • 平日最大21時まで営業の店舗や土日営業の店舗でじっくり相談できる

りそな銀行の全期間型・融資手数料型(変動金利)は住宅ローンが返済困難になった際の保障が手厚い住宅ローンとなっています。

借入金利に0.3%追加すると、団信革命と呼ばれる特定のケガや病気で受託ローン返済が困難になった際にローン残高0円になる嬉しいサービスがあります。

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 無料の団体信用生命保険
  • 3大疾病保障特約(金利0.25%を追加する必要あり)
  • 団信革命(金利0.30%を追加する必要あり)

キャンペーン

出典:https://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/?bank=rb_unite

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)

新生銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 金利+諸費用が魅了の住宅ローンNo.1※
  • 相談から契約までリモートで行える
    ※公式サイトより

新生銀行の住宅ローン変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)は年利0.45%となっています。

変動フォーカスタイプと対になる年0.65%タイプと選べる部分が特徴です。

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金が1,000万円の場合、22万円

借入金が5,000万円の場合、110万円

繰上げ返済手数料

ネットバンキング利用時無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 団体信用生命保険
  • 安心保障付団信

キャンペーン

出典:https://www.shinseibank.com/powerflex/housing/

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローンのココがおすすめ
  • 年0.475%の低金利
  • 手数料無料や金利優遇が多い

三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローン(変動金利)は年0.475%の金利が魅力的な住宅ローンです。

 団信や保障の充実はもちろん、手数料無料や金利優遇が多いのもポイントです。

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)の基本情報

金利

年0.475%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

ネットの場合無料、電話や窓口で申請する場合は5,500円~16,000円(税込)

付帯サービス・特典・サポート

  • 無料の団体信用生命保険
  • 7大疾病保障付住宅ローンビッグ&セブン3大疾病保障充実タイプ(金利0.30%を追加する必要ありもしくは月額110円~4,453円の保険料)
  • 三菱UFJ銀行手数料無料
  • リフォームローン金利の優遇(0.5%)

キャンペーン

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/net/index.html

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローンのココがおすすめ
  • 新規購入で自己資金10%以上のかたは、引き下げ幅を0.05%拡大
  • 死亡保険などの手厚い保障がある

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンは来店不要で気軽にローンを組むことができる住宅ローンです。

死亡保障やがん団信100で、もしもの時は手厚い保障が受けられます。

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 一般団信
  • がん団信50
  • がん団信100
  • 3大疾病団信
  • 生活習慣病団信
  • ワイド団信

キャンペーン

出典:https://moneykit.net/visitor/hl/

楽天銀行 住宅ローンフラット35

楽天銀行 住宅ローンフラット35

楽天銀行 住宅ローンフラット35のココがおすすめ
  • 業界最低水準の金利
  • 最長35年間、全期間固定金利
  • 土日含め22時まで相談可能

楽天銀行の住宅ローンフラット35は業界最低水準※の金利やサポートが手厚いことが特徴の住宅ローンです。
※公式サイトより

 住宅建設費もしくは住宅購入価額に対する借入額によって金利が変化する点がポイントとなります。

楽天銀行 住宅ローンフラット35の基本情報

金利

年1.18%(住宅建設費もしくは住宅購入価額に対する借入額が90%以下、返済期間が15年以上~20年以下、団信ありの場合)

金利タイプ

固定金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×1.430%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

つなぎ融資が利用可能。土日平日~22時まで相談可能。

キャンペーン

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/flat35/purchase/

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)

auじぶん銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 2021年オリコン顧客満足度 住宅ローン金利第1位!
  • auのサービスをセット申し込みで全期間引き下げ適用

auじぶん銀行の住宅ローン変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)はauじぶん銀行の住宅ローンとau回線、じぶんでんきをセット契約した時に適用可能なプランです。

通常のauじぶん銀行の住宅ローン変動金利全期間引下げプランの利率は年間0.410%になるよ。

※2021年10月時点

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)の基本情報

金利

年0.31%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.2%(税込)

繰上げ返済手数料

金利適用期間は無料

付帯サービス・特典・サポート

キャンペーン

出典:https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/interest/whole_period/

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)

みずほ銀行 みずほネット住宅ローンのココがおすすめ
  • ネットのAI診断から簡単に申込み可能
  • 金利引下げ幅が返済終了まで不変

みずほ銀行のみずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)はネットのAI診断から簡単にお申込みが可能なネット住宅ローンとなります。

 金利引下げ幅が返済終了まで変わらない点がメリットです。

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)の基本情報

金利

年0.375%~0.675%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

事務手数料込みで33,000円

事務手数料

保証料込みで33,000円

繰上げ返済手数料

33,000円

付帯サービス・特典・サポート

みずほダイレクトで手続きをした場合は繰上げ返済手数料が無料

キャンペーン

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/index.html

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)

PayPay銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 業界最低水準の金利※
  • 書類提出が全てスマホで完結
    ※公式サイトより

PayPay銀行の住宅ローン(変動金利)は業界最低水準の金利の安さが魅力な住宅ローンです。

書類提出が全部スマホで完結する点がポイントですね。

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)の基本情報

金利

年0.380%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

Web受付の場合無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 一般団信が無料
  • がん50%保障団信
  • がん100%保障団信
  • 11疾病保障団信
  • ワイド団信

キャンペーン

出典:https://www.paypay-bank.co.jp/mortgage/index.html

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)

紀陽銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 固定金利は3年、5年、10年と3種類から選べる
  • ネットで簡単に手続きできる

紀陽銀行住宅ローンは変動金利だと年利0.445%3年固定金利だと0.620%と業界でもトップクラスに金利が低い住宅ローンです。

固定金利を選ぶ際は3年、5年、10年と種類があるので自分に合ったタイプを選びましょう。

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)の基本情報

金利

年0.445%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

22,000円(税込)

付帯サービス・特典・サポート

  • THE すまいの保険
  • 債務返済支援保険
  • 失業信用費用保険

キャンペーン

出典:https://www.kiyobank.co.jp/personal/loan/housing/lineup/new/index.html

おすすめ住宅ローン金利比較ランキング

10個の住宅ローンを紹介しましたが、その中でもおすすめの住宅ローンを3つ金利の低い順にランキングを作成しました。

おすすめ住宅ローン金利比較ランキング
  • 1位|auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割):0.31%
  • 2位|みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン):約0.38%
  • 3位|PayPay銀行 住宅ローン(変動金利):0.38%

※このランキングは2021年10月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※このランキングは本記事で紹介した各社住宅ローンの最低金利を比較し作成しています。

1位|auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割):0.31%

1位|auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割):0.31%

auじぶん銀行の住宅ローン変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)における大きなメリットは、0.31%という金利の安さです。

通常は0.41%ですが、auモバイル優遇割で0.07%とじぶんでんき優遇割で0.03%をあわせると0.31%まで引き下げ可能となっています。

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)のココがおすすめ
  • 金利が最大0.31%まで引き下げ可能
  • 繰上返済手数料や団信保険料が無料
  • 一般団信だけでなく、がん50%保障団信も無料
  • がん100%保障団信や11疾病保障団信、ワイド団信も用意

2位|みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン):0.375%

2位|みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン):約0.38%

みずほ銀行のみずほネット住宅ローン(全期間重視プラン)は年0.375%~0.675%となっています。

固定期間の方は固定2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年と選択の幅が広く、ニーズにあったプランを選択できます。

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン)のココがおすすめ
  • 金利が0.375%~0.675%
  • 固定期間の選択幅が広い
  • みずほダイレクトを使用すれば繰上げ返済手数料が無料

3位|PayPay銀行 住宅ローン(変動金利):0.38%

3位|PayPay銀行 住宅ローン(変動金利):0.38%

PayPay銀行の住宅ローン(変動金利)は金利0.38%となっており、保証料が無料な点が魅力です。

固定10年の場合は年0.499%となっています。
PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)のココがおすすめ
  • トップクラスの低金利である年0.38%
  • 保証料無料
  • 一般団信無料
  • 金利にプラス0.1%~0.3%で追加の団信に加入可能

住宅ローンの選び方

住宅ローンの選び方

おすすめの住宅ローンを紹介してきましたが、「他の住宅ローンはどの部分に着目すれば良いか?」という疑問を持っている方向けに住宅ローンの選び方を紹介します。

住宅ローンの選び方
  • 金利が低いかどうか
  • 固定金利か変動金利どちらかチェック
  • 返済目途によって固定期間も視野に入れる

選び方①金利が低いかどうか

選び方①金利が低いかどうか

金利が低いかどうかは最終的な住宅ローン返済額に大きく影響を及ぼします。

 例え0.1%の違いでも住宅ローンは数百万円~数千万円規模のローンですので、大きく金額が異なってきます。

選び方②固定金利か変動金利どちらかチェック

選び方②固定金利か変動金利どちらかチェック

固定金利は返済完了までの期間を一定の金利で支払うタイプ。変動金利は市場金利の変化によって金利に変化が生じるタイプです。

 どちらがお得かはその時の情勢に左右されてしまいますが、現在はゼロ金利政策下というのもあり、歴史的に見ても金利が低い時期となります。

選び方➂返済目途によって固定期間も視野に入れる

選び方➂返済目途によって固定期間も視野に入れる

固定期間とは、~年間は最初に指定した固定金利で住宅ローンを返済、~年以降は固定金利と変動金利を選択可能な返済プランです。

市場金利は数年たてば変化する可能性があります。住宅ローン返済を柔軟に行いたい方におすすめです。

よくある質問

迷ったらどの住宅ローンを選べば良いですか?
どの住宅ローンを選ぶか迷ったら、金利がトップクラスで低いauじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)を選びましょう。
保証がたくさんつく住宅ローンはどれですか?
保証がたくさんつく住宅ローンはPayPay銀行の住宅ローン(変動金利)です。
付帯サービス・特典・サポートには「無料の一般団信」や「がん50%保障団信」、「がん100%保障団信」、「11疾病保障団信」、「ワイド団信」がつきます。
団体信用生命保険って何ですか?

信用生命保険とは略して「団信」とも呼ばれます。病気や事故など債務者に何かしらのアクシデントが起こり、住宅ローンが返済困難となった場合の保険です。

債務者が死亡したり、高度障害となったりした場合は団信によって住宅ローンの返済が不要になるといったメリットがあります。

住宅ローンの保障の欄にある特約ってなんですか?
住宅ローンを選ぶ際にチェックする項目は「金利が低いかどうか」、「固定金利か変動金利なのか」、「固定期間があるかどうか」です。
住宅ローンの選ぶ際にチェックする部分はありますか?
住宅ローンを選ぶ際にチェックする項目は「金利が低いかどうか」、「固定金利か変動金利なのか」、「固定期間があるかどうか」です。
金利が低いかどうかは重要ですか?

金利が低いかどうかは返済金額に大きく関わってくるので、重要な項目となります。

一般的に金利が高いほど頭金を少なくしたり、審査が緩かったりしますが、余裕があれば金利が低い住宅ローンにしましょう。

固定金利と変動金利どちらがおすすめですか?

固定金利は返済が完了するまでずっと固定のタイプ、変動金利は国の状況によって金利が変動するタイプです。

現在の固定金利と変動金利を比較し、「金利の低さ」や「金利の推移」をみながら選択しましょう。ゼロ金利政策やデフレということもあり、どちらも金利が低い傾向にあります。

まとめ

今回は、おすすめの住宅ローンを10の比較や住宅ローンの選び方などを紹介しました。

住宅ローンには様々な種類があり、金利で選んだり、サポートで選んだりと自分を取り巻く状況によって最適な住宅ローンは異なります。

自分が何を重要視するかで住宅ローンを選択しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事