不動産投資を成功させる人とは?種類別に難易度やリスクを解説

近年コロナ禍の影響もあり、さらに老後2000万円問題に対して解決策を模索して、貯金・投資などを検討している方は増加しております。

不動産投資においても同様に、検討している方は多いでしょう。実際にコロナ禍の中でも不動産価格は上昇傾向にあるようです。

【国土交通省】不動産価格指数の推移

不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)

出典:国土交通省 「不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)」

国土交通省が公表している不動産の価格を示している「不動産価格指数の動向」で、緑のマンション価格・赤の住宅総合の価格が右肩上がりで上昇していることがわかります。

しかし、不動産投資は投資初心者の方であれば、初期費用が大きかったり専門知識がない分、業者へだまされてしまうのではないかと感じる方も多いはずです。

今回の記事では、不動産投資の成功率についてや不動産投資を成功させるコツについて解説していきます。

不動産投資の成功率とは?

不動産投資の成功率とは?

不動産投資が成功する確率はおよそ10%程度と言われていますが、そもそもそれらを裏付けるような根拠はありません。

不動産投資の成功は人それぞれ違うもので、目的によって不動産投資が成功・失敗が異なってきます。

 つまり、不動産投資を検討するのであれば、目的を明確化する必要があり、いつまでにどれくらいの収益を上げたいのか、シミュレーションを行うことが大切です。

不動産投資には「家賃収入」を上げる他にも、「相続税対策」「生命保険の代わり」といった目的も考えられます。

不動産投資の目的 成功率
家賃収入で生計を立てる 低い
副業として家賃収入 比較的高い
相続税対策として不動産投資 比較的高い
不動産投資かとして事業を確率 低い
生命保険として不動産投資 高い

不動産投資の種類と難易度

不動産投資の種類と難易度

不動産投資を成功させるためには、不動産投資の種類について理解しておくことが必要です。投資を対象とする不動産種類によって利回り・難易度が異なってきます。

不動産投資には多額の費用が必要となってくるというイメージもありますが、中には数万円から投資可能なものもあるため、投資初心者の方は数万円からスタートするのもおすすめです。

不動産投資の種類 難易度 初期費用
ワンルームマンション投資 高い 数十万円〜数千万円
アパート・マンション一棟投資 高い 数百万円〜数千万円
中古戸建投資 数百万円〜数千万円
REIT 小さい 数百円〜
不動産クラウドファンディング 小さい 数万円〜

ワンルームマンション投資|難易度:高

ワンルームマンション投資

ワンルームマンションとは、区分マンションの1部屋を購入して入居者を募集する投資スタイル。銀行融資が受けられれば始めやすいのがメリットです。

ワンルームマンションの購入は銀行からの融資を受けて購入、入居者の管理・募集は不動産管理会社へ委託してほぼ自動的に家賃収入を得る仕組みです。

 そのため、家賃収入がすべて自分の利益になるわけではなく、「管理費」「ローン返済」「修繕費用」「保険代」などを差し引いたものが利益となります。

例えば、家賃が10万円のワンルームマンションを購入しても、「不動産管理費用:2万円」・「ローン返済:5万円」となると差し引きで3万円が利益となります。

ワンルームマンションを成功させるためには、「空室リスク」「家賃下落リスク」をしっかり対策して購入する必要があるため、初心者には難易度が高めです。

ワンルームマンション投資
成功率 低い
初期費用 数十万円〜数千万円
利回り 4.0%〜4.3%程度
※出典:一般財団法人 日本不動産研究所
成功するには?
  • 空室リスクを下げて稼働率を上げる
  • 家賃下落リスクを下げる必要あり
  • 信頼できる不動産管理会社と協力する必要あり

アパート・マンション一棟投資|難易度:高

アパート・マンション一棟投資

ワンルームマンション投資の延長線上で、マンション・アパート一棟の不動産投資手法もあります。初期費用が高いですが、ワンルームマンションと比較しても「空室リスク」が分散できます。

中古マンションは数千万円と価格も高くなってきますが、不動産投資ローンを組んで購入することも可能です。複数の住居を持てるため「空室リスク」軽減しやすいですが、初期費用が高いのがリスクです。

 一棟投資では利回り高く不動産投資が可能なことがメリットです。資産価値が高ければ融資も通りやすく、運営の自由度も高いです。

しかし、投資初心者にとっては必要な初期費用が大きくリスクが大きいです。また、失敗した時のリスクも大きいので物件の選定には時間をかける必要があります。

アパート・マンション一棟投資
成功率 低い
初期費用 数百万円〜数千万円
利回り 7.0%〜8.5%程度
※出典:建美家 「不動産投資 四半期レポート < 2022年1月~3月期」
成功するには?
  • 人気エリア・需要の高いエリアをで投資
  • 細部までシミュレーションをする
  • 修繕・修理には特にシミュレーションを手厚く
  • 売却時期は適切な判断が必要

中古戸建投資|難易度:中

中古戸建投資

中古戸建投資では、ファミリー層をターゲットに一戸建ての物件を貸し出す不動産投資スタイルです。中古戸建物件は一棟投資と比較しても初期費用が小さくすみます。

また、実際に現地に行って不動産の状況や周辺状況を確認して入居者が見つかる良質な物件なのかどうかを判断できたり、実際に住める物件かどうかを確認できるのもメリットです。

 中古物件は安く購入できるのがメリットですが、築年数が30年以上となると、住宅設備の入れ替えなどの多額のリフォーム費用がかかる可能性があります。

住宅設備リフォームは費用相場も高くなりやすいです。また、中古物件であれば資産価値を保つためにも、日々のメンテナンスに関わる知識やお金も必要です。

【国土交通省】部位別リフォーム費用一覧
リフォーム箇所 費用相場
トイレ 30万円〜50万円
キッチン・台所 20万円〜450万円
洗面台 20万円〜100万円
風呂 60万円〜150万円
外壁 50万円〜150万円
屋根 20万円〜250万円
耐震補強 100万円〜200万円

中古戸建物件にて不動産投資を検討している場合には、信頼できるリフォーム業者を調査しておくことが大切です。「リフォーム会社比較見積もりサイト」などを利用して探すこともおすすめです。

中古戸建投資
成功率
初期費用 数百万円〜数千万円
利回り 10.0%程度
※出典:LIFULL HOME’S不動産投資
成功するには?
  • リフォーム業者の選定は必須
  • リフォームの知識を持っておく
  • 物件周辺のニーズを把握

REIT|難易度:小

REIT|難易度:小

REITは投資信託の一種ですが、投資家から集めた投資額で不動産の運用(マンション購入・管理・運用)をプロに任せて、得られた収益を投資家へ分配していく金融商品です。

JREIT

出典:一般社団法人 投資信託協会 「J-REITの簡単な仕組み」

REITは投資信託の一種のため、証券会社などから手軽に購入が可能、現在であればインターネット証券を利用すれば、窓口に行かなくてもREITを購入可能です。

【REITと実物不動産投資の違い】
REITと不動産投資の違い メリット デメリット

REIT

  • 運用はプロにお任せ
  • 初期費用は数百円〜
  • 運用コストが低い
  • 不動産の所有はできない
  • 節税対策が少ない
不動産投資
  • 運用は自分でできる
  • 物件を所持できる
  • 節税対策が豊富
  • ローンが使える
  • 手間・管理がかかる
  • 運用コストがかかる
  • 初期費用が大きい

投資信託と聞くと、株やFXのようなハイリスクな投資をイメージしてしまいますが、REITは数百円程度からでもスタートできるとうしであるため、リスクを小さくスタートさせることも可能でしょう。

REITには証券口座の知識や、REITの中身についても理解しておくことが必要ですが、資産形成の一部としてREITを組み込むことは「インフレ対策」にも繋がり分散投資の効果があります。

REIT
成功率 高い(リスクを抑えて投資可能)
初期費用 数百円〜
利回り 5.0%程度
※出典:J-REIT 不動産投資情報ポータル
成功するには?
  • 証券口座・REITの知識が必要
  • 分散投資が必要
  • 長期的な投資が必要
  • 株式・債権と混ぜて資産形成すると分散投資可能

不動産クラウドファンディング|難易度:小

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングは、インターネット上から投資家から資金を集めて不動産投資事業を事業者によって行い、収益を投資家に分配していくものです。

REITと同じような仕組みではありますが、投資家が直接事業者へ出資しているところがREITとは異なっており、その影響で「流動性」「価格変動リスク」に差が生じます。

REITと不動産クラウドファンディングの違い REIT 不動産クラウドファンディング
最低出資額 数百円程度 1万円〜
流動性 高い
すぐに売買可能
低い
価格変動リスク 高い 低い
元本割れのリスク あり あり
優先劣後対策あり

不動産クラウドファンディングサービスでは、1口1万円程度から投資が可能なサービスを提供しており、利回りも比較的高いのが魅力です。

しかし、税金対策が2022年5月時点では講じることができないため、配当・分配金に対して税金が課せられてしまうのがデメリットです。

 不動産クラウドファンディングで成功するためには、運営企業の実績・ファンドの内容などを見極める必要があります。
不動産クラウドファンディング
成功率 高い(リスクを抑えて投資可能)
初期費用 1万円〜
利回り 想定利回り5~8%
※出典:利回り不動産 「ファンド一覧」
成功するには?
  • 運営事業者の運営状況の把握
  • ファンド内容の確認
  • ファンドのリスク・リターンの把握
  • 手数料の確認

不動産投資を成功するには?

不動産投資で成功するためのコツ

それぞれの不動産投資の種類と特徴・成功の可能性について解説してきましたが、不動産投資を成功させるためにはどうすればいいのかと感じる方も多いでしょう。

 不動産投資初心者の方であれば、物件の選定やシミュレーションを細部まで行うことや、不動産投資会社選びにも時間をかける必要があります。

そこで、初心者の方でも不動産投資を成功させるためのコツについて解説していきます。

「不動産投資」を成功させるためのコツ
  • 市場相場・ライバル物件の調査
  • 細部までシミュレーション
  • 不動産の管理会社を厳選

市場相場・ライバル物件の調査

市場相場・ライバル物件の調査市場相場・ライバル物件の調査

不動産投資を成功させるためには、購入する物件エリアの周辺物件の市場相場を確認することが必要不可欠です。

市場相場・ライバル物件の家賃相場を確認することで、不動産投資を検討している物件が他社と比較して高いのか、安いのかを把握することが可能です。

 市場相場を把握しておくことで、購入する物件が魅力的な物件なのかを客観的に判断可能です。市場相場と比較して高ければ中身が良くても元が取れません。

初心者の方でも簡単に市場相場を調査する際には、レインズ」や「土地総合情報システムサイトを利用することで信頼できる情報が集められます。

自分で市場相場を調べる方法 内容

レインズ

レインズ

  • 国土交通省指定の不動産流通機構が運営しているサイト
  • マンション・戸建の取引を地域ごとに簡単に調べられる
  • 土地面積・建物面積・価格帯を入力して調査も可能
  • 成約時期も分けて調べられる

土地総合情報システムサイト

土地総合情報システムサイト

  • 国土交通省指定の不動産流通機構が運営しているサイト
  • 土地・建物などの実際の売買価格を調査可能
  • 所在地・土地面積・形状・前面道路に関する情報も調査できる
  • 地価公示価格・基準地の価格も調べられる

両者のサイトは国土交通省指定の不動産流通機構が運営しているサイトのため、情報の信憑性が高いサイトです。

不動産仲介業者も利用するサイトで、不動産売却時にも利用できるサイトです。

細部までシミュレーション

細部までシミュレーション

不動産投資のメリットとして、長期的な投資にも関わらず発生する収益・手数料・手間賃をシミュレーションしやすいのが特徴です。

簡単な例としては、家賃5万円の物件を20年間(240か月)運用したとしたら家賃収益1200万円となるでしょう。

 このメリットを利用して、修繕費用・空室リスク・管理費用を含めて細部までこだわったシミュレーションをすることが大切です。

不動産投資会社へ相談すれば、対象の物件で細かくシミュレーションを算出することが可能ですが、自分でも実際に手を動かすことで、不動産投資会社に任せっきりにさせずに投資可能です。

シミュレーションツールには下記のおすすめツールを利用してみましょう。有料のアプリケーションもありますが、不動産投資を本気で検討している方にはおすすめです。

不動産の管理会社を厳選

不動産の管理会社を厳選

最近の不動産投資会社では、不動産投資初心者の方に向けて「物件選定・不動産管理・売却戦略」まで一貫してサービスを提供しているところも多いです。

不動産の管理をやってもらえるサービスは「本業」がある方にとっては魅力的で、入居者の募集・契約・トラブルサポートを委託できるので、非常にメリットが大きくなっています。

 不動産の選定・管理・売却まで一括してサポートしてもらえる魅力的なサービスですが、管理会社によって「空室リスク」「保証内容」が異なります。

不動産の管理は入居率・稼働率に直結すると考えてもいいでしょう。不動産管理会社を比較するには「イエカレ」などの不動産管理会社比較サイトを利用するのがおすすめです。

不動産投資のメリット・デメリットは?

少額で始める不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資のメリット 不動産投資のデメリット
  • ローンを使って投資できる
  • 銀行預金より高い利回りを期待できる
  • 収益性を予想できる
  • 空室リスク
  • 家賃滞納リスク
  • 老朽化リスク

メリット①ローンを使って投資できる

不動産投資を実施する場合には、初期費用として数百万円〜数千万円の費用がかかるため、初心者の方であれば、始めづらいのが現状です。

しかしながら、金融機関の借入金を利用すれば、収益不動産の購入価格の70〜90%程度を借入することも可能です。

 株式投資・FX・投資信託では、金融機関のローン商品を使うことは難しいです。

その一方で、不動産投資であれば、物件の価値が0円になることは考えづらいので、金融機関からの借入も可能になります。

メリット②銀行預金より高い利回りが期待できる

不動産投資は銀行預金よりもはるかに高い利回りで資産運用できるのがメリットです。

銀行預金の相場は0.1〜0.02%程度。一方で不動産投資の利回りは5%〜15%程度で運用することもあります。

上記の金利相場からもはるかに高い利回りで運用できるため、効率的に資産運用が可能です。

メリット③収益性を予想できる

不動産投資の醍醐味として、物件購入段階から物件が持つ収益性とリスクについて予想できます。

そのため、不動産投資は勉強している方は有利に物件を選定・リスク回避可能です。

 あらかじめ収益性・リスクを予想できるのは、株式投資・FXには難しいです。

不動産投資であれば、家賃収入や物件のエリア・築年数から逆算して、どれくらいの収益と運用コストがかかるのかをあらかじめ予想できるでしょう。

デメリット①空室リスク

不動産投資のデメリットとしてまず考えられるのが、「空室リスク」でしょう。

空室リスクは不動産投資には避けられないリスクであり、投資家にとっても最も避けたいリスクです。

不動産投資において、空室が発生することで、家賃収入がなくなる上に、不動産の管理費用が発生して事業のマイナスが膨らんでいきます。

デメリット②家賃滞納リスク

不動産投資を始めることで、安定した家賃収入が得られると感じている方も多いでしょう。

しかしながら、入居者を決められても、家賃を支払わない「家賃滞納リスク」もあります。

 「家賃滞納リスク」が発生すると、本来得られていた家賃収入が手元に残らず、最悪の場合は裁判を起こさなければならなくなります。

そこで、不動産管理会社による、連帯保証人や連帯保証会社の利用を検討しなければなりません。

デメリット③老朽化リスク

不動産投資を実施すると、建物の老朽化による「老朽化リスク」も発生してきます。

「老朽化リスク」では住宅設備の老朽化によって故障・破損の修繕費用がかかったり、売却するにも老朽化が酷くてできない場合もあります。

「老朽化リスク」を避けるためにも、日々のメンテナンスはこまめに実施して、安全に住んでもらえるように修繕は確実に実施しましょう。

不動産投資が失敗する行動・注意点

不動産投資が失敗する行動・注意点

不動産投資を成功させるためのコツを解説してきましたが、一方で不動産投資ではやってはいけない注意点についても気になる方は多いのではないでしょうか?

そこで、不動産投資ではやってはいけない行動・注意点についても解説していきます。

不動産投資会社任せにしてしまう

プロ任せの不動産投資

不動産投資初心者の方がやってしまう行動として、不動産投資会社のプロに任せっきりの投資スタイルです。

国土交通省からも「賃貸住宅経営に関する契約」についての注意喚起が出されており、不動産管理を専門業者に任せることの危険性について公表しています。

【国土交通省】賃貸住宅経営に関する契約の前に必ずご確認ください

国土交通省 サブリース

出典:国土交通省 「賃貸住宅経営に関する契約(マスターリース契約)の前に必ずご確認ください」

サブリース契約とは、不動産管理会社(不動産投資会社)がオーナー(投資家)からアパートを借り上げて入居者を募集し転貸する契約のこと。

投資家はアパート経営に関わる、入居者募集・管理をする必要がなくなる代わりに、賃料の一部を不動産管理会社へ渡すことになります。

 しかし、サブロースによって契約されている「賃料」の減額や、途中解約、原状回復費用はオーナー負担となる可能性があるので注意が必要です。

 

信頼できる不動産投資会社を選択することは大切ですが、不動産投資会社が提供することにすべて「Yes」で回答してしまうと危険です。

 不動産投資会社はシミュレーションや節税対策・生命保険などの理由をつけて理論的に話を進めてくれますが、自分の投資目的や疑問点は必ず解消しましょう。

疑問点がないまま、話が進んでいくのも知識不足が原因かもしれません。そのため細部までこだわったシミュレーションを自分でも行ってみることが大切なのです。

郊外では価格の下落・需要の低下がある

郊外では価格の下落・需要の低下がある

不動産投資において、物件のエリアや需要の調査は非常に重要です。不動産は漢字の如く、動かすことのできない資産です。

地方エリアでの不動産を検討している方は特に賃貸需要や土地・建物価格の下落には気をつけなければなりません。

 地方エリアに関わらず、日本では人口減少が進んでいくことが簡単に予想できます。そのため、賃貸需要は減少していくことも容易に予想可能です。

総務省 人口推計(2021年(令和3年)10月1日現在)

出典: 総務省統計局 「人口推計(2021年(令和3年)10月1日現在)」

上記のグラフは総務省が公表した2021年(令和3年)10月1日現在の全国の人口推移のグラフとなり、多くの都道府県で自然現象があわらていることがわかります。

上記の社会的背景を見ても、今後日本全体で賃貸需要が減少していくことが予想されるため、資産価値が高い不動産を探すには時間をかけてじっくり検討していくことが必要です。

不動産投資を始める手順を解説

不動産投資を始める手順を解説

不動産投資を始めたいけど、実際にはどのように行動していけばいいのか?と感じる方も多いはずです。

そこで、不動産投資を始めるための手順について解説していきます。

「不動産投資」の始め方
  1. 資金の準備
  2. 不動産を探す
  3. 現地調査
  4. 購入
  5. 入居者募集

1.資金の準備

不動産投資を始めるのであれば、少なくとも物件価格の20%〜30%程度の資金が必要です。

不動産投資ローンを活用して物件を購入するにしても、フルローンで借入することは初心者の方には難しいでしょう。

2.不動産を探す

不動産投資用の資金が集まってきたら、不動産ポータルサイト等を活用して収益用不動産を探してみましょう。

不動産ポータルサイトでは、全国の収益用不動産を検索して調査できます。

 気になる物件の問い合わせをすることで、不動産会社とコンタクトを取りやすくなり、物件を紹介してくれることもあるでしょう。

3.現地調査

気になる物件が見つかったら、実際に「現地調査」を実施しましょう。内観の様子も含めて調査するためには、不動産会社から鍵を借りる必要があります。

周辺住民の方の口コミを聞くことで、実際に住んでみてわかるメリット・デメリットも調査できるので、気になる場合には質問してみることもおすすめです。

4.購入

現地調査・物件調査が完了し、購入の意思が固まれば、不動産会社へ買い入れの申込みを実施します。

 住宅ローンを活用して物件を購入する場合には、不動産投資ローンの事前審査申込を実施する必要があります。

無事に住宅ローンの融資を引ければ、ローン契約・売買契約を締結して引き渡しを受けます。

5.入居者募集

そして、収益不動産を持てたら、不動産投資家として入居者募集を実施していきましょう。

自分で入居者を探すこともできますが、一般的には不動産仲介会社を利用して入居者を探していきます。

そのため、信頼できる不動産仲介会社を探すことも投資家にとって重要な仕事になります。

おすすめの不動産投資会社

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

Renosy

出典:RENOSY 「RENOSYは6部門でNo.1」

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)
実績
  • 不動産投資の売上2年連続No.1
  • ネットで選ばれている不動産投資会社NO.1
  • 安心・信頼できる不動産投資会社 No.1
  • 友人に紹介した不動産会社 No.1
  • 入居率99.5%・平均空室期間が26日
無料セミナー

面談あり(完全非対面)
※資料請求後、初回面談でAmazonギフト券5万円分プレゼントあり

無料セミナー資料内容
  • RENOSYのサービス内容
  • 不動産投資物件例など

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント 「セミナーを開催している3つのポイント」

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)
実績
  • 入居率は7年連続99%超
  • 紹介・リピート率71.3%
無料セミナー 毎日開催
※来場型のセミナー参加者には1500円分のAmazonギフト券プレゼント
無料セミナーの内容
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • 月収30万円の不動産収入の作り方
  • 危険な不動産の特徴

例:不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのこと
※2022年2月18日(開催)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドのガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

FJネクスト 供給実績

出典:FJネクスト 「首都圏投資用マンション供給ランキング第1位」

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%
    実績
    • 入居率99.0%※2021年6月時点
    • 首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位
    • 都心を中心に315棟の供給実績
    • 創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史
    無料セミナー
    • 毎週開催無料セミナー
    • 50分の個別相談会(事前予約制)

    無料セミナー内容

    • 新築マンション・中古マンションのメリット・デメリット
    • 不動産投資の出口戦略
    • 失敗例や業者・物件の選び方

    出典:FJネクスト公式サイト

    優良な不動産投資会社をランキング形式で比較紹介した記事もありますので、気になる方はご覧ください。

    よくある質問

    不動産投資を成功率とは?

    不動産投資が成功する確率はおよそ10%程度と言われていますが、そもそもそれらを裏付けるような根拠はありません。

    不動産投資の成功は人それぞれ違うもので、目的によって不動産投資が成功・失敗が異なってきます。


    不動産投資の種類とは?

    「ワンルームマンション投資」「アパート・マンション一棟投資」「中古戸建投資」「REIT」「不動産クラウドファンディング」などがあります。

    不動産投資を成功させるためには、不動産投資の種類について理解しておくことが必要です。


    ワンルームマンションの成功率は?
    「空室リスク」「稼働率」を考えると比較的低いことが予想されます。

    ワンルームマンションの購入は銀行からの融資を受けて購入、入居者の管理・募集は不動産管理会社へ委託してほぼ自動的に家賃収入を得る仕組みです。


    アパート・マンション一棟投資の成功率は?
    「初期費用が高い」「管理」「入居者募集」などが初心者の方にとっては難しい可能性があり、比較的高いと考えられます。

    一棟投資では利回り高く不動産投資が可能なことがメリットです。資産価値が高ければ融資も通りやすく、運営の自由度も高いです。


    中古戸建投資の成功率は?
    「初期費用が安い」「入居者も長く住んでくれやすい」などのメリットがあり、初心者の方でも始めやすく難易度も一棟投資と比べると低いでしょう。

    住宅設備リフォームは費用相場も高くなりやすいです。また、中古物件であれば資産価値を保つためにも、日々のメンテナンスに関わる知識やお金も必要です。


    REITの成功率は?
    初期費用数百円から始められ、物件選定・管理・運用の手間をプロに任せられるため、比較的初心者でも成功しやすいと考えられます。

    REITには証券口座の知識や、REITの中身についても理解しておくことが必要ですが、資産形成の一部としてREITを組み込むことは「インフレ対策」にも繋がり分散投資の効果があります。


    不動産クラウドファンディングの成功率は?
    不動産クラウドファンディングサービスでは、1口1万円程度から投資が可能なサービスを提供しており、利回りも比較的高いため、初心者でも成功しやすいでしょう。

    事業者の倒産のリスクを回避する必要があり、資金額の大きさ・従業員数などの調査は必須です。ファンド内容も必ず確認しましょう。


    不動産投資を成功させるためのコツは?
    「市場相場・ライバル物件の調査」「細部までシミュレーション」「不動産の管理会社を厳選」などが考えられます。

    不動産投資のメリットとして、長期的な投資にも関わらず発生する収益・手数料・手間賃をシミュレーションしやすいのが特徴を生かした線密なシミュレーションをしましょう。

    まとめ|不動産投資の成功には入念なシミュレーションを

    まとめ|不動産投資の成功には入念なシミュレーションを

    不動産投資は人それぞれに合わせた目標・目的で投資をスタートさせることが大切です。不動産投資の成功には人それぞれの形があります。

    多くの方が望んでいる「家賃収入」による日々の収入増加を狙うための不動産投資には、「不動産投資の種類」と特徴を理解して行うことが重要です。

     不動産投資には、大きな金額が動く取引です。そのため、不動産にまつわる知識や投資方法によって必要になる知識も異なってきます。

    現在の日本では人口減少が起こっているため、賃貸の需要もそれと同様に低下していくことは簡単に予想できるため、需要の高い物件を探すことが重要です。

    不動産投資会社に任せっきりの不動産投資を実施するのではなく、自分でもシミュレーションを通して不動産投資を成功させるための計画を立てることが重要です。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事