不動産投資の年収の目安とは?700万円が目安の理由について

「老後2000万円問題」の解決や、「相続税対策」を考えて不動産投資を検討している方は多いのではないでしょうか。

コロナ禍の現在でも不動産価格は上昇傾向にあり、投資用不動産を検討している方も多いはずです。

【国土交通省】不動産価格指数の推移

不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)

出典:国土交通省 「不動産価格指数(住宅)(令和4年1月分・季節調整値)」

上記は国土交通省が公表している不動産価格の推移を示した「不動産価格指数(住宅)」のグラフとなっており、マンション(緑色)・住宅総合(赤色)が右肩上がりで上昇しています。

不動産投資を検討している方の中には、自分の年収では不動産投資を検討するには難しいと感じる方やどれくらいの年収があれば、不動産投資ローンが借りられるのかと感じる方も多いでしょう。

 一般的な不動産投資ローンの年収の目安は頭金や属性によって変化しますが、「700万円」となっています。

今回の記事では、不動産投資をするための年収の目安についてや、借入するための対策について解説していきます。

不動産投資のローンを組むための年収は?700万円が目安!

不動産投資ローンを組む年収

不動産投資を検討している方であれば、「不動産投資ローン」を利用して住宅の購入を検討している方が大半であると思います。

実際に3000万円の物件を購入するにあたり、一括で不動産を購入できる方は多くはないでしょう。

 不動産投資ローンを借入するための年収の目安は700万円とされており、不動産投資ローンで人気のオリックス銀行の要件でも年収700万円以上と記載があります。

オリックス銀行 要件

出典:オリックス銀行 「投資セレクト金利 要件」

上記の条件からも年収700万円の方であれば「不動産投資ローン」を検討することが可能ですが、実際には年収700万円を超える方は多くはないはずです。

【国税庁】平均給与

平均給与

出典:国税庁 「令和2年度 民間給与実態統計調査」

国税庁の調査によると、令和2年度の民間給与実態による平均給与は男性532万円・女性293万円となっております。

そこで、年収別で不動産投資ローンを組むための対策について次で解説していきます。

年収別で利用可能な金融機関についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

年収別で不動産投資ローンを組むための対策について

年収別で不動産投資ローンを組むための対策について

金融機関の商品によっては、年収が目安の700万円を超えていない方にも不動産投資ローンを融資可能な場合もあります。

地方銀行であれば、年収500万円程度でも借入可能な場合もあります。年収が700万円に届かない方でも不動産投資によるキャッシュフローの強化を測りたい方は相談してみるといいでしょう。

年収別の不動産投資ローン
借入可能金融機関
年収500万円以下の場合
年収500〜700万円の場合
年収700〜1000万円の場合

年収500万円以下の場合

年収500万円以下の場合

年収500万円以下の場合には、不動産投資ローンを組むのは比較的難しいポジションにいます。自己資金を多く準備したり、物件価格を低くして不動産投資ローンを組む必要があります。

また、先ほど紹介した日本政策金融公庫(新規開業資金)」や「商工中金などで借入することは可能かもしれません。

 日本政策金融公庫・商工中金は創業を後押しするような金融機関で、不動産投資に関わらず、幅広い用途で資金を借入できる金融機関です。

日本全国で借入が可能ですが、地域に根ざした事業・地方創生に力を入れた事業であることが条件として求められる可能性があるため、融資には担当者と協議が必須です。

「年収500万円以下」の場合の不動産投資ローンを組む対策
  • 日本政策金融公庫(新規開業資金)」や「商工中金」「ノンバンク」を活用
  • 自己資金を多く準備する
  • 物件価格(借入金額)を小さくする

年収500〜700万円の場合

年収500〜700万円の場合

年収が500万円〜700万円程度の方の場合、目安となる700万円には届いてないものの、金融機関との協議の上で融資が可能な場合も多いです。

協議の上で融資が通らなかった場合でも、「地方銀行(横浜銀行東京スター銀行)」や「SBJ銀行などで融資の相談をすると不動産投資ローンが借りられる場合もあるでしょう。

地方銀行「東京スター銀行」では、年収200万円以上の方から借入を行なっているため、融資が通りやすい可能性があります。

東京スター銀行 不動産投資ローン

出典:東京スター銀行「不動産投資ローン 」

また、不動産投資ローンでは住宅の収益性も融資の審査項目としている金融機関も多いです。そのため年収500万円〜700万円程度の方であれば、収益性が高い物件を選択することも大切です。

収益性が高い物件を選択するためには、複数の不動産投資会社を比較、市場相場の調査、自分でも物件を探してみることが大切です。

「年収500〜700万円の場合」の場合の不動産投資ローンを組む対策

年収700〜1000万円の場合

年収700万円〜1000万円

金融機関が不動産投資ローンの融資をする場合の目安となる「年収700万円」を超えている方であれば、多くの金融機関を比較しながら最適な住宅ローン商品を選択できるでしょう。

SMBC信託銀行 「不動産投資ローン概要」

出典:SMBC信託銀行 「不動産投資ローン概要」

不動産投資ローンで人気のオリックス銀行」や「信託銀行」「都市銀行」を利用して不動産投資ローンの借入が可能です。

最適な不動産投資ローンを見つけるためには、複数の不動産投資ローンを比較することが大切です。不動産投資ローンを複数比較して、仮審査申し込みすることが大切です。

「年収700〜1000万円の場合」の場合の不動産投資ローンを組む対策
  • オリックス銀行」や「信託銀行」「都市銀行」を利用して不動産投資ローンの借入が可能
  • 複数の金融機関の商品を比較
  • 仮審査を3社程度申し込みする

不動産投資ローンを組む際の属性とは?

不動産投資ローンを 組む際の属性とは?

不動産投資ローンを組む際には、金融機関による借入者の「返済能力」を審査するために、借入者の「属性」を調査します。

 「属性」とは、金融機関が借入者の返済能力を判断するための要素で、「年齢」「年収」「収入の安定性」「他者からの借入」などで構成されています。

住宅ローンを購入する際にも、金融機関における審査が行われますが、不動産投資では借入目的や貸倒リスクの差から審査項目にも若干の差が生じ、住宅の収益性なども審査項目に入ります。

【国土交通省】民間住宅ローンの実態調査に関する調査結果報告書
審査基準 割合
完済時年齢 99.1%
健康状態 98.2%
担保評価 98.2%
借入時年齢 97.8%
年収 95.7%
勤続年数 95.3%
連帯保証 95.1%
金融機関の営業エリア 91.0%
返済負担率 92.1%
融資可能額(融資率)①購入の場合 74.3%
雇用形態 76.4%
融資可能額(融資率)②借換えの場合 69.4%
業種 30.1%
家族構成 23.7%
雇用先の規模 21.6%
所有資産 21.0%
性別 17.5%

出典:国土交通省 「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」

上記は国土交通省が公表している「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」」のデータで、民間金融機関が住宅ローン審査項目として採用している割合を示しています。

不動産投資ローンでは、ローン返済を毎月の「家賃収入」から補填していくことが一般的です。そのため、物件の収益性(物件エリア・築年数)を条件として公表している金融機関は多いです。

オリックス銀行借入対象不動産 居住用不動産のエリア
原則
  • 首都圏
  • 近畿圏
  • 名古屋市
  • 福岡市
取り扱い可能な場合もある地域 札幌市、仙台市、高崎市、前橋市、水戸市、つくば市、宇都宮市、浜松市、岐阜市、北九州市、久留米市、熊本市

出典:オリックス銀行 「借入対象不動産」

上記のように投資用物件の収益性を審査基準として採用している金融機関も多く、属性を高めるための要素として押さえておかなければなりません。

不動産投資ローンを借入するためには、金融機関が審査する「属性」について理解しておくと借入がスムーズに行えるでしょう。

そこで、不動産投資ローンにおける「属性」を構成する要素について解説していきます。
「不動産投資ローン」を組む際の属性とは?
  • 年収|目安は700万円
  • 借入時の年齢・完済時年齢
  • 投資用物件の収益性|物件エリア・築年数
  • 収入の安定性
  • 保証会社への加入

年収|目安は700万円

先ほども解説した通り、不動産投資ローンを検討しているのであれば、借入条件として年収700万円となってiる金融機関は多いです。

 「都市銀行」「信託銀行」で不動産投資ローンを検討している方であれば、年収700万円が目安であることは押さえておきましょう。
出典:SMBC信託銀行 「不動産投資ローン概要」

しかし、実際には年収700万円に届かない人は多いでしょう。700万円を超えない方であれば、日本政策金融公庫」や「商工中金」「地方銀行」などの融資が通過しやすい金融機関も検討しましょう。

年収別の不動産投資ローン借入可能金融機関について
年収別の不動産投資ローン
借入可能金融機関
年収500万円以下の場合
年収500〜700万円の場合
年収700〜1000万円の場合

借入時の年齢・完済時年齢|目安は借入時55歳・完済時80歳

借入時の年齢・完済時の年齢

不動産投資ローンにおいても借入時の年齢・完済時年齢を融資の審査項目として組み込んでいる金融機関は多いです。ちなみに住宅ローンにおいても99%以上の金融機関が審査項目としていました。

オリックス銀行」では、借入時年齢55歳未満・完済時年齢80歳未満、「SMBC信託銀行」においても完済時の年齢が満80歳までの方であることを公表しています。

金融機関名 年齢
オリックス銀行
  • 完済時年齢:80歳未満
  • 借入時年齢:55歳未満

出典:オリックス銀行

SMBC信託銀行
  • 完済時年齢:満80歳の誕生日までの方
  • 借入時年齢:満18歳以上

出典:SMBC信託銀行

完済時の年齢が80歳を超えるような不動産投資ローンは現実的に難しく、不動産物件の収入だけでなく、安定して給与収入がある年齢でないと融資が通りにくいことがわかるでしょう。

一般的な住宅ローンの融資条件としても「完済時年齢80歳未満」と条件をつけている金融機関は多いです。

投資用物件の収益性|物件エリア・築年数

投資物件の収益性

不動産投資用ローンでは、「物件の収益性」も融資の審査基準として見られることは多いです。

先ほども解説した通り、不動産投資ローンでは借入目的が「不動産投資物件の購入」であり、返済方法も「家賃収入(物件の収益性)」をシミュレーションして物件を購入します。

 そのため、不動産投資ローンでは投資用物件の収益性の高さも審査項目の1つとして見られます。

実際にオリックス銀行」・「SMBC信託銀行」では物件の収益性を担保とするため、融資する物件のエリアを定めています。

金融機関 エリア
オリックス銀行 原則として首都圏・近畿圏・名古屋市・福岡市
出典:オリックス銀行
SMBC信託銀行 東京都・ 神奈川県・埼玉県・千葉県
出典:SMBC信託銀行
日本政策金融公庫 全国
商工中金 全国

エリアにかかわず、物件の収益性を審査するために金融機関による独自の現地調査が行われたりすることもあります。

また、不動産投資会社と提携している金融機関では収益性を高く評価してくれる場合もあるため、収益性の高い物件を購入するために不動産投資会社が紹介してくれる物件を選択するのも1つの方法でしょう。

収入の安定性

収入の安定性

一般的な住宅ローンにおいても借入者の「収入の安定性」は大切でしたが、不動産投資においても「収入の安定性」は重要視されています。

「オリックス銀行」における投資セレクト金利の要件の中には返済期間中、安定した収入が見込めることと記載がされてます。

 貸倒れリスクを下げるためにも、投資用物件の収益性だけでなく、借入者本人の収入の安定性も審査項目に組み込まれていることは多いでしょう。

ちなみに、国土交通省が公表している民間金融機関住宅ローンの審査項目として「勤続年数(収入の安定性)」は95.3%の金融機関で採用している審査項目です。

そのため、個人事業主などの収入が不安定な職業の方は融資が通りにくくなる可能性が考えられますね。

保証会社への加入

保証会社への加入

一般的な住宅ローンの加入条件として「団体信用生命保険」の加入が必須となっている金融機関は多く、万が一住宅ローンの返済ができなくなった場合でも保証会社による返済補償がありました。

不動産投資ローンにおいても同様に、金融機関指定の団体信用生命保険の加入が必須の金融機関もあります。

 団体信用生命保険とは、ローン返済中に借入者(加入者)が死亡・高度障害などによって働けなくなった場合に保険金でローンが返済される保険のことです

つまり、金融機関としては投資家が万が一ローン返済ができなくなってしまった場合にも、保険金にてローンが返済したいため、団体信用生命保険の加入が条件となっていることが多いです。

ちなみに住宅ローン審査項目としても「健康状態」は98.2%の金融機関にて採用されています。出典:国土交通省 「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」

年収が低い方が不動産投資をするには?

年収が低い方が不動産投資をするには?

これまでの解説からも、年収が低い方であれば不動産投資へ参加することが難しくなってくることがわかったかと思います。

しかし、不動産投資を通して日々のキャッシュフローを増やしたい方や、年収アップを狙っていきたい方は少なくないでしょう。

そこで、年収が低い方でも不動産投資へ参加するための方法を解説していきます。

属性を高める

年収が低い方の不動産投資するには? 属性を高める

先ほども解説した通り、不動産投資ローンの融資に突破するためには借入者の属性を高める必要があります。

しかしながら、簡単に「年収」を増やしたり、「収入の安定性が高い職業」に就くことは難しいと思います。

 不動産投資ローン審査における「属性」を少しでも高めるために、クレジットカード限度額を落とす、枚数を減らす、借入金を減らすことが有効的です。

クレジットカードの枚数や借入限度額などを引き下げるだけでも、属性が高まり融資通過の可能性が高くなることもあります。

日本政策金融公庫を検討する

年収が低い方の不動産投資するには? 日本政策金融公庫に相談

日本政策金融公庫を利用することで、不動産投資ローンの利用難易度が引き下がり、不動産投資への挑戦がしやすくなります。

日本政策金融公庫では「コロナウイルス感染症対策」「地域活性化支援」「成長戦略分野への支援」などを行なっており、幅広い分野で事業に対する融資を実行しています。

日本政策金融公庫 実績

出典:日本政策金融公庫「創業融資実績」

令和2年度の創業前及び、創業後1年以内の企業に対する融資実績は4万580先(前年度比161%)、2,477億円(同153%)となっており、融資額は2,477億円となっています。

日本全国のエリアで利用可能なため、一般的な「不動産投資ローン」よりもハードルを低くして、不動産投資への融資相談が可能となるでしょう。

不動産投資会社へ相談する

年収が低い方の不動産投資するには? 不動産投資会社に相談

信頼できる不動産投資会社へ相談してみることも大切です。不動産投資会社の中には金融機関と提携している業者もあり、融資サポートから不動産経営のサポートまで一括サポートしてくれるところも。

不動産投資会社を利用する際には、必ず複数の業者や物件の市場相場を確認して物件を選定すること大切で、不動産投資会社の説明にすべて「Yes」で解答してしまうことのないようにしましょう。

 不動産投資会社が紹介してくる物件には、売れ残りワンルームマンションなどが存在していたり、割高の物件の可能性があります。

必ず物件エリアの市場相場をレインズ」や「土地総合情報システムサイトを利用して調査しましょう。

物件の市場相場を調査したり、複数の不動産投資会社の物件を比較することで、物件エリアに見合った価格帯なのか、需要がある物件なのかを調査することができるでしょう。

おすすめの不動産投資会社

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

Renosy

出典:RENOSY 「RENOSYは6部門でNo.1」

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)
実績
  • 不動産投資の売上2年連続No.1
  • ネットで選ばれている不動産投資会社NO.1
  • 安心・信頼できる不動産投資会社 No.1
  • 友人に紹介した不動産会社 No.1
  • 入居率99.5%・平均空室期間が26日
無料セミナー

面談あり(完全非対面)
※資料請求後、初回面談でAmazonギフト券5万円分プレゼントあり

無料セミナー資料内容
  • RENOSYのサービス内容
  • 不動産投資物件例など

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント 「セミナーを開催している3つのポイント」

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)
実績
  • 入居率は7年連続99%超
  • 紹介・リピート率71.3%
無料セミナー 毎日開催
※来場型のセミナー参加者には1500円分のAmazonギフト券プレゼント
無料セミナーの内容
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • 月収30万円の不動産収入の作り方
  • 危険な不動産の特徴

例:不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのこと
※2022年2月18日(開催)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドのガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

FJネクスト 供給実績

出典:FJネクスト 「首都圏投資用マンション供給ランキング第1位」

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%
    実績
    • 入居率99.0%※2021年6月時点
    • 首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位
    • 都心を中心に315棟の供給実績
    • 創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史
    無料セミナー
    • 毎週開催無料セミナー
    • 50分の個別相談会(事前予約制)

    無料セミナー内容

    • 新築マンション・中古マンションのメリット・デメリット
    • 不動産投資の出口戦略
    • 失敗例や業者・物件の選び方

    出典:FJネクスト公式サイト

    優良な不動産投資会社をランキング形式で比較紹介した記事もありますので、気になる方はご覧ください。

    よくある質問

    不動産投資ローンを組むための年収は?
    不動産投資ローンを借入するための年収の目安は700万円とされており、不動産投資ローンで人気のオリックス銀行の要件でも年収700万円以上と記載があります。
    年収500万円以下の方が不動産投資ローンを組むには?
    年収500万円以下の場合には、不動産投資ローンを組むのは比較的難しいポジションにいます。

    比較的融資のハードルが低い「日本政策金融公庫(新規開業資金)」や「商工中金」などで借入することは可能かもしれません。

    年収500〜700万円の方が不動産投資ローンを組むには?
    年収が500万円〜700万円程度の方の場合、目安となる700万円には届いてないものの、金融機関との協議の上で融資が可能な場合も多いです。

    「地方銀行(横浜銀行東京スター銀行)」や「SBJ銀行」などで融資の相談すると不動産投資ローンが借りられる場合もあるでしょう。

    年収700〜1000万円の方が不動産投資ローンを組むには?
    金融機関が不動産投資ローンの融資をする場合の目安となる「年収700万円」を超えている方であれば、多くの金融機関を比較しながら最適な住宅ローン商品を選択できるでしょう。

    不動産投資ローンで人気のオリックス銀行の要件でも年収700万円以上と記載がありますので、幅広く金融商品を選択可能です。

    不動産投資ローンを組む際の属性とは?
    「属性」とは、金融機関が借入者の返済能力を判断するための要素で、「年齢」「年収」「収入の安定性」「他者からの借入」などで構成されています。

    住宅ローンを購入する際にも、金融機関における審査が行われますが、不動産投資では借入目的や貸倒リスクの差から審査項目にも若干の差が生じ、住宅の収益性なども審査項目に入ります。

    不動産投資ローンを借りる際の年齢は?

    不動産投資ローンを借入する際の年齢は「借入時年齢:55歳未満」「完済時年齢:80歳」の方が目安の年齢となります。

    オリックス銀行」では、投資ローンの利用要件として、借入時年齢55歳未満・完済時年齢80歳未満と公表しています。

    不動産投資ローンを借りる際の「団体信用生命保険」は?
    不動産投資ローンにおいても住宅ローン借入時と同様に、金融機関指定の団体信用生命保険の加入が必須の金融機関もあります。

    金融機関としては投資家が万が一ローン返済ができなくなってしまった場合にも、保険金にてローンが返済したいため、団体信用生命保険の加入が条件となっていることが多いです。


    不動産投資ローンを借りる際の「物件の収益性」とは?
    不動産投資ローンでは借入目的が「不動産投資物件の購入」であり、返済方法も「家賃収入(物件の収益性)」をシミュレーションして物件を購入します。

    実際に「オリックス銀行」・「SMBC信託銀行」では物件の収益性を担保とするため、融資する物件のエリアを定めています。

    まとめ|不動産投資ローンの目安は年収700万円程度

    まとめ|不動産投資ローンの目安は年収700万円程度

    不動産投資を検討している方で、融資を通して収益用物件の購入を検討している方であれば、年収700万円程度が融資条件の目安としてあるでしょう。

    しかしながら、多くの方々は年収700万円の突破は難しいのが現状です。年収が低い場合には日本政策金融公庫」「商工中金」「地方銀行」なども視野に入れて検討するといいでしょう。

     日本政策金融公庫は、「コロナウイルス感染症対策」「地域活性化支援」「成長戦略分野への支援」などを行なっており、幅広い分野で事業に対する融資を実行しています。

    上記のような金融機関を利用することで、融資の承認ハードルを引き下げて不動産投資ローンを組むことが可能となるため、年収が低い方にもおすすめです。

    不動産投資ローンには、物件の収益性も審査の項目とされていますので、収益性の高い物件を探したり、金融機関と提携している不動産投資会社を利用することで、ローンを利用できるでしょう。

    おすすめの不動産投資会社では、融資サポートから不動産賃貸経営・管理・売却までをトータルサポートしています。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事