少額でできる不動産投資4選を徹底解説!メリット・デメリットは?

「不動産投資には興味があるけど、高額投資は怖い」という理由で敬遠される方が多くなっています。

しかし、不動産投資には少額で始められる商品があることをご存知でしょうか?

一般的な実物不動産投資は数万円~数億円の単位で行いますが、少額不動産投資では1万円以下でスタートできる商品もあります。

ここでは、不動産投資を少額で始める方法を解説し、取り組みやすい投資方法も紹介します。

あなたの目的に合った投資方法を選んで、ぜひ不動産投資を始めてみて下さい。

少額不動産投資とは?

家 お金

少額不動産投資とは、主に1万円程度から100万円以下の投資金額で始められる不動産投資のことです。

少額不動産投資には、REIT(リート)や不動産小口化商品、不動産クラウドファンディング、不動産型ソーシャルレンディングなどがあります。

 少額不動産投資は、手持ち資金ですぐに始められるのがメリットです。

一般的な実物不動産投資よりも少額で出来るだけでなく、手続きの手間も比較的かかりません。

また分散投資の商品がメインとなるため、リスクが低いこともメリットと言えるでしょう。

少額不動産投資は、手軽に始められる低リスクな投資として人気が高まっています。

少額から始められる不動産投資4選

家とお金

1.REIT(リート)

REITの特徴
  • 流動性が高いため、いつでも売買できる
  • 1口1万円程度から投資できる
  • 株などと同じ金融商品のため、景気や不動産市場の影響を受けやすく相場が変動する
  • 金融商品の中では、比較的高い利回りを期待できる

REITとは不動産投資信託のことで、不動産投資会社が投資家から集めた資金で不動産を運用し、そこで得た収益を分配する投資です。

REITは株式と同じ金融商品なので流動性が高く、不動産投資でありながらすぐに売買できる特徴があります。

 REITは株の取引に近い性質ため、価格相場が変動する不動産投資です。

REITは1口1万円程度で購入できるだけでなく、不動産投資会社が運用するので購入後の手間もかかりません

REITには複数の投資先があるので、どのタイプを選ぶかは取引する証券会社に相談すると良いでしょう。

REITは、少額投資でも高い利回りが期待できます。

2.不動産クラウドファンディング

力を合わせる

不動産クラウドファンディングの特徴
  • PCやスマホなどからWEBサイトにアクセスすれば投資活動ができる
  • 1口1万円程度から投資ができて、投資初心者でもスタートしやすい
  • 優先劣後のシステムにより、元本割れのリスクが低い
  • 投資上限額があるため、大きな収益や配当を望みにくい
  • 少額で人気が高く、すぐに完売することがある

クラウドファンディング型の少額不動産投資では、一般的な手法と同じように、不特定多数の投資家からWebサイトを通じて資金調達します。

そして、クラウドファンディングで集めた資金で不動産を購入、運用し、得た収益を投資家に分配する仕組みです。

 クラウドファンディング型の不動産投資では、Web上の不動産投資クラウドファンディングサービスを利用して出資します。

クラウドファンディング型の不動産投資は、投資の上限額があり、しかもすぐに完売することが多いのが特徴です。

そのために、市場に広く出回るREITなどに比べ利回りが良いもののあまり浸透していません。

クラウドファンディング型の不動産投資は、投資先を自ら選べるのが特徴です。

3.不動産型ソーシャルレンディング

パソコンを指差している

不動産型ソーシャルレンディングの特徴
  • 1万円程度から手軽に始められる
  • 投資対象の情報が明確でなく、リスクの判断がつきにくい
  • 利回りは4%~12%と高め

ソーシャルレンディングとは、出資者がソーシャルレンディング事業者にWeb上で出資するクラウドファンディングの1つです。

投資家がインターネット上で提供した資金をソーシャルレンディング事業者が不動産関連事業者に貸し付け、受け取った利息から投資家に分配します。

 ソーシャルレンディングは、不動産業者に資金を貸し付ける投資です。

ソーシャルレンディングでは、不動産業者に資金を貸し付けるため、どの不動産に投資しているのかは現実には分かりません。

自分の意思で不動産投資の案件を選べる「不動産クラウドファンディング」とは、手法が同じでも内容が異なります。

ソーシャルレンディングは、利回りが高い分リスクも高い特徴があります。

4.不動産小口化商品

お金

不動産小口化商品の特徴
  • 税務上は実物不動産投資と同じ扱い(任意組合型の場合)のため、節税効果を期待できる
  • 投資後の運用は管理会社に委託するため、出資後の管理に手間が掛からない
  • 投資物件の所有者となるため、不動産取得税・固定資産税・都市計画税がかかる
  • 1口100万円程度の出資額が必要となる
  • 運用期間が一般的に5年~15年と長い

不動産小口化商材は、一般的な不動産投資と同じように家賃収入によって運用されます。

同じ少額不動産投資でも、REITのような金融商品ではないため、比較的安定した収益を見込めるのが特徴です。

 不動産小口化商材は、少額不動産投資と同じような節税対策も期待できます。

節税対策ができる反面、不動産を所有することで固定資産税などの負担が発生します。

また、運用期間が長く予定利回りも5%と比較的高いのがメリットです。

不動産小口化商品は、少額不動産投資の中でもリスクが低い特徴があります。

少額で始める不動産投資のメリット・デメリット

メリットとデメリット

少額不動産投資のメリット 少額不動産投資のデメリット
  • ローンを組まなくても始められる
  • 銀行預金より高い利回り(平均3%以上)を期待できる
  • 空室時のリスクが少ない
  • 客付けをしなくて良い
  • 物件管理をしなくて良い
  • 選べる投資先が限られる
  • 元本割れのリスクがある
  • 大きく稼ぐのは困難
  • 手数料がかかる

メリット①ローンを組まなくても始められる

不動産投資では、投資額が数千万円~数億円と高額になるため、投資用住宅ローンを利用するのが一般的です。

しかし、少額投資では1万円~100万円程度の出資で始められるので、手持ちの資金で手軽にスタートできます。

 借り入れがなく、金融商品よりも安定した投資をできるのが、少額不動産投資の魅力です。

だたし、少額不動産投資でも通常の投資と同じようなリスクがあります。少額不動産投資の資金繰りは、できるだけ余裕を持って活動することがおすすめです。

少額不動産投資はリスクが少ない反面、大きなリターンを望むこともできません。

メリット②銀行預金より高い利回り(平均3%以上)を期待できる

上昇

少額不動産投資では、平均利回り3%以上を見込めるので、銀行に預金するよりも高い利回りを期待できます。

平均3%以上の利回りであれば、現在のインフレ率よりも高く、自然に資産を増やすことが可能です。

 不動産投資のメリットはインフレに強いところです。

一般的には、物価が上がると賃貸家賃も一緒に上昇するので、不動産投資はインフレに強いと言われています。

ただし、売却時の価格は購入時よりも高いという保証はありません。バランスの良い投資を心がけましょう。

不動産投資で成功するコツは、分散投資でのミドルリスク・ミドルリターンです。

メリット③空室時のリスクが少ない

家とお金

一般的な不動産投資で区分マンションを保有すると、空き部屋になったとたんに収入がゼロになるケースもあります。

しかし、少額不動産投資の場合には分散投資を行うため、1つ空き部屋が出ても他の物件でカバーすることが可能です。

 少額不動産投資の分散投資により、稼働率が下がるリスクを軽減できます。

このような分散投資によってリスクを軽くできるのがメリットですが、リターンも大きくないのが少額不動産投資の特徴です。

少額不動産投資では、安定した収入を長期間にわたって受けることが目的となります。

少額不動産投資では、金融商品のように日々チャートを見ながら悩むということは少ないでしょう。

メリット④客付けをしなくて良い

open house

少額不動産投資の場合、基本的には不動産会社などの運用会社に投資するため、自ら借主や買主を探すことはありません。

投資の際に投資額に応じた手数料を支払いますが、その費用で全ての運用を任せることができます。

 少額不動産投資では、出資をした後は原則何もしないのが普通です。

REITのような金融商品の特徴をもった投資もありますが、株やFXのような急激な相場の変動はありません

不動産投資はじっくりと市場の相場を見ながら行う投資です。日々の変動に惑わされることもないでしょう。

相場に合わせてこまめに収益を確定させたい方は、REITの個別銘柄を購入すると良いかもしれません。

メリット⑤物件管理をしなくて良い

一般的な不動産投資では、購入した不動産の物件管理を自分でするか、不動産管理会社に依頼します。

しかし少額不動産投資では、最初から不動産会社に投資するため、自らが物件管理することはありません

 少額不動産投資では、自分がどの不動産のオーナーなのか特定できません。

もしもあなたが、不動産投資をするからには自分が所有する不動産を知っておきたいと思う場合は、不動産小口化商品を選びましょう。

複数のオーナーで物件を持ち合う不動産小口化商品を選べば、実際に自分(達)が所有する物件が分かります。

不動産小口化商品は、不動産を直接購入するために100万円程度の出資が必要です。

デメリット①選べる投資先が限られる

悩む

少額不動産投資では、自分で投資先を選べる商品が少ないというデメリットがあります。

投資の面白さは、投資先を自分で決めて運用することと考える方には物足りなさがあるかもしれません。

 少額不動産投資では、自分で物件を運用することはないでしょう。

不動産小口化商品では、直接不動産を所有します。しかし複数のオーナーとの共同出資となるため、基本運用はしません。

このような分散投資によるデメリットは、リスクを軽減するという意味ではメリットにもなり得るでしょう。

少額不動産投資では、自分の投資スタイルにあった投資ができる不動産会社を選ぶことが重要です。

デメリット②元本割れのリスクがある

リスク

比較的長期間にわたって安定した収益を期待できる少額不動産投資ですが、他の投資と同じように元本割れのリスクがあります。

不動産の価格が急に下落する場合には、災害や不動産市場の相場変動が考えられるでしょう。

 不動産投資にも元本割れのリスクがありますが、不動産の価値はゼロにはなりません。

元本割れをしても、よほどの災害にでも見舞われない限り大きなマイナスになりにくい点も不動産投資の特徴です。

小さな相場の変動に紛らわされることなく、長期間にわたるスパンで投資をしてください。

どのような投資にもリスクはつきものです。不動産投資は比較的リスクの少ない投資と言えます。

デメリット③大きく稼ぐのは困難

貯金

少額不動産投資では、出資する額が少ない上にリターンもそれほど大きくないため、大きな収益は望めません

たとえREITやソーシャルレンディングで高リターンを得ても、そこから手数料と税金を差し引くと、収益は目減りします。

 少額不動産投資をメインとする投資家は多くありません。

少額不動産投資は、様々な投資の中で『分散投資によるリスクヘッジ』に用いられることが多いのが現状と言えます。

もしも投資が初めての方は、このリスクの比較的低い少額不動産投資から始めると良いでしょう。

長く安定した収益を得たいときは、不動産小口化商品がおすすめです。

デメリット④手数料がかかる

電卓とお金

少額不動産投資の取引では、通常商品を購入した時に、不動産会社や証券会社などに手数料を支払います。

支払手数料は、税金とは違い、収益の有無に関わらず発生する必要経費です。

 不動産会社や証券会社に支払う手数料は、その会社ごとに異なるので注意しましょう。

取引額に応じた割合で手数料がかかるものや一定額などさまざまです。取引額が大きくなれば定額がお得かもしれません。

ただし取引額が少ないのに定額で手数料が発生すると、せっかく投資が黒字でも手数料を差し引くと赤字になることもあります。

少額不動産投資の落とし穴は手数料です。いくらの利益が出れば黒字になるかをシミュレーションしておきましょう。

少額で不動産投資を始めるなら不動産会社に相談するのがおすすめ

握手

少額不動産投資は、他の投資に比べると少額で安定した運用が可能となる投資手法です。

しかし、他の投資と同じようにリスクを伴うことを理解しておきましょう。

 少額不動産投資は、大きな収益や失敗が少ないのが特徴です。

ただし、投資のことをよく理解しておかなければ、失敗するリスクは高まります。

そこで不動産投資を始める際は、不動産会社に相談するのがおすすめです。

不動産会社に運用を任せることで、今後の投資活動の学びも得られます。分からないことは不動産会社に質問しましょう。

少額不動産投資におすすめの不動産会社6選

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドの「ガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%

    出典:FJネクスト公式サイト

    利回り不動産

    利回り不動産

    おすすめポイント
    • 少額から不動産投資!1口1万円からの新サービス!
    • 投資後の不動産の賃貸管理や運用の手間がかからない
    • 不動産クラウドファンディングサービス
    • マスターリース契約による空室保証がある

    利回り不動産は、2021年からサービス提供を開始した新しい不動産クラウドファンディング型のサービスです。

    複数の不動産に分散して投資することにより、空室リスクや老朽化の対応など不安要素を分散させることが可能です。

     通常多額の資金が必要な不動産を1口1万円の少額から始められるので、大幅な元本割れ等のリスクを軽減できます。

    投資した後の不動産の賃貸管理や運用の手間がかからないので、副業として始めたいサラリーマンの方にもピッタリでしょう。

    会社名 株式会社ワイズホールディングス
    所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
    城山トラストタワー33階
    設立 平成26年8月
    入居率 -

    出典:利回り不動産公式サイト

    日本財託

    日本財託

    おすすめポイント
    • 仲介手数料は0円
    • 入居率は98.47%&管理戸数は24,515戸※8
    • 販売から管理、運営までの一貫したサービスを提供
    • 無料個別相談会・投資セミナーを定期的に開催

    日本財託の入居率は98.47%です。全国平均が81%であることを考えると、高い水準であることが分かります。販売から管理、運営までの一貫したサービスを提供してくれるので安心して任せられます。

     一般には出回っていない非公開の物件も保有しているので、質の高い物件に出会えるかもしれません。

    販売される不動産は仲介手数料0円で購入することが可能なため、費用を抑えて不動産投資ができます。

    無料個別相談会では資産形成プランを無料で作成してくれるので、何を相談したら良いか分からない方にもおすすめです。
    会社名 株式会社日本財託
    所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2
    新宿サンエービル9F・10F・13F
    設立 1990年10月
    入居率 98.47%(2021年9月現在)

    出典:日本財託
    ※8 2021年9月現在

    トーシンパートナーズ

    トーシンパートナーズ

    おすすめポイント
    • 創業30年以上、275棟13,700戸を超えるコンサルティング・管理を行ってきた実績※6
    • 入居率は97.4%と高い水準
    • 入居者審査契約の代行で家賃滞納リスクを軽減
    • マンション経営がゼロからわかる スタートブックを無料プレゼント
    • 平均的な利回りは約4%※7

    トーシンパートナーズは、創業30年以上、275棟13,700戸を超えるコンサルティング・管理を行ってきた実績で、豊富なノウハウを持っています。

     平均的な利回りは約4%なので、少ない資金でもしっかり利回りが出せる点が大きな魅力です。

    山手線や中央線、京王線などの人気沿線を中心に駅徒歩10分圏内というこだわりぬいた立地条件を設けており、入居率は97.4%と高い水準です。

    入居者審査契約の代行を行っており、管理代行システムと借り上げシステムの2種類のマネジメントシステムを選べます。
    会社名 株式会社トーシンパートナーズ
    所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
    設立 1989年2月18日
    入居率 97.4%

    出典:トーシンパートナーズ公式サイト
    ※7 公式サイトの文言による

    よくある質問

    少額不動産投資の元本や利回りは保証されていますか?
    元本や利回りは保証されておりません。不動産の売却価格や運用状況によって変動します。
    少額不動産投資にはどのようなリスクがありますか?
    不動産価格の変動や運用企業の倒産、災害のリスクなど、一般的な不動産投資と同じようなリスクがあります。
    少額不動産投資で得た収益には税金がかかりますか?
    通常の投資と同じように20.42%の課税(所得税と復興特別所得税)があります。
    税金以外の手数料などは発生しますか?
    はい、ご利用いただくサービスによって異なる手数料がかかる可能性があります。
    あまり不動産投資に詳しくなくても大丈夫ですか?
    不動産投資に詳しくない場合にはREITなどの分散投資型を選ぶことで、プロに運用を任せらることができます。
    リスクのない少額不動産投資はどれですか?
    リスクが全くない投資はありませんが、クラウドファンディング型の不動産投資は比較的リスクが少ないと言われています。
    本当に1万円から投資ができるのでしょうか?
    はい、可能です。ただ投資額が少ないと利益も少ないために、手数料と税金を差し引くと赤字になる可能性があります。

    まとめ

    いかがでしたか?このように不動産投資には、少額で始められて、なおかつリスクの少ない分散投資ができる『少額不動産投資』があります。

    少額不動産投資は、リスクが少ない割りに比較的高利回りというのがメリットです。しかし、出資額が少ないためリターンが少なくなるデメリットがあります。

    もしもあなたが初めて不動産投資を行う場合には、少額不動産投資でトレーニングをすると良いでしょう。また、すでに他の投資を行っている方は、この少額不動産投資がリスクヘッジに役立つかもしれません。

    どちらにしても、不動産投資にはメリット・デメリットがあります。あなたの大切な資産を守るために、無理のない運用を心がけてくださいね。

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事