家を売るには何から始めるべき?初心者向けに売却方法を徹底解説

家を売る動機はさまざまですが、その売却方法は一般的に2種類しかありません。しかし、人生の中で「家を売る」という行為はなかなか無いのも事実です。

そこで「売却方法が分からない」や「高く売れるか心配」という方も多いことでしょう。そこで今回は、今から家を売る方に、家を売るにはどうすれば損をせずにお得に売れるか詳しく解説します。

家を売る方法と要点を知ることが大切、ぜひ参考にしてください。

家を売る方法

家

一般的に、最も高額な資産の1つである家を売るときは、誰もが慎重になることでしょう。そこで、家を少しでも高く売るには、高く買ってもらえるお客様を見つけることが重要です。

 家を高く売るなら、買い手目線で魅力のある売り方が必要となります。

家を売るときは「誰に売るか」と「どのように売るか」を見極めることが重要です。売却先が一般のお客様の時は「仲介」を、不動産会社の場合は「買取」を選択します。

この2つの方法を理解することで、家を高くスムーズに売却できます。

仲介と買取の違いとは?

家と?マーク

家を売る際は、仲介と買取の2つの方法から選択するのが一般的です。仲介と買取のどちらを選択するかは、家を売る理由や、時間的な余裕などから決定します。

 家を高く売るなら仲介を、早く売るなら買取を選択するのが一般的です。

ただし、家を売る際に気をつけておきたいのが「高く売る方がお得」とは言えないこと。それは、高く売れても「売却にかかる費用と時間」によっては買取の方が得をすることがあるからです。

仲介と買取の特徴を良く理解して選択しましょう。

仲介

仲介

家を売る際に仲介を選択した場合、基本的に買主は次の住民となります。そこで、不動産会社に依頼して買主を募集するのが仲介という売却方法です。

 仲介で家を売却する場合、売却が決まれば不動産へ仲介手数料を支払います。

不動産会社は、仲介手数料を得るために、あなたが売りたい家の販売や手続きのサポートをします。ただし、仲介手数料は不動産が売れるまで発生しないため、売れなければ0円です。

仲介手数料は成果報酬のため、売れなければ支払う必要はありません。

仲介のメリット

家をお金

仲介のメリット
  • 家を高く売れる可能性がある
  • 自分で売却価格を設定できる
  • 不動産会社の売却サポートを受けることができる

仲介のメリットは、市場価格で売却できるので、買取よりも高く売れる可能性があるところです。また、売却価格を売主が自由に設定できるため、あなたが納得できる価格で売却できるでしょう。

 販売実績の高い不動産会社を選ぶことで、より高く売れる可能性が高まります。

また、立地条件やニーズに合った利用価値の高い物件は、市場価格よりも高く売れるでしょう。あなたが考えるセールスポイントをアピールすることで、家の価値が高まる可能性があります。

便利で快適、安全が担保できる物件は、家を高く売るための重要なポイントです。

仲介のデメリット

?!

仲介のデメリット
  • 売却手数料がかかる
  • いつ売れるか分からない
  • 内覧を実施しなければならない
  • 家の状態によって修繕やリフォームが必要なケースがある
  • 家を売りに出すことが周囲にバレる可能性がある

仲介では、家の売却が決まると手数料が発生します。また、家がいつ売れるか分からないという不安要素もデメリットの1つです。

 家が高く売れても、売却費用や時間がかかり、買取よりも損をするケースがあります。

また仲介では、家の売却や引っ越しが周囲に知れ渡るリスクがあります。それ以外にも、修繕やリフォームの費用や内覧の手間がかかるのも仲介のデメリットです。

仲介での売却は、時間と金銭に余裕のある方におすすめです。

買取とは

家とお金

買取は、家の買主が不動産会社となる売却方法のことです。買取では、あなたが不動産会社の買取価格に納得できて売買契約を結ぶだけで売却手続きが完了します。

 買取の場合、売却査定を申し込んでから1ヶ月程度で現金化できるでしょう。

また売却先が不動産会社となるため、手続き方法がシンプルで必要書類が少ないのも特徴です。買取では仲介手数料がなく、原則リフォームや修繕も必要ないため、売却費用がほとんどかかりません。

費用と時間をかけずに家を売りたい方は、買取をおすすめします。

買取のメリット

握手する人々

買取のメリット
  • 早く売却できる
  • 売却手続きがシンプルで簡単
  • 売却活動が周囲にバレない
  • 瑕疵担保責任(契約不適合責任)が免責となる

買取では、不動産会社に直接売却するため早くシンプルに売可能です。あなたが買取価格に納得できれば即契約できるため、仲介と比べ早く家を現金化できるでしょう。

 買取では、家の修繕やリフォームをせずに売却するのが一般的です。

また、買取では買主を探す必要がないため、周囲に気付かれずに売却可能できます。そして買取の大きなメリットとして、瑕疵担保責任(契約不適合責任)の免責があります。

瑕疵担保責任とは、売却後に分かった欠陥に対し売主が賠償責任を負うことです。

買取のデメリット

家と!マーク

買取のデメリット
  • 売却額が安くなる可能性がある
  • 自分の意思で売却価格を決められない

買取のデメリットは、売却価格が安くなることです。基本的には、不動産会社の買取査定額で売却することになるため売主の望は反映されません

 買取価格は、市場販売価格の70%~80%となるのが一般的です。

ただし、不動産会社が独自に家をリフォームして再販売するため、家をそのままの状態で売却できます。買取では、できるだけ多くの買取査定を取り、高く買取してくれる不動産会社を探すことです。

不動産一括査定サイトでは、無料で最大10社の査定を受けることができます。

家を売る際の流れ

価格交渉

上記のように、家を売る方法には仲介と買取があります。ここでは、家を売る流れについて、それぞれ解説していきます。

家を売る際の流れ|仲介

家を売る際の流れ|仲介のケース
  1. 売却査定を依頼し、信頼できる不動産会社を選ぶ
  2. 不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を開始する
  3. 買主が見つかれば売買契約を結び、決済して家を引き渡す
  4. 確定申告をする

1.売却査定を依頼し、信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産会社の仲介

仲介で家を売る際は、まず不動産一括査定サイトで複数の不動産会社から見積りを取ることです。ここで重要なのが、家の相場の確認信頼のできる不動産会社を探すこと。

 見積もり額が高いからといって、その価格で売却できるとは限りません。

そこで、できるだけ家を高く早く売ってくれそうな、販売力のある不動産会社選びが重要なのです。販売力のある不動産会社は、販売実績や口コミ、営業担当の対応力などから判断できるでしょう。

不動産一括査定サイトでは、不動産会社の販売実績なども確認できます。

2.不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を開始する

ペンで書類を書く男性

信頼できる不動産会社が決まれば、媒介契約を結び、いよいよ家の売却活動がスタートします。家の売却活動中、仲介手数料などの費用は一切発生しません

 売却活動中、売主は積極的に内覧を実施しましょう。

内覧とは買主に販売中の家を見せることで、居住中の家を売る際は売主も内覧に参加します。買主は「家を買うお客様」ですので、印象が良くなるように接客することが大切です。

売却活動中は、できるだけ家を整理整頓しておきましょう。

3.買主が見つかれば売買契約を結び、決済して家を引き渡す

ユニークな家

家の買主が見つかれば、売主と買主が売買契約を結び、その後に引き渡しを行います。この売買契約と引き渡しの時点で、さまざま売却費用が発生します。

 一部の売却費用は、家を売ったお金が入る前にかかるため注意が必要です。

仲介手数料の一部た印紙税などの売却費用は、売買契約の締結時に支払わなければなりません。そこで、売買契約時に買主から売却額の10%程度の手付金を受け取ることをおすすめします。

手付金を受け取ることで、買主による購入キャンセルを防ぐこともできます。

4.確定申告をする

電卓計算

無事物件の引き渡しを終えれば、後は確定申告をして終了です。確定申告時には、家を売って手に入れたお金と、購入と売却にかかった費用をすべて計上しましょう。

 確定申告では、家の売却価格から購入と売却の費用を差し引いた金額を申告します。

確定申告により、売却利益がでれば課税され、赤字が出れば税金が還付される可能性があります。不動産を売却したら、必ずその年の確定申告を行うようにしましょう。

確定申告せずに放置すると、脱税など思わぬトラブルを招く可能性があります。

家を売る際の流れ|買取

家を売る際の流れ|買取のケース
  1. 買取査定を依頼し、各不動産会社と見積もり価格を比較する
  2. 売却する不動産会社を決める
  3. 売買契約を締結後、決済し家を引き渡す
  4. 確定申告する

1.買取査定を依頼し、各不動産会社と見積もり価格を比較する

家の模型

家の買取を依頼する場合は、買取を実施している不動産会社に査定を依頼しましょう。不動産一括査定サイトの買取査定を選択し、簡易査定と訪問査定を実施します。

 買取では、原則として最も高い買取価格を提示した不動産会社に売却しましょう。

売却先の不動産会社を決める際は、買取価格とともに不動産会社の資金力も重要です。資金力のある不動産会社の場合、入金が早くなる可能性があるため、売却がスムーズに進みます。

買取では売却価格が安くなる反面、売却費用と時間を節約できます。

2.売却する不動産会社を決める

握手

家を売却する不動産会社が決まったら、手付金として売却額の約10%を受け取ります。次にいつ引き渡しを行い、残金の入金などの売却スケジュールを確認しておきましょう。

 買取では、売却時の手間と費用をかけないのがポイントです。

買取では、不動産会社がリフォーム工事を行い家を再販するため、原則そのままで売却します。そのために修繕やリフォーム代、ハウスクリーニング費用も節約できるでしょう。

買取では、売却費用を徹底して使わないのがポイントです。

3.売買契約を締結後、決済し家を引き渡す

不動産契約

売却する不動産会社と売買契約を締結すると、不動産会社から家の買取残金が一括で振り込まます。できるだけ早く入金してもらいたい時でも、不動産会社がスピーディーに対処してくれるでしょう。

 買取では、不動産一括査定サイトの査定申し込みから1ヶ月ほどで売却可能です。

このように、買取は売却額が低くても費用や時間をかけずに売却できるメリットがあります。そのため、古くてリフォームが必要な家を売る場合には、買取の方がお得なケースが多くなります。

どちらが良いか迷った時は、不動産一括査定サイトで相談してみましょう。

4.確定申告する

電卓と書類

買取の売却が完了したら、仲介の時と同様、必ず確定申告を行います。確定申告は、売却した翌年の2月中旬から3月中旬にかけて行うのが一般的です。

 確定申告の正確な日時は、各地域の税務署に確認してください。

また、普段確定申告をしていない会社員などの方は、事前に税務署の無料相談などを利用しましょう。確定申告はご自分で行うこともできますが、税理士などの専門家に任せることもできます。

売却益が3000万円を超えて譲渡所得税がかかる際は、専門家に任せましょう。

家を売る際に必要な書類

家を売る際に必要な書類
  • 登記済権利証 
  • 固定資産税納税通知書
  • 建築確認済証、検査済証
  • 身分証明書
  • 実印と印鑑証明 など

家を売る際には、いくつかの書類を揃えなければなりません。まずは書類の有無を確認しましょう。

 書類を紛失した場合は、不動産会社に相談して再発行等を行います。

古い家で権利所などが無い場合、再発行に時間がかかるため、できるだけ早く売却準備を始めましょう。上記の書類が必要となるタイミングは、売却方法によって異なります。

それぞれの必要な時期は、不動産会社に確認しましょう。

 家を売るときにかかる費用・税金

大量の札束

家の売却時に掛る費用や税金は、売却する方法によって異なります。一般的に、買取よりも仲介の方が売却費用が高くなることが多く、売却額の5%程度かかるでしょう。

 家が古く修繕などが必要な場合は、売却費用が30%以上かかることもあります。

修繕やリフォームが必要となる家の売却は、基本的に買取を依頼する方がお得です。税金に関しては、売却益が3,000万円以上の物件に課税されるため、多くのケースが非課税となります。

家を売却は、信頼できる不動産会社に相談し最もお得な方法を選びましょう。

家を高く売るコツ

男の子と虫眼鏡

家を少しでも高く売るコツは、家の良いところをアピールすることです。家を売却する際は、購入する人が好みそうなポイントを上手く掴むことが大切となります。

 売却する家の特徴に合う購入希望者を探すことで、値引きせずに高く売れるでしょう。

リフォーム工事をすれば高く売れますが、基本的にリフォーム費用は売却価格で回収できません。家を高く売るには、高く買ってくれそうな購入希望者に積極的に売ることが一番近道となるでしょう。

眺望の良さや日当たりなど、購入希望者によってメリットが異なります。

家を早く売るコツ

時計とお金

家を少しでも早く売りたい時は買取を選択するのが一般的です。ただし、比較的新しい家やリフォーム仕立ての家は、買取で売却すると損をするケースもあります。

 新しい家を売る際は、販売力の高い不動産会社を選択しましょう。

仲介と買取のメリットとデメリットを相殺すると、手元に入る金額にそれ程大きな差はでないでしょう。そこで、売却益とかかる時間をシミュレーションして、納得できる売却方法を選ぶことが重要です。

不動産一括査定サイトで、親身なアドバイスをくれる不動産会社を探しましょう。

家を売るなら不動産一括査定サイトがおすすめ

パソコンをする女性

このように、家を売る際に損をしないためには、不動産会社選びが最も重要です。そこでおすすめなのが、PCやスマホから申し込める不動産一括査定サイトです。

 不動産一括査定サイトでは、約1分で最大10件の無料査定を依頼できます。

不動産一括査定サイトでは、不動産会社の情報が豊富で、査定後に仲介や買取の依頼が可能です。不動産一括査定サイトを利用すれば、あなたの大切な家を適正な価格で早く売却できるでしょう。

家を売却する前に、まずは不動産一括査定サイトを覗いてみてくださいね。

おすすめの不動産一括査定サイト9選

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.6%※1
  • 年間購入相談件数20万件以上※2
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.6%※1となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

※1 2021年度(6月〜2月)中に当社でお取引いただいたお客様を対象に実施したアンケートで、不動産取引の機会が生じた際、再度弊社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合 

※2 2021年度実績

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

家を売る際のよくある質問

家を売るにはどうすれば良いですか?
まずは不動産一括査定サイトから、売却査定を申し込みましょう。
家を売る査定はどのくらい時間がかかりますか?
簡易査定で1日程度、訪問査定で1時間が目安です。
家を売る際の査定はいくらでできますか?
不動産一括査定サイトを使えば無料でできて、手続きも比較的簡単です。
家の売却にかかる費用はいくらですか?
仲介では約5%程度が目安です。それ以上かかりそうなときは不動産会社に相談しましょう。
家を高く売るコツはありますか?
家を綺麗に整理して、家の特徴にあった購入希望者を探すことがコツと言えます。
家を早く売りたい時はどうすれば良いですか?
早く家を売りたい時は、できるだけ早く不動産会社に買取を依頼しましょう。
良い不動産一括査定サイトはどの様に探せばよいですか?
この記事内で優良な不動産一括査定サイトを紹介していますので、ぜひお試しください。

まとめ

いかがでしたか?今回は、家を売る際に、少しでも高く、そして早く売る方法をご紹介してきました。

家を売る際は、不動産一括査定サイトで不動産会社の情報を集め、仲介と買取の有利な方を選択しましょう。

この記事を参考に、基本的な知識と信頼できる不動産会社を見つけ、失敗のないように売却してくださいね。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事