不動産売却査定時の3つの注意点と確認すべきポイントを徹底解説

あなたが所有する土地や家などの不動産売却にあたり、まずは複数の不動産会社へ査定依頼し、見積もりを取るのが一般的な方法です。

しかし、複数の不動産会社へそれぞれ査定を依頼するには多くの手間がかかるため、なかなか時間を割けずにお困りの方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、不動産の売却査定を効率良く行う方法や、売却査定の注意点を徹底解説いたします。

これから不動産売却のご予定のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

不動産売却査定とは

シーソー

不動産の売却査定とは

不動産の売却査定とは、あなたが所有する不動産の価値を不動産会社に見積もってもらうこと。そして、売却査定で出た見積額を参考に、実際の不動産の売却価格を決定します。

 不動産の売却では、複数の査定額を参考にして現実的な売却価格を決めましょう。

そこで、不動産の売却査定を行う際は、できるだけ多くの不動産会社に査定を依頼します。そして、査定を依頼した不動産会社の中から、信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

以下では、売却査定の種類や特徴、算定基準などを解説します。

査定の種類|簡易査定と訪問査定

虫眼鏡と家の模型

不動産売却の査定方法には、簡易査定と訪問査定があります。一般的には、複数の不動産会社に簡易査定を依頼し、その中から訪問査定を依頼する不動産会社を選択します。

 不動産の売却査定には、不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。

不動産一括査定サイトを利用すると、1回の不動産情報の入力で最大10社の査定依頼が可能です。しかも、査定依頼する不動産会社の詳細情報をPCやスマホからいつでも無料で閲覧できます。

まずは簡易査定と訪問査定について、詳しく解説します。

簡易査定(机上査定)

電卓と図面

簡易査定(机上査定)とは、売却する不動産の見積もり価格を、過去のデータから概算する方法です。簡易査定については、以下の流れで行われるのが一般的です。

簡易査定実施の流れ
  1. まずは、売主が不動産一括査定サイトから査定を依頼したい不動産会社を決定
  2. 次に、売却したい不動産の情報を不動産一括査定サイトの入力欄へ入力
  3. 入力した情報を(1)で選択した不動産会社に提出
  4. 不動産会社は依頼された不動産情報を確認し、過去の類似する不動産の取引データから見積もり価格を算出
  5. 算定した査定額を、電話やメールなどで売主に報告

簡易査定で不動産会社が利用するデータは、全国の不動産会社で共有する「レインズ」と呼ばれる、国土交通省指定の不動産流通情報システムです。

売却査定では、この共通の「レインズ」を用いることで、査定額に大きな誤差が出にくい特徴があります。

簡易査定には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

簡易査定のメリット

メリットデとメリット

簡易査定のメリットは、売却したい不動産価格の目安を、比較的簡単に無料で調べられるところです。

不動産一括査定サイトで売却査定を依頼すれば、1回の情報入力で最大10社の簡易査定を依頼できます。

 不動産一括査定サイトを利用すれば、当日か翌日には査定結果が分かります。

簡易査定は、不動産の売却時はもちろん、売りたい不動産の相場を知りたい時にも利用可能です。査定額が満足できる金額であるかを確認し、それから本格的に売却を検討する方も多くおられます。

まずは、不動産一括査定サイトからできるだけ多くの不動産会社に査定を依頼しましょう。

簡易査定のデメリット

簡易査定では、査定額と実際の売却額に誤差が生じるリスクがあります。簡易査定の査定額は、過去の類似する不動産の取引データを参考とするため、正確な金額とは言えません

 簡易査定では、複数の査定結果から目安となる金額を概算しましょう。

現実的な売却価格を算定するためには、まずできるだけ多くの不動産の簡易査定を受けることが重要です。簡易査定の結果と連絡内容から信頼できそうな不動産会社を選び、次の訪問査定を依頼しましょう。

不動産一括査定サイトは、1度に複数の不動産会社に査定を申し込めるため、おすすめです。

訪問査定

人形と家の模型

訪問査定では、簡易査定の結果と実際の不動産の現状から、実際の販売または買取価格を算出します。訪問査定では、下記の流れと調査内容から価格を決定します。

訪問査定の流れと査定内容

<訪問査定の流れ>

  • 売主が、簡易査定の結果や対応から、気に入った不動産会社に訪問査定を依頼
  • 訪問査定の依頼を受けた不動産会社は、指定された日に不動産を訪問し、目視して査定

<訪問査定時の調査内容>

  • 不動産の周辺地域の状況
  • 不動産の立地条件
  • 物件の間取りや広さ
  • 日当たり状況
  • 建物の経年劣化の状況
  • 建物や土地の状態 など

訪問査定では、簡易査定では確認できない上記のようなポイントを、目視しながらチェックします。不動産会社は、訪問査定によってより適正な価格を決定し、売主に直接提示します。

訪問査定時の対応や査定金額を参考に、仲介や買取を依頼する不動産会社を決めましょう。

訪問査定のメリット

メリット

訪問査定を行うことは、適正な査定価格を把握する以外にもメリットがあります。それは、訪問査定によって、不動産会社の対応や担当者との相性を確認できることです。

 不動産の売却では、信頼できる不動産会社との契約が重要です。

信頼できる不動産会社を選択することで、不動産を早く高く売却できる可能性が高まります。訪問査定では、査定金額だけでなく、担当者の対応力や営業力をについても確認しましょう。

担当者の対応力は、不動産の売却に関する質問をすることで判断できます。

訪問査定のデメリット

訪問査定で出た査定額については、その金額が絶対に適正な価格とは限りません。中には高すぎる見積額で仲介契約をとり、販売開始後に値引きを勧める不動産会社もあります。

 信頼できる不動産会社を見つけることで、売却のリスクを減らせるでしょう。

そこで、不動産一括査定サイトの中から、相性の良い不動産会社を見極めることが重要となるのです。訪問査定も無料なので、できれば3社以上の不動産会社の訪問査定を受けることをおすすめします。

不動産一括査定サイトで、不動産会社の口コミなどを確認するのも良い方法です。

 不動産売却査定3つのチェックポイント

チェックリスト

不動産売却査定3つのチェックポイント
  • 不動産の相場をチェック
  • 不動産会社のチェック
  • 見積もり査定の内容をチェック

上記は、不動産売却査定を依頼する前に必ずチェックしておきたいポイントです。

以下では、この3点について解説します。

不動産の相場をチェック

家と電卓

不動産を売却する際に必ず確認しておくべきなのが、物件の市場相場です。とくにマンションの場合には、対象物件の面積や間取り、階数などから市場の相場をチェックできます。

 戸建て住宅の場合は、接面する道路や立地などにより価格が大きく異なります。

不動産の市場相場をチェックする際は、類似した物件の価格を参考にすることが重要です。不動産会社の査定額だけではなく、ご自分でも周辺の価格相場などをチェックするようにしましょう。

不動産一括査定サイトで複数の見積りを比較すると、市場相場が予測できます。

不動産会社のチェック

チェック

査定を依頼する不動産会社を選択する時は、販売実績や評判などを参考にします。不動産会社には、販売する物件(戸建住宅やマンションなど)の種類によって、得手不得手があります。

 売却する不動産の取り扱いを得意とする不動産会社を選択しましょう。

不動産会社の販売実績などは、不動産一括査定サイトや不動産会社のHPから確認可能です。またそれ以外でも、査定結果を受ける際の担当者の態度や対応も重要な参考材料となります。

質問や相談に対し、不誠実であったり良いことばかりを言う不動産会社は避けましょう。

見積もり査定の内容をチェック

不動産一括査定サイトで見積りを取った時に、高すぎる査定額を出す不動産会社が稀にあります。極端な査定額の場合、その根拠を聞いて本当に適正な価格かを確認することが重要です。

 他の不動産会社に無い情報によって、あなたの不動産が高く売れる可能性があります。

実例として、不動産一括査定サイト内で査定額が数百万円違うケースもあります。あなたが納得のできる説明を受けられた場合には、その不動産会社も仲介契約の候補にしましょう。

不動産の売却は、上記を確認して高く早く売るように努力しましょう。

不動産売却査定3つの注意点

注意

不動産売却査定3つの注意点
  • 家や庭、土地などの売却物件を整理する
  • 査定前にリフォームやリノベーションを行わない
  • 瑕疵(不動産の重大な欠陥や不具合)を隠さない

以下では、不動産の売却査定で気をつけておきたい3つの注意点を紹介します。

家や庭、土地などの売却物件を整理する

不動産の売却査定では、家や庭、土地などを整理しておくのが基本です。とくに住宅内は家具や物が乱雑にあると、部屋が狭く暗く見えることがあるため注意が必要です。

 不動産の売却査定の前に、整理整頓を徹底しましょう。

庭や空き地に粗大ごみなどを放置せず、伸びた草を刈っておくと広く清潔に感じます。また、水回りや玄関などの臭いが気になる場所も、ご自分でこまめに掃除をしておきましょう。

不動産売却査定は、購入者の目線で物件を観察しながら整理すると良いでしょう。

査定前にリフォームやリノベーションを行わない

リノベーション工事

不動産の売却では、売主の判断で査定前にリフォーム等はしないようにしましょう。それは、売主の判断でリフォームしても、買主の好みに合わないケースがほとんどだからです。

 リフォームにかかった費用は、売却価格で回収することはできません。

汚れや劣化が激しく、リフォームが必要な場合でも、まずは不動産会社に相談してみましょう。リフォームや修繕が必要となる場合は、不動産会社の買取制度を利用する方がお得なケースがあります。

古い物件の場合は、仲介と買取のどちらが得かをシミュレーションしてみましょう。

瑕疵(不動産の重大な欠陥や不具合)を隠さない

古屋

不動産の売却では、売主が瑕疵(重大な欠陥)を黙って売却すると、損害賠償の対象となります。これを瑕疵担保責任と呼び、売主は不動産の引渡し後に判明した瑕疵について一定期間責任を負います。

 瑕疵担保責任は、瑕疵を隠蔽して売却した場合に契約破棄や損害賠償の対象となる制度です。

売却する不動産に少しでも不安ある場合、必ず不動産会社に申告しましょう。瑕疵のある物件でも、不動産会社が買取して修繕し再販売することで、瑕疵担保責任が免責となります。

物理的な瑕疵以外にも、何か問題がある場合は必ず申告することが重要です。

不動産売却査定に必要な書類

書類を持つ人

不動産の売却査定では、不動産や税金に関する書類がいくつか必要となります。

売却査定で必要となる主な書類は以下の通りです。
不動産売却査定に必要な書類
  • 不動産購入時の売買契約書
  • 不動産購入時の重要事項説明書
  • 登記識別情報
  • 土地測量図面
  • 建築設計図
  • 固定資産税納税通知書
  • 住宅ローンの残高証明書
  • 管理規約(マンションの場合)
  • 身分証明書 など

尚、必要書類は売却したい不動産(戸建て住宅やマンションなど)によって種類が異なります。必ず不動産会社にご確認の上、揃えるようにしましょう。

 簡易査定と訪問査定でも、準備する書類が異なります。

上記の書類以外にも、リフォームや付帯設備の交換履歴などがあれば、査定額が上がる可能性があります。不動産や設備などに関する書類があれば、訪問査定時にすべて提出しましょう。

不動産会社との契約時に、必要書類の確認をおすすめします。

不動産売却査定にかかる費用

お金

不動産の売却査定にかかる費用は、基本的に無料です。ただし、必要書類を揃える際に、手数料が数百円~千円程度かかる可能性があります。

 不動産の売却査定は、まずは気軽にできる不動産一括査定サイトで行いましょう。

不動産一括査定サイトを利用すれば、無料で24時間いつでもPCやスマホから申し込み可能です。また、電話での通知を遠慮したい時は、メールでの連絡を選択できるサイトもあります。

売却査定で費用を請求する不動産の利用は避けましょう。

境界線がはっきりしないケースは要注意!

また、土地の境界線がはっきりしないケースでは、査定が難しいことがあります。そんな時は、管轄の法務局で調査してもらい、必要な時のみ測量を依頼しましょう。

 土地の測量には、最低でも50万円以上の費用がかかるため注意が必要です。

できるだけ境界線が分かる資料が見つかってから、売却査定を依頼しましょう。また、法務局の調査員が土地の境界を特定してくれる筆界特定制度の利用もおすすめです。

筆界特定制度を利用すれば、数千円~1万円程度で境界を特定してくれます。

不動産の売却は不動産一括査定サイトがおすすめ

パソコンを指差している

このように、不動産の売却で損をしないためには、不動産会社選びが最も重要な要素となります。そこでおすすめなのが、PCやスマホからいつでも申し込める、不動産一括査定サイトです。

 不動産一括査定サイトを使えば、約1分で最大10件の査定依頼ができます。

また、不動産一括査定サイトには不動産会社の情報が豊富で、査定後に仲介や買取の依頼も可能です。不動産一括査定サイトを利用することで、あなたの大切な不動産をより高く早く売却できるでしょう。

不動産の売却では、ぜひお好みの不動産一括査定サイトをお試しください。

おすすめの不動産一括査定サイト9選

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計12万件以上の実績※1
  • 顧客満足度96.3%※2
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!
  • ※1 2021年度(2021年4月~2022年3月末)実績 ※2 2019年4月1日~2022年1月31日にすまいValueで媒介したお客様を対象に行ったアンケート結果。

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、12万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.3%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.6%※1
  • 年間購入相談件数20万件以上※2
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.6%※1となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

※1 2021年度(6月〜2月)中に当社でお取引いただいたお客様を対象に実施したアンケートで、不動産取引の機会が生じた際、再度弊社を利用したいとご回答いただいたお客様の割合 

※2 2021年度実績

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

不動産売却査定に関するよくある質問

不動産売却の査定にはどんな方法がありますか?
レインズを使った「簡易査定」と、直接不動産を鑑定する「訪問査定」の2種類があります。

不動産の査定に費用はかかりますか?

簡易査定も訪問査定も原則無料です。査定には不動産一括査定サイトがおすすめです。

土地の査定で必要な測量も無料ですか?

土地の測量は有料となります。まずは法務局に問い合わせてみましょう。

不動産の訪問査定では何を確認しますか?

訪問査定では、建物や土地の状況、日当たり、設備古さや状態などを確認します。

家はリフォームすれば高く売れるのでしょうか?

査定額は高くなりますが、売却価格でリフォーム代を回収するのは難しいでしょう。

不動産の査定額は交渉すれば上がりますか?

不動産の査定額は売却価格ではありません。現実的な価格で販売することが重要です。

不動産一括査定サイトの利用で注意点はありますか?

不動産の査定額はあくまで目安です。実際の売却価格とは異なることを理解しておきましょう。

まとめ

このように、不動産の売却査定では、実際の売却価格の目安を確認することが可能です。

ただし、査定額はあくまでも販売する価格の目安であり、不動産の特徴によっては価値が上がることもあります。

中でも住宅は、長く住んでこそわかるメリットが数多くあります。それに共感する買主であれば、高く売れる可能性もあります。

そんな買主を見つけるためには、実績のある不動産株式会社探しが大切です。

不動産一括査定サイトで、販売実績の高い不動産会社を見つけ、あなたの大切な不動産を少しでも高く売却できるようにしましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事