住宅ローンの本審査は複数申込するべき?複数申込する方法やメリットを解説!

住宅ローンを借りてマイホームを購入したい方にとって、住宅ローンはどのようにして選んでいけばいいかわからないという方は多いはずです。

住宅ローンを選ぶ際には複数の金融機関へ審査申込みをして比較するべきか、複数の金融機関へ審査申込みをしたら審査に悪影響があるのではないかと感じる方も多いでしょう。

 住宅ローンの事前審査・本審査においても複数の金融機関へ審査申込みをするべきで、複数の商品を比較検討することが大切です。

しかし、複数の金融機関に審査申込みをすると住宅ローンが借りられないのではないか?審査に通過できないのではないか?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、住宅ローンの本審査は複数申込みするべき理由と方法について解説していきます。

そもそも住宅ローンの複数申込みはできる?

そもそも住宅ローンの複数申込みはできる?

住宅ローンの審査を複数の金融機関へ申込することは基本的に問題ありません。事前審査・本審査のどちらも場合においても、複数の金融機関へ審査申込みは可能で、審査通過後にキャンセルはよくある事実です。

 ステップが少し進んで、住宅購入自体のキャンセルは手付金などの費用がかかってしまう可能性もあるのでご注意ください。

金融機関の立場で考えると、マイホーム購入者(借主)が本当に住宅ローン商品を契約できるかは審査に通過するまではわかりません。つまり、借主としても複数の会社へ申込みすることは問題ないです。

住宅ローンの本審査に複数通った場合はどうする?

住宅ローンの本審査に複数通った場合はどうする?

では、本審査が複数の金融機関で通過してしまった場合にはどうなるのか気になる方もいるでしょう。

 本審査においても、複数の金融機関の審査を通過してもキャンセルが可能です。

つまり、複数の金融機関からの審査が通過しても、最も条件の良い金融機関の商品を選ぶだけで良いため、選択肢の幅が広がるメリットがあります。

気になる金融機関の審査には全て受ける勢いでも良いでしょう。
 しかし、本審査には事務手数料がかかってきますので、自分の条件にぴったりな金融商品を2〜4社程度まで絞って審査申し込みしましょう。

住宅ローンの本審査を複数申込みするメリット

住宅ローンの本審査を複数申込みするメリット

住宅ローンの本審査を複数申込みするメリットとしてあげられるのは、「複数の住宅ローン商品を比較できる」「減額承認になる確率が下がる」「住宅ローン審査の通過確率が上がる」ことです。

複数の住宅ローン商品を比較することは重要で、消費者にとって複数の金融商品を比較することは、市場相場の把握したり、自分に最適な商品を知るためには必要不可欠です。

住宅ローンの本審査を複数申込するメリット
  • 住宅ローン審査の通過確率が上がる

  • 減額承認になる確率が下がる

  • 複数の住宅ローン商品を比較できる

住宅ローン審査の通過確率が上がる

住宅ローン審査の通過確率が上がる

住宅ローンの審査は金融機関によって内容が異なっているため、1社に審査依頼をするよりも、複数の金融機関へ審査依頼する方が審査を突破できる可能性が上がります。

国土交通省が公表している「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」では、各金融機関は以下のような審査項目を設けておりそれぞれが独自の調査項目を設けていることがわかります。

審査基準 割合
完済時年齢 99.1%
健康状態 98.2%
担保評価 98.2%
借入時年齢 97.8%
年収 95.7%
勤続年数 95.3%
連帯保証 95.1%
金融機関の営業エリア 91.0%
返済負担率 92.1%
融資可能額(融資率)①購入の場合 74.3%
雇用形態 76.4%
融資可能額(融資率)②借換えの場合 69.4%
業種 30.1%
家族構成 23.7%
雇用先の規模 21.6%
所有資産 21.0%
性別 17.5%

出典:国土交通省 「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」

「完済時年齢」「健康評価」「担保評価」などは多くの金融機関が審査対象項目としているなか、「性別」「所有資産」などについては審査項目に取り入れられている金融機関は少ないようです。

以上のことからも、審査基準は各金融機関によって異なるため、複数の金融機関へ審査申込みすることで、審査通過確率を上げることができます。

減額承認になる確率が下がる

減額承認になる確率が下がる

減額承認とは、希望した借入金額よりも金額を小さくすれば審査に通過できることです。

しかし、減額承認では借りられる額が小さくなってしまうため、希望していた住宅を諦めたり、貯金を大きく取り崩して住宅を購入することになってしまうでしょう。

 貯金を取り崩して住宅を建てると手元の現金がなくなり家計が苦しくなったり、希望していた住宅を諦めると1から設計する手間も増えます。

減額承認リスクを減らすためにも、複数の金融機関へ審査依頼することは大切であり、希望した金額で住宅ローンを組める金融機関を探せるでしょう。

複数の住宅ローン商品を比較できる

複数の住宅ローン商品を比較できる

今では住宅ローンの商品は数多くあり、内容は金融機関によって異なり、自分に最適な金融機関の商品を探すことは大切です。

金利条件だけでなく、「団体信用生命保険」の内容や返済のしやすさなど、さまざまな条件と自分の条件にぴったりな金融機関を探すためにも複数社を比較することは重要でしょう。

 市場の金利相場や団体信用生命保険の手厚さを知るためにも複数の住宅ローン商品を比較することで理解ができます。

住宅ローンの本審査を複数申込するデメリット

住宅ローンの本審査を複数申込するデメリット

住宅ローン審査を複数社へ申込みするメリットについて解説してきましたが、デメリットについても気になる方は多いはずです。

 しかし、消費者として住宅ローンの複数社申込みはメリットが十分に大きいです。デメリットについても理解しつつ複数社申込みをおすすめします。

デメリットとして考えられることは、「本審査の手数料がかかることも」「審査時に印象が下がる可能性」があるでしょう。

住宅ローンの本審査を複数申込するデメリット
  • 本審査の手数料がかかることも
  • 審査時に印象が下がる可能性がある

本審査の手数料がかかることも

本審査の手数料がかかることも

本審査では多くの金融機関において事務手数料が必要になることがあります。

仮審査とは異なり、金融機関にとっても本審査は手間も多いため事務手数料が発生し、手数料は「借入金額」によって変わるところや「借入金額によらず一律」の金融機関もあります。

 しかし、事務手数料がかかっても住宅ローンの金利が小さい金融機関へ審査が突破するだけで数百万円の返済額の差が生じることもあるでしょう。

そのため、できる限り複数の金融機関を比較して自分に最適な金融機関へ申込みをして上手に住宅ローンを借りましょう。

審査時に印象が下がることも

審査時に印象が下がることも

事前審査・本審査においても複数の金融機関へ申込みをした場合には、年収や資産・預金などの重要な個人情報を金融機関へ提出することになります。

そのため、とりあえずたくさんの金融機関へ審査申込みをすることはあまり金融機関にとってもいい印象を与えません、

 自分にとって最適な金融商品を提供している金融機関を選択し、3〜4社程度を目安に審査依頼することがおすすめです。

住宅ローン審査を複数申込するなら「モゲチェック」を使おう

モゲチェック

住宅ローン相談窓口「モゲチェック」のおすすめポイント
  • 完全オンラインで住宅ローンの診断ができる!
  • 複数の金融機関を一括比較可能!
  • 住宅ローンのプロが自分にぴったりな金融機関を厳選!
  • 融資の承認確率をAIにて判定可能

モゲチェックでは、パソコン・スマホから複数の住宅ローン商品を診断できる一括比較サイト。最新の住宅ローン商品とユーザーの情報を元に最適な金融商品を紹介してくれるサービスです。

サービス利用者数は2022年2月時点で10万人を突破、複数あるオンライン住宅ローンサービス(媒介)でシェアNo.1の実績もあります。

モゲチェック実績

出典:モゲチェック 「実績」

モゲチェックで提供している「住宅ローン一括比較」では、入力情報(職業・希望条件・資金・年齢など)を元に、ユーザーにとって最適・最安の住宅ローン商品を紹介してくれます。

モゲチェック 紹介一覧

出典:モゲチェック 「ご紹介予定の金融機関一覧(例)」

住宅ローンは自分で選べない方であったり、不動産会社から言われるがままで、住宅ローンを選んでしまっている方も多いはずです。

しかし、「モゲチェック」でまずは無料診断することで、自分に最適な住宅ローン商品について調査可能、もし審査が開始されていても、住宅ローン契約を締結するまでは変更は問題ありません。

金融機関選びや住宅ローン商品選びの方法がわからない方はまずは「モゲチェック」から始めるのはおすすめです。

パソコン・スマホからでも診断可能

パソコン・スマホからでも診断可能

モゲチェックではパソコン・スマホから簡単に住宅ローンの一括比較申し込みが可能。おすすめの銀行を比較表にして紹介してくれます。

スマホからでも複数の銀行を比較できるので、隙間時間に住宅ローンの調査ができるのはメリットが大きいでしょう。

 

モゲチェック おすすめ金融機関

出典:モゲチェック 「おすすめ銀行比較」

スマホやパソコンから診断結果を比較できるのため、自宅でじっくり銀行のことを調べたり、口コミを調査しつつ選べるので、納得した住宅ローン商品に出会えます。

また、「オンライン相談窓口」もモゲチェックは無料でサービス提供しているので、銀行に行く時間がない方でも住宅ローン商品について相談ができます。

自分に最適な金融機関をリサーチ可能

自分に最適な金融機関をリサーチ可能

モゲチェックでは、自分が入力した登録情報から住宅ローンのプロから厳選して銀行を紹介してくれるのが魅力のサービスです。

「モゲチェック」の入力情報
  • 住宅ローン希望条件
  • 年齢
  • 資産
  • 年齢
  • 職業 など

入力方法は選択形式のものがほとんどのため、自ら書類を準備したり、情報を調べる必要もありません。そのため場所を選ばずにサービスを利用できるのはありがたいです。

モゲチェック 入力フォーム

出典:モゲチェック 「入力フォーム」

現在の金利情報や金融機関の特徴、おすすめ理由など「モゲチェック」独自の診断結果が住宅ローン商品を選ぶ参考になります。

診断結果で出される銀行は最大3社、じっくり時間をかけて3社を比較するのもおすすめです。

モゲチェック 比較画面

出典:モゲチェック「結果画面」

また、住宅ローンについて全くわからないという方でも、まずはおすすめの「金融機関3社」から勉強をスタートするのもいいでしょう。

実際の金融商品を比較することで、疑問点や不安点が消えていきます。

融資の承認確率を独自jAIシステムで判定可能

融資の承認確率を独自jAIシステムで判定可能

モゲチェックの最大の特徴である独自AIシステムによる融資承認確率の算出も便利です。他の住宅ローン一括査定サイトにはない機能で住宅ローン選びの参考になります。

借りられそうな住宅ローン商品をランキング形式で掲載してくれるので、効率的に住宅ローンを借りた方にはおすすめのサービスです。

モゲチェック ランキング

出典:モゲチェック「あなたが借りられる住宅ローンがわかる!」

自分で借りたかった希望の住宅ローン商品が自分の条件で借りられるのか、気軽にシミュレーションができるのもメリットでしょう。

 不動産会社から勧められていた住宅ローンだけでなく、自分で調査した最適な住宅ローン商品を見つけるだけで、日々の返済額が大きく異なることがあります。

ぜひ、自分でも「モゲチェック」を試して、最適な住宅ローンを検討することをおすすめします。

なかなか金融機関へ行けない方でも、オンラインでシミュレーションができるサービスはありがたいですね。

本審査・事前審査の違いについて

本審査・事前審査の違いについて

一般的な住宅ローン商品であれば、事前審査(仮審査)と本審査の2つの審査を行い、初めて住宅ローンの金融商品を提供してもらえるでしょう。

 住宅ローンの取引は動く金額が数千万円と大きいため、金融機関も2段階の審査を採用することでより正確・厳密に審査する仕組みになっています。

しかし、それぞれの審査がどのような審査基準で審査しているのか、違いがあるのかは気になるポイントでしょう。

そこで、「仮審査」と「本審査」との違いについて解説していきます。

住宅ローンの事前審査について

住宅ローンの事前審査について

「事前審査」で見られる主な項目
  • 申し込み者の経済状況
  • 借り入れ金額が収入と合っているか
  • 返済期間は妥当か
  • 信用情報に問題はないか

住宅ローンにおける「事前審査(仮審査)」は申込者が無料で申し込みができる審査で、住宅ローン利用者が「融資が可能かどうか」を判断する審査です。

 本審査よりも期間が短く、即日〜3日程度で回答がでるため、比較的審査の通過も難しくないです。

審査の方法は住宅ローン借入者の属性(勤務先・勤務年数・年収など)、返済計画(資金計画)などが重点的に審査されます。

住宅ローンの本審査について

住宅ローンの本審査について

「事前審査」で見られる主な項目
  • 完済時年齢
  • 借入時の年齢
  • 健康状態
  • 担保評価
  • 頭金
  • 年収 など

事前審査が無事に通過した方は、不動産の売買契約を交わした後に「本審査」を実施します。事前審査よりも多くの情報を参考にして審査されるため、審査期間1〜3週間と長いです。

事前審査では審査されなかった購入物件の担保価値や、本人の個人情報を確定する書類も必要となります。借入者も時間かけて書類の準備をしなければなりません。

必要書類 内容
印鑑証明書 公的書類
住民票 公的書類
売買契約書 購入物件の詳細
重要事項説明書 購入物件の詳細
工事請負契約書 購入物件の詳細
建築確認申請書 購入物件の詳細

物件の担保価値も評価されるため、違法建築ではないか・担保評価や物件に瑕疵が生じていないかなども審査対象になり、実際に購入物件の現地調査もある可能性があります。

住宅ローンの審査の基準とは?

住宅ローンの審査の基準とは?

そもそも住宅ローンの審査はどのようなポイントを見て判断されているのか、このポイントがわかっていると、自分が融資が受けやすいのかわかるでしょう。

国土交通省が公表している「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」では、健康状態・完済時年齢・担保評価・借入時年齢について90%以上の金融機関で審査対処となっています。

【国土交通省】「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査報告書」
審査基準 割合
完済時年齢 99.1%
健康状態 98.2%
担保評価 98.2%
借入時年齢 97.8%
年収 95.7%
勤続年数 95.3%
連帯保証 95.1%
金融機関の営業エリア 91.0%
返済負担率 92.1%
融資可能額(融資率)①購入の場合 74.3%
雇用形態 76.4%
融資可能額(融資率)②借換えの場合 69.4%
業種 30.1%
家族構成 23.7%
雇用先の規模 21.6%
所有資産 21.0%
性別 17.5%

出典:国土交通省 「令和2年度 民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」

年齢

年齢

住宅ローンの審査基準として借入者の「年齢」は審査の重要なポイントとして考えている金融機関は多いです。「借入時の年齢」と「完済時の年齢」は審査に大きな影響があります。

 「完済時年齢」「借入時の年齢」は多くの金融機関で採用されている審査基準で完済時年齢:99.1%、借入時年齢:97.8%で採用しています。

借入時の年齢は若ければ若いほど借入やすいです。借入期間を長くしても住宅ローン返済期間中も正社員として雇用されている可能性が高いため、金融機関も安心して貸し出せます。

借入時の年齢 完済時年齢
30代の場合 35〜80歳
(最長49年)
40代の場合 45〜80歳
(最長39年)
50代の場合 55〜80歳
(最長29年)
60代の場合 65〜80歳
(最長19年)

上記の表からも60代から住宅ローンの借入を検討するのは現実的には難しく、融資が承認されづらくなっています。

健康状態

健康状態

団体信用生命保険は住宅ローンを借りる上で、必須条件となっている金融機関も多く住宅ローン借入者からしてもメリットの大きい保証です。

 一般的な民間金融機関の住宅ローン商品は「団体信用生命保険」の加入は必須条件となっています。

団体信用生命保険は、住宅ローン借入者が病気・障害など(保証内容は金融商品によって異なる)で働けな区なってしまった場合に、保証会社が代わりに債務を返済してくれる保証です。

保証会社としては、健康状態が悪い方には団体信用生命保険の加入が難しいと判断されてしまう可能性もあります。

 健康状態に異常があって団体信用生命保険に加入出来ないとなれば、住宅ローンの審査にも通過出来ない可能性があります。

フラット35では団信の加入が必須となっていませんので、健康状態が理由で借りづらいという方は「フラット35」の利用も検討しましょう。

担保評価

担保評価

金融機関は「購入物件の資産価値」も審査しており、物件の売却価格も判断資料としてみています。

仮に、住宅ローン債務者が住宅ローンの返済ができない場合には、物件の差し押さえを実行して、最悪の場合には「競売」にかけられてしまうことも。

 つまり、購入する土地・物件の資産価値がいくらくらいなのか、どれくらいの売却金額なのかでも審査の承認確率が変わってきます。

国土交通省が公表している融資の審査項目のデータ資料からも、「担保評価」は融資を行う際の考慮するポイントとして98.2%と非常に多くの金融機関が審査している要素です。

年収・勤続年数

年収・勤続年数

年収・勤続年数は言うまでもなく審査項目の重要な要素として判断されます。年収は返済能力、勤続年数は安定した収益性が見込める数値として判断されるでしょう。

 年収と年間の返済額との割合(返済比率)が小さいほど融資の確率も高くなります。

返済比率が高いと返済計画に無理が生じているため金融機関も住宅ローンを貸しづらくなります。そのため、返済比率30%〜35%が限界の目安となるでしょう。
※金融機関によっては年収に応じて返済比率の上限を定めているところもあります。
出典:新生銀行「返済比率」

 住宅ローンの返済比率は30〜35%が一般的ですが、返済比率ギリギリまで住宅ローンを組むことは危険な可能性もあります。

余裕を持った返済プランを立てることで、将来の予期せぬライフプランの変更・修正がしやすくなります。

よくある質問

住宅ローンの事前審査とは?
住宅ローンを申込みした金融機関が行っている簡単な審査です。

事前審査は売買契約以前に行われるものであり、住宅ローンを申込みした金融機関が実施します。


住宅ローンの本審査とは?

事前審査よりもより正確に厳しく審査が行われ、マイホーム購入者の返済能力をより厳密に審査されます。

本審査にかかる期間は、一般的に2~4週間程度。金融機関ではなく保証会社が審査するのが一般的でしょう。


住宅ローンの事前審査と本審査の違いは?
住宅ローンには、「事前審査」と「本審査」の2段階の審査体制を採用しています。2段階に分けることで、金額の大きい住宅ローンを正確に審査することができます。

住宅ローンの本審査を複数社申込みするメリットは?
「住宅ローン審査の通過確率が上がる」「減額承認になる確率が下がる」「複数の住宅ローン商品を比較できる」などがあります。

複数の住宅ローン商品を比較することは重要で、消費者にとって複数の金融商品を比較することは、市場相場の把握したり、自分に最適な商品を知るためには必要不可欠です。


住宅ローンの本審査を複数社申込みするデメリットは?
「本審査の手数料がかかることも」「審査時の印象が下がる可能性もある」などが考えられます。

できる限り複数の金融機関を比較して自分に最適な金融機関へ申込みをして上手に住宅ローンを借りましょう。


住宅ローンの本審査を複数社申込みすることはおすすめですか?
消費者として住宅ローンの複数社申込みはメリットが十分に大きいです。

自分に最適な金融商品を出している金融機関を3〜4社程度に絞って申込みすることはおすすめです。


住宅ローンを複数社申込みするおすすめの方法は?
「モゲチェック」なら自分にぴったりな金融機関を探してくれ最適な住宅ローン商品を紹介してくれます。

複数の金融機関への申し込みもオンライン上からできるので、効率的に住宅ローン選びが可能です。

まとめ|複数社を比較するならモゲチェックを利用しよう

まとめ|複数社を比較するならモゲチェックを利用しよう

最適な住宅ローン商品を見つけるために、複数の金融機関へ審査申込みをすることは重要です。複数の住宅ローン商品を比較することで市場相場やそれぞれの保障の手厚さを比較できます。

また、複数の住宅ローンへ審査申込みをするだけで、結果的に審査に落ちてしまった時でも、他の住宅ローン商品の審査が突破したことで1から住宅ローン選びに戻ることなく取引が可能です。

 住宅ローンの本審査には手数料が発生することもあるので、自分にぴったりな住宅ローン商品を3〜4社程度に絞って審査しましょう。

モゲチェックを利用することで、自分の最適な住宅ローン商品を効率的に比較・検討でき、お得にマイホーム購入ができる可能性があるので、ぜひ利用してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事