住宅ローンの繰上げ返済とは?やるべきタイミングやメリットを解説

住宅ローンの繰上げ返済をするべきかどうかと悩んだことはありませんか?

しかし、「住宅ローンを繰上げ返済したらメリットがあるの?」「住宅ローンの繰上げ返済ってした方がいいの?」と感じたことがある方も多いでしょう。

また、そもそもどんな種類があるの?という悩みを持っている方も少なくないはずです。

今回は「住宅ローンの繰上げ返済について」の悩みを払拭するために、下記について解説をしていきます。
この記事でわかること
  • 住宅ローンの繰上げ返済のメリット・デメリット
  • 住宅ローンは繰上げ返済した方がいいのか?
  • 住宅ローンの繰上げ返済における考え方について

そもそも住宅ローンの繰上げ返済とは?

住宅ローンが払えない

そもそも住宅ローンの繰上げ返済とは、毎月の繰上げ返済とは別に、借入額の一部もしくは、全額を返済することになります。

仮に、住宅ローンを2000万円借りているうちの100万円を先に返してしまったり、もしくは2000万円を返してしまうということです。

借りているお金を期限より先に返してしまうということです。

住宅ローン繰上げ返済は2種類ある

繰上げ返済の方法は下記の2種類になります。
繰上げ返済の方法
  • 期間短縮型・・・・「月々の返済額を変えずに、期間を短くする方法」
  • 返済軽減型・・・・「月々の返済額を変えて、期間は変えない方法」

【住宅ローン繰上げ返済方法】期間短縮型について

住宅ローン仕組み

期間短縮型とは名前の通り、返済期間を短くします。

 月々の返済額を変えずに、繰上げ返済分によって残りの借入期間から短くする方法のことです。

例えば、住宅ローンの借入金額が2000万円だとして、借入期間が20年だとしましょう。

今回、繰上げ返済で200万円を「期間短縮型」で返済した場合、約1年ほど期間が短くなります。

要するに、「期間短縮型」で繰上げ返済をすれば、繰上げ返済を行った200万円の約10年分の金利が免除されるということです。

期間短縮型の特徴を上げると以下のようになります。

期間短縮型の特徴
  • 返済額軽減型に比べて利息の支払い額を大きく減らせる
  • 月々の返済額(負担額)は変わらない
  • 貯金額を取り崩すため家計に余裕がなくなる

【住宅ローンの繰上げ返済方法】返済額軽減型について

返済額軽減型は、月々の返済額を減らすことができます。

 月々の返済額が少しずつ安くなり、利息の減少額も少なくなります。

例えば、住宅ローンの借入金額が2000万円で借入期間が20年だとしましょう。

繰上げ返済で200万円を「返済額軽減型」で返済した場合、返済する1年目から20年間の返済額までが毎月均等に安くなるということです。

返済額軽減型の特徴は以下になります。

返済額軽減型の特徴
  • 月々の返済が楽になり、生活のやりくりに余裕が生まれる
  • 繰上げ返済による貯金の取り崩しによる生活面の余裕がなくなる
  • 住宅ローンの総支払い額を減らしながら、月々の返済額も減らすことができる

住宅ローン繰上げ返済のメリット・デメリット

固定金利期間選択タイプのメリット

期間短縮型の特徴と返済額軽減型二つの特徴がわかったところで、住宅ローン繰上げ返済のメリット・デメリットとはどんなことだろうと考える人もいるでしょう。

住宅ローンの繰上げ返済におけるメリット・デメリットを以下に記載していきます。

繰上げ返済におけるメリット・効果について

繰上げ返済をすることのメリットは、元金の一部、または全額を予定した時期よりも前倒しで返済することにより返済した元金の部分に対する金利を払わなくて済むことです。

 将来払うはずだった金利が節約することができます。

将来払うはずであった金利を払わなくていいというメリット・効果だけを考えれば、期間短縮型の方が金利の支払額が大きく減らすことができるのでお得でしょう。

メリット・効果についてまとめると以下のようになります。

繰上げ返済におけるメリット・効果について
  • 借入額を前倒しで払うことにより元金部分に対する金利を払わなくて済むこと
  • 期間短縮型であれば、大幅に金利の節約ができる
  • 返済額軽減型であれば、毎月の支払額が少なくなり、金利も節約できる

繰上げ返済におけるデメリット・手数料について

固定金利間期間選択タイプ

一方、繰上げ返済のデメリットは、資金不足のリスクがあるということです。

 短期的には手元にお金がなくなってしまい、生活が困難になりかねません。

繰上げ返済によって将来の支払い金利が節約できる一方、繰上げ返済を行ってしまうと一時的に生活の余裕がなくなってしまう可能性があるでしょう。

また、繰上げ返済には手数料がかかる場合があります。一部の繰上げ返済手数料の場合であれば、ほとんどの金融機関で無料になっております。

インターネットから繰上げ返済を行えば、無料で済む金融機関は多いでしょう。全額繰上げ返済になると、住宅ローンそのものの契約が解消されます。

一部繰上げ返済とは手数料のかかり方や、手続きの方法も異なりますのでご注意ください。

住宅ローンを検討する際は繰上げ返済の手数料や手続きの方法も必ず確認しましょう。
また、住宅ローン控除を受けている場合、住宅ローン控除適用期間中に繰上げ返済をしてしまうと節税面で損をしてしまう場合があります。
住宅ローン控除とは、毎年年末時点の住宅ローン残高の1%相当額が、10年間(最長13年)所得税・住民税が控除される税制優遇制度のこと。
出典:https://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/
 住宅ローン控除期間中の繰上げ返済は利息軽減効果よりも節税対策では損してしまいます。
一部繰上げ返済を検討している方は住宅ローン控除による節税効果がなくなってしまう可能性があることに注意しましょう。
借入金利が1%よりも低ければ、繰上げ返済による利息削減効果よりも、住宅ローン控除におけるメリットを受けていた方が節税効果が高いです。
繰上げ返済におけるデメリット・手数料について
  • 短期的に手元にお金がなくなるリスクがあり、生活が困難になる可能性がある
  • 繰上げ返済における手数料を取られる金融機関がある
  • 住宅ローン控除における節税効果がなくなる可能性がある

住宅ローンの繰上げ返済はするべきか?完済するべきか?

固定金利期間選択タイプのデメリット

「住宅ローンの繰上げ返済はするべきか?」「繰上げ返済をして完済するべきか?」と悩む方もいるでしょう。

この場合は、住宅ローンの繰上げ返済のシミュレーションを使用して検討を進めていく必要があります。

住宅ローン繰上げ返済のシミュレーションをしてみよう

3000万円を35年、金利1%のローンで借りると仮定しましょう。

10年後に500万円繰上げ返済したら、繰上げ返済をしなかった場合よりいくら得するか、シミュレーションをしていきます。
※金利は常に1%だと想定、ボーナス月の返済はなし

今回は三井住友銀行の一部繰上げ返済シミュレーションを用いて、「期間短縮型」と「返済額軽減型」とを比較していきます。

【繰上げ返済のシミュレーション】期間短縮型

シミュレーションの結果は以下の通りです。

繰上返済しなかった場合 繰上返済した場合

毎月返済額

84,685円 84,685円
ボーナス月返済額 84,685 84,685
年間返済額 1,016,220円

1,016,220円

(試算上の元金充当額:4,962,436円)

総返済額 35,567,700 34,348,131
返済方式 元利均等返済 元利均等返済
残存返済期間 25年 18年11ヵ月

出典:https://www.smbc.co.jp/sim/servlet/sim.SimServlet

総返済額を見ていただくとわかるとおり、約120万円の差が生まれていることがわかるでしょう。

もちろんこのシミュレーションは期間短縮型なので、毎月返済額が変わらないことがわかります。

 残存返済期間を見てみると25年から18年11ヶ月に変わっておりますので、住宅ローンを払わなくてよくなる期間が6年ほど短くなっていることがメリットです。

つまり今回のシミュレーションでのメリットは以下の2つとなります。

期間短縮型のメリット
  • 総返済額が120万円のお得
  • 残存返済期間が6年1ヶ月短くなる

【繰上げ返済シミュレーション】返済額軽減型

シミュレーションの結果が以下になります。

繰上返済しなかった場合 繰上返済した場合

毎月返済額

84,685円 65,842
ボーナス月返済額 84,685 65,842円
年間返済額 1,016,220円

790,104

(試算上の元金充当額:4,962,436円)

総返済額 35,567,700 34,914,800円
返済方式 元利均等返済 元利均等返済
残存返済期間 25年 25年

出典:https://www.smbc.co.jp/sim/servlet/sim.SimServlet

返済額軽減型でのシミュレーションを行うと、毎月の返済額が約2万円減っております。

総返済額は約60万円程度お得です。

期間短縮型と比べると総返済額のお得度はだいぶ違いが出ています。

返済額軽減型におけるシミュレーションのメリットは以下の2つです。

返済額軽減型における
  • 毎月の返済額は18,843円減少
  • 総返済額は6,529,000円お得になる

繰上げ返済の効果について

まとめ

500万円も繰上げをしたのに、そんなに変わらない気もしますね。

その理由としてあげられるのが、住宅ローンが1%という低金利だからでしょう。

 繰上げ返済をすることで得するのは、早く返した元金に対する金利分のみです。

今回のシミュレーションで言えば、500万円返したところの金利分がお得になります。

もっというと、1000万円借りて100万円を早く返したとすると、得するのは、100万円の金利1%だけです。

借りた元本は返さないといけないので、繰上げ返済をして得をするところは早く返したお金の金利分だけなのです。

誰でも早くお金を返して、余分な金利を払いたくないと思います。

しかし住宅ローンは低金利のため、繰上げ返済をしてもあまり支払う総額は変わらないと感じる人も多いでしょう。

 繰上げ返済をすると、手元の現金・資金はなくなります。

住宅ローンを繰上げ返済したことによって、手元の現金がなくなり生活防衛資金がなくなってしまうとせっかく返しても、生活が苦しくなりかねません。

突然の事態に備えた、生活防衛資金も手元に置いておきながら計画的な返済プランを立てていくことが必要です。

いつがおすすめ?繰上げ返済をするべきタイミングについて

全期間固定金利タイプ

では「繰上げ返済をするべきタイミングっていつなのか?」と不安に思う方も多いでしょう。

繰上げ返済を検討するタイミングは以下の2つのポイントが考えられます。

住宅ローンの繰上げ返済のタイミング
  • 住宅ローン金利が1%未満の場合、住宅ローン控除による税制優遇メリットがなくなったとき
  • 住宅ローン金利が1%以上の場合、基本的に早めに行う
  • 迷ったときは早めの方が利子の軽減効果は高い

タイミング① 住宅ローン金利が1%未満の場合

住宅ローン金利が1%未満の場合は、住宅ローン控除期間かどうかがタイミングのポイントとなってきます。

前述のように、住宅ローン控除期間中に繰上げ返済を行うことによって、利息軽減効果よりも節税面で損をしてしまう可能性があります。

住宅ローン控除の適用期間が終わってしまえば税制面でのメリットは無くなってしまうため、繰上げ返済を行うことを検討することがおすすめです。

住宅ローン控除は、一定期間(10年〜最大13年)にわたり、年末時点における住宅ローン残高の1%に相当する金額が所得税・住民税から控除されます。

出典:https://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

 年末の住宅ローン残高が多ければ多いほど、戻ってくる金額が増えます。

現在の住宅ローン金利が1%未満であるのならば、支払う利息よりも住宅ローン控除の減税で得られるメリットの方が大きいです。

控除が終わってから繰上げ返済を検討するべきでしょう。

タイミング② 住宅ローン金利が1%以上の場合

住宅ローン金利が1%以上の場合は住宅ローン控除期間中であっても、繰上げ返済を検討するべきです。

その理由は、控除による減税額よりも利子の支払い金額の方が大きいため。

 住宅ローン金利が1%以上の場合、繰上げ返済をして利息を減らした方がお得になる可能性が高くなります。

金利が1%以上の方はぜひ参考にしてください。

タイミング③ 迷った時は早めに返済するべき!利子の軽減効果は高い!

住宅ローンの繰上げ返済は、基本的に早めに行う方が、利子の軽減効果は高いです。

早めに繰上げ返済をして元金を減らしておけば、将来払うはずだった利子を低く抑えることが可能になります。

ぜひ、今回お伝えしたタイミングでも迷ってしまったら、早めにした方がいいことを覚えておいてください。

 しかし、繰上げ返済でまとまった資金を払い、家計に無理が生じるケースも考えらます。

住宅ローン返済以外にも突然の出費に対応できるように備えておくべきです。

生活費・教育費のほかに病気・怪我などで予期せぬ出費が発生することは十分に考えられます。

繰上げ返済で手元の資金がなくなり、想定外の出費に対応できなくならないようにご注意ください。

また、住宅ローンの繰上げ返済には、手数料がかかる可能性があります。

繰上げ返済を前提に住宅ローンを組んでいきたいという方は、ぜひ手数料が無料の住宅ローン商品を選ぶことが大切でしょう。

 他にも、金利の低さはもちろん、保証料・事務手数料・団信保険料・繰上げ返済手数料なども考慮しましょう。

金利の推移・相場や、保証料・事務手数料・団信保険料・繰上げ返済手数料などの要素を踏まえて、具体的におすすめの住宅ローンを次で紹介いたします。

おすすめ住宅ローン10選

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)

住信SBIネット銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 団信や全疾病保障が付いた住宅ローン
  • 一部繰上返済は何度でも手数料0円

住信SBIネット銀行の住宅ローンは団信や全疾病保障が付いた住宅ローンとなっており、保険と住宅ローンが一体となったタイプと言えるでしょう。

 対面相談なしで住宅ローンに申し込めるので、忙しい方にもおすすめです。

住信SBIネット銀行 住宅ローン(変動金利 通期引下げプラン)の基本情報

金利

年0.39%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 団体信用生命保険
  • 全疾病保障
  • がん診断給付金特約
  • ATMの振込手数料が月7~15回無料
  • 全疾病保障やがん診断給付金特約は基本プラン

キャンペーン

-

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/home-loan/

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)

りそな銀行 全期間型・融資手数料型のココがおすすめ
  • 住宅ローンが返済困難になった際の保障が手厚い
  • 平日最大21時まで営業の店舗や土日営業の店舗でじっくり相談できる

りそな銀行の全期間型・融資手数料型(変動金利)は住宅ローンが返済困難になった際の保障が手厚い住宅ローンとなっています。

借入金利に0.3%追加すると、団信革命と呼ばれる特定のケガや病気で受託ローン返済が困難になった際にローン残高0円になる嬉しいサービスがあります。

りそな銀行 全期間型・融資手数料型(変動金利)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 無料の団体信用生命保険
  • 3大疾病保障特約(金利0.25%を追加する必要あり)
  • 団信革命(金利0.30%を追加する必要あり)

キャンペーン

-

出典:https://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/?bank=rb_unite

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)

新生銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 金利+諸費用が魅了の住宅ローンNo.1※
  • 相談から契約までリモートで行える
    ※公式サイトより

新生銀行の住宅ローン変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)は年利0.45%となっています。

変動フォーカスタイプと対になる年0.65%タイプと選べる部分が特徴です。

新生銀行 住宅ローン 変動金利タイプ(半年型・変動フォーカス)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金が1,000万円の場合、22万円

借入金が5,000万円の場合、110万円

繰上げ返済手数料

ネットバンキング利用時無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 団体信用生命保険
  • 安心保障付団信

キャンペーン

-

出典:https://www.shinseibank.com/powerflex/housing/

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローンのココがおすすめ
  • 年0.475%の低金利
  • 手数料無料や金利優遇が多い

三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローン(変動金利)は年0.475%の金利が魅力的な住宅ローンです。

 団信や保障の充実はもちろん、手数料無料や金利優遇が多いのもポイントです。

三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン(変動金利)の基本情報

金利

年0.475%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

ネットの場合無料、電話や窓口で申請する場合は5,500円~16,000円(税込)

付帯サービス・特典・サポート

  • 無料の団体信用生命保険
  • 7大疾病保障付住宅ローンビッグ&セブン3大疾病保障充実タイプ(金利0.30%を追加する必要ありもしくは月額110円~4,453円の保険料)
  • 三菱UFJ銀行手数料無料
  • リフォームローン金利の優遇(0.5%)

キャンペーン

-

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/jutaku/net/index.html

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローンのココがおすすめ
  • 新規購入で自己資金10%以上のかたは、引き下げ幅を0.05%拡大
  • 死亡保険などの手厚い保障がある

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンは来店不要で気軽にローンを組むことができる住宅ローンです。

死亡保障やがん団信100で、もしもの時は手厚い保障が受けられます。

ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン【自己資金10%以上】(変動金利)の基本情報

金利

年0.45%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 一般団信
  • がん団信50
  • がん団信100
  • 3大疾病団信
  • 生活習慣病団信
  • ワイド団信

キャンペーン

-

出典:https://moneykit.net/visitor/hl/

楽天銀行 住宅ローンフラット35

楽天銀行 住宅ローンフラット35

楽天銀行 住宅ローンフラット35のココがおすすめ
  • 業界最低水準の金利
  • 最長35年間、全期間固定金利
  • 土日含め22時まで相談可能

楽天銀行の住宅ローンフラット35は業界最低水準※の金利やサポートが手厚いことが特徴の住宅ローンです。
※公式サイトより

 住宅建設費もしくは住宅購入価額に対する借入額によって金利が変化する点がポイントとなります。

楽天銀行 住宅ローンフラット35の基本情報

金利

年1.18%(住宅建設費もしくは住宅購入価額に対する借入額が90%以下、返済期間が15年以上~20年以下、団信ありの場合)

金利タイプ

固定金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×1.430%(税込)

繰上げ返済手数料

無料

付帯サービス・特典・サポート

つなぎ融資が利用可能。土日平日~22時まで相談可能。

キャンペーン

-

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/flat35/purchase/

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)

auじぶん銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 2021年オリコン顧客満足度 住宅ローン金利第1位!
  • auのサービスをセット申し込みで全期間引き下げ適用

auじぶん銀行の住宅ローン変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)はauじぶん銀行の住宅ローンとau回線、じぶんでんきをセット契約した時に適用可能なプランです。

通常のauじぶん銀行の住宅ローン変動金利全期間引下げプランの利率は年間0.410%になるよ。

※2021年10月時点

auじぶん銀行 住宅ローン 変動金利全期間引下げプラン(au金利優遇割)の基本情報

金利

年0.31%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.2%(税込)

繰上げ返済手数料

金利適用期間は無料

付帯サービス・特典・サポート

-

キャンペーン

-

出典:https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/interest/whole_period/

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)

みずほ銀行 みずほネット住宅ローンのココがおすすめ
  • ネットのAI診断から簡単に申込み可能
  • 金利引下げ幅が返済終了まで不変

みずほ銀行のみずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)はネットのAI診断から簡単にお申込みが可能なネット住宅ローンとなります。

 金利引下げ幅が返済終了まで変わらない点がメリットです。

みずほ銀行 みずほネット住宅ローン(全期間重視プラン・変動金利)の基本情報

金利

年0.375%~0.675%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

事務手数料込みで33,000円

事務手数料

保証料込みで33,000円

繰上げ返済手数料

33,000円

付帯サービス・特典・サポート

みずほダイレクトで手続きをした場合は繰上げ返済手数料が無料

キャンペーン

-

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/index.html

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)

PayPay銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 業界最低水準の金利※
  • 書類提出が全てスマホで完結
    ※公式サイトより

PayPay銀行の住宅ローン(変動金利)は業界最低水準の金利の安さが魅力な住宅ローンです。

書類提出が全部スマホで完結する点がポイントですね。

PayPay銀行 住宅ローン(変動金利)の基本情報

金利

年0.380%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

Web受付の場合無料

付帯サービス・特典・サポート

  • 一般団信が無料
  • がん50%保障団信
  • がん100%保障団信
  • 11疾病保障団信
  • ワイド団信

キャンペーン

-

出典:https://www.paypay-bank.co.jp/mortgage/index.html

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)

紀陽銀行 住宅ローンのココがおすすめ
  • 固定金利は3年、5年、10年と3種類から選べる
  • ネットで簡単に手続きできる

紀陽銀行住宅ローンは変動金利だと年利0.445%3年固定金利だと0.620%と業界でもトップクラスに金利が低い住宅ローンです。

固定金利を選ぶ際は3年、5年、10年と種類があるので自分に合ったタイプを選びましょう。

紀陽銀行 住宅ローン(手数料定率プラン・変動金利)の基本情報

金利

年0.445%(2021年10月時点)

金利タイプ

変動金利

保証料

無料

事務手数料

借入金額×2.20%(税込)

繰上げ返済手数料

22,000円(税込)

付帯サービス・特典・サポート

  • THE すまいの保険
  • 債務返済支援保険
  • 失業信用費用保険

キャンペーン

-

出典:https://www.kiyobank.co.jp/personal/loan/housing/lineup/new/index.html

よくある質問

繰上げ返済の種類を教えてください。
「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。詳しくは後述します。
期間短縮型と返済額軽減型の特徴はなんですか?
期間短縮型は月々の返済額はそのままで返済完了期間を短くすることができます。返済額軽減型と比べ、総返済額が少なくなるのが特徴です。
返済額軽減型は繰上げ返済額に応じて、月々の返済額が減ります。毎月の返済額を落として生活に余裕を持たせることができます。
繰上げ返済をすることのメリットとデメリットを教えてください。
メリットは「将来払うはずだった利子を低く抑える」ことができます。
デメリットは、手元の資金がなくなってしまうことです。資金がなくなることで短期的に生活が厳しくなる危険性があります。
繰上げ返済するおすすめのタイミングはありますか?
住宅ローン金利によっておすすめのタイミングが異なります。住宅ローン控除の税制優遇制度の適用期間後が検討のタイミングです。金利が1%以上であれば、早めに検討することがおすすめです。
その他繰上げ返済する際に気をつけておくべきポイントなどありますか?
繰上げ返済をする際は貯金した金額全てを繰上げ返済せず、生活防衛資金を持っておくべきです。教育費・生活費だけでなく怪我・病気などの予期せぬ出費は必ず起こると思っていいでしょう。予期せぬ出費に対しても対応できる生活防衛資金を現金として持っておくことが大切です。

まとめ|住宅ローンの繰上げ返済における考え方

住宅ローンを繰上げ返済するべきかどうかは、「金利によって変わってくる」ということがポイントです。

住宅ローンが金利1%未満であれば、税制優遇制度を使用してから考える、金利1%以上であれば、早めに繰上げ返済した方がいいということが今回記事の要点になります。

もし金利が1%を大きく超えているようでしたら、元本を返さないと利息がどんどん膨らんでしまいますので、繰上げ返済をして利息を支払わないようにすることを頭に入れておきましょう。

自分のライフプランにあった住宅ローン商品を選んで無理のない返済プランを選びましょう。

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事