家を売りたい人必見!家を売る手順や費用・税金について徹底解説

 初めて家を売る人は「家を売る手順がわからない」や「費用や税金はどれくらいかかるの」など、さまざまな悩みを抱えています。人生で何度も経験することではないので、誰もが不安に感じるものです。

そこで今回は、家を売るために必須の知識を徹底解説。手順や費用・税金についてはもちろん、住宅ローン中の人や古い家を売るためのポイントなども紹介しています。

また、家を売るベストタイミングについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

家を売るまでの流れ

家を売る

はじめに、家を売るための準備から売却手続きの流れを大まかに説明します。

家を売るまでの流れ
  1. 不動産一括査定サイトを利用して査定依頼する
  2. 売却に必要な書類を準備する
  3. 売却方法を選択する
  4. 売却の手続き
  5. 代金と物件の引き渡し

家を売却することに決めたら、まずは不動産一括査定サイトを通して不動産会社に査定を依頼しましょう。売却を任せられる会社を見つけたら、必要書類を用意します。

「不動産一括査定サイト」とは「イエウール」や「SUUMO売却査定」のことで、一度の申し込みで複数の会社へ査定依頼できるオンラインサービスのことです。

 不動産一括査定サイトを通して査定依頼することで、複数の不動産会社の査定結果を比較できたり、市場相場の調査ができるため、効率的に取引できます。

売却方法を仲介または買取から選択し、売買の手続きを進めます。無事に売買契約を締結したら、売買代金の受け取りと物件の引き渡しです。

簡単そうに見えてやることが多い売却手続き。それぞれの手順の詳細については、これから詳しく紹介していきますね。

家を売る方法は「仲介」と「買取」の2種類

家を売る方法は「仲介」と「買取」の2種類

まずは、家を売る基本的な方法についてみていきましょう。多くの人が不動産会社に相談して家の売却を行いますが、実は2種類の方法があります。

家を売る方法 特徴
仲介 不動産会社がさまざまな売却活動を行い、買主を見つけてもらう
買取 不動産会社に家を買い取ってもらう

一般的なイメージである、不動産会社が内見対応から広告活動を行うのは「仲介」のことです。

また、どちらも不動産会社に依頼するものですが、買主が「個人」か「業者」といった明確な違いがあります

この後に紹介するメリット・デメリットを比較して、自分に合った方法を選択しましょう。

【家を売る方法①】仲介のメリット・デメリット

家を売る方法は「仲介」と「買取」の2種類

メリット
  • 相場通りの金額、または相場以上の金額で売れる
デメリット
  • 売却するまでに時間がかかる
  • 仲介手数料がかかる

仲介を利用した場合の最大のメリットは、売却額が高くなることです。

相場価格や家の条件などをもとにして、売主が自由に売り出し価格を設定できるので相場通りの金額、または相場以上で売却できるケースも少なくありません。

 ただし、買主が見つからない限り売却できないので、人気のないエリアにある物件や築古の物件などは売却完了までに時間がかかる場合があります。

仲介取引によって不動産売却完了までにかかる日数は、およそ3ヶ月〜1年程度とされています。最低でも1ヶ月程度はかかるとみていいでしょう。
出典:公益社団法人東日本不動産流通機構

人気エリアの物件や築浅の物件は早期売却できる可能性が高いです。また、仲介を選択すべき人の特徴は以下の通りです。

仲介を選択すべき人の特徴
  • 家を売るタイミングにこだわりがない人
  • 時間をかけてでも高く売りたい人
  • 人気エリアにある、または築浅の物件を売りたい人

    以上のことから「とにかく高く売りたい」と思う人は仲介を選択するべきでしょう。

    【家を売る方法②】買取のメリット・デメリット

    家を売る方法は「仲介」と「買取」の2種類

    メリット
    • 仲介手数料が不要
    • 最短で3日程度で現金化できる
    デメリット
    • 売却価格が相場の10~30%程度低い金額になる

    買取を利用した場合の最大のメリットは、すぐに現金化できることです。

    不動産会社と条件の交渉が終われば、あとは登記手続きなどを済ませるだけです。最短で3日~1週間程度で現金化できるので即金が必要な人にとっては持ってこいの方法でしょう。

     ただし、買取は売却価格が相場より10~30%程度低くなってしまいます。

    よっぽどの理由がない限り、大切な資産である家を安く売ってしまうのはもったいないでしょう。では、買取を選択すべき人の特徴をご覧ください。

    買取を選択すべき人の特徴
    • すぐに現金が必要な理由がある人
    • 築古や人気エリア外などの仲介では売れなさそうな条件の家を売りたい人
    • 売却予定の物件が遠方にあり、売却活動に携わるのが困難な人

      また、買取には「買取保証」といった選択肢もあります。「特定の期間までに買主が見つからなった場合、不動産会社に買い取ってもらえる」といった仲介と買取を組み合わせたような仕組みです。

      一般的に、3か月間の売却活動期間に買主が見つからなければ買い取ってもらえます。

      いつまでに売りたいという明確な目標がある人は買取を選択しましょう。

      仲介で家を売る手順

      仲介で家を売る手順

      仲介で家を売る場合、以下の全4STEPで完結します。おおよその期間は半年~1年程度です。

      仲介で家を売る手順4STEP
      1. 不動産一括査定サイトで複数の会社へ査定依頼
      2. 媒介契約を結ぶ
      3. 売却活動開始
      4. 売買契約を結ぶ・引き渡し

      仲介で家を売るSTEP①不動産一括査定サイトで複数の会社へ査定依頼

      まずは、不動産会社に家の査定依頼をしましょう。査定額は不動産会社によって異なるため、複数の業者に査定してもらうのがおすすめです。

       不動産一括査定サイトを利用すれば、複数の不動産会社への査定依頼も一度の申し込みからできるため、効率的に売却活動ができるでしょう。

      また、複数の査定結果を比較しておおよその家の相場を把握します。具体的に査定依頼するための方法は以下の通りです。

      • 1社1社気になる不動産会社に査定依頼する
      • 不動産一括査定サイトを利用する
      不動産一括査定サイトとは?
      Web上で複数の不動産会社に査定依頼ができるサービスです。査定結果が届いた後に、実際に売却活動を委ねる不動産会社を選択できます。

      1社1社気になる業者や近所の不動産会社に問い合わせるのもいいですが、手間がかかるので日々忙しいサラリーマンのような人にはおすすめしません

      一方、不動産一括査定サイトならスマホやPCを利用して、Web上で簡単に査定依頼ができます

      不動産一括査定サイトのメリット
      • 複数の査定結果がメールや電話で届く
      • 査定結果を比較すれば家の相場がわかる
      • 電話対応などから業者の雰囲気がわかる
      • 完全無料で利用できる
      不動産一括査定サイトのデメリット
      • 個人情報を入力する必要がある
      • 全国すべての業者に査定してもらえない

      以上のことから、不動産一括査定サイトを利用すべき人の特徴は以下のとおりです。

      不動産一括査定サイトを利用すべき人の特徴
      • 特に気になる不動産会社がない
      • おおよその相場額を知りたい
      • 時間や手間をかけずに家の売却を成功させたい

        仲介で家を売るSTEP②媒介契約を結ぶ

        仲介で家を売る手順

        複数の不動産会社に査定をしてもらったら、実際に仲介活動を任せる不動産会社を選びます。どの不動産会社に任せればいいかわからない人は、以下の項目に該当するか確認してみてください。

        不動産会社選びのポイント
        • 所有している家の売却に特化している不動産会社なのか
          →マンションやアパートなど、家の種類によって最適な不動産会社は異なるため
        • 具体的な販売戦略を説明してくれるのか
          →チラシの作成や不動産情報サイトへの掲載など
        • 査定額に対する明確な理由を説明してくれるのか
          →悪徳な業者であれば説明できない可能性が高いため

        仲介活動を依頼する不動産会社が決まったら媒介契約を結びます

        媒介契約とは?
        不動産会社に仲介活動を正式に依頼する契約のことを指します。

        媒介契約には3種類の契約内容があり、それぞれ特徴が異なります。

        一般媒介 専任媒介 専属専任媒介
        複数社の不動産会社と契約できるか × ×
        売主自ら買主を見つけて取引できるか ×
        レインズ※」への登録義務 売主の希望次第 媒介契約締結から7営業日以内 媒介契約締結から5営業日以内
        販売活動の報告義務 売主の希望次第 2週間に1回以上 1週間に1回以上
        契約期間の定め 特に無し 3か月以内 3か月以内

        ※「レインズ(REINS)」とは国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムです。

        大きな違いとしては「複数社と契約できるか」や「レインズへの登録義務」「販売活動の報告義務」でしょう。 一般的に「専属媒介」か「専属専任媒介」で家の売却を進める人がほとんどです。

         1社のみとしか契約できない内容なので、不動産会社も熱心に仲介活動を行ってくれる傾向にあります。

        また、「一般媒介」はなるべく早く家を売りたい人におすすめです。複数社が仲介活動を行うので、比較的早い段階で購入希望者が見つかるでしょう。

        ただし、ほかの業者が買主を見つけた場合、仲介手数料はその業者の一人勝ちとなってしまいます。

        そういった特徴から熱心な仲介活動に期待できない可能性があるのでご注意ください。

        仲介で家を売るSTEP④売却活動開始

        仲介で家を売る手順

        媒介契約を結んだら、いよいよ売却活動開始です。売主がやることはほとんどなく、基本的に買主が見つかるまで不動産会社とやり取りを行うだけです。

        ですが、不動産会社によっては内見対応を売主に委ねるケースもあるのでご注意ください。また、内見の予約が入ったら以下の準備を進めましょう。

        内見までに準備すること
        • 家のアピールポイントをまとめる(駅からの距離や周辺環境、最新設備の有無など)
        • 家の清掃(キッチンやお風呂などの水回りを重点的に行う)
        • なるべく家具を処分し、家を広く見せる
        • 庭やバルコニーなどがあれば清掃する

          内見は購入希望者の購買意欲を高めるチャンスです。

          上記の準備を事前に行えば家の印象が良くなり、早い段階で買主が見つかる可能性が高まります。

          仲介で家を売るSTEP④売買契約を結ぶ・引き渡し

          仲介で家を売る手順

          購入希望者と条件などの折り合いがついたら売買契約を結びましょう。

          売買契約の取り交わしは売主と買主、不動産会社の3者で行われ、契約日当日に売却額の50%を受け取ります。

          契約書の内容が事前に取り決めたものと相違ないかしっかりと確認しましょう。

          また、残りの50%の金額は引き渡し日に受け取ります。引き渡し日についても契約日に取り決めるケースが一般的です。

           家を売って利益を得た場合、確定申告する義務があります。売却した年の翌年2月16日~3月15日までの期間に忘れずに行いましょう。

          買取で家を売る手順

          買取で家を売る手順

          買取で家を売る場合、以下の全5STEPで完結します。おおよその期間は1週間~1か月程度です。

          買取で家を売る手順5STEP
          1. 家の相場を調べる
          2. 査定依頼をする
          3. 不動産会社の選定
          4. 条件の交渉
          5. 引き渡し・入金処理

          買取で家を売るSTEP①家の相場を調べる

          まずは、家の相場を調べてみましょう。不動産会社によって買取金額に差があるので、おおよその相場がわからなければ安く売ってしまう可能性があります。

          家の相場を調べるための方法は以下の通りです。

          • 不動産一括査定サイトを利用して複数社の査定結果を比較する
          • 不動産ポータルサイトを利用して類似物件の取引実績から判断する

          買取に関しても不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

          複数社の査定結果を比較した後に、そのまま買取を申し込めるので2度手間にならずに済みます。

          買取で家を売るSTEP②訪問査定依頼をする

          買取で家を売る手順

          おおよその相場がわかったら不動産会社に訪問査定を依頼します。

          訪問査定とは?
          家の所在地まで不動産会社に来てもらい、実際の物件を確認した上で査定額を提示する方法です。

          一括査定サイトを利用した場合は、査定結果から気になる2~3社の不動産会社に訪問査定を依頼しましょう。別の方法を選択した人は、自分で買取業者を探す必要があります。

          また、訪問査定の結果からおおよその買取金額を設定します。

          買取金額は相場の10~30%程度低くなるので、査定金額から10~30%を差し引いた金額を算出しましょう。

          買取で家を売るSTEP③不動産会社の選定

          買取で家を売る手順

          2~3社の不動産会社から訪問査定の結果を受けたら、実際に売却する業者を選定します。業者選びのポイントは以下の通りです。

          不動産会社選びのポイント
          • 買取金額が自分で設定した売却予定の金額と大差ないか
          • 買取業者として悪い口コミが見当たらないか

            一番重要なのは、STEP②で設定した買取の目安金額と近い金額の不動産会社を選定することです。設定した金額より低く見積もられている場合は、安く買い取られてしまうことになります。

            また、高すぎる査定結果を提示してくる不動産会社には注意しましょう。必ずしも切り捨てる必要はありませんが、インターネットやSNSを活用して口コミを調べておくべきでしょう。

            最悪の場合、査定結果よりかなり安く買い取られてしまう可能性もないとは言い切れません。

            買取で家を売るSTEP④条件の交渉・契約締結

            買取で家を売る手順

            買取を依頼する不動産会社が決まったら、細かい条件の交渉を行います。具体的な内容は以下の通りです。

            交渉する条件
            • 必要書類の確認
            • 引き渡し日の決定
            • 家具などの処分費用
            • 買取代金の支払い時期

              上記のような内容を取り決めます。しっかりと交渉しておかないと後々トラブルになる可能性があるので要注意です。取り決めた内容を文書化しておけば、あとでトラブルにならずに済むでしょう。

              また、条件についての交渉が終わったら契約締結です。

              このタイミングで買取価格の5~10%にあたる手付金を受け取ります。

              買取で家を売るSTEP⑤引き渡し・入金処理

              買取で家を売る手順

              STEP4で取り決めた日程に家の引き渡しを行います。司法書士立会いのもと銀行などの金融機関で行われるケースが一般的です。また、引き渡し日に行う内容は以下の通りです。

              引き渡し日に行うこと
              • 手付金を差し引いた買取金額の受け取り
              • 物件に関わる書類の確認
              • 鍵の引き渡し

                以上が買取の全体の流れです。仲介と同じく利益を得た場合必ず確定申告を行いましょう。

                家を売る際の売るためのコツは?

                家を売るベストタイミング

                家を売るタイミングで迷っている人は、以下の2つの視点から判断してみるのもいいでしょう。

                家を高く売るためのコツ
                • 家を高く売るなら「仲介」
                • 不動産会社は不動産一括査定サイトで比較
                • 所有期間から判断する
                • 不動産の需要が高まるシーズンを狙う

                家を高く売るなら「仲介」

                話し合う人

                家を高く売却したい方は、不動産会社の買取取引よりも「仲介取引」で取引しましょう。仲介での取引により、市場価格で売却できます。

                先程も解説しましたが、買取の方が早く売却できますが、仲介取引に比べて価格が安くなる傾向にあります。

                一般的には、「買取」での売却は「仲介」で売却する市場価格の70%〜90%程度に落ちてしまいます。

                 そのため、家を高く売却したい方であれば、時間や労力はかかってしまいますが、「仲介」での取引で契約しましょう。

                不動産会社へ「仲介」を依頼する場合には、必ず複数の不動産会社から査定依頼してもらい、結果を比較・検討しながら選ぶことがポイントです。

                当サイトから不動産売却を行なっている方も、複数の不動産会社から査定報告をもらい、比較・検討を行なって売却活動を行なっています。

                【アンケート結果】複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

                出典:Q8 不動産売却時には何社の査定額を比較しましたか?不動産スタディ

                査定額の比較社数 割合
                2社 32.9%
                3社 25.9%
                4社 11.2%
                5社以上 6.3%
                比較していない 23.8%

                イエウール」や「SUUMO売却査定」などの不動産一括査定サイトを利用すると、効率的に不動産会社を比較できるのでおすすめです。

                家を売る際の不動産会社は不動産一括査定サイトを使って比較

                家を高く売却するためには、不動産会社選びは重要です。不動産会社による査定金額は会社ごとに異なり、査定依頼するだけで金額が大きく変わることもあります。

                 そのため、不動産一括査定サイトを利用して複数の不動産会社からの査定報告を比較・検討し、市場相場の調査や不動産会社の比較をすることが大切です。

                当サイトで行ったアンケート結果では、複数の不動産会社から査定依頼をもらった方で、査定金額に数十万円〜数百万円の差が生じている方は多かったです。

                【アンケート結果】Q9 複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

                査定額にいくらの差があったか

                出典:不動産スタディ Q9 複数社で査定した人は、査定額にいくらの差がありましたか?

                査定額にいくら差があったか 割合
                50万円未満 20.2%
                50~100万円未満 27.5%
                100~300万円未満 34.9%
                300~500万円未満 14.7%
                500万円以上 2.8%

                以上のアンケート結果からも分かるとおり、数十万円〜数百万円の差が発生している方は多く、複数の不動産会社から査定結果をもらうことが重要なことがわかります。

                査定結果から平均値を出すことで、市場相場を調査できたり、どこの不動産会社なら高く売却できるのかも比較できます。

                所有している不動産の市場相場を把握することは大切です。自分が納得して売却できる不動産会社を探しましょう。

                  築年数における家の売り時のタイミング

                  立ち居並ぶ建物

                  家を少しでも高く売るためには、築年数が浅い段階で売却する必要があります。

                   特に戸建ては木造建築が多いので、マンションなどの鉄筋コンクリート造に対して価値が落ちるスピードが速い傾向にあります。

                  また、築30年を超えると資産価値がほとんどなくなってしまいます

                  マンションと戸建て住宅の資産価値

                  出典:国土交通省交通省公式HP

                  上記のグラフは国土交通省が公表している「マンションと戸建住宅の資産価値」を示したグラフで、戸建住宅は10年で半減・35年で資産価値0となることを示しています。

                  もし築30年以上の物件を売るのであれば、リフォームなど何かしらの改善が必要でしょう。

                  【家を売るチャンス】不動産需要が高まるタイミングは新生活!

                  spring

                  一般的に不動産の需要が高まるシーズンは2~3月です。新学期、転勤などを理由に住み替えの需要が高まるので、家の売買がもっとも多く行われています。
                  参考:2020年不動産業統計集

                  要するに、2~3月の間に家を売りだせれば高い値段で売却できる可能性が高まり、早期売却が見込めます。

                  マンション と 中古戸建ての件数

                  出典:不動産流通機構 Market Watch(2021年12月度)

                  不動産流通機構が公表している首都圏の成約件数データによると、上記のグラフのように3月が最も成約件数が大きくなっているのがわかります。

                  仲介であれば前年の11月ごろから準備を始めて、ベストタイミングに売り出せるようにするのがおすすめです。

                  家を売る時にかかる期間について

                  1月のカレンダー

                  家の売却には、「買取」であれば最短3日〜1ヶ月程度、「仲介」であれば3ヶ月〜1年程度売却完了までかかるとされています。

                  期間

                  買取

                  最短3日〜1ヶ月程度
                  仲介 3ヶ月〜1年程度

                  不動産流通機構が公表している成約日数についてのデータからも、不動産売却に関わる成約までの期間は90日〜120日程度かかるされています。

                  不動産 成約日数の推移

                  出典:公益社団法人東日本不動産流通機構

                  家を高く売りたいという方であれば、売却期間に1年程度の余裕を持って売却活動をスタートさせることで、不動産売却を成功させることが可能になるでしょう。

                  ちなみに、当サイトで行ったアンケート結果では、不動産売却にかかった期間は3ヶ月以内の方は「39.2%」、6ヶ月以内の方は「36.4%」という結果でした。

                  【アンケート結果】Q6 不動産売却にどれくらいの期間がかかりましたか?

                  査定額にいくらの差があったか

                  出典:不動産スタディ Q6 不動産売却にどれくらいの期間がかかりましたか?

                  不動産売却にかかった期間 割合
                  3ヶ月以内 39.2%
                  6ヶ月以内 36.4%
                  1年以内 16.1%
                  2年以内 5.6%
                  2年より長い 2.8%

                  家を売るときに必要な書類

                  家を売るときに必要な書類

                  家を売るときには、必要な書類がたくさんあります。

                  もしもなくした書類があれば、再発行しなくてはいけません。家をスムーズに売却するためには、計画的な書類の準備が不可欠です。

                  書類一覧 内容
                  本人確認書類
                  • 運転免許証やパスポート
                  • 買主に物件を引き渡す際に必要
                  固定資産税納税通知書
                  • 所有している資産の税制面での評価額を示す
                  • 4月〜6月ごろに所有者へ送付される
                  住宅ローン残高証明書
                  • ローン残高を証明する書類
                  • 現在ローンを組んでいる金融機関にて取得可能
                  購入時の売買契約書
                  重要説明事項
                  • 購入時の金額を証明するもの
                  • 節税対策にも必要となる書類
                  • 不動産会社から再発行も可能
                  土地の測量図・境界確定図
                  • 土地の所有権や面積を証明
                  • 境界確定の測量は40〜50万円必要
                  • 法務局にて申請可能 1筆/450円
                  マンションの管理規約
                  • マンションの管理規約を示した書類
                  • マンション売却なら必要
                  • 管理会社へ連絡すれば発行可能
                  登記識別情報
                  • 不動産の所有権を獲得の際に法務局から発行される書類
                  • 売却の際には買主へ交付する必要あり
                  • 再発行ができないため、紛失に注意
                  印鑑証明書
                  • 売買契約書への押印に必要
                  • 押印もするため、実印も必要
                  • 市役所にて申請・再発行可能

                  本人確認資料として、運転免許証や保険証などを用意します。

                  固定資産税納税通知書は、毎年春ごろに物件所在地の市区町村から送付される書類です。固定資産税納税通知書が手元になければ、役所に行って再発行してもらいましょう。

                  地域によっては、固定資産税納税通知書に都市計画税通知書もセットになっています。

                  住宅ローンを組んでいる場合は、ローン残高証明証などローンの残高がわかる書類も必要です。

                  物件購入時の売買契約書や重要事項説明書、戸建てなら土地の測量図など持っている書類はすべて査定の際に提出します。マンションなら、管理規約も必須です。

                   住宅耐震診断やアスベストの検査を受けたことがあれば、診断書も用意しましょう。買い手がつきやすくなります。

                  売買契約の際には、登記識別情報と印鑑証明書も用意します。

                  不動産の所有者を証明する登記識別情報は、以前は「登記済権利証」として発行されていました。登記済権利証も登記識別情報と同じ役割です。

                  家を売るときにかかる税金・費用一覧

                  家を売るときにかかる税金・費用一覧

                  家の売却では売却金額そのまま自分の財布の中に入ることはありません。不動産会社へ支払う「仲介手数料」や税金などの費用を差し引いた金額が利益となります。

                  家を売るときにかかる代表的な税金・費用は以下の表をご参照ください。

                  費用・手数料 金額

                  仲介手数料
                  (不動産会社への手数料)

                  【200万円以下の場合】5%以内の金額

                  200万円越え、400万円以下の場合
                  4%+2万円以内の金額

                  400万円を超える場合
                  3%+6万円以内の金額

                  抵当権抹消登記費用
                  (住宅ローン残債の解消)
                  不動産1件につき1000円
                  繰上げ返済手数料
                  (ローン残債がある場合)
                  各種金融機関による
                  司法書士への報酬
                  (所有権・抵当権の移転)
                  1〜10万円程度
                  印紙代
                  (売買契約時)
                  【1000万円越5000万円以下の場合】
                  1万円(本則税率:2万円)
                  ※H26.4~R4.3までの間の軽減措置
                  出典:国税庁
                  譲渡所得税

                  譲渡所得×税率(20~39%)
                  (利益がなければ0円)
                  出典:国税庁

                  ハウスクリーニング費用
                  • 1K/1DK:26,400円~
                  • 1LDK/2DK:35,200円~
                  • 2LDK/3DK:48,400円~
                  • 3LDK/4DK:61,600円〜
                  • 4LDK/5DK:74,800円〜

                  出典:お掃除本舗 「お引越し前・後まるごとクリーニング」

                  家の売却でかかる費用も理解しておくことで、トラブル防止や費用をどちらが支払うのかを交渉できるでしょう。

                  家を売る時の仲介手数料を下げるコツ

                  調べる人

                  不動産会社へ「仲介」を依頼すると、法律で定められた仲介手数料の上限金額を請求されるでしょう。

                  仲介手数料を値引きするコツは、「仲介の契約方法」や「交渉のタイミング」、「キャンペーンの利用」を検討しましょう。

                  内容

                  仲介の契約方法

                  • 専任媒介」か「専属専任媒介」にて契約
                  • 契約方法を引き合いに出して契約することで受け入れてくれる可能性も
                  交渉のタイミング
                  • 媒介契約前に値引き交渉
                  • 外のライバル不動産会社とも差し合いに出すといいでしょう
                  • 契約後に交渉だと難しくなってしまうので注意
                  キャンペーン
                  • 期間限定のキャンペーンにて割引
                  • 4月・9月などの「入社」「入学」「転勤」などのシーズンは多い
                  • クーポン券や特典などの企画を利用

                  値引き交渉の材料として、「専任媒介」か「専属専任」で契約することを引き合いに出すと不動産会社としても仲介手数料が手に入ることが確実になるので、応じてくれる可能性が上がります。

                  「専任媒介」と「専属専任」ではなく、「一般媒介」の契約だと他の不動産会社とも媒介契約が結べるため、仲介手数料が手に入るかはわからないのです。

                   そのため、不動産会社側に利益が確実に入る「専任媒介」か「専属専任媒介」を引き合いに出すことで値引き交渉が成功する可能性が上がります。

                  家を売るときの節税対策のコツ

                  お金を持つ人

                  家の売却で利益が発生した場合には、譲渡所得税を納めなければなりません。譲渡所得税は土地を売って得た利益から費用を引いた「譲渡所得」に課税されますが、金額は大きくなりやすいです。

                   譲渡所得税=譲渡所得ー所有期間別の税率

                  出典:国税庁「譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)」

                  譲渡所得税に関わる税率は所有期間によって変わりますが、5年以内と5年超で税率が約2倍も変わるの、5年付近の不動産を売却する際にはタイミングに注意しましょう。

                  所有期間が5年以内の場合 所有期間が5年超えの場合
                  39.63%(所得税30%+住民税9%+復興特別所得税0.63%) 20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)

                  出典:国税庁「譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)」
                  ※所有期間は不動産を売った年の1月1日時点を基準とする。所有期間が5年以内の場合を「短期譲渡」、5年超えの場合を「長期譲渡」といいます。

                  また、譲渡所得税には「3,000万円の特別控除」や「所有期間が10年超えに利用できる軽減税率の特例」の節税対策もあるため、節税対策を利用することで上手に利益を残せます。

                  どちらの節税対策もマイホームを売ったときの特例となります。活用する際には必ず条件等を国税庁HPにて確認しましょう。

                  3000万円の特別控除では譲渡所得から最大3000万円が控除されるため、節税効果が極めて高いです。

                  タイプ別の家の売却・売る方法

                  売ろうと考えている家の種類も、人それぞれですよね。実は家のタイプ別におさえるべきポイントも異なってきます。

                  住宅ローン支払い中の家を売る

                  住宅ローン支払い中の家でも売れる

                  実は、住宅ローン支払い中の家でも問題なく売却可能です。ただし、売却して得た利益からローンの残債を返済しなければなりません

                  家を売るためにはさまざまな費用がかかるので、おおよその売却額からローン残債と諸費用などを差し引いた金額を算出する必要があります。

                  事前に計算してみてマイナスになる場合、自分の資産から補填しなければならないのでご注意ください。

                  ローンの一括返済手数料は、金融機関によってとこなります。相場は数千円〜数万円です。

                  窓口での手続きとウェブでの手続きで料金が変わるケースもあるので、事前にチェックしましょう。

                  繰り上げ返済手数料
                  三井住友銀行
                  • インターネットバンキング:5500円
                  • 【窓口】専用パソコン:11,000円
                  • 【窓口】書面:22,000円

                  出典:三井住友銀行

                  りそな銀行
                  • 変動金利:11,000円
                  • 固定金利選択型:33,000円

                  出典:りそな銀行

                  三菱UFJ銀行
                  • インターネット:16,500円
                  • テレビ電話:22,000円
                  • 窓口:33,000円

                  出典:三菱UFJ銀行

                  イオン銀行
                  • イオン銀行ダイレクト:55,000円
                  • 店舗:55,000円

                  出典:イオン銀行

                  古い家を売る

                  古い家を売るポイント

                  古い家は新築に比べて売れにくい傾向があります。特に築年数が30年以上経過している物件は、以下の対策を検討しましょう。

                  古い家を売るポイント
                  • 建物を解体して土地のみで売る
                  • 家をリフォームする
                  • 耐震診断を受ける
                  • 不動産会社に買い取ってもらう

                    築年数が経過した家なら、建物を解体して土地として売却するのもいいでしょう。土地の面積や形状、場所にもよりますが、建物付きで売却するより高くなるかもしれません。

                    ただし、解体にはけっこうな費用がかかります。建物の面積と構造によりますが、数十万円〜数百万円ほどみておきましょう。

                    家の状態が悪くないなら、リフォームしたり耐震診断を受けることで、購入希望者からの印象がよくなります。

                    一番費用をかけずに売却する方法は、不動産会社に買い取ってもらう方法です。ただし、買い取った後に不動産会社がリフォームをするので、買取金額はかなり低くなってしまいます

                    家を売るための資金に余裕がある人は、リフォームなどを検討しましょう。

                    新しい家を売る

                    新しい家きれいで設備が新しい家は買い手がつきやすいでしょう。しかし、売却するタイミングによっては税金が高くなるため、売り出し時期については十分な検討が必要です。

                    不動産を売却して利益が出ると、譲渡所得税(所得税・住民税)が発生します。課税対象となるのは、売却価格から不動産の購入にかかった費用や売却費用を差し引いた実際の利益です。

                    短期譲渡所得 長期譲渡所得
                    所得税率 30.63% 15.315%
                    住民税率 9% 5%
                    合計 39.63% 20.315%

                    不動産の所有期間が5年を超えていれば短期譲渡所得、5年を超えていれば長期譲渡所得です。所有期間は、売却した年の1月1日時点で計算します。

                    住民税と所得税に加えて、2037年までは所得税額に対して2.1%の特別復興税も課税されますよ。

                    短期譲渡所得は長期譲渡所得の倍近い税率です。もしも不動産の所有期間4年で売却を検討しているならば、5年経過するまで待った方がいいでしょう。

                    家を売りたい方におすすめの不動産一括査定サイト

                    SUUMO売却査定

                    SUUMO売却査定の紹介

                    SUUMO売却査定のココがおすすめ
                    • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
                    • 大手リクルートグループが運営するサービス!
                    • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
                    • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
                    • 完全無料!全国対応!

                    SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

                    SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

                    そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

                     不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

                    同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

                    そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

                    掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
                    対象エリア 全国
                    提携会社数 2000社以上
                    同時査定依頼数 10
                    運営会社 株式会社リクルート

                    出典:SUUMO売却査定公式サイト

                    すまいValue(バリュー)

                    すまいValueの紹介

                    すまいValueのココがおすすめ
                    • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
                    • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
                    • 顧客満足度96.7%
                    • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
                    • 完全無料!全国対応!

                    すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

                    すまいValueに登録している不動産会社
                    • 小田急不動産
                    • 住友不動産販売
                    • 東急リバブル
                    • 野村の仲介PLUS
                    • 三井のリハウス
                    • 三菱地所ハウスネット

                    他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

                    6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

                     実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

                    デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

                    大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
                    対象エリア 全国
                    提携会社数
                    同時査定依頼数
                    運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
                    三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

                    出典:すまいValue公式サイト

                    イエウール

                    イエウールの紹介

                    イエウールのココがおすすめ
                    • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
                    • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
                    • 累計利用者数1,000万人以上
                    • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
                    • 完全無料!全国対応!

                    イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

                    対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

                     むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

                    デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

                    他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
                    対象エリア 全国
                    提携会社数 1900社以上
                    同時査定依頼数
                    運営会社 株式会社Speee

                    出典:イエウール公式サイト

                    住友不動産販売

                    住友不動産販売の紹介

                    住友不動産販売のおすすめポイント
                    • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
                    • 顧客満足度94.1%!
                    • 年間購入相談件数18万件以上
                    • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
                    • 完全無料!全国対応!

                    住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

                    お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

                    また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

                    担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
                    対象エリア 全国
                    提携会社数 -
                    同時査定依頼数 -
                    運営会社 住友不動産販売株式会社

                    出典:住友不動産販売公式サイト

                    人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

                    まとめ

                    ここまで、家を売る手順や費用・税金などについて解説してきました。家を売りたい方はまず不動産一括査定サイトを利用しましょう。

                    事前に大まかな流れを知っていれば売却活動がスムーズに行えますし、費用・税金についても最終的に手元に残るある程度の金額を計算するのに役立ちます。

                    また、家を売るベストタイミングについてや、古い家を売るポイントも参考にしてみてください。

                    関連記事

                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                    おすすめの記事