HafH(ハフ)の口コミ・評判は?メリット・デメリットや気になる料金、利用手順も紹介!

HafH(ハフ)は旅行のサブスクリプションサービスで、月額料金2,980円(税込)より、日本全国または海外の宿泊施設に滞在することができます。

長期の連泊にも対応中です。

ここでは、HafH(ハフ)料金や評判、利用手順についてご紹介します。

この記事が役に立つ方
  • HafH(ハフ)に興味のある方
  • HafH(ハフ)の料金プランを知りたい方
  • HafH(ハフ)の利用を検討している方
  • HafH(ハフ)の評判が気になる方

HafHとは?

hafhの紹介

hafhとは?
  • HafH(ハフ)は旅行のサブスクリプションサービス
  • 日本全国1,017の宿泊施設と提携
  • 月額2,980円から利用可能
  • 定額料金に含まれるハフコインを使ってホテル予約
  • ハフコインでホテルのグレードアップ!ちょっとリッチな体験も

HafH(ハフ)は、月額2,980円から利用できる旅行のサブスクリプションサービスです。 日本全国1,017の宿泊施設と提携しています。

料金プランごとに月間上限宿泊数が定められており、スタンダードなら3泊。 プレミアムプラスなら1ヶ月まるまる宿泊することも可能です。 プランに含まれているハフコインを使って、ホテルなどの宿泊施設を予約します。

ハフコインでお部屋をグレードアップすれば、ちょっとリッチな体験も。

旅行はもちろんのこと、テレワークにも充分使えるのが嬉しいところでしょう。

HafH(ハフ)の基本情報

項目 内容
運営企業 株式会社KabuK Style(カブクスタイル)
本社所在地 長崎県長崎市古川町5-21
東京事務所 東京都渋谷区東2-25-3 WAVE 渋谷 2F-B
代表取締役 砂田憲治
創業日 設立:2018年2月5日
創業:2019年1月8日
資本金 3億9,600万円
※2022年1月末時点
※資本準備金等含む
事業内容 旅のサブスク「HafH(ハフ)」の運営
宿泊及び賃貸運営業
旅行業
旅行業登録票 旅行業登録番号:東京都知事登録旅行業第2-7823号
登録年月日:2019年8月15日
登録有効期間:2019年8月15日~2024年8月14日
サービスの公式サイト https://www.hafh.com/
メールアドレス neighbor@kabuk.com

設立日および創業日から、若い企業であることが伝わってきます。

HafH(ハフ)の料金プラン

HafHの料金プラン

HafH(ハフ)の料金プランは5種類に分かれています。

  月額料金に応じて、月間上限宿泊数や付与コイン数が変動する形です。

月の途中で「ライト⇒スタンダード」のように変更することもできます。

月間で宿泊したい回数によって、料金プランを選んでいくと良いかもしれません。
HafH(ハフ)の料金プラン
  • ライト
  • スタンダード
  • スタンダードプラス
  • プレミアム
  • プレミアムプラス

HafH(ハフ)の料金プラン「ライト」

 「ライト」は、HafH(ハフ)を試してみたい方のための料金プランです。
項目 内容
月額料金(税込) 2,980円
月間上限宿泊数 1泊
付与コイン数 50
一泊あたりのコイン変換数 50

「ライト」の月間上限宿泊数は1泊です。

見方を変えれば、2,980円(税込)にて1泊できるということでもあります。

HafH(ハフ)の料金プラン「スタンダード」

  「スタンダード」は、月間上限拍数が「3泊」の料金プランです。

新規登録限定にて、初月のみ月額料金の割引が適用されます。

項目 内容
月額料金(税込) 8,820円
※新規登録限定
※2ヶ月目以降は9,800円
月間上限宿泊数 3泊
付与コイン数 200
一泊あたりのコイン変換数 50

コイン(ハフコイン)については、後述する「HafHの予約に必須のハフコインとは?」にて解説します。

HafH(ハフ)の料金プラン「スタンダードプラス」

  「スタンダードプラス」は、おおむね週に1回ペースで利用したい方のためのプランです。

予約状況にもよりますが、連泊も可能となっています。

項目 内容
月額料金(税込) 15,800円
月間上限宿泊数 5泊
付与コイン数 350
一泊あたりのコイン変換数 50

HafH(ハフ)の料金プラン「プレミアム」

 「プレミアム」は週に2回~3回、HafH(ハフ)を利用することができる料金プランです。
項目 内容
月額料金(税込) 30,800円
月間上限宿泊数 10泊
付与コイン数 750
一泊あたりのコイン変換数 50

HafH(ハフ)の料金プラン「プレミアムプラス」

  「プレミアムプラス」は、月間上限宿泊数が無制限となるプランです。

もっとも、1ヶ月は最大で31日のため、正確には「30泊」が月間上限宿泊数ではあるのですが。
項目 内容
月額料金(税込) 82,000円
月間上限宿泊数 上限なし
付与コイン数 2,000
一泊あたりのコイン変換数 50

HafH(ハフ)の料金プラン「おやすみ」

  HafH(ハフ)は登録から2ヶ月目以降、休会することも可能です。

すべてのプランで月額料金が無料となる代わりに、月間上限宿泊数や付与コイン数も「0」になります。

項目 内容
月額料金(税込) 0円
月間上限宿泊数 0泊
付与コイン数 0
一泊あたりのコイン変換数 0

HafH(ハフ)の料金プラン「VIP会員」

 HafH(ハフ)では3ヶ月連続で有料にて利用した方を、もれなく「VIP会員」として扱います。

「VIP会員」に昇格した時点からすべての料金プランにて、付与コイン数と1泊あたりのコイン変換数が10%増しとなるのが特色です。

VIP会員 付与コイン数 1泊あたりのコイン変換数
ライト 55 55
スタンダード 220 55
スタンダードプラス 385 55
プレミアム 825 55
プレミアム 2,200 55

HafHの予約に必須のハフコインとは?

HafHコインとは?

ハフコインはHafHの予約に必須となるアイテムです。

 料金プランに含まれる「付与コイン数」は、月間上限宿泊数分を満たすように設定されています。

ハフコインは宿泊施設や部屋のグレードに応じて、消費する単位が上昇する形です。

部屋のグレード ハフコイン数の目安
ドミトリー(相部屋) 50から100
ホステル(個室) 100から200
ビジネスホテル 150から250
シティホテル 300から500
旅館 300から500
ハイクラス 500から2,500
リゾート 500から2,500
  わかりやすく言うと、付与コイン数だけではドミトリー(相部屋)しか宿泊できないということです。

HafHの予約に必須のハフコインの集め方

HafHの予約に必須のハフコインの集め方として、以下の5つのパターンが想定されます。

HafHの予約に必須のハフコインの集め方
  • 付与コイン数
  • 宿泊数の余剰分をコインに変換
  • VIP会員への昇格
  • 月の途中で料金プランを変更
  • 友人を招待する

付与コイン数

HafHの料金プランごとに設定されているハフコインです。

宿泊数の余剰分をコインに変換

たとえば「スタンダード・プラス」(付与コイン数:350)にて、月間で2泊(消費コイン:100)分しか使用しなかった場合、350-100=「200ハフコイン」が翌月に繰越されます。

VIP会員への昇格

  3ヶ月連続でHafHの有料会員として利用した場合、3ヶ月めにVIP会員へと昇格する形です。
VIP会員になるとハフコインの「10%UP」が適用されます。

VIP会員 付与コイン数 1泊あたりのコイン変換数
ライト 50⇒55 50⇒55
スタンダード 200⇒220 50⇒55
スタンダードプラス 350⇒385 50⇒55
プレミアム 750⇒825 50⇒55
プレミアム 2,000⇒2,200 50⇒55

月の途中で料金プランを変更

月の途中で「ライト⇒スタンダード」に変更した際には、スタンダードの付与コイン数「200」が使えるようになります。

友人を招待する

HafHに友人を招待した方には、友人1人につき「100コイン」がプレゼントされます。
招待された方にも同様の「100コイン」が贈られる形です。

HafH(ハフ)の利用手順

HafHの利用手順

HafH(ハフ)の利用手順
  1. HafH(ハフ)の公式サイトにアクセス
  2. HafH(ハフ)の会員登録手続き(料金プランの決定)
  3. HafH(ハフ)のランキングや検索やTopicsから宿泊施設を選ぶ
  4. ハフコインを使用して予約
  5. 予約申請の受付
  6. 予約申請から24時間以内に予約確定
  7. 予約した日時に宿泊施設に赴く

HafH(ハフ)の会員登録手続きの時点でクレジットカードを登録し、選択した料金プランの月額料金を支払うことになります。

HafH(ハフ)で有効な本人確認書類

 HafH(ハフ)の会員登録手続きの際には、本人確認書類の提示が求められます。

HafH(ハフ)で有効な本人確認書類は次のとおりです。

HafH(ハフ)で有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 3ヶ月以内に発行された住民票の写しと健康保険証

マイナンバーカードは、個人番号が記載されていない面の画像をアップロードしてください。

HafH(ハフ)の口コミ・評判

HafHの口コミ・評判

ここからは、HafH(ハフ)を実際に利用した方たちの口コミを紹介します。

他のサブスクと比べると、宿泊可能施設が多く使い勝手がいいなと思います。自分のような独身で無拠点な人には利用しやすく、そこまで値段が高くないのも良いです。

日本各地に宿泊する施設があるのは良い事ですが、部屋が相部屋な事が多いのは少し残念です。プライベートを重視するのであれば、あまりよくないかもしれません。

出典:みん評

料金プランごとに付与されるハフコインでの宿泊を前提としていることが、ドミトリータイプが多くを占める要因かと思われます。

私は旅行が大好きなのですが、お金がない…年に六回ほど旅行に行っていたのですが、もっと行きたい!と考えていたときに、サブスクリプションで旅行に行けるサービスを見つけました!口コミサイトなどを精査した結果、このサービスを試してみました。

プレミアムに入会し、10泊まで利用可能です。長崎の方に行きましたが、コスパが段違いにいいです。しかし、コインを使って宿泊するのですが、コインの追加購入が出来ないため、初期段階で大量のコイン数を入手できるプランがおすすめです。

出典:みん評

長期滞在をする方の場合、プレミアムもしくはプレミアムプラスを選択したほうがハフコイン不足に悩まずに済むかもしれません。

私は平日勤務のリモートワークでない職種なので利用する機会が限られ、割高感を感じ退会してしまいましたが、リモートワークメインの方やアドレスホッパーの方にとっては全国各地にちょっとした別荘をもつような感覚で使える最高のシステムだと思います。

出典:みん評

ある程度時間や働く場所の融通が利く業種の方に向いているかもしれません。

HafH(ハフ)の利用で得られる5つのメリット

HafHのメリット

HafH(ハフ)を利用することで、次の5つのメリットを得ることに結びつきます。

HafH(ハフ)の利用で得られる5つのメリット
  • 豊富な拠点数
  • テレワークにも使える
  • 1ヶ月間の連泊も可能!
  • 月額2,980円(税込)からのリーズナブルなプラン
  • ハフコインでちょっとリッチな体験も!

豊富な拠点数

 HafH(ハフ)は1,017の宿泊施設と提携しています。

日本国内はもちろんのこと、海外にも拠点があるのは嬉しいところでしょう。

テレワークにも使える

 HafH(ハフ)はテレワークにも使用することが可能です。

ちょっと気分を変えたいときなどに、HafH(ハフ)で予約した宿泊施設にて仕事をすることで新たなインスピレーションが湧いてくるかもしれません。

1ヶ月間の連泊も可能!

  HafH(ハフ)の「プレミアムプラス」(月額:82,000円/税込)であれば、月間上限宿泊数の上限がありません。

つまり理論上は1ヶ月間の連泊も可能ということです。

月額2,980円(税込)からのリーズナブルなプラン

HafH(ハフ)は月額2,980円(税込)からスタートすることができる、旅行のサブスクリプションサービスです。

月の途中で料金プランを変更することも可能なため、お試し的に利用してみるのも良いかもしれません。

ハフコインでちょっとリッチな体験も!

HafH(ハフ)の宿泊利用には「ハフコイン」が必須となります。

  貯まったハフコインにて、部屋や宿泊施設をグレードアップすることが可能です。

HafH(ハフ)の利用で生じる3つのデメリット

HafHのデメリット

HafH(ハフ)には豊富な拠点数やテレワークにも使えるといったメリットが得られる一方で、以下の3つのデメリットが生じる可能性もあります。

HafH(ハフ)の利用で生じる3つのデメリット
  • 予約確定までの待ち時間が生じる
  • ハフコインがないと宿泊ができない
  • 18歳未満は使うことができない

予約確定までの待ち時間が生じる

  HafH(ハフ)は予約申請から、およそ24時間以内に予約確定の通知が届くシステムです。

ある程度日程の余裕を持って予約することをおすすめします。

電車や飛行機の都合などで急に宿泊したい…という場合には厳しいかもしれません。

ハフコインがないと宿泊ができない

 HafH(ハフ)の宿泊にはハフコインが必要不可欠です。

詳しくは「HafHの予約に必須のハフコインの集め方」を参照してください。

18歳未満は使うことができない

  HafH(ハフ)は、18歳以上の方が登録できる旅行のサブスクリプションサービスです。

会員登録の際には、クレジットカード情報の登録と本人確認書類の提示が求められます。

HafH(ハフ)で有効な本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 3ヶ月以内に発行された住民票の写しと健康保険証

HafH(ハフ)の月間予約ランキング

HafHの月間予約ランキング

ここからは、HafH(ハフ)の月間予約ランキングをご紹介します。
※2022年5月時点の情報です

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「日本全国」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
東京都
500~
第2位 リッチモンドホテルプレミア東京押上
東京都
200~
第3位 ザ ミレニアルズ渋谷
東京都
150~
第4位 メルキュール東京銀座
東京都
350~
第5位 OMO東京赤坂 by 星野リゾート
東京都
175~
第6位 Umekoji Potel KYOTO
京都府
450~
第7位 アワーズイン阪急
東京都
225~
第8位 ONSEN RYOKAN 由縁新宿
東京都
450~
第9位 ベストウェスタンホテルフィーノ東京赤坂
東京都
175~
第10位 ホテルグランヴィア大阪
大阪府
250~

東京の宿泊施設への予約が多くを占めていることが伝わってきます。

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「北海道」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 コンフォートホテル札幌すすきの 175~
第2位 UNWIND HOTEL&BAR 札幌 350~
第3位 ラ・ジェント・ステイ札幌大通 400~
第4位 コンフォートホテル函館 150~
第5位 コンフォートホテル釧路 150~

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「中部」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 the b 名古屋
愛知県
175~
第2位 ストリングスホテル名古屋
愛知県
350~
第3位 コンフォートホテル名古屋名駅南
愛知県
200~
第4位 ハイアットハウス金沢
石川県
700~
第5位 コンフォートホテル新潟駅前
新潟県
225~

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「近畿」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 Umekoji Potel KYOTO
京都府
450~
第2位 ホテルグランヴィア大阪
大阪府
250~
第3位 sequence KYOTO GOJO
京都府
175~
第4位 ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA
大阪府
250~
第5位 大阪第一ホテル
大阪府
200~

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「九州」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 HafH Nagasaki SAI
長崎県
50~
第2位 コンフォートホテル博多
福岡県
175~
第3位 HafH Fukuoka THE LIFE
福岡県
50~
第4位 ザ・ライブリー福岡博多
福岡県
225~
第5位 コンフォートイン福岡天神
福岡県
175~

HafH(ハフ)の月間予約ランキング「沖縄」

順位 宿泊施設名 必要なハフコイン数
第1位 ホテルストレータ 那覇 275~
第2位 コンフォートホテル那覇泊港 150~
第3位 ホテルアンテルーム那覇 300~
第4位 La’gent Hotel Okinawa Chatan/Hotel&Hostel 100~
第5位 たびのホテルlit宮古島 400~

まとめ

ここまで、HafH(ハフ)に関する以下の項目を紹介してきました。

HafH(ハフ)まとめ
  • HafH(ハフ)の運営企業
  • HafH(ハフ)の料金プラン
  • HafHの予約に必須のハフコインとは?
  • HafH(ハフ)の利用手順
  • HafH(ハフ)の評判
  • HafH(ハフ)の利用で得られる5つのメリット
  • HafH(ハフ)の利用で生じる3つのデメリット
  • HafH(ハフ)の月間予約ランキング
  HafH(ハフ)の利用は、ハフコインをいかに集めるか?がポイントとなり得ます。

料金プランの月間上限宿泊数を繰り越して、ハフコインに変換していくやり方が良いかもしれません。

これからHafH(ハフ)を利用する方のヒントになれば幸いです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事