家の査定を依頼したい!おすすめ不動産一括査定サイト4選

家の売却を検討しているなら、一括査定サイトを利用すると便利です。一括査定サイトは、ウェブサイト上で複数の不動産会社にまとめて査定を申し込めます。

1分ほどあれば簡単に申し込めるので、忙しくて時間がない人や、どれくらいで売却できるか調べてみたい人にピッタリです。

そこでこの記事では、査定の種類や査定前の準備、注意点など、家を査定に出す前に知っておきたいことを詳しく紹介。また、家を高く査定してもらうコツも紹介しています。

家の査定におすすめの不動産一括査定サイトも紹介していますので、ぜひ参考にしみてください。
【迷った方はこちら】フォーメンバーズ|イオンハウジングネットワーク加盟店本部

フォーメンバーズは、一都三県(東京、埼玉、千葉、神奈川)での不動産売却に対応している不動産会社です。イオンモールの中に店舗があるので、お買い物ついでに立ち寄っていただけます。

また、売却物件についての質問はメールフォームにて24時間365日いつでも受付可能。訪問査定も行ってくれるので、対象地域にて不動産売却を検討している方は、一度問い合わせてみるか、お店に訪問してみることをおすすめします。

全国店舗数 31店舗
※2021年7月時点
営業時間 10:00~21:00
電話番号 0120-305-684(24時間365日対応)

出典:https://f-members.co.jp/

家の査定は「机上査定」と「訪問査定」の2種類

家の査定方法には、机上査定(きじょうさてい)と訪問査定の2種類あります。その違いとメリット、デメリットについて見てみましょう。

机上査定とは?

家の査定は「机上査定」と「訪問査定」の2種類

机上査定とは、文字通り机の上で査定することです。物件の築年数市場の販売価格、不動産会社の今までの取引額といったデータをもとに家を査定します。

机上査定のメリット
  • 不動産会社に行かなくても査定に出せる
  • 査定に出していることが近所にバレない
  • 査定結果がすぐに分かる

机上査定は電話やメールなどで申し込めるので、不動産会社に行くことも自宅に来てもらうこともなく気軽に査定できることが特徴です。

不動産の一括査定サイトでは、一般的に机上査定を用いて売却額を算出します。

不動産会社が営業しているときに申し込めば、数時間で査定額が分かります。査定に出していることは周囲に分からないので、ご近所の目も気になりません。

売却するかしっかり決めてない段階でも、気軽に査定に出すことができます。

 不動産の売却を悩んでいる場合、机上査定が売却するかの判断材料になるでしょう。

そんな机上査定にもデメリットはあります。簡易的な査定なので、実際に売却するときには査定額より安くなる可能性があるのです。

机上査定のデメリットは、正確な査定額がわからないことです。

机上査定は、「正解な査定額がわからなくてもいい」「とりあえず大まかな査定額を知りたい」そんな人に向いているサービスです。

訪問査定とは?

家の査定は「机上査定」と「訪問査定」の2種類

机上での査定に加え、実際に不動産を見て売却額を算出するのが、訪問査定です。建物や土地、設備の状況や周辺環境をチェックするので、正確な査定額を出してくれます。

訪問査定のメリット
  • 適性な査定額がわかるからスムーズに売却活動が進められる
  • 売却に関する相談をできる

適正額で売り出すことで購入希望者の目に留まり、スムーズに売却活動を進めることに繋がります。

また、訪問査定は不動産会社の社員と直接話ができるチャンスです。普段、不動産会社に行くことはなかなかないと思うので、気になることや質問があったら、この機会に話しておきましょう。

家の面積によりますが、訪問査定の所要時間は1時間前後です。

ただし、正確な査定額を出すために、不動産を購入した際の重要書類や、住宅ローンの残高が確認できる書類などを用意する必要があります。訪問査定をしてもらうための準備は少し面倒です。

普段使わない書類なので、書類がすぐに見つからないという人も少なくないでしょう。

 また、訪問査定は、結果が分かるまでに数日〜1週間程度かかることもデメリットです。

しかし、机上査定で出された売却額は大まかなものです。実際に売却するときは、結局訪問査定をしなくてはいけません。

確実に家を売る予定なら訪問査定は結果的に手間も時間もかからない査定方法です。

家の査定を受ける方法|一括査定サイト・不動産会社

家の査定を受ける方法

家の査定を受けるには、一括査定サイトから申し込むか、不動産会社へ直接依頼しましょう。それぞれの特徴やメリットについてご説明します。

1.不動産一括査定サイト

一括査定サイトは、複数の不動産会社と提携しています。査定する物件の、所在エリア周辺の不動産会社がそれぞれ査定し、直接連絡をくれるシステムです。

加盟企業が多いところだと、1000社以上とのネットワークを持っている一括査定サイトもあります。

査定の申し込みはとっても簡単。ウェブサイトの案内に従って物件の所在地や面積、間取り、築年数などを入力します。特に難しい質問はなく、数分あれば簡単に査定の申し込みが完了です。

机上査定なので、早い会社だと申し込みから数時間後にはメールで査定結果が届きます。

一括査定サイトのメリット
  • ネットで依頼できる
  • 遠方の物件も査定できる
  • 複数の会社を比較できる

一括査定サイトの1番のメリットは、インターネット上で査定に出せることです。思い立ったとき、いつでも査定額を調べられます。

また、遠方の物件でも査定ができるので、すでに住んでいない空き家などを売却するときにもおすすめです。

査定後の売却活動も、不動産会社によっては郵送やオンラインでやりとりができますよ。
不動産を取り扱う宅地建物取引業者は、日本中に12万以上あります。たくさんある会社の中から、どこに査定を申し込むか選ぶだけでも大変な作業です。
しかし、一括査定サイトを利用すれば、送られてきた査定額やサービスを見比べて、自分に合った不動産会社を簡単に選ぶことができます。
 ただし、複数の不動産会社に査定を依頼する分、営業の連絡が多くなることを覚悟しておきましょう。

2.不動産会社

家の査定を受ける方法

不動産会社に直接査定を依頼する場合は、不動産会社の特徴を見て選ぶようにしましょう。ひとくちに不動産会社といっても、それぞれ特色があります。

マンションの売買が得意な会社やインターネット広告に力を入れている会社、売買はほとんどやってない賃貸の仲介がメインの会社もあるのです。

不動産会社にも、それぞれ得意なジャンルや強みがあります。

不動産会社の得意なエリアもチェックしましょう。得意なエリアとは、その土地についての知識やツテが豊富で、不動産会社が営業力を発揮できる場所です。

不動産会社の所在地や、取り扱っている物件の多い場所が得意エリアですよ。

口コミや評判も調べておくと安心です。最近は色々なウェブサイトで口コミが見れます。極端に悪い口コミが多い不動産会社は、やめた方がいいでしょう。

不動産会社を選ぶポイント
  • 不動産会社の得意分野はなにか
  • 物件所在地は得意なエリアか
  • 口コミは悪くないか

不動産会社によって査定額は大きな差が出る可能性があります。一社だけに依頼するのではなく、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイト4選

イエイ

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイト4選

イエイの特徴
  • 査定した不動産会社へのお断り代行サービス
  • 評判の悪い会社へのイエローカード制度
  • 売却後のアンケートに答えると最大10万円分のギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中

イエイには、優良な企業を厳選するためのイエローカード制度があります。ユーザーからの評判が悪かったりクレームが多かったりする不動産会社は、イエイが契約を解約できるという精度です。

また、一括査定した後に不動産会社からの営業を断りづらいと思ったら、イエイのサポートデスクが代わりに断りの連絡をしてくれます。

お断り代行サービスは、他社にはない珍しいサポートです。

不動産の売却後にアンケートに答えると、売却額に応じて最大10万円分のギフトカードがもらえるキャンペーンも実施しています。

キャンペーンの実施期間は2021年09月末日までです。

提携店舗数 1700店舗 ※2021年7月時点
対象エリア 全国
最大同時比較社数 6社

出典:https://sell.yeay.jp

すまいvalue(バリュー)

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイト4選

すまいバリューの特徴
  • 大手の不動産会社が運営している
  • 豊富な売買実績をもとに査定
  • 査定額が適正だから購入希望者からの信頼を得ている

すまいバリューは、不動産業界の大手6社が運営しています。住友不動産販売や東急リバブル、野村不動産ソリューションズなど有名な企業ばかりです。

他の一括査定に比べると店舗数は少なめですが、大手の不動産会社なので安心ですね。

各社が豊富な売買実績をもとに査定額を算出。適正な価格で売り出すため、成約につながりやすくなります。

提携店舗数 900店舗 ※2021年7月時点
対象エリア 関東・関西を中心とした20都道府県
最大同時比較社数 6社

出典:https://sumai-value.jp

HOME4U(ホームフォーユー)

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイト4選

ホームフォーユーの特徴
  • 日本初の一括査定サービスとして20年の実績
  • 不動産一括査定サイトの中でも提携店舗数が特に多い
  • 電話での問い合わせを受け付けている

ホームフォーユーは、日本初の一括査定サービスとして20年の実績があります。累計査定件数は、なんと45万軒を突破しました。

大手から地域密着企業まで1800の不動産会社と提携。大手は広告力で、地域密着企業は独自のルートで購入希望者を見つけてくれます。

タイプの違う不動産会社が査定してくれるので、比較がしやすいのではないでしょうか。

不動産一括査定サイトでは珍しく、電話でのサポートも受け付けています。メールが苦手な人には嬉しいサービスです。

提携店舗数 1800店舗 ※2021年7月時点
対象エリア 全国
最大同時比較社数 6社

出典:https://www.home4u.jp/sell/

RE-Guide(リガイド)

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイト4選

リガイドの特徴
  • 最大10社から査定結果が届く
  • マンションやアパートなどの投資物件も査定できる
  • リフォーム費用や賃貸に出した場合の賃料も一括査定

リガイドは最大10社から査定結果が届くため、たくさんの会社の査定額を知りたい人におすすめです。

居住用の住宅だけではなく、一棟マンションやアパートといった投資用物件も査定に出せます。

他社と比較しても、リガイドは特に一括査定数が多いですね。

賃貸に出した場合の賃料や、リフォーム費用を一括査定するサービスもあります。投資を検討中の人に便利なサービスが充実している、一括査定サイトです。

提携店舗数 800店舗以上 ※2021年7月時点
対象エリア 全国
最大同時比較社数 10社

出典:https://www.re-guide.jp/assess/

家を高く査定してもらうコツ・準備

家を高く査定してもらうコツ・準備

家を査定するためには、いくつか準備をしなくてはいけないものがあります。

査定のときに準備するもの
  • 不動産の売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 登記識別情報
  • 土地測量図面
  • 建築設計図
  • 固定資産税納税通知書
  • 住宅ローンの残高証明書
  • 管理規約(マンションの場合)

机上査定では、特に書類を用意しなくても申し込みができます。しかし、訪問査定を申し込む場合には、上記の書類が必要です。

すべての書類の準備するのが難しければ、とりあえず売買契約書重要事項説明書だけはあるといいでしょう。

重要事項説明書には物件の細かい情報が書いてあるので、査定に必要です。

売却に必要な書類を準備したら、家の掃除をしましょう。キッチンやお風呂、洗面所などは荷物を片付けておくと、訪問査定の際にスムーズに設備をチェックしてもらえます。

不動産を高く査定してもらうコツ

家を高く査定してもらうコツ・準備

不動産を高く査定してもらうためには、まずは相場を知ることが大切です。不動産情報サイトで、売却する物件と同じような不動産を探します。

物件の所在エリア、築年数、間取りと面積などが近い物件を数件ピックアップして、売り出し価格をチェックしましょう。

相場がわかっていれば、査定額の交渉ができます。

また、一括査定を利用することも、不動産を高く査定してもらうのに役立ちます。不動産会社は、「自社で仲介させてほしい」と考えているため、他社の査定額を引き合いに出すことで、査定額が上がるかもしれません。

 しかし、強引な価格交渉は厳禁です。気持ちよくマンションを売却できるように、不動産会社にも配慮をしましょう。

訪問査定の場合は、家をきれいに掃除しようと思うかもしれません。しかし、家を掃除しても査定額に大きな影響はないと言われています。

もちろん清潔に越したことはありませんが、訪問査定でチェックするのは建物や設備の状態、日当たり、土地の境界線などです。

部屋が少し散らかっている程度なら、査定額には影響しません。

家を査定してもらう時の注意点

家を査定してもらう時の注意点

家を査定してもらうときは、以下のことに注意をしてください。

  • 査定は複数社に出す 
  • 他社より高い査定額には要注意 
  • 土地や一戸建ての場合は、測量が必要になる場合もある 
  • 査定額は相場により常に変わる 

査定額の算出には、会社ごとに規定があります。査定額も会社によって変わるので、必ず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

他社より査定額が大幅に高い場合、訪問査定で値段を一気に下げられたり、適正価格ではないため売却しづらくなるかもしれません。

必ず査定額の根拠を確認しましょう。

境界線がハッキリしていない土地や地価が高い土地の売却では、測量調査をしなくてはいけなくなります。費用は売主の負担になるので、資金の準備をしましょう。

また、査定額は需要と相場に影響されて常に変わります。特に地価は変動しやすく、不動産の需要も少子高齢化などの影響を受け、年々変化しています。

 過去に査定に出していても、売却前には改めて査定をしましょう。

よくある質問

家を売るのにおすすめの不動産一括査定サイトは?
「イエイ」がおすすめです。イエイは、ユーザー間で評判の悪かった不動産会社を解約する取り組みを行っています。

そのため、不動産会社の対応に不安がある方に特におすすめしたい一括査定サイトです。

家の査定方法にはどんなものがある?
「机上査定」と「訪問査定」の2種類あります。机上査定は、不動産物件の情報を元に実物を見ることなく査定する方法です。

一方、訪問査定は、実際に物件に訪問し、建物や土地、設備の状況などを目視で査定します。

家の査定に費用はかかる?

訪問査定も机上査定も、無料の会社がほとんどです。稀に有料の場合もあるので、念のため確認しましょう。

家の測量も無料でできる?

測量は土地家屋調査士または測量士が行うために有料です。料金は土地の面積や形状によりますが、50万円前後が相場です。

家の査定で見るのはどんなところ?

机上査定で見るのは築年数や間取り、市場の売買価格などのデータを見ます。訪問査定の際に見るのは建物や土地の状況、日当たり、設備の状態などです。

家はリフォームすれば高く売れる?

売却額が高くなる可能性はあります。しかし、かけた費用ほどは上がらならないこよもあるので、査定後に不動産会社に相談しましょう。

家の査定額は交渉で上げられる?

ローンの残高などを考慮してもらうことはできますが、査定額の交渉には限度があります。不動産の査定額を大幅に変えることは難しいでしょう。

一括査定サイトの注意点は?

あくまでも簡易的な査定額なので、実際に売却するときには値段が下がる可能性もあります。情報を鵜呑みにせず、目安として捉えましょう。

家の査定を依頼する不動産会社を選ぶポイントは?

査定額だけではなく、売却する物件所在エリアに根付いた不動産会社がおすすめです。賃貸管理中心の会社ではなく、売買も仲介しているか確認しましょう。

まとめ

家の査定には、机上査定と訪問査定があることをご説明しました。大切な不動産。高く売却するためには、不動産の一括査定サイトで複数の不動産会社から査定を出してもらいましょう。

その中から査定額が高く、信頼できる対応の会社に訪問査定を依頼するのがおすすめです。

ご自宅の売却を考えている方は、この記事でご紹介した注意点や家を高く査定してもらうためのコツを、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事