注文住宅とは高い自由度を持つ戸建住宅!注文住宅の5つのメリットと3つのデメリット

注文住宅とは施主のオーダーを最大限に反映した戸建住宅です。建売住宅(分譲住宅)と比較した際、デザインなどの面での高い自由度が特色となります。

「世界でひとつだけのマイホーム」を建てたい方にとって魅力的であるのは確かです。

ここでは、注文住宅の5つのメリット3つのデメリットや、注文住宅が完成するまでの手順についてご紹介します。

この記事が役に立つ方
  • 注文住宅に興味のある方
  • 注文住宅の建築を視野に入れている方
  • 注文住宅や建築住宅を選ぶ際の参考にしたい方

注文住宅とは?施主好みのデザインで建てられる戸建住宅

注文住宅とは?

注文住宅とは、施主好みのデザインで建てられる戸建住宅のことをいいます。マンションやアパートなどの集合住宅の建設ではあまり使われない言葉です。

土地を所有する施主の「こんな家を建てたい」という想いが、具現化したものと捉えると理解しやすいかと思われます。

 注文住宅は土地の購入から設計、建築を経て完成に至るものです。

そのため、実際に住むまでの期間が長期化する傾向があります。設計の自由度が高い分、費用も高額になりやすいため、予算の準備を含めた適切な管理が求められるでしょう。

注文住宅の種類は?フルオーダーとセミオーダーと規格住宅の3種類

注文住宅の種類とは?

注文住宅を大まかに分類した場合、次の3つのいずれかに当てはまります。

注文住宅の種類
  • フルオーダー
  • セミオーダー
  • 規格住宅
フルオーダー セミオーダー 規格住宅
間取り 自由度が高い
※ゼロから構想できる
あらかじめ用意されたパターンより選ぶケースあり あらかじめ用意されたパターンから選ぶ
設備 商材の選択肢が豊富 ある程度決められた商材より選ぶ あらかじめ用意された商材より選ぶ
完成までの時間 1年から3年 数ヶ月から1年ほど 数ヶ月
費用総額 高額化しやすい 相応の予算が必要 抑えめにすることも可能

注文住宅の種類「フルオーダー」

注文住宅の種類①フルオーダー

注文住宅の「フルオーダー」は、文字通り「すべてを注文できる」ものです。あくまでも実現可能なものであることが条件ではありますが、世界中でひとつだけのマイホームとすることも夢ではありません。

外装や間取り、内装や設備などを「1から組み立てていく」形となります。建材や工法なども好みのものを選ぶことが可能です。

そのため設計士や施工業者に「おまかせ」するのではなく、施主にもある程度の知識や見識が求められるのがフルオーダーです。

フルオーダー注文住宅は、自由であるがゆえに難しいという見方もできます。

注文住宅の種類「セミオーダー」

注文住宅の種類②セミオーダー

注文住宅の「セミオーダー」は、CMなどで名前を聞くハウスメーカーにて採用されている手法です。

セミオーダーでは、ハウスメーカーや工務店より提示された建材や工法や設備の中から選ぶ形となります。間取りや内装のデザインに関しては、ある程度施主の希望が反映される傾向があるかもしれません。

ただし土地が狭小地や高低差のある場合には、セミオーダーの注文住宅建設を受け付けてもらえない可能性があります。

セミオーダーは特別こだわりがなく、「普通に住みやすい家」を求める方に向いているでしょう。

注文住宅の種類「規格住宅」

注文住宅の種類③規格住宅

注文住宅の「規格住宅」とは、工務店やハウスメーカーが事前に用意した「規格」の中から選ぶタイプの手法です。外装や内装、建材や設備などのいくつかのパターンより、施主の希望する「規格」にて建築から完成に至ります。

規格住宅では事前に明確なイメージが提示されるため、フィーリングで選択することも可能です。マニュアルに則った施工で進められるため、予期せぬトラブルのリスク回避にもつながります。

規格住宅は工期を短縮化したい方や、予算を抑えたい方におすすめです。

注文住宅と建売住宅(分譲住宅)との違いとは?

注文住宅と建売住宅の違いとは?

注文住宅と比較されるものに建売住宅(分譲住宅)があります。建売住宅(分譲住宅)とは、すでに完成された戸建住宅を購入するマイホームの形です。

注文住宅 建売住宅
(分譲住宅)
デザインなどの自由度 比較的高め すでに完成済み
建設の進捗状況の確認 基礎から完成まで直に確認できる すでに完成済み
完成後のイメージ 実際に完成するまでは不明な点が多い すでに完成済み
入居に至るまでの期間 数ヶ月から3年ほど 購入が決まった時点で入居できる
費用総額 高額化しやすい ある程度抑えることも可能
住宅ローンの設定 土地のローン設定のタイミングと、建物のローン設定のタイミングに時間差が生じる 土地と建物を同時に設定可能

建売住宅は完成済みの状態のため、購入前には内見だけでなく、周辺環境も調査することをおすすめします。

注文住宅の持つ5つのメリットとは?

注文住宅の5つのメリット

注文住宅にて家づくりをすることで、次の5つのメリットを得ることにつながります。

注文住宅の持つ5つのメリット
  • 世界でひとつだけのマイホーム
  • 2世帯住宅・3世帯住宅
  • 資産価値
  • 予算に応じた家づくり
  • 進捗状況を直に確認できる

注文住宅のメリット①「世界でひとつだけのマイホーム」

世界に1つだけのマイホーム

注文住宅の一番のメリットは、「世界でひとつだけのマイホーム」を建てることができる点です。

建築基準法や景観法などの法律や、技術面の問題をクリアすることが前提となりますが、施主が思い描いた理想の家を実現する機会であるのは間違いありません。

外装や間取り、キッチンやお風呂などの設備や壁紙。防音設備やバリアフリー、耐震性の高さやガレージなど、施主のこだわりがふんだんに敷き詰められた「作品」として世に出せるのが注文住宅の魅力です。

注文住宅のメリット②「2世帯住宅・3世帯住宅」

2世帯住宅・3世帯住宅も建築できる

注文住宅は、2世帯住宅・3世帯住宅として設計することも可能です。祖父母の世代から生活を営む土地にて建て替えを行えば、子どもや孫の世代に至るまで暮らすことも難しくありません。

特に家を建てる年代の方にとっては、親の老後は決して無視できない問題です。近くで見守ることで万が一のトラブルの回避にもつながるでしょう。

 2世帯住宅・3世帯住宅は完全同居型だけでなく、部分共有型や完全分離型によって互いのプライバシーを気遣う選択肢も存在します。

敷地内にアパートやシェアハウス、月極駐車場やオフィスなどを併設できるのも注文住宅ならではの特色です。

注文住宅のメリット③「資産価値」

資産価値がある

注文住宅は土地を購入もしくは所有することから始まります。建物は年数を重ねるごとに固定資産税評価額が低下しますが、土地に関しては建物ほどの下落は考えにくいでしょう。

  資産価値という点においても、注文住宅には大きなメリットがあるということです。

仮に鉄道駅の設営などの周辺の開発が進んだ場合、土地の評価額が上昇することもあり得ます。将来的にマンションやアパートなどの賃貸物件に建て替えて、家賃収入を得る方向にシフトすることも可能です。

注文住宅のメリット④「予算に応じた家づくり」

予算を自由に組める

注文住宅は「予算に応じた家づくり」もメリットの1つです。分譲の一戸建てやマンションには、すでに販売価格が設定されているため、準備できる予算の範囲内での選択肢となるのは否めません。

その点、注文住宅は同じ予算の範囲内であったとしても、ハウスメーカーや設計士などと相談しながらの家づくりを進めていくことができます。

リビングや趣味の部屋などに多めにコストをかける「一点豪華主義」とするのも、自由度の高い注文住宅にしかできない手法です。

注文住宅のメリット⑤「進捗状況を直に確認できる」

建築の進捗状況を直接確認できる

注文住宅のメリットとして、「進捗状況を直に確認できる」点を忘れてはなりません。建売住宅や分譲マンションはすでに完成した状態です。

一方、注文住宅は基礎から組み立てていき完成に至るまでのプロセスが逐一可視化できます。結果的に現場の作業環境もチェックすることになるため、施工作業をする人たちへの良い緊張感につながる副産物も。

 社会的に問題視される欠陥住宅や手抜き工事のリスクを、知らず識らずのうちに回避することにもつながるでしょう。

注文住宅に想定される3つのデメリットとは?

注文住宅の3つのデメリット

注文住宅には「世界でひとつだけのマイホーム」や「資産価値」などのメリットが存在する反面、以下の3つのデメリットも想定されます。

注文住宅に想定される3つのデメリット
  • 完成までにある程度の時間がかかる
  • 費用の高額化
  • 完成形がイメージしにくい

注文住宅のデメリット①「完成までにある程度の時間がかかる」

完成までに時間がかかる場合がある

注文住宅は完成までにある程度の時間がかかるのは致し方ありません。実際に入居するまで1年から3年ほどの期間が必要なことを踏まえておきましょう。

特に土地を探すことから始めた場合には、土地が見つかるまでの時間も加わります。設計に進んだとしても、施主の希望と折り合いがつかないケースもあり得るでしょう。

借入総額によっては、住宅ローンの設定が難航することも珍しくありません。施工の開始後も天候が優れなかったり、資材や設備の到着が遅れることも考えられます。

ちなみに注文住宅の中でも、比較的早めの完成が見込めるのは「規格住宅」です。
 少しでも早く新たなマイホームに住みたい方は、注文住宅だけでなく建売住宅(分譲住宅)も選択肢に入れることをおすすめします。

注文住宅のデメリット②「費用の高額化」

費用が高額になることもある

注文住宅の「世界でひとつだけのマイホーム」が建てられる点は非常に魅力的です。一生に一度きりの機会ということで、大盤振る舞いをしたとしても不思議ではありません。

 一方で設計士やハウスメーカーからの提案にて、資材や設備をどんどんグレードアップしていくパターンも考えられます。

設計士や施工業者など関わる人たちが増えれば増えるほど、期間中の人件費も高騰するでしょう。

注文住宅のローン設定

さらに注文住宅の場合、住宅ローンを土地と建物で分けて設定することになります。

注文住宅のローン設定
  • 土地購入のためのローン(土地先行融資)
  • 施工費用のためのローン(つなぎ融資)
  • 建物のローン(一般的な住宅ローン)

特につなぎ融資などは通常の住宅ローンと比べて金利が高めとなる傾向があります。

  注文住宅には費用が高額化することを織り込み済みで臨むことをおすすめします。

注文住宅のデメリット③「完成形がイメージしにくい」

完成形がイメージしにくい

注文住宅は完成するまで実物を見ることはできません。そのことから、完成した後に「思っていたのと違う…」となることも。

そうした齟齬を防ぐためにも設計の時点で、以下の流れで確認しておきたいところです。
注文住宅の失敗しない設計時の流れ
  • 設計の時点で3Dパースにて図面を作成
  • コンピュータグラフィックで大まかな完成形を描き出す
  • 間取り図と照らし合わせて完成形をイメージする

ハウスメーカーでは、注文住宅のモデルハウスの見学も実施しています。実際に仕上がる家屋はモデルハウスとは細部などで異なりますが、完成形のイメージづくりの手助けになるのは確かです。

「それ」は「それ」、「これ」は「これ」と発想を転換することも必要かもしれません。

注文住宅を建てる際に注意したい3つのポイント

注文住宅で注意すべき3つのポイント

注文住宅を建てる際には、次の3つのポイントに注意したいところです。

注文住宅を建てる際に注意したい3つのポイント
  • 建築会社選びは慎重に
  • 予算管理
  • 環境を考慮した設計

3つの注意点を詳しく解説していきます。

建築会社選びは慎重に

会社選びは慎重に行う

注文住宅は設計士が設計を担当し、施工業者(建築会社)が実際の施工を行います。ハウスメーカーに依頼した際には、指定業者が採用されるケースが多いかもしれません。

こだわりを持つ施主なら、設計士や施工業者を個別に選択することもあるでしょう。

  建築会社を選ぶ際には複数の業者に見積もりをしてもらい、比較検討していくやり方がおすすめです。

あまり多すぎても選ぶ作業に時間を取られてしまうので、3つほどの業者に絞っていくと良いでしょう。選ぶ基準として、見積もりの担当者に質問した際の対応があげられます。

素人の質問にもきちんと丁寧に答えてくれる担当者であれば、家屋が完成するまでの作業が良好に進むことが期待できます。

家屋の完成後も修理やリフォーム、増改築などの相談に応じてくれるような業者と出会えるのがベストなパターンです。

予算管理

予算は適切に管理する

前述したように、注文住宅は費用が高額化しやすい傾向があります。注文住宅の計画を練る際には、以下の点も忘れずに考慮しておきましょう。

・住宅ローンの設定に無理がないか?※完済時の年齢、月々の支払金額
・頭金を準備できるのか?
・つなぎ融資を避けられるような資金があるか?
・月々の支払いで完成後の生活に支障をきたさないか?※収入先の確保、複数の収入先など

環境を考慮した設計

環境を考慮して設計する

注文住宅は自由度が高いため、独自のデザインで建てることも可能です。東京・吉祥寺の漫画家楳図かずお邸のように、観光名所化するようなケースも存在します。

一方で、京都のように景観法にて厳しく定められている地域だけでなく、建築物の階数などが指定されている地域も少なくありません。

周辺環境も考慮した設計を心がけることで、居住後の近隣トラブルの回避にもつながります。

注文住宅は大まかなイメージをしてからオーダーする

オーダー前に大まかなイメージをしておく

注文住宅に興味が湧いてきた場合、まず最初に行うのは、注文住宅を大まかにイメージすることです。

注文住宅をオーダーする際に考えておくべきこと
  • どこに注文住宅を建てるのか
  • 注文住宅にかけられる予算の算出
  • 注文住宅の外装や間取り、設備や内装のイメージ

どこに注文住宅を建てるのか?

立地のイメージ

注文住宅の立地の基準のひとつに、勤務先への通勤時間があげられます。2020年代はテレワークや在宅ワークが推奨される傾向が高まっているため、通勤時間をあまり気にしなくとも良い方もいるかもしれません。

周辺に学校や公共施設、銀行ATMや商業施設があることも大切な要素です。鉄道駅からの距離によっても土地の価格が異なります。

海の近くや山間部の場合には、景観と同時にハザードマップも確認しておきましょう。

注文住宅にかけられる予算の算出

予算のイメージ

注文住宅は購入してそれで「めでたし、めでたし」ではありません。その後の生活に影響を及ぼすような住宅ローンの設定は避けたいところです。

再掲にはなりますが、以下のような現実的な思案が重要です。
・住宅ローンの設定に無理がないか?※完済時の年齢、月々の支払金額
・頭金を準備できるのか?
・つなぎ融資を避けられるような資金があるか?
・月々の支払いで完成後の生活に支障をきたさないか?※収入先の確保、複数の収入先など

注文住宅の外装や間取り、設備や内装のイメージ

外装や内装のイメージ

注文住宅を請け負っている建築会社やハウスメーカーなどの公式サイトの画像にて、どのような家に住みたいか?を明確にしていきます。

モデルルームの見学も行っておくと良いでしょう。オリジナリティを追求する方は、建築士の建設事例が参考になるかもしれません。

注文住宅が完成するまでの手順

注文住宅の完成までの手順

ここからは、注文住宅が完成するまでの手順をご紹介します。

なんとなく「こんな感じ」と捉えてもらうための手助けとなれば幸いです。
注文住宅が完成するまでの手順
  • 注文住宅のための土地を探す
  • 注文住宅の設計担当を選ぶ
  • 注文住宅の土地を調査する(敷地・地盤調査)
  • 注文住宅のための住宅ローン設定
  • 注文住宅の設計
  • 注文住宅の施工(建築)担当を選ぶ
  • 注文住宅を建てる前の各種申請手続き
  • 注文住宅の施工開始
  • 注文住宅の施工管理および検査
  • 注文住宅の引き渡し(入居開始)

注文住宅のための土地を探す

土地探し

注文住宅のための土地を探すには、住みたい地域の不動産情報をチェックすることからスタートします。

  大手の不動産会社だけでなく、地域の不動産業者の情報も取り入れましょう。

ハウスメーカーや設計事務所、工務店などに土地探しの相談をするのもひとつのやり方です。

注文住宅の設計担当を選ぶ

設計担当者を選ぶ

土地探しと並行する形で、注文住宅の設計担当を選定することになります。設計担当の候補先ごとの特色を次の表にまとめてみました。

設計担当の候補先 特色
設計事務所 ・自由度が高い
・オリジナリティを追求する施主におすすめ
ハウスメーカー ・メーカーごとの規格や仕様が設けられている
・そのため一定の制限が存在する
・提示された選択肢から選びたい施主におすすめ
工務店 ・工務店ごとの個性や得手不得手が存在する
・地域に根ざした工務店であればアフターフォローも期待できる

複数の候補先の中から見積もりを依頼し、比較検討するするのがコツです。

注文住宅の土地を調査する(敷地・地盤調査)

敷地調査・地盤調査

続いて、注文住宅の建設候補地となる土地の調査です。敷地調査や地盤調査はハウスメーカーや設計事務所に依頼した際の有料オプションとして用意されているケースも存在します。

調査名 内容
敷地調査 ・周辺環境
(方位や隣地の建物の位置など)
・土地の傾斜や高低差
・地域ごとの法令や条例
地盤調査 ・地盤の強度
※流動化などがないか?
・埋設物の有無など

敷地調査と地盤調査は任意ではありますが、数十年単位で住むことを踏まえると、建設前に実行しておくことをおすすめします。

注文住宅のための住宅ローン設定

住宅ローン設計

選定した設計担当による注文住宅の仕様(間取りなど)がある程度固まりましたら、暫定的な見積もりを算出。その際の金額に応じた住宅ローンを銀行などの金融機関に申し込みます。

・土地購入のためのローン(土地先行融資)
・施工費用のためのローン(つなぎ融資)
・建物のローン(一般的な住宅ローン)

住宅ローンの審査では、クレジットカードなどの利用状況もチェックされます。特に注意したいのは、携帯電話料金の滞納です。

 携帯電話料金にはスマホの分割購入代金が含まれていることが大半のため、2ヶ月以上の滞納をすると信用情報機関に事故情報「異動」として記録されます。

事故情報が記録された際には「5年間」は抹消されません。他にもカードローンや自動車やバイクのローン、楽器や美術品などのローン残高が多い方も要注意です。

不安を持つ方は信用情報機関のCICJICCにて確認しておきましょう。

注文住宅の設計

注文住宅の設計

続いて、設計担当による注文住宅の設計に進みます。完成後のイメージがしやすいように、次の流れを依頼できると良いかもしれません。

設計の時点で3Dパースにて図面を作成
⇒コンピュータグラフィックで大まかな完成形を描き出す
⇒間取り図と照らし合わせて完成形をイメージする

注文住宅の施工(建築)担当を選ぶ

建築担当者を選ぶ

注文住宅の設計が完了しましたら、施工(建築)担当を選ぶことになります。

とはいえ、ハウスメーカーや設計事務所の場合には、懇意にしている業者が存在することがほとんどです。工務店の場合なら自社で施工を請け負うことでしょう。

できれば事前に施工担当の候補者と面談しておくと、その後の展開がスムーズに進行することにつながります。

注文住宅を建てる前の各種申請手続き

各種申請手続き

注文住宅の施工担当の決定後は、建築基準法などの法令の確認申請手続きに進みます。

建設予定の注文住宅が法令や条例に則ったものでないと、施工が開始できないことがその理由です。

注文住宅の施工開始

施工開始

申請の結果、建設予定の建物が審査に通過しましたら、いよいよ注文住宅の施工開始です。

時間が許すようであれば施主自らが施工の見学に赴くと、現場の良い緊張感が保たれるかもしれません。

注文住宅の施工管理および検査

施工管理・検査

施工の進捗状況に応じて、設計事務所やハウスメーカーの担当者(設計士や建築士)による検査が行われます。

 検査は設計どおりに組み立てられているか?についての確認作業です。

NG項目のある箇所には、付箋などで修正内容が示されます。建物が完成しましたら、最後に施主による検査が実行される形です。

注文住宅の引き渡し(入居開始)

住宅の受け取り・入居

施主の検査に合格しましたら、注文住宅の引き渡しです。引っ越し作業の完了後に念願のマイホームへの入居開始となります。

引き渡しの際には、施工会社からのメンテナンスやサポートが受けられることを書面にて確認しておきましょう。

まとめ:注文住宅は世界で1つだけのマイホーム

注文住宅は夢のマイホーム

ここまで、注文住宅とは?に関する次の項目を紹介してきました。

・注文住宅とは施主好みのデザインで建てられる戸建住宅
・注文住宅とは?フルオーダーとセミオーダーと規格住宅の3種類
・注文住宅と建売住宅(分譲住宅)との違いとは?
・注文住宅の持つ5つのメリットとは?
・注文住宅に想定される3つのデメリットとは?
・注文住宅を建てる際に注意したい3つのポイント
・注文住宅が完成するまでの手順

注文住宅とは、世界でひとつだけのマイホームを具現化するための方法です。注文住宅は予算などの事前準備から、完成に至るまでの時間と労力を要します。

その分、完成したときの感動は施主にしか得られない特権です。当記事がこれから注文住宅を検討している方にとって有益な情報であることを願います。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事