CREALの評判は?口コミやメリット・デメリットを徹底解説!

不動産投資に興味があるが、初期投資にお金がかけられない人やローンを組むのは少しリスクが大きいと感じる方も多いでしょう。

不動産投資サービスとして、「不動産投資クラウドファンディング」も聞いたことがあるが、どの会社を選んで投資するべきかわからないという方も少なくないでしょう。

 CREALでは、少額から不動産投資ができるクラウドファンディングサービスを提供、実績ある企業が不動産投資の醍醐味である配当金を狙った投資が可能です。

しかし、CREALは本当に信用できる不動産投資会社なのか、安全に資産運用ができるサービスなのか不安に感じる方も多いでしょう。

そこで、今回の記事は「CREAL」の口コミや評判、メリット・デメリットについて解説していきます。

CREAL(クリアル)とは?

CREAL TOP

「CREAL」のここがおすすめ!
  • 1口1万円から不動産投資が可能なクラウドファンディング!
  • 運用資産残高3年連続No.1!累計調達額もNo.1の実績ある不動産投資サービス
  • 投資の判断に必要な情報も豊富!じっくり検討して投資判断可能!
  • 投資の大敵である「手数料」、基本料金が無料で投資スタートできる!
  • CREALのファンドに投資するだけで、Tポイントももらえる!

CREALは少額から不動産投資が可能となる「不動産投資クラウドファンディング」を提供している事業者で、CREALの他に、「CREAL Partners」「CREAL Pro」などの不動産投資サービスを提供しています。

また、運用会社のクリアル株式会社は2022年3月25日に東京証券取引所グロース市場への上場承認された企業のため信頼感もある企業です。

CREAL 実績

出典:CREAL「実績」

また、CREALの不動産投資クラウドファンディングは「運用資産残高」3年連続No.1「累計調達額」No.1多くの投資家から運用を任せられている実績のあるクラウドファンディングです。

現在CREALでは、「投資家登録(会員登録)」をするだけで最大10,000分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しているので、この機会に投資家登録するのもおすすめです。

CREAL キャンペーン出典:CREAL「Amazonギフト券最大10,000円分プレゼント」

運営会社情報

会社名 クリアル株式会社
所在地

東京都台東区東上野2-13-2
CREAL UENO

資本金 6億5800万円(資本準備金含む)
設立 2011年5月11日
実績
事業内容
  • 不動産ファンドオンラインマーケット運営事業「CREAL Partners
  • プロ向け不動産ファンド事業
    CREAL Pro

出典:CREAL

「CREAL」の評判について

CREALの評判

「CREAL」では1口1万円から不動産投資が可能な不動産投資クラウドファンディングのサービスを提供、運用実績も「運用資産残高」3年連続No.1「累計調達額」No.1高く、多くの投資家から支持されています。

しかし、実際に利用している方の口コミはどうなのか、気になる方は多いはずです。

そこで、今回当メディアでは「CREAL」の口コミをWeb・SNSを利用して調査しましたのでぜひ参考にしてください。

良い口コミ
  • 1万円からが嬉しい
  • 初めてでも安心
  • 透明性と安心感

悪い口コミ

  • ファンドの募集競争率が高い
  • 早期償還の可能性もある
  • 中には微妙な案件も

良い口コミ・評判について

いい口コミ

CREALに寄せられた良い評判・口コミには、「1万円からが嬉しい」「初めてでも安心」「透明性と安心感」があることがあげられました。

CREALのメリットである少額投資サービスは初心者の方や資金が少ない方でも始められるのが魅力です。また、ファンドの情報量の多さもメリットでしょう。

1万円からが嬉しい(20代/会社員)の口コミ
少額で投資ができ手間もかからないという理由で不動産投資クラウドファンディングへの投資を決めました。
初めてでも安心(30代/会社員) の口コミ
投資をやったことがなかった私にとって、とても始めやすい投資商品でした。
透明性と安心感(50代/会社員)の口コミ
投資商品である物件がきちんと公開されている点に安心感がありました。

出典:CREAL「お客様インタビュー」

悪い口コミ・評判

悪い口コミ

少額投資可能、情報に透明性もある一方で、CREALには「ファンドの募集競争率が高い」「早期償還の可能性もある」「中には微妙な案件も」などの悪口コミもありました。

 CREALではファンド募集方法で「先着順」を採用しており、人気のファンドでは募集開始直後からのクリック合戦が起こるほど人気のようです。

そのため、お目当てのファンドに投資できない場合もあり、CREALの投資口座上に資金が寝てしまうこともあるようです。

CREAL投資座上に資金が余ってしまったら、出金に手数料がかかるので注意が必要です。
出勤手数料 手数料

口座が楽天銀行の場合

52円(税込)
口座が楽天銀行以外
出金金額が3万円未満の場合
150円(税込)
口座が楽天銀行以外
出金金額が3万円以上の場合
229円(税込)

出典:CREAL 「口座から出金をしたいです。」

不動産投資による「CREAL」のメリット

CREALのメリット

CREALを利用して不動産投資を始めたい方であれば、利用することのメリットをしっかり理解しておくことで、上手に資産運用がスタートできるでしょう。

CREALにはお得なメリットも豊富ですので、他者と比較する際にも参考にしてください。

「CREAL」のメリット
  • 少額からでも不動産投資可能|1口1万円から
  • 6つの手数料が無料で投資可能|ネットバンクでさらに投資しやすく
  • 投資家は優先出資によりリスク軽減

少額からでも不動産投資可能|1口1万円から

3段階のコインタワー

CREALでは少額から不動産投資が可能な不動産クラウドファンディングサービスです。1口1万円からスタートできるのは魅力のサービスです。

他の不動産投資クラウドファンディングでは1口10万円からの投資のサービスもある中、小さく不動産投資ができるのもメリットでしょう。

最小投資額 金額
CREAL 1万円
COZUCHI 1万円
ちょこっと不動産 1万円
TECROWD 10万円
Jointoα (ジョイントアルファ) 10万円

4つの手数料が無料で投資可能|ネットバンクでさらに投資しやすく

不動産投資のリスク7選

CREALの不動産投資クラウドファンディングでは、投資で大敵となる「手数料」が安いため、収益を最大限手元に残すことが可能です。

「会員登録」「投資口座開設」「口座維持手数料」「申込手数料」の4つの手数料が無料。出金時の手数料も楽天銀行を利用すれば、出金額に関わらず52円(税込)です。

手数料 金額
会員登録の手数料 無料
投資口座開設手数料 無料
投資口座維持手数料 無料
申込手数料 無料
投資口座への入金時手数用 投資家負担
出金時手数料
  • 口座が楽天銀行の場合:52円
  • 口座が楽天銀行以外
    出金金額が3万円未満の場合:150円
  • 口座が楽天銀行以外
    出金金額が3万円以上の場合:229円

出典:CREAL 「口座から出金をしたいです。」

投資家は優先出資によりリスク軽減

CREAL 優先劣後

出典:CREAL「優先劣後」

CREALの不動産投資クラウドファンディングでは「優先劣後出資」を採用しているため、仮に運用していたファンドで損失が発生しても、先にCREALが損失額を負担する仕組みで投資家元本を守ります。

 「優先劣後出資」とは、投資家の元本割れを守るための仕組みで、投資家の出資額を「優先出資」、事業者の出資額を「劣後出資」として分けて管理する仕組みです。

仮に不動産運用によって損失が発生した場合には、先に劣後出資(事業者の元本)から損失を補填します。

投資家の元本自体は保証されていないものの、出資額の損失を先に補填する仕組み「優先劣後出資」を採用しているため、投資家は安心して不動産投資ができます。

 しかし、現時点ではサービス開始から現在まで配当はすべて想定利回りで分配、投資金額も元本割れすることなく償還されている実績もあります。
出典:CREAL 「不動産投資クラウドファンディングサービス「CREAL」なら、1万円から誰でも手軽に資産運用が始められる」

不動産投資における「CREAL」のデメリット

CREALのデメリット

不動産クラウドファンディングを提供するCREALでは、1口1万円の少額から国内人気エリアの不動産へ投資ができるのが魅力のサービスです。

しかし、CREALの不動産クラウドファンディングにもデメリットがあるのではないかと感じる方も多いのではないでしょうか?

そこで、「CREAL」のデメリットについても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

「CREAL」のデメリット
  • 投資をしたら途中で解約できない
  • 競争が激しい案件のため投資できない場合もある
  • 優先劣後の割合が他者と比べ低い

投資したら途中で解約できない

途中で解約できない

CREALが運営する不動産クラウドファンディングサービスに限らず、クラファンへの出資後、原則解約は難しいです。

CREALのQ&Aにも、「一度出資したら解約はできないのでしょうか?」という質問に対して、やむを得たない場合のみ解約が可能と記載があります。

CREAL クーリングオフ

出典:CREAL「一度出資したら解約はできないのでしょうか?」

契約を締結した日から起算して8日を経過するまでの間に、書面によって解約の申請をした場合にはクーリングオフが適用され、解約も可能です。

 しかし、原則は不可能であるということを頭に入れつつ投資を行いましょう。

競争が激しいファンドには投資できない場合もある

競争が激しい場合もある

口コミでも上げられていたように、CREALが提供しているファンドは人気のものも多く、応募開始から数秒で募集終了となるファンドも多数あります。

そのため、募集開始からPCの前で待機したり、クリック合戦に参加しても、自分が希望していたファンドへ投資ができない可能性もあります。

CREAL ファンド一覧

出典:CREAL「ファンド一覧」

CREALが提供した組成ファンド数は56累計調達額152億円となっており、人気や実績のある不動産クラウドファンディングであることがわかります。
※2022/04/05時点での実績

 現在までの運用で配当はすべて想定利回りで分配、投資金額も元本割れすることなく償還されている実績があるため、安心と信頼感のある事業者だとわかるでしょう。

優先劣後の割合が他者と比べ低い

CREAL 優先劣後出資

出典:CREAL「優先劣後出資」

CREALは不動産クラウドファンディングサービスを提供している事業者と比べて、優先劣後出資の比率が小さいため、投資家の元本割れリスクが大きいことに注意が必要です。

優先劣後出資とは?

CREAL 優先劣後

出典:CREAL「優先劣後」

 「優先劣後出資」とは、投資家の元本割れを守るための仕組みで、投資家の出資額を「優先出資」、事業者の出資額を「劣後出資」として分けて管理する仕組みです。

劣後出資比率が大きいと、事業者がファンドの損失を補償できるため、投資家としてはリスクを抑えて投資が可能ですが、CREALの劣後出資割合は5~20%程とされています。

事業者 優先劣後出資割合
CREAL 5~20%程度
Rimple 30%
大家どっとこむ
10%
ASSECLI
10~20%程度
COZUCHI 10%〜60%程度

CREALと他の不動産投資会社との違いは?

CREALと他の不動産投資会社との違い

国内不動産へ少額投資が可能なCREALは、優先劣後出資を採用しているためリスクを抑えつつも投資ができるのが魅力のクラウドファンディングサービスです。

しかし、他の不動産会社との違いは何があるのかと気になる方も多いでしょう。そこで、CREALと他の不動産投資会社との違いについて解説していきます。

CREALと他の不動産投資会社との違い
  • CREALへ新規投資家登録(会員登録)でAmazonギフト券のキャンペーン
  • 募集金額が大きく投資機会は多い

CREALへ新規投資家登録(会員登録)でAmazonギフト券のキャンペーン

CREAL Amazon

出典:CREAL 「初回限定Amazonギフト券」

CREALでは新規会員登録をした投資家に対して、Amazonギフト券のプレゼントキャンペーンを実施しています。

お得に投資家デビューをしたい方にとってはありがたいサービスで、本キャンペーンでは新規会員登録のみで、Amazonギフト券1,000円分がもらえます。

条件 Amazonギフト券
新規投資家登録完了 1,000円分
新規投資家登録完了後に10万円以上の初回投資 4,000円分
新規投資家登録完了後に50万円以上の初回投資 9,000円分 

出典:CREAL「プレゼント詳細」

本キャンペーンのプレゼント企画は、期間の告知はなく予告なく中止・変更される場合があります。

CREALで少額から投資デビューをしたい方はぜひプレゼント企画を利用してみてください。

募集金額が大きく投資機会は多い

CREAL ファンド最新

出典:CREAL「ファンド一覧」

口コミで見受けられていたようにCREALのファンドは人気が高いものも多く、募集開始後すぐに投資枠がなくなってしまう場合も多いです。

しかし、CREALが提供しているファンドはどれも募集金額の規模が大きいため、他の不動産クラウドファンディングと比較しても投資機会は多いでしょう。

ファンド名 運用状態 募集金額
(仮称)ドムス・スタイル森下 運用完了 3億9,800万円
(仮称)Rakuten STAY博多祇園 運用完了 3億8,100万円
ドムス・スタイル押上 運用完了 5億5,800万円
ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ 運用完了 8億8,000万円
さくらさくみらい駒込 運用完了 4億5,000万円

出典:CREAL「最新の運用実績について」

資金調達額は2022年4月時点で152億円となっており、それだけ多くの投資家へ投資機会を提供、運用の実績も豊富です。

 また、2022年4月時点で運用が終了しているファンドについては、全て元本割れすることなく出資金の償還がなされ、想定利回り通りの配当されているのも魅力です。
2022/04/05時点での実績

【CREALと比較】不動産投資会社の選び方

虫眼鏡とパソコン

不動産投資において最も大切なことは、資産運用をサポートしてくれるパートナーである「不動産投資会社」選びです。

 不動産投資の資産運用で最も大切なことは、安心できる不動産投資会社を選ぶことです。

不動産オーナーが信頼できるパートナーを選ぶことで、物件を購入からの管理やアフターフォローを安心して任せられます。

まずは、信頼できる不動産投資会社を選ぶための基本的な情報を収集しましょう。

ここでは、信頼できる不動産投資会社選びのポイントを4つ紹介します。

不動産投資会社選びのポイント
  • 資本金の額
  • 従業員の数
  • 取引実績
  • 口コミや評判

それでは、この4つのポイントをそれぞれ解説します。

資本金の額

不動産投資会社を評価するための客観的な指標には資本金の金額があります。資本金の金額が大きいほど事業者の倒産リスクを軽減させるでしょう。

サービス名

資本金

CREAL 6億5,800円(資本準備金含む)
トーシンパートナーズ 10億円
日本財託 8000万円
FJネクスト 1億円
RENOSY 72億2057万4649円(2022年1月末時点)
グローバル・リンク・マネジメント 5億39百万円 (2021年12月末現在
利回り不動産 1億円
TOUCIER(トウシェル) 1,000万円

基本的には、資本金の金額は投資会社の事業規模にリンクします。

 不動産投資の運用サイクルは10年以上の運用単位が前提となります。そこで、資本金額の大きい経営体力のある企業を選ぶと安心です。

資本金の大きな不動産投資会社は、自社物件があるなど、経営の基礎体力があるのも特徴です。

従業員数

信頼できる不動産投資会社の選び方

従業員数も、資本金と同様に会社の規模を表わす指標となります。

従業員数が多い方が取引件数や実績が豊富で、企業の利益も大きくなるでしょう。また、サービスや営業にはスタッフへの投資は欠かせません。

 従業員数多い不動産投資会社は、業績や評判も高い企業が多い傾向にあります。

日本の不動産業界は、基本的に小規模事業者(従業員20名以下)が多く、それ以上の企業は全体の2%足らずしかありません。

資本金や従業員数を基にして不動産投資会社を選ぶことで、数ある企業を絞り込めます。

取引実績

不動産投資会社の選び方

不動産投資会社で注視すべきポイントには、取引実績も欠かせないでしょう。

資本金や従業員数と同じで、大規模な不動産投資会社には膨大な実績とノウハウがあります

 多数の顧客データを持つ不動産投資会社では、様々なシチュエーションに対応できるノウハウがあります。

不動産投資では、不動産を購入してからがスタートです。購入後のリスクやリターンについて、細やかなサポートがあるパートナーを選びましょう。

長いお付き合いができる不動産投資会社が良い会社と言えます。

口コミや評判

資本金や従業員数、取引実績は、不動産投資会社が提供している情報を基に評価します。

しかし、今ではインターネットで口コミや評判をチェックすることが可能です。

 客観的なデータとして「口コミ」や「評判」などを検索して調べるのも参考になるでしょう。

ただし、極端な批判などを投稿するような方も少なからず存在するのがインターネットです。

ご自分で調べてみて、根拠のある投稿を参考にしてください。

インターネットの情報全てを鵜呑みにせず、上手に活用するのも大切です。

CREALと合わせてチェックしたいおすすめ不動産投資会社3選

RENOSY

GAテクノロジーズ

おすすめポイント
  • RENOSYが物件の管理業務を代行 | 初心者にもおすすめ
  • 不動産投資の売上実績2年連続No.1
  • 専用アプリで物件を簡単管理
  • 初回面談後、5万円相当のAmazonギフト券がもらえる

RENOSYは、不動産投資の売上実績2年連続No.1で、入居率は99.5%であり、高い実績を誇っています。

RENOSYでは、入居者の募集から、クレーム対応までを代行してくれるため、管理の時間を大幅に節約できます。それでも、専用アプリによって、物件の状況把握がいつでもできるため便利です。

 家賃収入を受け取り、アプリで状況を把握するだけですので初心者にもかなりおすすめです。

RENOSYでは、厳しい条件を満たした、賃貸需要が高く安定した利回りを狙える主要都市部の物件を所有しています。特に条件の良い物件のみを仕入れているので、長期で安定的に運用できるでしょう。

Renosy

出典:RENOSY 「RENOSYは6部門でNo.1」

評判もよく、「ネットで選ばれている不動産投資会社」「安心・信頼できる不動産投資会社」「友人に紹介したい不動産投資会社」の3部門で1位を獲得しています。

投資初心者の方には、難しい管理業務のないRENOSYがおすすめです。興味を持ったら気軽に面談で話を聞いてみましょう。
会社名 株式会社GA technologies
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立 2013年3月12日
入居率 99.5%(2021年2月時点)
実績
  • 不動産投資の売上2年連続No.1
  • ネットで選ばれている不動産投資会社NO.1
  • 安心・信頼できる不動産投資会社 No.1
  • 友人に紹介した不動産会社 No.1
  • 入居率99.5%・平均空室期間が26日
無料セミナー

面談あり(完全非対面)
※資料請求後、初回面談でAmazonギフト券5万円分プレゼントあり

無料セミナー資料内容
  • RENOSYのサービス内容
  • 不動産投資物件例など

出典:RENOSY公式サイト

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

おすすめポイント
  • マンション経営のプロフェッショナル!開発から販売、管理まで1社で提供!
  • 入居率は6年連続99%超え
  • 紹介・リピート率71.3%
  • 不動産投資セミナーを毎日開催!参加後アンケートで1500円のAmazonギフト券

グローバル・リンク・マネジメントは、マンションの開発から販売、賃貸管理までを行うマンション経営のプロフェッショナルです。

 マンションに関することは全てグローバル・リンク・マネジメントに依頼でき、投資経験の少ない人も安心できます。

マンション経営の専門家として、周辺調査やエリアの開発計画、今後の需要に関しても独自のリサーチを行なっています。

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント 「セミナーを開催している3つのポイント」

グローバル・リンク・マネジメントの入居率は7年連続99%超え紹介・リピート率も71.3%となっており、実績と評判も申し分ありません。

毎日開催のセミナーで不動産投資について学べますので、まず不動産投資の勉強から始めたいという方には特におすすめです。
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号
渋谷マークシティウエスト21階
設立 2005年3月
入居率 98.27%(2021年11月1日現在)
実績
  • 入居率は7年連続99%超
  • 紹介・リピート率71.3%
無料セミナー 毎日開催
※来場型のセミナー参加者には1500円分のAmazonギフト券プレゼント
無料セミナーの内容
  • 不動産投資のメリット・デメリット
  • 月収30万円の不動産収入の作り方
  • 危険な不動産の特徴

例:不動産投資を決断する前に知っておくべき5つのこと
※2022年2月18日(開催)

出典:グローバル・リンク・マネジメント公式サイト
※7 2021年11月1日現在

FJネクスト

FJネクスト

おすすめポイント
  • マンションの立地を徹底厳選!入居者が集まりやすい
  • 人気の独自ブランドのガーラマンションシリーズ
  • 入居率99.0%!
  • 首都圏投資用マンション供給ランキング2年連続No.1!

FNネクストは創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史をもとに、マンションの立地について厳選を重ねており、入居者が集まりやすいのが魅力になっています。

独自ブランドのガーラマンションシリーズ」が特に有名で、立地は最寄り駅から数分以内とこだわりがあり、2021年6月現在で入居率は99.0%と高い水準を誇っています。

FJネクスト独自ブランド:ガーラマンションシリーズ
  • ガーラマンションシリーズ:都市部の一人暮らし向けマンション
  • ガーラ・レジデンスシリーズ:ファミリー層向けマンション

FJネクスト 供給実績

出典:FJネクスト 「首都圏投資用マンション供給ランキング第1位」

首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位で、実績も確かなため、確実性の高い投資が期待できます。

    人口減のトレンドを踏まえたうえで、需要の高い立地の投資に注力した会社です。
    会社名 株式会社FJネクストホールディングス
    所在地 東京都新宿区⻄新宿六丁目5番1号
    新宿アイランドタワー11F
    設立 1980年7月
    入居率 99.0%
    実績
    • 入居率99.0%※2021年6月時点
    • 首都圏の投資用マンションの供給ランキングは2年連続1位
    • 都心を中心に315棟の供給実績
    • 創業41年の東証一部上場企業で、41年の歴史
    無料セミナー
    • 毎週開催無料セミナー
    • 50分の個別相談会(事前予約制)

    無料セミナー内容

    • 新築マンション・中古マンションのメリット・デメリット
    • 不動産投資の出口戦略
    • 失敗例や業者・物件の選び方

    出典:FJネクスト公式サイト

    優良な不動産投資会社をランキング形式で比較紹介した記事もありますので、気になる方はご覧ください。

    よくある質問

    CREALとは?
    CREALは少額から不動産投資が可能となる「不動産クラウドファンディング」を提供している事業者で、「CREAL Partners」「CREAL Pro」などの不動産投資サービスを提供しています。

    CREALの評判は?
    1口1万円から不動産投資が可能な不動産投資を提供、運用実績も「運用資産残高」3年連続No.1「累計調達額」No.1と高く、多くの投資家から支持されています。

    CREALのメリットは?
    「少額からでも不動産投資可能」「4つの手数料が無料で投資可能」「投資家は優先出資によりリスク軽減」などがあげられます。

    CREALでは少額から不動産投資が可能な不動産クラウドファンディングサービスです。1口1万円からスタートできるのは魅力のサービスです。


    CREALのデメリットは?
    「投資をしたら途中で解約できない」「競争が激しい案件のため投資できない場合もある」「優先劣後の割合が他者と比べ低い」などがあげられます。

    CREALが提供しているファンドは人気のものも多く、応募開始から数秒で募集終了となるファンドも多数あります。


    CREALと不動産投資会社の違いとは?
    「CREALの投資でTポイントが貯まる」「CREALへ新規投資家登録(会員登録)でAmazonギフト券のキャンペーン」「募集金額が大きく投資機会」は多いなどがあります、

    投資金額200円につき、Tポイントが1ポイントもらえるため、還元率は0.5%となります。さらにそこから分配金も狙えるため、投資家はお得に投資ができます。


    CREALの使い方は?
    ①公式Webページにて会員登録(無料)→②投資家登録(無料)、ハガキを受領して完了→③口座入金 & 投資申込の流れです。

    CREALを使用する上での注意点は?
    CREALは不動産クラウドファンディングサービスのため、元本保証はありません。そのため、投資家の出資した金額が減ってしまう可能もあります。

    どのファンドなら安心して投資家できるのか、CREALには多くのファンド情報を公開しているので、検討しましょう。

    まとめ|国内不動産へ少額投資するならおすすめ

    おしゃれな家

    CREALが提供する不動産投資ラウドファンディングでは、1口1万円から少額投資ができるため投資初心者の方でもおすすめのサービスです。

     また、不動産投資業界で実績がある企業が厳選した国内不動産に投資ができ、今までのファンド実績も元本割れしたことがないため、安心して投資が可能です。

    現在CREALでは、投資家デビューする方に対してお得なAmazonギフト券キャンペーンも開催しているため、上手に利用して投資をスタートできるでしょう。

    CREALのファンドは先着順での投資方法を採用しています。最新のファンド情報はぜひ会員登録して情報収集しましょう。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事