マンション売却の仲介手数料とは?相場から値引き交渉まで解説

マンションの売却をする際、不動産会社へ支払う手数料ってどれくらいかかるのだろうと思ったことはないでしょうか?

マンション売却はなかなか経験できることではないので、そもそも仲介手数料とは何かわからなかったり、相場や消費税がかかるのかもわからない方がいるでしょう。

今回はマンション売却の仲介手数料について詳しく解説をしていきます。
不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

そもそもマンション売却における仲介とは?

フルローンで不動産投資を始めるメリット・デメリット

そもそもマンションの「仲介」とはなんでしょうか?

マンション売却の流れを確認することで、誰に「仲介」してもらい、「仲介手数料」をいつ支払うのかを見ていきましょう。

【マンション売却の流れ】ー仲介手数料を理解しよう

マンション売却の大まかな流れは以下のようになります。

マンション売却のおおまかな流れについて
  • STEP1:マンションの相場を確認
  • STEP2:マンションの買主を探す
  • STEP3:不動産会社への仲介相談
  • STEP4:不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • STEP5:販売活動を開始
  • STEP6:売買契約を締結する
  • STEP7:契約締結後の引渡し・決済・登記
  • STEP8:確定申告をする

では実際に不動産会社へ「仲介」を依頼して販売し仲介手数料を支払うのはいつになるでしょうか?

まず「STEP4:不動産会社と媒介契約を結ぶ」時の「媒介契約書」のなかに、仲介手数料を支払うことが明記されております。

 つまり、仲介手数料は「不動産会社」へ支払う手数料となります。

媒介契約とは売主が不動産会社へ買主を見つけてもらうように依頼する契約となり、その手数料として不動産会社へ支払う金額が「仲介手数料」になります。

不動産会社と「媒介契約」を結ぶことによって、不動産売買契約時の契約書の作成・登記の手続きなど、専門的な知識を必要とする事務作業も行ってくれます。

プロである不動産会社へ売買契約書の作成を依頼することによって買主との権利関係・不動産トラブルの発生を防ぐことにも繋がります。

 また、仲介手数料は売主と買主が無事に売買契約を交わすことができた時の不動産会社へ支払う成功報酬です。

なので、仲介手数料は土地の売買契約を交わすまで支払う必要はありません。もし売買契約前に支払いを求めてくる不動産会社は怪しいと思った方がいいでしょう。

マンション売買における仲介手数料は消費税はかかるのか?

fee img

こちらは結論からお伝えしますと、消費税はかかります。

手数料を支払う時には、「仲介手数料+消費税」がかかります。仲介手数料はよく税抜きで算出されますのでよく確認をしましょう。

ちなみに、土地は消費されるものではないので、土地の譲渡・貸付は課税の対象とならず、非課税取引として扱われます。また、住宅の貸付についても、非課税規定となっております。

仲介手数料は事業者が事業として行っているものですので、課税対象となる要件にあてはまります。

マンション売却における仲介手数料の価格・相場について

マンション売却における仲介手数料

実際にはどれくらいの仲介手数料が発生するのか、相場がどれくらいなのか気になるところでしょう。

仲介手数料は宅地建物取引業法で定められており、売却価格によって上限(相場)が決まっております。

多くの不動産会社は法律によって決められた仲介手数料の上限を請求してきます

それでは、仲介手数料の上限の計算方法について解説をしていきます。

マンション売却における仲介手数料(相場)の計算方法について

仲介手数料の計算方法は2種類あり、簡易的な計算方法と、法的な計算方法があります。

今回はこの2種類の計算方法をご紹介し、どちらかの計算方法にて売却価格に応じた仲介手数料の上限(相場)を計算できるようになっておくと良いでしょう。

速算式によるマンション売却の仲介手数料の相場の求め方

速算式による仲介手数料の相場

まずは簡易的な計算方法として、速算式での計算方法をご紹介いたします。

速算式における仲介手数料の計算方法は下記のように売却価格により変わります。

売却金額

速算式

200万円超400万円以下の場合 売却価格×4%+2万円+消費税
400万円超の場合 売却価格×3%+6万円+消費税

仮に相場を求めるのであれば、売却価格400万円の物件と2,000万円の物件を計算してみると以下のようになります。※消費税率10%

売却価格400万円: 400万円×4%+2万円+消費税(1万8,000円) =19万8,000円

売却価格2,000万円:2,000万円×3%+6万円+消費税(6万6,000円)=72万6,000円

また、先程も解説をしましたが、多くの不動産会社が上限金額を請求してきますので、この金額がだいたいの相場となります。

法定上限額の計算方法によるマンションの仲介手数料の相場の求め方

estate document img

次に正式な計算方法である法定上限額の計算方法をご紹介いたします。法定計算式は少し複雑になり、売却金額を3つに分けていきます。

以下の表を用いながら、売却金額を「200万円以下の部分」「200万円超〜400万円以下の部分」「400万円超の部分」の3つの金額に分け、計算をして合計金額を出していきます。

売却金額

計算式

200万円以下の部分 売買価格×5%+消費税
200万円超〜400万円以下の部分 売買価格×4%+消費税
400万円超の部分 売買価格×3%+消費税

仮に売却金額2,000万円の場合で計算すると以下のように計算ができます。

400万円超の部分: 1600万円×3%+消費税(4万8,000円)=52万8,000円

200万円超〜400万円以下の部分: 200万円×4%+消費税(8,000円)=8万8,000円

200万円以下の部分: 200万円×5%+消費税(1万円)=11万円

合計すると、726,000円となります。

より正確な仲介手数料の相場(上限額)を知りたい場合は、法定計算式を用いて計算するのもいいでしょう。

マンション売却の仲介手数料の上限(相場)の一覧【売却金額別】

実際にマンションの査定をまだ出していないから売却金額がわからないという方も多いでしょう。

ある程度の目安となるように売却金額に応じて一覧表を作成しましたので、参考にしていただければと思います。※計算方法:法定計算式、消費税:10%

売却価格 仲介手数料(税込)

100万円

55,000円

200万円

110,000円

300万円

154,000円

400万円

198,000円

500万円

232,000円

600万円

264,000円

700万円

297,000円

800万円

330,000円

900万円

363,000円

1000万円

297,000円

1500万円

330,000円

2000万円

396,000円

2500万円

565,000円

3000万円

726,000円

3500万円

891,000円

4000万円 1,056,000円

一覧表を用いて、だいたいの仲介手数料の目安として参考にしてください。

また、売却価格がまだわからないという方はぜひ不動産一括査定サイトを利用することをおすすめいたします。

いつ支払う?マンション売却における仲介手数料を支払時期

不動産投資で節税する流れ

仲介手数料は媒介契約時に支払うの?それとも不動産の引渡しの時期に支払うの?と迷う方も多いでしょう。

マンション売却において仲介手数料を支払う時期は2回あり、一般的に「売買契約時」「引渡し時」の2回分けて支払いを行なっていきます。

マンション売却における仲介手数料を支払う時期について
  • 売買契約を締結するとき(仲介手数料の50%)・・・※STEP6
  • 契約締結後の引渡し・決済・登記(仲介手数料の50%)・・・※STEP7

なぜ2回に分けて支払いを行ってくのか疑問に思うところだと思いますが、売買契約時では不動産の引渡しが完了していないことが多いためです。

そのため、売買契約の締結時に仲介手数料の50%を支払い、引渡しの際に残りの50%を支払うのが一般的です。

もちろん不動産会社によっては、異なる可能性がありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

先程も解説した通り、仲介手数料は売買契約が無事に完了したことによる不動産会社への成功報酬です。

 なので、仲介手数料は媒介契約時には支払う必要はなく、売買契約締結前でも支払うことはありません。

売買契約締結前に支払いを要求してくる不動産にはご注意ください。

仲介手数料を無料でマンション売却をする方法

不動産投資によるメリットと種類

マンション売却を不動産会社へ仲介の依頼をすると仲介手数料が発生することがわかりました。

では仲介手数料を支払わずに無料でマンション売却をする方法はないのかと思うでしょう。

結論としては、無料でマンション売却をすることはできますが、もちろんそれに伴うデメリットもつきまといます。

仲介手数料を支払わずにマンション売却をする方法は以下の2つが考えられます。

仲介手数料が無料のマンション売却の2つ方法
  • 不動産会社へ「買取」を依頼する
  • 親戚・知人を通して買主を探す

仲介手数料が無料の方法①:不動産会社へ「買取」を依頼する

estate img

仲介手数料の発生しない土地の売却方法として考えられるのが、不動産会社へ「仲介」ではなく「買取」を依頼する方法です。

「買取」を依頼すれば、そもそも不動産会社と売主との直接の売買となりますので、仲介手数料が発生しません。

また、買主を探す手間がかからないので、すぐにマンションの売却を完了させることができますので、早めに取引を完了させたいという方にはおすすめです。

 しかし、不動産会社へ「買取」を依頼する場合は「仲介」の売却価格よりも3割程度、価格が安くなってしまいます。

不動産会社への「買取」と「仲介」とを比較し、メリット・デメリットをまとめると以下のような表になります。

メリット デメリット

買取

・仲介よりも早く取引ができる
・仲介手数料がかからない
・仲介よりも売却価格は安い
仲介 ・買取より売却価格は高い ・仲介手数料がかかる
・買取よりも時間がかかる

仲介手数料が無料の方法②:親戚・知人を通して売買する

住宅ローンネット銀行を徹底比較【ネット銀行のデメリットを調査】

不動産会社へ「仲介」を依頼しなければ、仲介手数料は発生しません。

 つまり、自分で買主を見つければ仲介手数料をかけずに不動産売買が可能です。

しかし、自分で買主を探して売買を行うことにもデメリットがあります。

仲介を依頼するのであれば必要のなかった、売買契約書の作成・手続き・買主とのトラブル対応は自分自身が対応しなければなりません。

 また、マンション売却の契約書には専門的な知識を必要とし、買主との法的なトラブル・権利関係などのトラブルを未然に防ぐことができる書類となります。

契約書の作成を間違えてしまうと、かえって時間がかかるトラブルに発展したり、契約不適合の責任を追求されてしまう可能性もあるでしょう。

不動産会社の「仲介」と買主を自分で探す場合のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリット デメリット

自力で買主を探す

・仲介手数料がかからない

・手続き関係に手間がかかる
・トラブルになる可能性がある

仲介 ・手続き関係の手間がない
・トラブルを未然に防げる
・仲介手数料がかかる

マンション売却における仲介手数料を値引きする方法

ネット銀行住宅ローンのおすすめ

先程も解説をしましたが、不動産会社の多くは法律で定められた仲介手数料の上限額の金額で仲介手数料を請求してきます。

しかし、売主の工夫次第で仲介手数料の値引きが可能な場合があります。マンション売却における仲介手数料を値引きする具体的な方法について解説をしていきます。

仲介手数料の値引き方法①:キャンペーンをしている不動産会社で売却

不動産会社によっては期間限定のキャンペーンとして、仲介手数料を安くしたり、クーポン券などの特典をプレゼントしている企画を実施しているところがあるでしょう。

キャンペーンの時期は大手不動産でいうと、4月や9月などの「入社」「入学」「転勤」などのシーズンでやっていることが多いです。

キャンペーンを利用することで、手軽に値引きができたり、クーポン券をもらえたりするのでぜひ活用してみましょう。

仲介手数料の値引き方法②:直接の値引き交渉

キャンペーンを利用する

仲介手数料を値下げする方法として「値下き交渉」も1つの手段です。

いきなり「値引き交渉」と言われるとどうすればいいかわからないという方もいると思います。

そんな方はこれからご紹介するようなコツを使って実践してみるといいでしょう。

マンション売却における仲介手数料の値引き交渉のコツ
  • 「媒介契約」を交わす前!
  • 不動産一括査定サイトを使用しながら、値引き交渉!
  • 他社の手数料を引き合いにして値引き交渉!
  • 大手がダメなら中小企業へ値引き交渉!

1つずつ解説を加えていきます。

仲介手数料の値引きのコツ①:タイミングは「媒介契約」を交わす前!

resident's card img

値引き交渉を行うにはタイミングは重要です。仲介手数料を値引きするタイミングは「媒介契約」を締結する前でしょう。

不動産会社からすると、「媒介契約」を獲得できない限り、不動産を売ることで得られる仲介手数料を得ることはできません。

 不動産会社は仲介手数料が売り上げとなりますので、値引き交渉は「媒介契約」の前にやるべきでしょう。

不動産会社からしたら、喉から手が出るほど「媒介契約」を交わしてほしいところだと思います。「値引きをしてくれないのであれば他にいきます」というくらいの気持ちで行くといいでしょう。

仲介手数料の値引きのコツ②:不動産一括査定サイトを使用しながら値引き交渉!

不動産一括査定サイトとは、オンライン上で複数の不動産会社へ物件の見積り依頼をすることができるサイトのことです。

これを利用することで、複数の不動産会社から査定の結果、電話や営業の電話がかかってきます。

これを利用して営業の電話の際に値引きができるかどうか聞いてしまいましょう。電話越しですので店舗での値引き交渉よりも少し気が楽です。

複数社からの連絡で、担当の営業の方の対応や値引きに対しての対応などを比べながら、不動産選びをするのもいいでしょう。

仲介手数料の値引きのコツ③:他社の手数料を引き合いにして値引き交渉!

case by case img

不動産会社へ複数の値引き依頼をしたところで、値引き交渉に応じてくれたところを引き合いに出して値引き交渉もできるでしょう。

どうしてもお願いしたい不動産会社へ「他社なら仲介手数料を値引きしてくれました」と言いながら値引きをすることで、値引き交渉に応じてくれる可能性があります。

仲介手数料の値引きのコツ④:大手がダメなら中小企業へ値引き交渉!

大手不動産会社へ仲介手数料の値引きを依頼すると一切値引きに応じてくれない可能性があります。

大手企業の場合は全国での売買案件を持っていますので値引き交渉に応じなくても十分企業としての売上を確保することができたり、営業担当者レベルで値引きをすることが判断できないことがあります。

このような状況をひっくり返すのは難しいので、地域密着型の中小企業の不動産会社へ相談することもいいでしょう。

中小企業の不動産会社であれば、社長自ら営業と実務を行っている場合もありますので、値引き交渉にも応じてくれる可能性があります。

仲介手数料の安さが大事?マンション売却での不動産会社の選び方

選び方①物件数が豊富かどうか

仲介手数料の安さだけで不動産会社を選んでしまうと逆に損をしてしまう可能性もあります。

 仲介手数料が安い会社へ依頼すると、広告・宣伝をあまりできず、物件を安売りにされてしまう可能性もあります。

こうなると、不動産を適正な価格で販売できずにかえって損をします。

例えば、A不動産会社では仲介手数料3%、売却価格は2,000万円で売れ、B不動産会社では仲介手数料1%ですが、売却価格1900万円だったとすると、利益は以下のようにになります。

A不動産会社:【売却価格 2000万円】ー【仲介手数料 60万円】=【利益 1940万円】

B不動産会社:【売却価格 1900万円】ー【仲介手数料 19万円】=【利益 1881万円】

このように、仲介手数料は売却価格の数パーセントであるため物件の売却価格が高い方が手取りの利益は高くなります。

 つまり、マンション売却で大切なことは、手数料を値引くよりもマンションを高く売ることです。

また、値引きをせがみすぎて、気持ちよく取引をしてもらえなかったら不動産会社としても広告・宣伝に力を入れずに成約が難しくなってしまいます。

そのためにも、信頼できる不動産会社を見つけることが必要です。不動産一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社から見積り依頼をすることができます。

複数社からの見積りを依頼することで、不動産の「相場」や営業担当者の対応などを比較することができ、信頼できる不動産会社を探すことができます。

どの不動産一括査定サイトがいいかよくわからないという方は、ぜひ次で紹介する不動産一括査定サイトを参考にしてください。

不動産一括査定サイトの仕組みとは?

不動産一括査定サイトの仕組み

  • 不動産売却を考えているなら一括査定サイトに依頼するのがおすすめ!その理由は?
  • 不動産一括査定サイトに情報を入力すれば、無料で一度に複数社の査定結果を確認できる!
  • 複数の不動産会社から査定結果が届くので、不動産がより高く売れる可能性が高まる!

マンション売却におすすめのサービス2選

不動産売却の中でも、マンションを売りたい方におすすめのサービスを2つ紹介します。

マンションナビ

マンションなびの紹介

マンションナビのココがおすすめ
  • マンション専門の一括無料査定サイト
  • 地図をクリックすれば、その地域の相場がすぐにわかる(公式サイトのみ)
  • マンション名で査定額を検索できる(公式サイトのみ)
  • エリアごとに情報を公開していて、売り時がわかりやすい(公式サイトのみ)

マンションナビは、マンション売却専門の不動産一括無料査定サイトです。そのため、マンションを売る人に特化した便利な機能が揃っています。

例えば、トップページの検索窓からマンション名を入れるだけで、すぐにマンションの価格を見ることができ、地図の地名をクリックすれば、その地域のマンション名がずらっと表示され、相場を簡単に見ることもできます。

マンションに特化していながらも、登録社数は2500社と多く、最大で9社から査定結果も届きますので安心して利用することができます。

売りたい物件がマンションなら、便利なマンションナビの利用がおすすめです。

出典:マンションナビ公式サイト

【一都三県限定】イエシルなら中立的な相場価格を提示してくれる

IESHILの紹介

IESHILのココがおすすめ
  • 徹底して中立的な相場価格を提示
  • 約9000万件の賃貸情報や売却履歴のデータをもとに、適正価格を算出
  • 不動産仲介経験10年以上・有資格者の専任アドバイザーが無料でサポート
  • 首都圏の人気マンション価格はトップページからすぐにわかる

IESHILは、上場企業の株式会社リブセンスが運営するマンションの価格査定サイトです。上記で紹介した一般的な価格査定サイトよりも、徹底して中立的な相場価格の提示にこだわりを持っています。

実際には売れないような高い査定価格ではなく、約9000万件もの莫大な不動産賃貸、売却データをもとに、適正な売却価格を公開してくれます。

政府が提供するデータをもとに、特許を取得した算出方法から、客観的な評価額を出しているので、中立的な査定が可能になっています。

さらに中立的な価格を知った後は、元不動産営業のプロの専任アドバイザーが、売却の不安を無料でサポートしてくれます。

マンションナビとあわせての利用もおすすめです。

出典:イエシル公式サイト

【厳選】おすすめ不動産一括査定サイト

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定の紹介

SUUMO売却査定のココがおすすめ
  • 当サイト独自アンケートで人気No.1!
  • 大手リクルートグループが運営するサービス!
  • 有名なSUUMOに自物件を掲載可能!
  • 提携社数2000社以上!10社同時比較可能!
  • 完全無料!全国対応!

SUUMOはタウンワークやゼクシィ、リクナビなどで有名なリクルートグループが運営しているサービスです。

SUUMOでは、全国のエリアごとに売却事例などの情報を掲載しており、さらに不動産会社の店舗の特徴や実績、スタッフ情報も確認できます。

そのため、査定額が妥当か判断しやすく、査定額を提示した不動産会社が信頼できる会社か見極めやすいのです。

 不動産売却に不安は付き物ですが、SUUMOは事前に十分なリサーチができるので、安心安全な取引ができる仕組みになっています。

同時査定依頼可能数も6社のサイトが多いなか、SUUMOでは10社の査定額から検討することができます。

そして、SUUMOを利用して不動産契約をすると、知名度が高いSUUMOに物件の広告を掲載でき、早期の売却が期待できます。

掲載している不動産会社も幅広く、どのサイトを使うか迷ったならまずはSUUMOを利用することがおすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 2000社以上
同時査定依頼数 10
運営会社 株式会社リクルート

出典:SUUMO売却査定公式サイト

すまいValue(バリュー)

すまいValueの紹介

すまいValueのココがおすすめ
  • 他社にはない業界最大手6社で査定ができる
  • 年間取引数は6社合計11万件以上の実績
  • 顧客満足度96.7%
  • 大手ならではの交渉力・スピード感|売却まで平均2.7ヶ月
  • 完全無料!全国対応!

すまいValueは、業界トップ企業6社の直営による不動産一括査定サイトです。そのため提携している不動産会社も、最大一括査定数も下記の6社に限定されています。

すまいValueに登録している不動産会社
  • 小田急不動産
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介PLUS
  • 三井のリハウス
  • 三菱地所ハウスネット

他の一括査定サイトと比べると、かなり少ないと感じるかもしれませんが、上記の6社は不動産業界を牽引する最大手です。

6社の知名度は高く、11万件を超える年間の実績があります。安心して売却を任せられ、確かな営業力でスピーディーに売却が進むと考えられます。

 実際に顧客満足度も高く、96.7%以上の人が「トラブルなく安心・安全に取引できた」と答えています。

デメリットとして、査定が全て大手企業であることからも、売出中物件は都市部に集中しているようです。地方の方はSUUMOイエウールなど他の一括査定サイトもあわせて利用することをおすすめします。

大手不動産会社に任せたい方、都市部の物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数
同時査定依頼数
運営会社 小田急不動産 住友不動産販売 野村の仲介
三菱地所ハウスネット 東急リバブル 三井のリハウス

出典:すまいValue公式サイト

イエウール

イエウールの紹介

イエウールのココがおすすめ
  • 全国の不動産会社1,900社以上と提携特に地方の不動産に強い 
  • 「月間ユーザー数」「提携社数」「エリアカバー率」すべてNo.1
  • 累計利用者数1,000万人以上
  • 一括査定フォームの入力はチャット方式で簡単
  • 完全無料!全国対応!

イエウールは、業界最大級の不動産一括査定サイトです。11万件を超える年間の実績しています。

対応エリアの幅が広いことが強みで、都市部はもちろん、地方に強い不動産会社も登録しています。

 むやみに登録企業を増やしているわけではなく、お客さんからクレームが多い会社は徹底的に排除しており、常にユーザーが安心できるサービスを提供しています。

デメリットとしては、大手不動産会社の登録が少ないことです。気になる方は大手に特化しているすまいvalueとあわせて利用するのがおすすめです。

他社サイトでは対応できない地方のエリアもカバーしているため、地方に物件を持つ方には特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 1900社以上
同時査定依頼数
運営会社 株式会社Speee

出典:イエウール公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売の紹介

住友不動産販売のおすすめポイント
  • 問い合わせから売却までマンツーマンの営業体制
  • 顧客満足度94.1%!
  • 年間購入相談件数18万件以上
  • 売却中の室内をより魅力的にするバーチャルステージング
  • 完全無料!全国対応!

住友不動産販売の特徴は、営業担当者がマンツーマンでついてくれることです。

お問い合わせ時から売却後のアフターフォローまで、一貫して担当者がついてくれるため、責任のある取引をしてくれるでしょう。そうした丁寧なサービスから、顧客満足度は94.1%となっています。

また、独自サービスのバーチャルステージングは、360°カメラで撮影したマンション室内の写真を加工するサービスです。余計なものを消して、素敵な家具を配置することで、買い手が購入後の暮らしをイメージできます。

担当者とのマンツーマンでのやり取りには安心感があります。信頼できる担当者に任せたいという方には、特におすすめです。
対象エリア 全国
提携会社数 -
同時査定依頼数 -
運営会社 住友不動産販売株式会社

出典:住友不動産販売公式サイト

人気の不動産一括査定サイトを比較紹介した記事もございますので、気になる方はこちらをご覧ください。

よくある質問

マンション売却における仲介手数料の相場はいくらですか?
仲介手数料には売却価格によって上限価格がきまっております。
400万円超の売却価格であれば、「売却価格×3%+6万円」となります。

仲介手数料は誰に支払いますか?
仲介手数料は「媒介契約」を結んだ不動産会社へ支払います。
媒介契約には仲介手数料が発生することが明記されておりいます。

仲介手数料はどのタイミングで支払いますか?
一般的に「売買契約を締結した時」に50%、「引渡し、決済、登記の時」50%を支払います。

仲介手数料がかからない無料の方法はありますか?
「不動産会社へ買取を依頼する方法」「親戚・知人を通して買主を探す方法」などが考えられます。

仲介手数料を値引きする方法はありますか?
「キャンペーンを利用」したり、「直接交渉をする」方法が考えられます。
「直接交渉」をするのであれば媒介契約前に交渉するといいでしょう。

その他、マンション売却の仲介において気をつけるべきことはありますか?
仲介手数料を安くしても、売却価格が高くなければ多くの利益を得られません。

仲介手数料よりも売却価格を高くできるよう不動産会社を選んでください。

マンション売却における仲介手数料についてのまとめ

STEP⑥決済・物件引き渡し

マンション売却において重要なことは、マンションをいかに高く売るかということです。

仲介手数料は安ければ確かにうれしいですが、大事な物件を安く売り捌かれてしまったら後味の悪い取引となってしまいかねません。

マンションを売るとなれば、どうやったら高く売れるかを考えてくれるような不動産会社を選び、不動産会社と売主そして買主が満足できるような取引ができるようにしましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事